商学研究科
花崎 正晴(ハナザキ マサハル)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.Corporate Governance and Corporate Behavior in Japan The Consequences of Stock Options and Corporate Diversification
Springer 2016年
ISSN 2191-5504
2.『コーポレート・ガバナンス』
岩波書店 2014年
ISBN 978-4-00-431513-1
3.『日本経済 変革期の金融と企業行動』(共編著)
東京大学出版会 2014年
ISBN 978-4-13-040266-8
4.『金融システムと金融規制の経済分析』(共編著)
勁草書房 2013年
ISBN 9784326503834
5.「格差問題と金融ーマイクロファイナンスの可能性-」 『格差社会を越えて』(宇沢弘文・橘木俊詔・内山勝久[編] ), 第3章
東京大学出版会 97-113頁 2012年
6.「コーポレート・ガバナンス論の系譜」『コ-ポレ-ト・ガバナンスの展望』(神田秀樹・小野傑・石田晋也[編]),第4章
中央経済社 2011年
7.『東日本大震災 復興への提言―持続可能な経済社会の構築―』(共編著)
東京大学出版会 2011年
8.『企業金融とコーポレート・ガバナンス―情報と制度からのアプローチ』
東京大学出版会 2008年
9.「誰がモニターをモニターするのか―金融機関の規律づけと実体経済のパフォーマンス―」『平成長期不況―政治経済学的アプローチ―』(大瀧雅之[編])(共著)
東京大学出版会 2008年
10.『経済制度の生成と設計』(共編著)
東京大学出版会 2006年
11.「経済システムとコーポレート・ガバナンス―米・日・東アジアの比較分析―」『経済制度の生成と設計』(鈴村興太郎・長岡貞男・花崎正晴[編])
東京大学出版会 2006年
12.「日本の金融システムは効率的だったか?」 『リーディングス 日本の企業システム 第Ⅱ期 第2巻 企業とガバナンス』(伊丹敬之・藤本隆宏・岡崎哲二・伊藤秀史・沼上幹[編]),第6章(共著)
有斐閣 2005年
13.「金融危機を生んだ構造―銀行の所有構造にみるガバナンスの欠如」 『「失われた10年」を超えてⅠ:経済危機の教訓』(東京大学社会科学研究所[編]),第2章(共著)
東京大学出版会 2005年
14.「東アジアのコーポレート・ガバナンス―家族支配構造の特徴と問題点を中心に―」『アジア経済のゆくえ―成長・環境・公正―』(井村進哉・深町英夫・田村威文[編])
中央大学出版部 2005年
15.Designing Financial Systems in East Asia and Japan(共編著)
RoutledgeCurzon 2004年
16.“Can the Financial Restraint Theory Explain the Postwar Experience of Japan's Financial System?” in Designing Financial Systems in East Asia and Japan, (Joseph P. H. Fan, Masaharu Hanazaki and Juro Teranishi, eds.), (共著)
RoutledgeCurzon 2004年
17.“Globalization, Financial Technology and Growth Phase: Some Thoughts on Redesigning Financial Systems in East Asia and Japan,” in Designing Financial Systems in East Asia and Japan, (Joseph P. H. Fan, Masaharu Hanazaki and Juro Teranishi, eds.) (共著)
RoutledgeCurzon 2004年
18.『コーポレート・ガバナンスの経済分析―変革期の日本と金融危機後の東アジア―』(共編著)
東京大学出版会 2003年
19.「アジア危機とコーポレート・ガバナンス」 『コーポレート・ガバナンスの経済分析―変革期の日本と金融危機後の東アジア―』(花崎正晴・寺西重郎[編])(共著)
東京大学出版会 2003年
20.「コーポレート・ガバナンスからみた日本と東アジア」 『コーポレート・ガバナンスの経済分析―変革期の日本と金融危機後の東アジア―』(花崎正晴・寺西重郎[編])(共著)
東京大学出版会 2003年
21.「銀行の所有構造とパフォーマンス―エントレンチメント仮説の検証―」 『日本の金融問題―検証から解決へ―』(林敏彦・松浦克巳・米澤康博 [編]),第8章(共著)
日本評論社 2003年
22.“An International Comparison of Corporate Investment Behavior: Some Implications for the Governance Structure in Japan,” in Japanese Economy and Society under Pax-Americana (Hiroshi Shibuya, Makoto Maruyama and Masamitsu Yasaka, eds.)(共著)
University of Tokyo Press 2002年
23.『アメリカ型経済社会の二面性』(共編著)
東京大学出版会 2001年
24.「アメリカ経済のマクロ構造と国際経済関係」『アメリカ型経済社会の二面性』(渋谷博史・井村進哉・花崎正晴[編])
東京大学出版会 2001年
25.“A Vacuum of Governance in Japanese Bank Management,” in Banking, Capital Markets and Corporate Governance (Hiroshi Osano and Toshiaki Tachibanaki, eds.)(共著)
Palgrave 2001年
26.『金融システムの経済学―社会的共通資本の視点から』(共編著)
東京大学出版会 2000年
27.「日米金融危機のクロノロジー」『金融システムの経済学―社会的共通資本の視点から』(宇沢弘文・花崎正晴[編])
東京大学出版会 2000年
28.「日本の金融危機から何を学ぶか―金融システムと企業経営統治―」 『金融システムの経済学―社会的共通資本の視点から』(宇沢弘文・花崎正晴[編])(共著)
東京大学出版会 2000年
29.「金融システムと企業経営統治」 『循環と成長のマクロ経済学』(吉川洋・大瀧雅之[編]),第4章(共著)
東京大学出版会 2000年
30.「開銀融資と企業の設備投資―エージェンシー・アプローチに基づく実証分析―」 『現代マクロ経済動学』(浅子和美・大瀧雅之[編])(共著)
東京大学出版会 1997年
31.『アメリカの貿易赤字 日本の貿易黒字―金融国際化と不均衡調整問題―』
東洋経済新報社 1996年
32.『土地税制の理論と実証』(共著)
東洋経済新報社 1993年
33.“Industrial and Trade Structures of Asian Newly Industrialized Economies,” in Japan's Foreign Investment and Asian Economic Interdependence, (Shojiro Tokunaga, ed.)
University of Tokyo Press 1992年
34.「設備投資における供給制約―金属工作機械を中心に―」 『日本経済 蓄積と成長の軌跡』(宇沢弘文[編])(共著)
東京大学出版会 1989年
35.『日・米・アジアNIEsの国際競争力』(共著)
東洋経済新報社 1989年

研究論文

1.「コーポレート・ガバナンスと多角化行動ー日本の企業データを用いた実証分析ー」(共著)
『経済経営研究』 34巻5号1-74頁 2014年 学術雑誌
ISSN 0389-0015CiNii
2.「危機後の金融システムはどこに向かうのか」(共著)
『経済経営研究』 31巻4号 2011年 学術雑誌
CiNii
3.「ストック・オプションと企業パフォーマンス―オプション価格評価額に基づく実証分析― 」
『経済経営研究』 30巻4号 2010年 学術雑誌
4.“Corporate Governance and Investment in East Asian Firms-Empirical Analysis of Family-controlled Firms”
Journal of Asian Economics 18巻1号pp. 76-97-頁 2007年 学術雑誌
doiHERMES-IRCiNii
5.“The Asian Crisis and Corporate Governance Ownership Structure, Debt Financing, and Corporate Diversification”(共著)
Corporate Ownership & Control Vol. 3巻Issue 3号pp. 66-78-頁 2006年 学術雑誌
6.「東アジア企業のガバナンスと設備投資」(共著)
『経済研究』 56巻2号132-148頁 2005年 学術雑誌
HERMES-IRCiNii
7.「日本企業のガバナンス構造―所有構造,メインバンク,市場競争―」(共著)
『経済経営研究』 24巻1号 2004年 学術雑誌
CiNii
8.“A Review of Japan's Bank Crisis from the Governance Perspective”
Pacific-Basin Finance Journal 11巻3号pp. 305-325-頁 2003年 学術雑誌
9.「日米仏の設備投資行動の国際比較―日本的特徴に関する分析―」(共著)
『経済研究』 54巻1号33-46頁 2003年 学術雑誌
HERMES-IRCiNii
10.「規模別および年代別の設備投資行動」(共著)
『フィナンシャル・レビュー』 62号36-62頁 2002年 学術雑誌
HERMES-IRCiNii
11.「メインバンク関係は企業経営の効率化に貢献したか―製造業に関する実証研究―」(共著)
『経済経営研究』 2000年 学術雑誌
CiNii
12.“Is Japan's Financial System Efficient?”
Oxford Review of Economic Policy Vol. 16, No.2巻pp. 61-73-頁 2000年 学術雑誌
13.「銀行危機と経営統治構造」(共著)
『社会科学研究』 51巻2号3-18頁 2000年 学術雑誌
CiNii
14.「なぜ日本は深刻な金融危機を迎えたのか―ガバナンス構造の展望―」(共著)
『経済経営研究』 19巻1号 1998年 学術雑誌
CiNii
15.「日本企業の設備投資行動の特徴について―マイクロデータに基づく国際比較―」(共著)
『フィナンシャル・レビュー』 42号40-68頁 1997年 学術雑誌
CiNii
16.“R&D, Innovation and the Total Factor Productivity Slowdown” (共著)
OECD Economic Studies No. 11/autumn巻pp. 7-42-頁 1988年 学術雑誌
17.“Internationalisation of Financial Markets and the Allocation of Capital,” (共著)
OECD Economic Studies No. 8/spring巻p. 35-92-頁 1987年 学術雑誌
18.「アメリカの金融自由化と預金保険制度」
『経済経営研究』 6巻3号 1985年 学術雑誌
19.日本の設備投資行動の構造変化 : 資本ストック調整型およびジョルゲンソン型モデルによる分析
国民経済 150号21-37頁 1984年 学術雑誌
ISSN 04541774HERMES-IRCiNii
20.「構造変化を進める設備投資行動―資本ストック調整型及びジョルゲンソン型モデルによる分析―」
『経済経営研究』 5巻1号 1984年 学術雑誌
21.「金融市場の特質―不完全情報,不確実性および信用割当―」(共著)
『経済経営研究』 5巻2号 1984年 学術雑誌

その他

1.「震災復興と金融機能 マイクロファイナンスを中心に」
『復興と希望の経済学 東日本大震災が問いかけるもの』 経済セミナー増刊 108-113頁 2011年 その他
2.書評:小佐野 広『コーポレート・ガバナンスの経済学―金融契約理論からみた企業論』
『経済研究』 55巻2号185-187頁 2004年 その他
ISSN 00229733HERMES-IRCiNii

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.エコノミスト賞2010年04月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.Financial Crisis and Financial Regulation(Frontiers in Finance 2011 )
2011年06月School of Business, University of Alberta
2.Silent Large Shareholders and Entrenched Bank Management: Evidence from the Banking Crisis in Japan(ADB Institute Seminar on Corporate Governance of Banks in Asia)
2004年06月Tokyo
3.The Asian Crisis and Corporate Governance(Hitotsubashi Workshop on Corporate Governance in East Asia)
2004年02月Tokyo
4.The Ups and Downs of the Financial System in Postwar Japan - Evidence from the Manufacturing Sector - (The 7th Annual FMA European Conference)
2003年06月Dublin
5.A Review of Japan's Bank Crisis from the Governance Perspective( The Second Three-Country (China, Japan and Korea) Conference - Seeking for Stable and Efficient Financial System -)
2003年02月Tokyo
6.A Review of Japan's Bank Crisis from the Governance Perspective(2002 FMA Annual Meeting)
2002年10月San Antonio, Texas
7.The Asian Crisis and Corporate Governance(2002 TCER/ISR Conference in Taipei)
2002年07月Taipei
8.A Review of Japan's Bank Crisis from the Governance Perspective(The 2002 APFA/PACAP/FMA Finance Conference)
2002年07月Tokyo
9.An International Comparison of Corporate Investment Behavior: Some Implications for the Governance Structure in Japan(Nanyang Technological University Seminar)
2001年11月Singapore
10.An International Comparison of Corporate Investment Behavior: Some Implications for the Governance Structure in Japan(Hong Kong University of Science & Technology Finance Seminar)
2001年11月Hong Kong
11.Can the Financial Restraint Hypothesis Explain Japan's Postwar Experience? (NBER/CIRJE/EIJS/CEPR Japan Project Meeting)
2001年09月Tokyo
12.Can the Financial Restraint Hypothesis Explain Japan's Postwar Experience?( IMF/CEI Conference on Designing Financial Systems in East Asia and Japan)
2001年09月Tokyo
13.Can the Financial Restraint Hypothesis Explain Japan's Postwar Experience? (The 8th APFA Annual Conference)
2001年07月Bangkok
14.An International Comparison of Corporate Investment Behavior: Some Implications for the Governance Structure in Japan(Kyoto International Conference on Pax-Americana & Japanese Economy and Society)
2000年08月Kyoto
15.A Vacuum of Governance in the Japanese Bank Management(Financial Restructuring: Lessons from Three East Asian Countries)
2000年08月Seoul
16.A Vacuum of Governance in the Japanese Bank Management(The Judge Institute of Management Studies Seminar)
1999年05月University of Cambridge
17.A Vacuum of Governance in the Japanese Bank Management(International Karl Polanyi Conference)
1999年05月Université de Lyon
18.Financial Fragility in Japan: A Governance Issue(The Econometrics Conference on Capital Market and Corporate Governance)
1998年07月Shiga
19.Financial Fragility in Japan: A Governance Issue(The NBER Japan Project Meeting)
1998年04月Cambridge, Massachusetts

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.コーポレート・ガバナンスの変貌と企業行動
その他のサイト
基盤研究(C)2014年度~2016年度

共同研究希望テーマ

NO共同研究希望テーマ共同研究実施形態産学連携協力可能形態キーワード
1.ストック・オプション導入の効果分析産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する共同研究
2.事業の多角化の効果分析産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する共同研究
3.資本構成と企業価値産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する共同研究

共同研究・受託研究の実績

NO研究題目共同研究区分研究期間研究内容
1.日本企業の多角化行動国内共同研究2012年度~2013年度
前のページへ戻る