森有礼高等教育国際流動化センター
加藤 真紀(カトウ マキ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

研究論文

1.National ties of inernational scientific collaboration and researcher mobility found in Nature and Science(共著)
Scientometrics 110巻2号673-694頁 2017年 学術雑誌
doi
2.Continuity of international collaborations with the country of origin: Case of highly cited migrant researchers from developing countries
国際開発研究 24巻2号81-96頁 2015年 学術雑誌
ISSN 1342-3045
3.The relationship between research performance and international collaboration in chemistry(共著)
Scientometrics 97巻3号535-553頁 2013年 学術雑誌
4.国際移動をする高度専門人材の滞在地選択:日本の博士留学生を事例とした実証分析
国際開発研究 22巻1号41-54頁 2013年 学術雑誌
5.学術論文の分析から見る途上国の研究活動
国際開発研究 20巻1号15-30頁 2011年 学術雑誌
6.人的資本の蓄積メカニズムが教育収益率推定に与える影響
国際開発研究 17巻1号17-28頁 2008年 学術雑誌
7.教育投資と所得の因果関係および投資効果発現に要する時間的遅れ(共著)
応用地域学研究 12巻1-13頁 2007年 学術雑誌
8.頭脳流出が途上国の技術進歩と人的資本蓄積に与える影響
応用地域学研究 12巻83-94頁 2007年 学術雑誌

その他

1.経済学カリキュラム科目の重要度と習得度:日本の大学関係者によるコンピテンス認識を通じて(共著)
Mori Arinori Center for High Education and Global Mobility Working Paper Series ; No. WP2017-03 2017年 その他
2.複数の学術領域におけるコンピテンス概念把握の試み(共著)
Mori Arinori Center for High Education and Global Mobility Working Paper Series ; No. WP2017-01 2017年 その他
3.短期留学の効果:ランダム選抜による留学データを用いた実証分析(共著)
Mori Arinori Center for High Education and Global Mobility Working Paper Series ; No. WP2017-02 2017年 その他
4.Skills Mobility and Postsecondary Education in the ASEAN Economic Community
Mori Arinori Center for High Education and Global Mobility Working Paper Series ; No. WP2016-02 2016年 その他
5.専門と汎用コンピテンスの関係:日本の複数大学調査に基づく実証分析(共著)
Mori Arinori Center for High Education and Global Mobility Working Paper Series; No. WP2016-01 2016年 その他
6.Empirical analysis on factors associated with international scientific collaboration
NISTEP Discussion Paper 95号 2013年 その他
7.我が国の博士課程修了者の大学院における修学と経済状況に関する調査研究(共著)
科学技術・学術政策研究所 調査資料 206号 2012年 学術雑誌
8.博士課程修了者調査2011:我が国の博士課程における研究指導・教育に関する調査(共著)
科学技術・学術政策研究所 調査資料 217号 2012年 その他
9.論文の被引用数から見る卓越した研究者のキャリアパスに関する国際比較
NISTEP Discussion Paper 78号 2011年 その他
10.大学院進学時における高等教育機関間の学生移動;大規模研究型大学で学ぶ理工系修士学生の移動機会と課題(共著)
科学技術・学術政策研究所 調査資料 174号 2010年 その他
11.論文生産から見る途上国の研究活動と研究者の国際的ネットワーク
科学技術・学術政策研究所 調査資料 178号 2010年 その他
12.理工系大学院の教育に関する国際比較調査(共著)
NISTEP REPORT 125号 2009年 学術雑誌
13.日本の理工系修士学生の進路決定に関する意識調査(共著)
科学技術・学術政策研究所 調査資料 165号 2009年 その他

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.国際開発学会 特別賞2012年12月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.Why is the labor market participation rate lower for female graduates in the metropolitan area of Japan(56th annual Western Regional Science Association meeting)
2017年02月Santa Fe (United States)
2.Relationship between Subject-specific and Generic Competencies: Evidence from a Survey on Japanese Universities(Fifteenth Annual Hawaii International Conference on Education)
2017年01月Hawaii (United States)
3.Skill Mobility and Postsecondary Education in ASEAN Economic Community(Skill Benefiting from Skill Mobility Under the ASEAN Economic Community)
2016年03月~2016年04月Manila (Philippine)
4.Regional differences in the university advancement ratio for women in contemporary Japan(55th annual Western Regional Science Association meeting)
2016年02月Hawaii (United States)
5.国際経済開発の議論における法則と例外の関係性に関する試行的考察(国際開発学会 第26回全国大会)
2015年11月新潟大学
6.Social factors relating to gender differences in tertiary education: An international perspective(54th annual Western Regional Science Association meeting)
2015年02月Tucson, Arizona (United States)
7.The relationship between cultural diversity and scientific knowledge creation: An empirical analysis(53rd annual Western Regional Science Association meeting)
2014年02月San Diego (United States)
8.国際移動をしたスター研究者と出身途上国との繋がり:出身国と国際共同研究をする誘因を中心として(国際開発学会第24 回全国大会)
2013年11月大阪大学
9.国際共著論文の被引用数が多い理由:研究者のパフォーマンスの高さとの関係(研究・技術計画学会)
2013年11月政策研究大学院大学

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.高等教育で学ぶ女性の増加が社会経済に与える影響に関する計量分析
その他のサイト
基盤研究(C)2015年度~
2.共著論文の計量分析から見る研究者の国際ネットワーキング
その他のサイト
基盤研究(C)2010年度~2012年度

共同研究・受託研究の実績

NO研究題目共同研究区分研究期間研究内容
1.アジアの女性研究者の現状が日本の科学技術施策へ与える影響に関する研究その他2014年度~2015年度
前のページへ戻る