社会学研究科
大瀧 友里奈(オオタキ ユリナ)

書籍等出版物

1. 水と社会 -水リテラシーを学ぶ8つの扉 (共編著)
林 大樹, 西山 昭彦, 大瀧 友里奈 (共編者(共編著者))
東京大学出版会 2019年2月

論文

1. Using nudges for water demand management: A field experiment for water conservation (査読有り)
Yurina Otaki, Shuma Iwatani, Hidehito Honda, Kazuhiro Ueda
PLOS Water 1巻10号e0000057頁 2022年10月
doi その他のサイト
2. Effects of information provision on public attitudes toward bioplastics in Japan (査読有り)
Yurina Otaki, Taisei Kyono
Frontiers in Sustainability 3巻 2022年9月
doi その他のサイト
3. Water-Saving Tips With a Visualized Indicator Related to the Environment (査読有り)
Yurina Otaki, Asahi Maeda
Frontiers in Water 4巻 2022年6月
doi その他のサイト
4. 水道スマートメータからの水使用データ利活用の可能性 (共著) (査読有り)
大瀧友里奈, 小菅規之
水道協会雑誌 2022年6月
5. Demand-side water management using alternative water sources based on residential end-use (査読有り)
Y. Otaki, M. Otaki, T. Chaminda, T. Matsui, R. Bokalamulla, R. Thathsarani, T. Joganathan
Water Practice and Technology 17巻4号949-959頁 2022年5月
doi その他のサイト
6. What are the most effective neighborhood ranges for social comparison to improve water use efficiency? (査読有り)
Yurina Otaki, Hidehito Honda, Kazuhiro Ueda
Frontiers in Water 4巻821896-頁 2022年3月
7. International situation of smart water metering (共著)
高橋邦尚, 中野佑一, 上田嘉彦, 安藤茂, 大瀧 友里奈
水道研究発表会講演集 2022年2月
8. Pharmaceutical contaminants in shallow groundwater and their implication to poor sanitation facilities in low‐income countries (共著) (査読有り)
Do Thi Thuy Quyen, Masahiro Otaki, Yurina Otaki, Tushara Chaminda, Ishara Sanjeewa Wijesinghe
Environmental Toxicology and Chemistry 41巻2号266-274頁 2022年2月
doi
9. 水使用データを活用した見守りサービスの受容価格調査 -スマートメータデータの利活用を目指して- (共著)
大瀧友里奈, 白井大紀
水道研究発表会講演集 2022年2月
10. Sewage markers as determinants to differentiate origins of emerging organic pollutants in an urban Sri Lankan water drainage network (共著) (査読有り)
Quyen Thi Thuy Do, Otaki Masahiro, Yurina Otaki, Tushara Chaminda
Water 13巻20号2898頁 2021年10月
11. Indoor water end-use pattern and its prospective determinants in the twin cities of Gujarat, India : Enabling targeted urban water management strategies (共著) (査読有り)
Manish Kumar, Ayushi Sharma, Yurina Otaki
Journal of Environmental Management 2021年3月
12. Hygiene risk of waterborne pathogenic viruses in rural communities using onsite sanitation systems and shallow dug wells (共著) (査読有り)
Yurina Otaki, Masahiro Otaki, Tushara Chaminda, Yosuke Kishimoto, Yue Nakazawa, Kasun Gimhana
Science of the Total Environment 752巻141775頁 2021年1月
doi
13. Water demand management: Visualising a public good (共著) (査読有り)
Yurina Otaki, Hidehito Honda, Kazuhiro Ueda
PLoS ONE 15巻6号e0234621頁 2020年4月
doi
14. スリランカ郊外コミュニティにおける生活排水処理と周辺地下水汚染の関係性調査 (共著)
仲澤結絵, 大瀧雅寛, 大瀧友里奈, Tushara Chaminda
第54回日本水環境学会年会講演集 2020年3月
15. オンサイト型し尿処理設備の現状分析-持続的な衛生環境構築に向けて- (共著)
岸本陽介, 蜂谷隆太, 大瀧友里奈
第54回日本水環境学会年会講演集 2020年3月
16. Assessment of domestic greywater quality to determine the potential reuse in urban residentials (共著)
H.U.E. Imasha, G.G.T. Chaminda, M. Otaki, Y. Otaki, C.P. Rupasinghe
Proceedings of 7th International Symposium on Advances in Civil and Environmental Engineering, Practices for Sustainable Development (ACEPS-2019) 136-143頁 2019年10月
17. ポスト公害時代の四日市を捉える―当事者へのオーラルヒストリーを通じて (共著)
宮野智, 大瀧友里奈
環境科学会2019年会講演要旨集 60頁 2019年9月
18. Availability and public acceptability of residential rainwater use in Sri Lanka (共著) (査読有り)
Kaori Takagi, Masahiro Otaki, Yurina Otaki, Tushara Chaminda
Journal of Cleaner Production 234巻467-476頁 2019年6月
19. Historical Self-Comparison of Water Consumption as a Water Demand Management Tool (共著) (査読有り)
Yurina Otaki, Hidehito Honda, Kazuhiro Ueda
Water 11巻844号 2019年4月
doi
20. スリランカにおける家庭内雨水利用への住民の受容性と有用性 (共著)
髙木かおり, 大瀧雅寛, 大瀧友里奈, Chaminda Thushara, 荒巻俊也
第53回日本水環境学会年会講演集 2019年3月
21. 流域マネジメントの場における行政と住民の協働 〜流域水循環計画を例として〜 (共著)
片岡寛彬, 大瀧友里奈
第53回日本水環境学会年会講演集 2019年3月
22. スリランカ南部における家庭排水処理の実態と汚染負荷量の調査 (共著)
小西菜々子, 大瀧雅寛, 大瀧友里奈, Chaminda Thushara
第53回日本水環境学会年会講演集 2019年3月
23. 確率論的アプローチによる水需要マネジメント -ベトナム国ハノイ市における節水型トイレ導入の効果- (共著)
大瀧 友里奈, 大瀧 雅寛, 荒巻 俊也
平成30年度水道研究発表会講演集 2018年10月
24. Potential of Rainwater Utilization in Households Based on the Distributions of Catchment Area and End-Use Water Demand (共著) (査読有り)
Kaori Takagi, Masahiro Otaki, Yurina Otaki
Water 10巻12号 2018年10月
doi
25. 家庭での水使用量の見える化をデザインする
大瀧友里奈
日本認知科学会第35回大会講演集 2018年8月
26. Quantification of End-Uses of Residential Water Consumption: A case study in Galle District, Sri Lanka (共著)
Tushara CHAMINDA, Rasangika THATHSARANEE, Joganathan THARANIYA, Yurina OTAKI, Masahiro OTAKI, Toshiya ARAMAKI
Proceedings of Water and Environment Technology Conference 2018 2018年7月
27. Influence of Providing Information on Public Acceptance towards Rainwater Usage in Sri Lanka (共著)
Kaori Takagi, Masahiro Otaki, Yurina Otaki, Chaminda Thushara, Toshiya Aramaki
Proceedings of Water and Environment Technology Conference 2018 2018年7月
28. Potential of Efficient Toilets in Hanoi, Vietnam (共著) (査読有り)
Yurina Otaki, Masahiro Otaki, Toshiya Aramaki
Water Practice and Technology 13巻3号621-628頁 2018年3月
29. Investigation on End Use Residential Water Consumption in Galle (共著)
J. Tharaniya, W.T.R.Thathsaranee, G.G.T.Chaminda, E. Champika, Y. Otaki, M. Otaki, T. Aramaki
Proceedings of ACEPS (6th International Symposium on Advances in Civil and Environmental Engineering Practices for Sustainable Development) 2018年3月
30. 屋内家庭用水の用途別水使用量 -実測値とアンケートによる予測値の比較- (共著)
大瀧友里奈, 大瀧雅寛, 荒巻俊也
平成29年度水道研究発表会講演集 150-151頁 2017年10月
31. A comparative study of water treatment systems between domestic and overseas utilities (共著)
溝口真二郎, 鶴田侑子, 高橋邦尚, 石田哲也, 安藤茂, 大瀧友里奈
平成29年度水道研究発表会講演集 950-951頁 2017年10月
32. 水道の国際比較に関する研究 -海外浄水処理調査― (共著)
溝口真二郎, 鶴田侑子, 石田哲也, 安藤茂, 大瀧友里奈
京都大学環境衛生工学研究会 第39回シンポジウム 170-173頁 2017年7月
33. Combined methods for quantifying end-uses of residential indoor water consumption in Hanoi (共著) (査読有り)
Yurina Otaki
Environmental Processes 4巻1号33-47頁 2017年1月
doi
34. Effects of Feedback about Community Water Consumption on Residential Water Conservation (共著) (査読有り)
Yurina Otaki
Journal of Cleaner Production 143巻719-730頁 2017年1月
doi
35. 顔文字による家庭用水使用量のフィードバックが水使用量に与える影響 (共著)
大瀧 友里奈
第87回水道研究発表会講演集 130-131頁 2016年11月
36. 水道の国際比較に関する研究 ~国内外水道事業の情報発信~ (共著)
鶴田 侑子
第87回水道研究発表会講演集 128-129頁 2016年11月
37. 相対的評価のフィードバックが水使用量に与える影響-個人と家庭全体の水使用量変化の違い
大瀧 友里奈
2016年度日本建築学会大会講演集 659-660頁 2016年8月
38. 他者の目が水使用量に与える影響―スマートメータのインターフェースを考える (共著)
大瀧 友里奈
第86回水道研究発表会講演集 124-125頁 2015年10月
39. Advocating Water Literacy (査読有り)
Yurina Otaki
Mahasarakham International Journal of Engineering Technology 2015年9月
その他のサイト
40. Provision of information on household water consumption aiming at efficient use of residential water. (共著)
Yurina Otaki, Kazuhiro Ueda, Osamu Sakura
Proceedings of Efficient 2015 – PI 2015 Joint Specialist IWA International Conference 2015年4月
41. 情報提供が家庭用水の使用行動に与える影響 -スマートメータのインターフェースを検討する (査読有り)
大瀧 友里奈
環境情報科学 28巻239-244頁 2014年11月
doi その他のサイト その他のサイト
42. 水使用量の「見える化」を考える (共著)
大瀧友里奈, 植田一博, 佐倉統
水道研究発表会講演集 88-89頁 2014年10月
43. ベトナム・ハノイ市郊外家庭における水利用の実態と意識 (共著)
荒巻俊也, 大瀧雅寛, 大瀧友里奈, 窪田亜矢, Pham Ngoc Bao, Le Quynh Ch
日本水環境学会年会講演集 448巻 2014年3月
44. 東京大学OCWの応用 –電子教科書Todai-eTEXT (共著)
大瀧友里奈, 藤原毅夫
工学教育研究講演会講演集 2013年8月
45. Micro-component Survey of Residential Water Consumption in Hanoi (共著) (査読有り)
Y. Otaki, M. Otaki, P. N. Bao, T. T. V. Nga, T. Aramaki
Water Science & Technology: water supply 13巻2号469-478頁 2013年1月
doi
46. Water Demand Management: A Strategic Approach Towards Sustainable Water Use System in Hanoi (共著) (査読有り)
P. N. Bao, T. Aramaki, M. Otaki, Y. Otaki
Journal of Water and Environment Technology 11巻5号403-418頁 2013年1月
doi
47. 家庭用水使用量の実測値と推測値の比較によるアンケートの最適化 (共著)
大瀧友里奈, 大瀧雅寛, 冷萍, Pham Ngoc Bao, 荒巻俊也
水環境学会年会講演集 492巻 2012年3月
48. 東京大学OCWの運営と課題 (共著)
大瀧友里奈, 藤原毅夫
工学教育 60巻6号176-178頁 2012年1月
49. Comparison of Residential Indoor Water Consumption Pattern between Chiang Mai and Khon Kaen, Thailand (共著) (査読有り)
Yurina Otaki, Masahiro Otaki, Haruka Sugihara, Lada Mathurasa, Petch Pengchai, Toshiya Aramaki
Journal of American Water Works Association 103巻5号104-110頁 2011年1月
50. An analysis of Water Consumption and Prospects for Implementing Household Water Demand Management in Hanoi (共著)
Pham Ngoc Bao, Toshiya Aramaki, Yurina Otaki, Masahiro Otaki
Proceedings of IWA-ASPIRE 2011年1月
51. Micro-components survey of residential water consumption in Hanoi (共著)
Yurina Otaki, Masahiro Otaki, Pham Ngoc Bao, Tran Thi Viet Nga, Tshiya Aramaki
Proceedings of IWA-ASPIRE 13巻2号469-478頁 2011年1月
doi
52. OECD諸国のエネルギー消費とCO2排出の比較 (共著) (査読有り)
大瀧 友里奈, 松尾 友矩
環境情報科学 23巻49-54頁 2009年11月
その他のサイト
53. 生活用水の用途別使用量の実測調査とその比較 -タイ国チェンマイと東京の事例より (共著)
大瀧友里奈, 大瀧雅寛
全国水道研究発表会講演集 2009年5月
54. 「水リテラシー」概念の提唱 -その必要性と有効性- (査読有り)
大瀧 友里奈
環境情報科学 38巻2号74-81頁 2009年1月
55. Micro-Components Survey of Residential Indoor Water Consumption in Chiang Mai (共著) (査読有り)
Y. Otaki, M. Otaki, P. Pengchai, Y. Ohta, T. Aramaki
Drinking Water Engineering and Science 1巻1号17-25頁 2008年1月
56. Attempt to Establish an Industrial Water Consumption Distribution Model (共著) (査読有り)
Yurina Otaki, Masahiro Otaki, Tomoko Yamada
Journal of Water and Environment Technology 6巻2号85-91頁 2008年1月
doi その他のサイト
57. Water systems and urban sanitation - A historical comparison of Tokyo and Singapore (共著) (査読有り)
Yurina Otaki, Masahiro Otaki, Osamu Sakura
Journal of Water and Health 5巻2号259-265頁 2007年1月
58. 江戸型水システムの衛生学的評価
大瀧 友里奈
水 48巻6号20-24頁 2006年5月
その他のサイト
59. Learning from the future –What shifting trends in developed countries may imply for urban water systems in developing countries (共著) (査読有り)
Magnus Bengtsson, Toshiya Aramaki, Masahiro Otaki, Yurina Otaki
Water Science & Technology: Water Supply 5巻3-4号121-127頁 2005年1月
doi
60. Water systems and urban sanitation – A historical comparison of Tokyo and Singapore, and case study in Thailand (共著)
Yurina Otaki, Masahiro Otaki, Petch Pengchai, Osamu Sakura
Proceedings of Fourth Conference International Water History Association, Water and Civilization 2005年1月
61. Water systems and urban sanitation in Tokyo and Singapore during the 19th to 20th centuries
Yurina Otaki
Proceedings of 6th International Summer Academy on Technology Studies 249-260頁 2004年1月
62. Residential Water Demand Analysis by Household Activities (共著)
Yurina Otaki, Masahiro Otaki, Toshiya Aramaki, Osamu Sakura
Proceedings of Efficient Use and Management of Water for Urban Supply 2003年1月
63. Environmental History of Water Use in Tokyo (共著)
Yurina Otaki, Masahiro Otaki, Osamu Sakura
Proceedings of 3rd International Water History Association Conference 2003年1月
64. 近代水道整備前の上水水質の分析 (共著)
大瀧友里奈, 大瀧雅寛, 佐倉統
土木学会全国大会講演集 2002年9月
65. 江戸型水システムの衛生学的評価 (共著)
大瀧友里奈, 大瀧雅寛, 佐倉統
環境科学会講演集 2002年9月
66. 衛生学的観点からみた江戸の水システムの評価 (共著)
大瀧友里奈, 大瀧雅寛, 佐倉統
土木学会全国大会講演集 2001年9月
67. Activated Sludge as a Possible Source of Biodegradable Plastic (共著) (査読有り)
Hiroyasu Sato, Yurina Iwamoto, Takashi Mino, Tomonori Matsuo
Water Science and Technology 38巻2号103-109頁 1998年1月
68. 微好気-好気で馴養された活性汚泥による生分解性プラスチック(Polyhydroxyalkanoate)の生産 (共著) (査読有り)
岩本友里奈, 佐藤弘泰, 味埜俊, 松尾友矩
土木学会論文集 VII巻4号19-26頁 1997年1月
69. 嫌気好気法余剰汚泥のPHA生産能力に関する研究 (共著) (査読有り)
岩本友里奈, 佐藤弘泰, 味埜俊, 松尾友矩
環境工学研究論文集 31巻 1994年1月

▼全件表示

講演・口頭発表等

No. 会議名 開催・発表年月日 開催地
1. International situation of smart water metering(水道研究発表会)
開催年月日:
発表年月日: 2021年12月01日
2. 水使用データを活用した見守りサービスの受容価格調査 -スマートメータデータの利活用を目指して-(水道研究発表会)
開催年月日:
発表年月日: 2021年12月01日
3. Assessment of domestic greywater quality to determine the potential reuse in urban residentials(International Symposium on Advances in Civil and Environmental Engineering, Practices for Sustainable Development)
開催年月日:
発表年月日: 2019年09月26日
4. ポスト公害時代の四日市を捉える―当事者へのオーラルヒストリーを通じて(環境科学会年会)
開催年月日:
発表年月日: 2019年09月13日
5. スリランカ郊外コミュニティにおける生活排水処理と周辺地下水汚染の関係性調査(日本水環境学会年会)
開催年月日:
発表年月日: 2019年03月16日
6. オンサイト型し尿処理設備の現状分析-持続的な衛生環境構築に向けて-(日本水環境学会年会)
開催年月日:
発表年月日: 2019年03月16日
7. スリランカ南部における家庭排水処理の実態と汚染負荷量の調査(日本水環境学会年会)
開催年月日:
発表年月日: 2019年03月07日
8. スリランカにおける家庭内雨水利用への住民の受容性と有用性(日本水環境学会年会)
開催年月日:
発表年月日: 2019年03月07日
9. 流域マネジメントの場における行政と住民の協働 〜流域水循環計画を例として〜(日本水環境学会年会)
開催年月日:
発表年月日: 2019年03月07日
10. 確率論的アプローチによる水需要マネジメント(水道研究発表会)
開催年月日:
発表年月日: 2018年10月24日
11. 家庭での水使用量の見える化をデザインする(日本認知科学会第35回大会)
開催年月日:
発表年月日: 2018年08月30日
12. ゲーミフィケーションを用いた情報提示が家庭の水使用量に与える影響(平成29年度環境情報科学学術研究論文発表会)
開催年月日:
発表年月日: 2017年12月08日
13. 環境に関するソーシャルアクションの影響力―参加者の特性および環境配慮態度・行動意図に着目して―(平成29年度環境情報科学学術研究論文発表会)
開催年月日:
発表年月日: 2017年12月08日
14. 水使用量のフィードバックがその後の水使用に与える影響 ―水資源の共有財としての意識化―(平成29年度環境情報科学学術研究論文発表会)
開催年月日:
発表年月日: 2017年12月08日
15. 水インフラ途上国における水インフラ整備率の因子解析(水環境学会年会)
開催年月日:
発表年月日: 2017年03月15日
熊本大学
16. 行政と住民の協働の場の運営をめぐる考察 ―東京都流域連絡会を事例として―(水環境学会年会)
開催年月日:
発表年月日: 2017年03月15日
熊本大学
17. 顔文字による家庭用水使用量のフィードバックが水使用量に与える影響(第87回水道研究発表会)
開催年月日:
発表年月日: 2016年11月09日
京都市勧業館「みやこめっせ」
18. 水道の国際比較に関する研究 ~国内外水道事業の情報発信~(第87回水道研究発表会)
開催年月日:
発表年月日: 2016年11月09日
京都市勧業館「みやこめっせ」
19. 相対的評価のフィードバックが水使用量に与える影響-個人と家庭全体の水使用量変化の違い(2016年度日本建築学会大会)
開催年月日:
発表年月日: 2016年08月24日
福岡大学
20. 他者の目が水使用量に与える影響―スマートメータのインターフェースを考える(第86回水道研究発表会)
開催年月日:
発表年月日: 2015年10月21日
さいたまスーパーアリーナ
21. Provision of information on household water consumption aiming at efficient use of residential water(Efficient 2015 – PI 2015 Joint Specialist IWA International Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2015年04月20日

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

No. 研究題目 研究種目(提供機関・制度) 研究期間
1. オンサイト型し尿処理設備の持続的衛生管理に向けた地域密着型ハイブリッド研究
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2020年4月 ~ 2022年3月
2. 水道スマートメータ導入に向けたデータ利活用の検討

( 提供機関: 厚生労働科学研究費補助金 制度: 共同研究(国内共同研究) )
2020年4月 ~ 2022年3月
3. ELSIを考慮したナッジ手法の開発と評価:節水行動と食品選択を例にして

( 提供機関: セコム財団特定領域研究助成 制度: 共同研究(国内共同研究) )
2019年1月 ~ 2020年1月
4. 「持続可能な節水型社会実現に向けた水使用量の「見える化」手法の検討」
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2018年4月 ~ 2021年3月
5. ストレスなく節水型社会を達成する

( 提供機関: LIXIL住生活財団研究助成 制度: 共同研究(企業等からの受託研究) )
2017年12月 ~ 2019年1月
6. 途上国における住民のオーナーシップ向上を目指した水利用システムのデザイン手法
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2017年4月 ~ 2019年3月
7. 家庭用水版スマートメータのインターフェースの開発-用途毎に「見せる」技術の検証
その他のサイト
基盤研究(C)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2015年4月
8. 家庭への水版スマートメータ導入に向けた研究

( 提供機関: LIXIL住生活財団研究助成 制度: 共同研究(国内共同研究) )
2013年12月 ~ 2015年4月
9. 家庭で使用する水の「見える化」プロジェクト

( 提供機関: 住友財団環境研究助成 制度: 共同研究(企業等からの受託研究) )
2013年11月 ~ 2015年4月

▼全件表示