経済学研究科
Philip C Maclellan(フィリップ マクレラン)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

所属経済学研究科、経済学部
職名教授
氏名Philip C Maclellan(フィリップ マクレラン)
生年
研究室電話番号
研究室FAX番号
個人または研究室
ホームページURL
メールアドレス

学位・学歴

取得学位
学位名: 学士(University of Prince Edward Island (Canada))
取得方法: 大学評価・学位授与機構
取得年: 1985年
学位名: 修士(University of Western Ontario (Canada))
取得方法: 大学評価・学位授与機構
取得年: 1986年
学位名: 学士(University of Prince Edward Island (Canada))
取得方法: 大学評価・学位授与機構
取得年: 1991年
学位名: 修士(University of Illinois at Urbana-Champaign (USA))
取得方法: 大学評価・学位授与機構
取得年: 2000年

出身大学院
学校名: University of Western Ontario
研究科名: Department of Economics
課程名: 博士後期課程
修了年: 1989年(単位取得満期退学)
学校名: University of Illinois at Urbana-Champaign
研究科名: College of Education
専攻名: Educational Psychology
課程名: 博士後期課程
修了年: 2007年(単位取得満期退学)
出身大学
学校名: University of Prince Edward Island
学部名: Department of Economics
卒業年: 1985年(卒業)
学校名: University of Prince Edward Island
学部名: Faculty of Education
学科専攻名: Secondary Education
卒業年: 1991年(卒業)

研究分野

研究分野
研究分野: 行動経済学、教育心理学、認知科学、第二言語習得、教育、第二言語としての英語教育、定性的調査方法、ケーススタディ方法論
キーワード: Behavioral Economics, Situated Learning Theory/Communities of Practice, Globalization of Education, Second Language Acquisition, Case Study Research Methodology
科研費分類: 教育学(4201)

研究職歴

2000年04月~2002年03月 神戸女学院大学文学部英文学科 助教授
2002年06月~2003年06月 アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター日本語プログラム (留学)
2003年07月~2007年08月 University of Illinois at Urbana-Champaign  Division of English as an International Language   Curriculum Coordinator and Instructor
2007年09月~2009年05月 Saint Mary’s University Psychology Department  Adjunct Lecturer
2009年06月~2010年08月 Ball State University English Department  TESOL Teacher Trainer
2010年09月~2012年06月 Cincinnati Waldorf School (K-12)  Lead Teacher
2012年09月~2013年03月 明治学院大学国際学部国際キャリア学科 非常勤講師
2013年04月~2016年03月 一橋大学経済学研究科 講師
2016年04月~2018年03月 一橋大学経済学研究科 准教授
2018年04月~2019年03月 国際基督教大学リベラルアーツ英語プログラム 専任教師
2019年04月~ 一橋大学経済学研究科 教授
2019年04月~ 一橋大学経済学部 教授

所属学会

NO学会名役職名担当年度
1.Japan Association of Language Teachers (JALT)
2.Teaching of English as a Second or Other Language (TESOL)
3.American Educational Research Association (AERA)
4.American Association of Applied Linguistics (AAAL)
前のページへ戻る