経済学研究科
森 宜人(モリ タカヒト)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.Elektrifizierung als Urbanisierungsprozess: Frankfurt am Main 1886-1933 (Beiträge zur hessischen Wirtschaftsgeschichte, Bd. 9)
Hessisches Wirtschaftsarchiv 1-132頁 2014年
ISBN 978-3-9816089-1-5
2.『ドイツ近代都市社会経済史』(第5回政治経済学・経済史学会賞対象著作)
日本経済評論社 1-276頁 2009年
ISBN 978-4-8188-2036-4その他のサイト
3.森宜人・石井健(編著)『地域と歴史学―その担い手と実践―』(共編著)
晃洋書房 2017年
ISBN 978-4-7710-2930-9
4.福田徳三研究会編(西沢保・森宜人編集)『福田徳三著作集第10巻 社会政策と階級闘争』(共編著)
信山社 2015年
ISBN 978-4-7972-8090-6

研究論文

1.Die Entwicklung der städtischen Arbeitslosenfürsorge während des Ersten Weltkrieges: Fallstudie zur Hamburgischen Kriegshilfe
Moderne Stadtgeschichte 2/2017巻112-132頁 2017年 学術雑誌
ISSN 0340-1774
2.地域と歴史学(共著)
森宜人・石井健(編著)『地域と歴史学―その担い手と実践―』晃洋書房 1-17頁 2017年 単行本
ISBN 978-4-7710-2930-9
3.「特殊ヨーロッパ的なるもの」から地域主義へ―増田四郎の地域史構想―
森宜人・石井健(編著)『地域と歴史学―その担い手と実践―』晃洋書房 205-227頁 2017年 単行本
ISBN 978-4-7710-2930-9
4.近現代ヨーロッパ都市史における20世紀―「モダニティ」の変容を参照軸として―
『歴史と経済』 237号42-50頁 2017年 学術雑誌
5.Communal Unemployment Insurance in Wilhelminian Germany: A Case Study of the Greater Berlin Administration Union
Satoshi Baba (ed.), Economic History of Cities and Housing (Monograph Series of the Socio-Economic History Society, Japan), Springer, 2017. 67-85頁 2017年 単行本
ISBN 978-981-10-4096-2
6.From Luxury to Necessity: Frankfurt am Main as the Pioneer of Urban Electrification
Graduate School of Economics, Hitotsubashi University, Discussion Paper Series No. 2016-12 1-31頁 2016年 大学紀要
HERMES-IR
7.「社会国家」の形成と都市社会政策の展開 ―ワイマール体制成立前後のハンブルクにおける失業扶助を事例に―
『一橋経済学』 10巻1号35-64頁 2016年 大学紀要
HERMES-IR
8.特集にあたって―現代都市の形成とガバナンス:英・独・日の比較史―(共著)
『一橋経済学』 10巻1号1-5頁 2016年 大学紀要
HERMES-IR
9.Defending the municipal electric services against privatization: a case study of Frankfurt am Main during the Weimar period
Graduate School of Economics, Hitotsubashi University, Discussion Paper Series No. 2014-12. 1-21頁 2014年 大学紀要
HERMES-IR
10.戦時失業扶助と「社会都市」―第一次大戦期ハンブルクを事例として―
『社会経済史学』 80巻1号37-58頁 2014年 学術雑誌
11.ヴィルヘルム期ドイツにおける都市失業保険―大ベルリン連合を事例として―
『社会経済史学』 77巻1号71-91頁 2011年 学術雑誌
HERMES-IRCiNii
12.「社会都市」における失業保険の展開―第二帝政期ドイツを事例として―
『歴史と経済』 211号3-12頁 2011年 学術雑誌
CiNii
13.ドイツ社会政策学会における近代都市論―K.ビュッヒャーの所論を事例に―
関東学院大学『経済系』第240集 24-42頁 2009年 大学紀要
CiNii
14.世紀転換期ドイツにおける都市政策理念―1903年ドイツ都市博覧会を中心に―
『西洋史学』 232号23-43頁 2009年 学術雑誌
HERMES-IR
15.広域発電網確立期における都市電力業―ヴァイマル期フランクフルトを中心に―
『歴史と経済』 198号17-31頁 2008年 学術雑誌
CiNii
16.黎明期の都市電化―第二帝政期フランクフルトを事例として―
土肥恒之(編)『地域の比較社会史―ヨーロッパとロシア―』日本エディタースクール出版部 137-169頁 2007年 単行本
ISBN 978-4-88888-931-5
17.ヴァイマル期ドイツにおける都市の電化プロセス―フランクフルト・アム・マインを事例として―(第2回社会経済史学会賞対象論文)
『社会経済史学』 71巻2号49-70頁 2005年 学術雑誌
HERMES-IRCiNii
18.都市化時代の大都市と周辺自治体-世紀転換期フランクフルトにおける合併と電力網の拡張―
『一橋論叢』 133巻2号138-154頁 2005年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
19.フランクフルト国際電気技術博覧会とその帰結-近代ドイツにおける都市電力ネットワーク形成の一モデル―
『社会経済史学』 69巻5号19-38頁 2004年 学術雑誌
HERMES-IRCiNii
20.ドイツ近代都市における自治体給付行政とその諸問題-フランクフルト・アム・マインにおけるオストエンド・プロジェクトを事例に―
『一橋論叢』 129巻2号93-108頁 2003年 大学紀要
HERMES-IR

翻訳

1.K. ビュッヒャー(森宜人訳)『現在と過去の大都市』
一橋大学社会科学古典資料センター Study Series No. 73 2017年
HERMES-IR
2.F. レンガー(森宜人訳)『近代のメトロポリスを定義する―19世紀中葉~20世紀中葉の万国博覧会を手がかりに―』
一橋大学大学院経済学研究科 CCES Discussion Paper Series. No. 63 2016年
HERMES-IR
3.K. ランプレヒト(森宜人監訳、東風谷太一/志田達彦訳)『中世におけるドイツの経済生活―「結語」―』(共訳)
一橋大学社会科学古典資料センター Study Series No. 70. 2015年
HERMES-IR
4.W. バウワー(大津留厚監訳、森宜人/柳沢のどか訳)『植民都市青島 1914‐1931年―日・独・中政治経済の結節点―』(共訳)
第1部「前史」,第3部「青島 1922-31」 昭和堂 2007年
ISBN 978-4-8122-0701-7

その他

1.≪書評≫馬場哲著『ドイツ都市計画の社会経済史』東京大学出版会、2016年
『歴史と経済』 235号69-71頁 2017年 学術雑誌
2.≪書評≫川越修・矢野久著『明日に架ける歴史学―メゾ社会史のための対話―』ナカニシヤ出版、2016年
『図書新聞』 3278号3頁 2016年 その他
3.≪書評≫長屋政勝著『近代ドイツ国家形成と社会統計―19世紀ドイツ営業統計とエンゲル』京都大学学術出版会、2014年
『社会経済史学』 82巻3号153 -155頁 2016年 学術雑誌
4.≪書評≫森下嘉之著『近代チェコ住宅社会史―新国家の形成と社会構想―』北海道大学出版会、2013年
『歴史と経済』 224号44-45頁 2014年 学術雑誌
5.≪書評≫森良次著『19世紀ドイツの地域産業振興―近代化のなかのビュルテンベルク小営業―』京都大学学術出版会、2013年
『西洋史学』 251号53-55頁 2013年 学術雑誌
6.≪書評≫中野忠・道重一郎・唐澤達之編『一八世紀イギリスの都市空間を探る―「都市ルネサンス」論再考―』刀水書房、2012年
『歴史と経済』 221号53-55頁 2013年 学術雑誌
7.電力が変える経済社会の風景―ベル・エポックのドイツ都市―
一橋大学経済学部編『教養としての経済学』有斐閣 202-209頁 2013年 単行本
8.≪書評≫福澤直樹著『ドイツ社会保険史―社会国家の形成と展開―』名古屋大学出版会、2012年
東京大学経済学会『経済学論集』 78巻4号50-53頁 2013年 大学紀要
9.資料紹介『ドイツ都市会議調査報告:大戦勃発に起因する諸都市の給付事業についての概観―ドイツ都市会議本部報告書,第4巻第18/19号(1914年9月)所収―』
関東学院大学『経済系』 252巻89-120頁 2012年 大学紀要
10.資料紹介『第3回ドイツ都市会議総会議事録(1911年9月12日、於:ポーゼン)―議題「失業保険問題に関する声明」―』(5)
関東学院大学『経済系』 247巻37-46頁 2011年 大学紀要
11.資料紹介『第3回ドイツ都市会議総会議事録(1911年9月12日、於:ポーゼン)―議題「失業保険問題に関する声明」―』(4)
関東学院大学『経済系』 246巻259-268頁 2011年 大学紀要
12.資料紹介『第3回ドイツ都市会議総会議事録(1911年9月12日、於:ポーゼン)―議題「失業保険問題に関する声明」―』(3)
関東学院大学『経済系』 245巻208-219頁 2010年 大学紀要
13.資料紹介『第3回ドイツ都市会議総会議事録(1911年9月12日、於:ポーゼン)―議題「失業保険問題に関する声明」―』(2)
関東学院大学『経済系』 244巻45-56頁 2010年 大学紀要
14.資料紹介『第3回ドイツ都市会議総会議事録(1911年9月12日、於:ポーゼン)―議題「失業保険問題に関する声明」―』(1)
関東学院大学『経済系』 243巻 2010年 大学紀要

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.第5回政治経済学・経済史学会賞2010年11月
2.第2回社会経済史学会賞2006年09月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.Die gleichzeitige Entwicklung der „modernen Stadt“ in Japan und Europa: Transnational vergleichende Studie zum „Urban Governance“(International Workshop "Japanese and European Urbanisation in Comparison")
2018年08月Universität Regensburg
2.危機下の社会国家と都市自治体―世界恐慌期ハンブルクにおける雇用創出―(社会経済史学会第87回全国大会自由論題報告)
2018年05月大阪大学
3.近現代ヨーロッパ都市史における「長い20世紀」(「歴史と人間」研究会第254回例会)
2017年07月一橋大学
4.「特殊ヨーロッパ的なるもの」から地域主義へ―増田四郎の地域史構想―(社会経済史学会第86回全国大会パネル・ディスカッション(組織者=森 宜人)「地域の歴史性を問いなおす―西洋史学の視点から―」)
2017年05月慶応義塾大学
5.Die Arbeitslosenunterstützung und Urban Governance: Hamburg in der Übergangszeit von der Sozialstadt zum Sozialstaat(Forschungskolloquium zur Europäischen Geschichte)
2017年01月Universität Regensburg
6.Urban Electrification in interwar Germany: A Case Study on the Paradigma Shift in the Urban Energy(Workshop : Energy Transitions. Current Understanding and Future Directions )
2016年11月Hitotsubashi University
7.From Luxury to Necessity: Frankfurt am Main as the pioneer of urban electrification(13th International Conference on Urban History: EAUH 2016)
2016年08月University of Helsinki
8.「社会国家」の形成と都市ガバナンス―ワイマール体制成立前後のハンブルクにおける失業扶助を事例に―(「歴史と人間」研究会第243回例会)
2016年03月一橋大学
9.趣旨説明:戦後西洋史学をふり返る―20世紀末の「社会史」の勃興を中心に―(2015年度「歴史と人間」研究会シンポジウム)
2015年12月一橋大学
10.失業をめぐる都市ガバナンス―第1次大戦~ワイマール期中葉のハンブルク―(2015年度政治経済学・経済史学会秋季学術大会 パネル・ディスカッション「現代都市の形成とガバナンス―英・独・日の比較史―」)
2015年10月福島大学
11.Die Entwicklung der Arbeitslosenunterstützung in der "Sozialstadt": Fallstudie von Groß-Berlin und Hamburg zu Beginn des 20. Jahrhunderts(Kolloquium der Forschungsstelle für Zeitgeschichte Hamburg)
2015年02月Universität Hamburg
12.Defending the Municipal Electric Services against Privatization: A Case Study of Frankfurt am Main during the Weimar period(12th International Conference on Urban History: EAUH 2014)
2014年09月NOVA University of Lisbon
13.趣旨説明:地域史再考―ドイツとフランスの事例から―(2013年度現代史研究会/「歴史と人間」研究会共催シンポジウム)
2013年12月一橋大学
14.地域史研究のアクチュアリティ―増田四郎と一橋の西洋史研究―(比較地域史研究会)
2013年10月一橋大学
15.書評:永山のどか著『ドイツ住宅問題の社会経済史的研究―福祉国家と非営利住宅建設―』日本経済評論社、2012年(ドイツ資本主義研究会(ADWG. N.F.))
2013年07月広島大学
16.書評:森下嘉之著『近代チェコ住宅社会史―新国家の形成と社会構想―』北海道大学出版会、2013年(東欧史研究会/西洋近現代史研究会)
2013年06月大正大学
17.第1次世界大戦期ドイツの失業扶助―ハンブルクを事例として―(社会経済史学会第82回全国大会自由論題報告)
2013年06月東京大学
18.書評:中野忠他(編著)『18世紀イギリスの都市空間を探る―「都市ルネサンス」論再考―』刀水書房、2012年5月(都市経済史フォーラム/比較都市史研究会)
2013年03月早稲田大学
19.書評:福澤直樹著『ドイツ社会保険史―社会国家の形成と展開―』名古屋大学出版会、2012年6月(ドイツ資本主義研究会(ADWG. N.F.))
2012年12月青山学院大学
20.世紀転換期ドイツにおける都市失業保険―「社会都市」論の観点を中心に―(近代社会史研究会第242回例会)
2012年06月京都大学
21.「社会都市」における失業保険の展開―第二帝政期ドイツを事例として―(2010年度政治経済学・経済史学会秋季学術大会共通論題報告「都市の公共性―主体・政策・規範―」)
2010年11月首都大学東京
22.第二帝政期ドイツ都市における失業保険問題―大ベルリン連合を事例として―(社会経済史学会第79回全国大会自由論題報告)
2010年06月関西学院大学
23.ドイツ都市会議成立期における「都市の社会的課題」(社会経済史学会第77回全国大会パネルディスカッション(組織者:馬場哲)「ドイツ『社会都市論』の可能性―『社会国家』との関係とその比較史的射程―」)
2008年09月広島大学
24.世紀転換期における「ドイツ都市の社会的課題」―1903年ドイツ都市博覧会を中心に―(日本西洋史学会第58回大会自由論題報告)
2008年05月島根大学
25.Die Elektrifizierung der Stadt als Urbanisierungsprozess. Frankfurt am Main 1886-1933(Oberseminar am Historischen Institut der Justus-Liebig Universität Gießen)
2006年02月Justus-Liebig Universität Gießen
26.広域発電網発展下における都市自治体の電力業戦略―ヴァイマル期フランクフルトを事例として―(2005年度政治経済学・経済史学会秋季学術大会自由論題報告)
2005年10月新潟大学
27.ヴァイマル期における都市の電化プロセス―フランクフルト・アム・マインを事例として―(社会経済史学会関東部会)
2005年07月早稲田大学
28.Großstadt und Umlandsgemeinden im Zeitalter der Urbanisierung: Eingemeindungen und Ausdehnung des elektrischen Netzwerks in Frankfurt am Main(Oberseminar am Historischen Institut der Justus-Liebig Universität Gießen)
2004年01月Justus-Liebig Universität Gießen
29.都市自治体の電力事業導入―フランクフルト電力システム論争を中心に―(社会経済史学会第72回全国大会自由論題報告)
2003年06月東京経済大学

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.「失業をめぐる都市ガバナンスの史的研究―世界恐慌期ドイツを事例に―」研究代表者
基盤研究(C)2017年度~
2.「ワイマール期ドイツの失業者救済における『社会都市』―『社会国家』との関係を軸に―」研究代表者
基盤研究(C)2014年度~2016年度
3.「現代都市ガバナンスの比較史的研究―日本、ドイツ、イギリスを事例として―」研究分担者(研究代表者:馬場哲氏)
基盤研究(B)2013年度~2015年度
4.「第一次世界大戦期ドイツの都市失業扶助―総力戦体制と『社会都市』―」研究代表者
若手研究(B)2012年度~2013年度
5.「20世紀初頭ドイツにおける都市失業保険の展開―『社会都市』論の実証的研究―」研究代表者
若手研究(B)2010年度~2011年度
6.「ドイツ『社会都市』における公共性の史的研究―『社会国家』との関係に着目して―」研究分担者(研究代表者:馬場哲氏)
基盤研究(C)2007年度~2008年度
7.「近代ドイツにおける電力事業の展開と都市自治体」研究代表者
特別研究員奨励費2003年度~2004年度

共同研究・受託研究の実績

NO研究題目共同研究区分研究期間研究内容
1.関東学院大学経済学会特別研究費「近代ドイツにおける都市社会政策―失業対策を事例に―」その他2009年度
2.関東学院大学経済学会出版助成金『ドイツ近代都市社会経済史』その他2008年度
3.関東学院大学経済学会特別研究費「第二帝政期ドイツにおける都市政策思想とその実態―1903年ドイツ都市博覧会を事例の中心として―」その他2006年度
前のページへ戻る