経営管理研究科経営管理専攻
藤原 雅俊(フジワラ マサトシ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.イノベーションの長期メカニズム: 逆浸透膜の技術開発史(共著)
東洋経済新報社 2019年
ISBN 978-4492534113
2.サービスイノベーションの海外展開(共著)
大戸屋(第2章)、社会インフラを超えるビジネスシステム設計 東洋経済新報社 59-86頁 2017年
ISBN 9784492502945
3.Japanese Management in Evolution: New Directions, Breaks, and Emerging Practices (編著)
The Functionality of Hybrid Organizational Form: An Overview of Research on Business Units of Japanese Firms Routledge 2017年
ISBN 9781138673366
4.Global Innovation and Entrepreneurship: Challenges and Experiences from East and West.(共編著)
A Dynamic Perspective on Innovation and Business Model: A Case Study of the Inkjet Printer Industry Palgrave Macmillan 2017年
ISBN 978-3-319-43858-0
5.インタンジブルズ・エコノミー(共編著)
組織の<重さ>:組織の劣化現象の測定とその解消に向けて 東京大学出版会 79-102頁 2016年
ISBN 978-4-13-046118-4
6.日本型ビジネスモデルの中国展開(編著)
補助的サービスの中核性 有斐閣 2013年
ISBN 978-4641164178
7.Disruptive Innovation in Chinese and Indian Businesses: The Strategic Implications for Local Entrepreneurs and Global Incumbents(編著)
Ambidextrous Capability: The Case of Japanese Enterprises Routledge 199-217頁 2013年
ISBN 978-0415680813
8.ICTイノベーションの変革分析(共編著)
ミネルヴァ書房 2012年
ISBN 978-4623062126
9.現代の経営理論(共編著)
多角化企業の戦略と資源:見えざる資産の蓄積と利用のダイナミクス 有斐閣 145-190頁 2008年
ISBN 978-4641163249
10.経営は十年にして成らず(編著)
リコー(第1章)、花王(第2章) 東洋経済新報社 15-124頁 2005年
ISBN 978-4492501535
11.見えざる資産の戦略と論理(共編著)
技術転換の成長論理 日本経済新聞社 241-274頁 2004年
ISBN 978-4532132897
12.情報化はなぜ遅れたか(編著)
ベンチャー環境というインフラの格差 NTT出版 283-318頁 2001年

研究論文

1.得意技の抽象化と現場翻訳
一橋ビジネスレビュー 63巻3号80-93頁 2015年 その他
ISBN 978-4-492-82069-8
2.消耗品収益モデルの陥穽:ビジネスモデルの社会的作用に関する探索的事例研究
組織科学 46巻4号56-66頁 2013年 学術雑誌
CiNii
3.産業間相互作用を通じた技術蓄積メカニズム
組織科学 第43巻巻第2号号84-96頁 2009年 学術雑誌
CiNii
4.経営資源観とイノベーション研究の統合可能性
『日本経営学会誌』 22号3-14頁 2008年 学術雑誌
CiNii
5.多角化企業の技術転換能力と経営体制:リコーの複写機事業における技術転換プロセス
『日本経営学会誌』 14号67-81頁 2005年 学術雑誌
CiNii

その他

1.いま求められる大企業とスタートアップスの新結合
アド・スタディーズ 76巻16-21頁 2021年 その他
2.産業変革の起業家たち(第7回)AIでリアル産業の現場を革新する(共著)
一橋ビジネスレビュー 69巻1号100-107頁 2021年 学術雑誌
3.産業変革の起業家たち(第6回)「空飛ぶクルマ」でモビリティー革命に挑む(共著)
一橋ビジネスレビュー 68巻4号134-140頁 2021年 学術雑誌
ISBN
4.産業変革の起業家たち(第5回):ナスダック上場を果たした日本人起業家が勧める 「あとちょっとだけやり続ける」ことの意味(共著)
一橋ビジネスレビュー 68巻3号108-115頁 2020年 その他
ISSN 13459953
5.産業変革の起業家たち(第4回)デジタルネイティブな経営者が切望する「誰にでも最先端のテクノロジーを」(共著)
一橋ビジネスレビュー 68巻2号116-124頁 2020年 学術雑誌
ISBN 978-4492820902
6.収益モデルの設計
週刊エコノミスト 98巻31号40-42頁 2020年 その他
7.産業変革の起業家たち(第3回)安全な大型リチウムイオン電池の開発と普及で環境問題・エネルギー問題の解決に挑む(共著)
一橋ビジネスレビュー 68巻1号98-107頁 2020年 学術雑誌
ISSN 1345-9953
8.永和システムマネジメント:アジャイル開発と開発者コミュニティ(共著)
一橋ビジネスレビュー 68巻1号126-143頁 2020年 学術雑誌
9.産業変革の起業家たち(第2回)京大発ベンチャーが仕掛ける次世代半導体材料のイノベーション(共著)
一橋ビジネスレビュー 67巻4号110-117頁 2020年 学術雑誌
ISSN 1345-9953
10.産業変革の起業家たち(第1回)人工のタンパク質素材の用途開発と量産化でサステイナブルな社会をめざす(共著)
一橋ビジネスレビュー 67巻3号156-163頁 2019年 学術雑誌
ISSN 1345-9953
11.東洋紡:抜本的企業改革の推進(共著)
一橋ビジネスレビュー 64巻3号124-141頁 2016年 学術雑誌
ISBN 9784492820742
12.大戸屋:店内調理の海外展開
一橋ビジネスレビュー 64巻2号142-156頁 2016年 学術雑誌
ISBN 978-4-492-82073-5
13.消耗品収益モデル
一橋ビジネスレビュー 63巻2号90-91頁 2015年 学術雑誌
ISBN 978-4-492-82067-4
14.日東電工株式会社:逆浸透膜の開発と用途開拓(共著)
CASE#14-02 一橋大学イノベーション研究センター 2014年 その他
その他のサイト
15.東洋紡:逆浸透膜の開発と事業展開(共著)
一橋ビジネスレビュー 62巻1号102-119頁 2014年 学術雑誌
16.中国における日本企業:回顧と展望
東亜 562号34-42頁 2014年 その他
ISBN 978-4-904493-56-4CiNii
17.コペンハーゲンビジネススクールでの1年
組織科学 47巻3号96-97頁 2014年 学術雑誌
ISSN 0286-9713
18.東洋紡:逆浸透膜の開発と事業展開(共著)
一橋大学イノベーション研究センター ケーススタディ 2014年 その他
19.東レ:逆浸透膜事業の創造プロセス(共著)
一橋ビジネスレビュー 59巻1号150-167頁 2011年 学術雑誌
CiNii
20.花王:酵素入りコンパクト洗剤 「アタック」の開発(共著)
一橋ビジネスレビュー 53巻1号102-121頁 2005年 学術雑誌
ISSN 13459953
21.セイコーエプソン:プリンター事業の技術戦略
一橋ビジネスレビュー 50巻2号148-163頁 2002年 学術雑誌
ISSN 13459953

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.エコノミスト賞2020年05月
2.日本経営学会賞(論文部門)2006年09月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.Contextualizing agility?: Comparison of structures and practices of agile pathways in Germany and Japan(The EGOS and Organization Studies Kyoto Workshop 2019)
2019年12月Kyoto University, Japan
2.Traveling management ideas: Use of ‘history’ and team identity(SASE's 30th Anniversary Conference)
2019年06月The New School - New York City, USA
3.消耗品収益モデルの変容プロセス(組織学会)
2018年09月小樽商科大学
4.日本企業における組織構造とマネジメント:組織におけるパワー分布を手がかりとして(組織学会)
2017年11月首都大学東京
5.The Functionality of Hybrid Organization Form: An Overview of Research on Japanese Firms(2017 Academy of Management Annual Meeting)
2017年08月Atlanta, USA
6.Centrality of Support Service(New Developments for Japanese and Chinese Firms: Implications for Investment, Trade, and other Economic Interactions)
2016年12月Tokyo, Japan
7.Market Orientation and Strategic Involvement of Middle Managers: Evidence from Japanese Firms(International Conference on Management, Business & Economics)
2016年03月Chennai, India
8.Market Orientation and Strategic Involvement of Middle Managers: Evidence from Japanese Firms(Sydney International Business Research Conference)
2016年03月Sydney, Australia
9.The Profit Impact of Strategic Orientation and Middle Management Influence(International Conference on Organization and Management 2015)
2015年11月Abu Dhabi, UAE
10.The Profit Impact of Middle Management Influence and Strategic Orientation:Findings from an Integrative Approach(Strategic Management Society Special Conference)
2014年03月Tel Aviv, Israel
11.The Profit Impact of Middle Management Influence and Strategic Orientation:Findings from an Integrative Approach(Hitotsubashi G-COE Research Workshop on Innovation and Management )
2014年03月一橋大学佐野書院
12.Managing Downsizing Strategy and Organisational Change: An Analysis on Diversified Firms in Japan(8th Colloquium on Organisational Change & Development)
2013年09月Ghent, Belgium
13.Innovation Processes in Big Incumbents(The APROS-14 Conference)
2011年11月~2011年12月Auckland, New Zealand
14.Inter-Temporal Effects through Learning: The Indigenous Perspectives on Strategic Management in Japan(2011 Academy of Management Annual Meeting)
2011年08月San Antonio, USA
15.Technology Accumulation in Interacting Industries: A Case Study of the Inkjet and the Digital Camera Industry in Japan(The 2011 Industry Studies Association Conference)
2011年05月~2011年06月Pittsburgh, USA
16.Innovation in a Diversified Firm(European Academy of Management)
2010年05月Rome, Italy

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.産業間における競争的相互作用を通じた経営資源の蓄積と利用のダイナミクス
その他のサイト
若手研究(B)2009年度~2012年度
2.多角化企業が抱える複数事業間での技術転用時における情報仲介メカニズムの解明
その他のサイト
若手研究(B)2006年度~2008年度
前のページへ戻る