経済学研究科
杉田 洋一(スギタ ヨウイチ)

論文

1. Assortative Matching of Exporters and Importers (査読有り)
Yoichi Sugita, Kensuke Teshima, Enrique Seira
Review of Economics and Statistics forthcoming巻 2021年10月
doi
2. The Impact of Trade Liberalization on Industrial Productivity (査読有り)
Paul S. Segerstrom, Yoichi Sugita
Journal of the European Economic Association 13巻6号1167-1179頁 2015年12月
doi
3. The Welfare Effect of Foreign Productivity and Quality Growth: A Quantitative Analysis. (共著) (査読有り)
Taiji Furusawa, Yoichi Sugita
International Economy 23巻235-261頁 2020年12月
4. Cross-border Technology Licensing and Trade Policy (査読有り)
Jota Ishikawa, Yoshimasa Komoriya, Yoichi Sugita
International Economy 2020年
5. Commercial Policy and Foreign Ownership (共著) (査読有り)
Jota Ishikawa, Yoichi Sugita, Laixun Zhao
Review of International Economics 19巻2号300-312頁 2011年4月
その他のサイト
6. Corporate control, foreign ownership regulations and technology transfer (査読有り)
Jota Ishikawa, Yoichi Sugita, Laixun Zhao
Economic Record 85巻269号197-209頁 2009年
doi

▼全件表示

講演・口頭発表等

No. 会議名 開催・発表年月日 開催地
1. Wage Markdowns and FDI Liberalization(日本国際経済学会第81回全国大会)
開催年月日:
発表年月日: 2022年10月02日
2. Nonparametric Identification of Production Function, Total Factor Productivity, and Markup from Revenue Data(慶應大学産業研究所経営経済ワークショップ)
開催年月日:
発表年月日: 2022年09月26日
3. Nonparametric Identification of Production Function, Total Factor Productivity, and Markup from Revenue Data(International Symposium on Trade and Finance)
開催年月日:
発表年月日: 2022年09月23日
4. Nonparametric Identification of Production Function, Total Factor Productivity, and Markup from Revenue Data(東京経済大学応用ミクロ経済学セミナー)
開催年月日:
発表年月日: 2022年09月21日
5. Nonparametric Identification of Production Function, Total Factor Productivity, and Markup from Revenue Data(SWET)
開催年月日: 2022年8月8日
発表年月日: 2022年08月08日
6. Nonparametric Identification of Production Function, Total Factor Productivity, and Markup from Revenue Data(the Kobe Workshop on International Trade and FDI)
開催年月日:
発表年月日: 2021年12月16日
7. The Impacts of AI,Robots, and Globalization on Labor Markets: Analysis of a Quantitative General Equilibrium GVC Model(KEOセミナー)
開催年月日:
発表年月日: 2021年07月01日
8. Nonparametric Identification of Production Function, Total Factor Productivity, and Markup from Revenue Data(The 2021 China meeting of the Econometric Society)
開催年月日:
発表年月日: 2021年06月27日
9. Nonparametric Identification of Production Function, Total Factor Productivity, and Markup from Revenue Data(The 2021 North American Summer Meeting of the Econometric Society (Online, UQAM))
開催年月日: 2021年6月10日 ~ 2021年6月13日
発表年月日: 2021年06月10日
10. Nonparametric Identification of Production Function, Total Factor Productivity, and Markup from Revenue Data(the Third International Workshop 'Market Studies and Spatial Economics', (Online, HSE University, Russia))
開催年月日: 2021年4月14日 ~ 2021年4月16日
発表年月日: 2021年04月14日
11. "Nonparametric Identification of Production Function TFP and Markup from Revenue Data"(大阪大学経済学研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2020年10月29日
大阪大学(オンライン)
12. "Nonparametric Identification of Production Function TFP and Markup from Revenue Data"(Summer Workshop on Economic Theory)
開催年月日:
発表年月日: 2020年08月25日
一橋大学(オンライン)
13. "Identification of Markups, Production Function and TFP from Revenue Production Data"(Asia-Pacific Industrial Organization Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2019年12月14日
一橋大学
14. "Global Value Chains and Aggregate Income Volatility"(UTokyo Workshop for Global Value Chains)
開催年月日:
発表年月日: 2019年12月13日
東京大学
15. "Identification of Markups, Production Function and TFP from Revenue Production Data"(御所北セミナー)
開催年月日:
発表年月日: 2019年11月29日
同志社大学
16. "Global Value Chains and Aggregate Income Volatility"(日本国際経済学会全国大会)
開催年月日:
発表年月日: 2019年09月29日
アジア経済研究所
17. "Global Value Chains and Aggregate Income Volatility"(Summer Workshop on Economic Theory)
開催年月日:
発表年月日: 2019年08月04日
小樽商科大学札幌サテライト
18. Wage Markdowns and FDI Liberalization(International Workshop on Applied Economics)
開催年月日:
発表年月日: 2019年05月24日
神戸大学
19. Wage Markdowns and FDI Liberalization(セミナー)
開催年月日:
発表年月日: 2019年05月07日
早稲田大学
20. Wage Markdowns and FDI Liberalization(特別セミナー「市場の質と現代経済」)
開催年月日:
発表年月日: 2018年12月22日
中京大学経済研究所
21. Wage markdowns and FDI liberalization(Asia Forum of International Economics)
開催年月日:
発表年月日: 2018年10月14日
南開大学、中国
22. "Wage Markdowns and FDI Liberalization"(HIAS Summer Institute : International Trade and FDI 2018)
開催年月日:
発表年月日: 2018年08月01日
一橋大学
23. "Wage Markdowns and FDI Liberalization"(経済学シンポジウム)
開催年月日:
発表年月日: 2018年07月21日
大東文化大学経済学研究所
24. "A Solution to the Melitz-Trefler Puzzle"(SAET)
開催年月日:
発表年月日: 2018年06月13日
中央研究院
25. Wage Markdowns and FDI Liberalization(ミクロ経済学ワークショップ)
開催年月日:
発表年月日: 2018年06月05日
東京大学
26. "Wage Markdowns and FDI Liberalization"(日本国際経済学会関東部会)
開催年月日:
発表年月日: 2018年05月19日
日本大学
27. "Wage Markdowns and FDI Liberalization"(Hitotsubashi-PKU Economics Workshop)
開催年月日:
発表年月日: 2018年05月12日
一橋大学
28. "Wage Markdowns and FDI Liberalization"(Conference on Institutions, Markets, and Market Quality)
開催年月日:
発表年月日: 2018年03月08日
京都大学
29. "Wage Markdowns and FDI Liberalization"(ポリシー・モデリング・ワークショップ)
開催年月日:
発表年月日: 2018年02月03日
政策研究大学院大学
30. "Wage Markdowns and FDI Liberalization"(大阪大学経済学研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2018年01月25日
大阪大学
31. “Assortative Matching of Exporters and Importers.”(経済学セミナー)
開催年月日:
発表年月日: 2017年12月14日
東京理科大学
32. "A Solution to the Melitz-Trefler Puzzle"(ミクロ経済学・ゲーム理論研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2017年11月09日
京都大学経済研究所
33. Wage Markdowns and FDI Liberalization(日本国際経済学会全国大会)
開催年月日:
発表年月日: 2017年10月22日
日本大学
34. "Wage Markdowns and FDI Liberalization"(Summer Workshop on Economic Theory)
開催年月日:
発表年月日: 2017年08月06日
北海道大学
35. "Wage Markdowns and FDI Liberalization"(Asia Pacific Trade Seminars)
開催年月日:
発表年月日: 2017年06月16日
Foreign Trade University
36. "Wage Markdowns and FDI Liberalization"(International Workshop on Urban Economics and Trade)
開催年月日:
発表年月日: 2017年05月12日
アジア経済研究所
37. "Wage Markdowns and FDI Liberalization"(Keio International Economics Workshops)
開催年月日:
発表年月日: 2017年05月11日
慶應義塾大学
38. “A Solution to the Melitz-Trefler Puzzle”(Workshop on Trade and FDI)
開催年月日:
発表年月日: 2017年03月09日
神戸大学
39. Wage Markdowns and FDI Liberalization(Hitotsubashi-Sogang Trade Workshop)
開催年月日:
発表年月日: 2017年02月22日
一橋大学
40. "Wage Markdowns and FDI Liberalization"(Hitotsubashi Conference on International Trade and FDI 2016)
開催年月日:
発表年月日: 2016年12月10日
一橋大学
41. “Assortative Matching of Exporters and Importers.”(Department Seminar)
開催年月日:
発表年月日: 2016年10月14日
香港科学技術大学
42. A Solution to the Melitz-Trefler Puzzle(Conference in honor of Donald R. Davis)
開催年月日:
発表年月日: 2016年09月23日
Columbia University
43. “Assortative Matching of Exporters and Importers.”(経済学・人口学ワークショップ)
開催年月日:
発表年月日: 2016年07月19日
日本大学人口研究所
44. “Assortative Matching of Exporters and Importers.”(ミクロワークショップ)
開催年月日:
発表年月日: 2016年07月07日
東京大学
45. "A Solution to the Melitz-Trefler Puzzle"(Asia Pacific Trade Seminars)
開催年月日:
発表年月日: 2016年06月24日
国立台湾大学
46. "A Solution to the Melitz-Trefler Puzzle"(日本国際経済学会春季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2016年06月04日
学習院大学
47. “Assortative Matching of Exporters and Importers.”(Workshop on Interntional Trade)
開催年月日:
発表年月日: 2016年05月30日
上海対外経貿大学
48. "A Solution to the Melitz-Trefler Puzzle"(One Day Trade Workshop)
開催年月日:
発表年月日: 2016年03月11日
一橋大学
49. "A Solution to the Melitz-Trefler Puzzle"(Hitotsubashi-PKU Economics Workshop)
開催年月日:
発表年月日: 2016年03月03日
北京大学
50. “Assortative Matching of Exporters and Importers.”(LSE – Hitotsubashi Trade Workshop)
開催年月日:
発表年月日: 2015年11月19日
London School of Economics
51. “Assortative Matching of Exporters and Importers.”(European Economic Association Annual Meeting)
開催年月日:
発表年月日: 2015年08月26日
University of Mannheim
52. “Assortative Matching of Exporters and Importers.”(HIAS Summer Institute : International Trade and FDI 2015)
開催年月日:
発表年月日: 2015年07月31日
一橋大学
53. “A Matching Theory of Global Supply Chains with Firm Heterogeneity.”(IEFS Japan Annual Meeting 2014,)
開催年月日:
発表年月日: 2015年05月21日
京都大学
54. “Assortative Matching of Exporters and Importers.”(Australian Trade Workshop)
開催年月日:
発表年月日: 2015年04月08日
University of Sydney
55. “Assortative Matching of Exporters and Importers.”(IEFS Japan Annual Meeting 2014)
開催年月日:
発表年月日: 2014年09月24日
神戸大学
56. “Assortative Matching of Exporters and Importers”.(Asia Pacific Trade Seminars)
開催年月日:
発表年月日: 2014年06月28日
西江大学校
57. “Assortative Matching of Exporters and Importers.”(Nordic International Trade Seminars)
開催年月日:
発表年月日: 2014年05月22日
Stockholm University
58. “Assortative Matching of Exporters and Importers.”(Hitotsubashi Conference on International Trade and FDI 2013)
開催年月日:
発表年月日: 2013年12月07日
一橋大学
59. “The Impact of Trade Liberalization on Industrial Productivity."(CESifo-Delphi conference 2013)
開催年月日:
発表年月日: 2013年04月26日
ifo Institute in Germany
60. “The Impact of Trade Liberalization on Industrial Productivity."(Royal Economic Society Annual Meeting 2013)
開催年月日:
発表年月日: 2013年04月03日
Royal Holloway
61. “The Impact of Trade Liberalization on Industrial Productivity."(Hitotsubashi GCOE Conference on International Trade & FDI 2012)
開催年月日:
発表年月日: 2012年12月08日
一橋大学
62. “The Impact of Trade Liberalization on Industrial Productivity."(Midwest International Trade Meeting)
開催年月日:
発表年月日: 2012年10月27日
Washington University St. Louis
63. "Matching, Quality, and Comparative Advantage: A Unified Theory of Heterogeneous Firm Trade.”(European Economic Association Annual Meeting)
開催年月日:
発表年月日: 2011年08月28日
University of Oslo
64. “Matching, Quality, and Comparative Advantage: A Unified Theory of Heterogeneous Firm Trade.”(Midwest International Trade Meeting)
開催年月日:
発表年月日: 2010年09月19日
University of Wisconsin Madison

▼全件表示

受賞

No. 賞名 受賞年月
1. 日本国際経済学会・特定領域研究奨励賞(小田賞) 2022年10月
2. Premio Banamex de Economia 2015 2016年12月

共同研究・競争的資金等の研究課題

No. 研究題目 研究種目(提供機関・制度) 研究期間
1. GPSデータを用いた観光需要と観光外部性の研究
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 基盤研究(B) )
2021年4月 ~ 2024年3月
2. グローバリゼーションと研究開発
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 基盤研究(B) )
2020年4月 ~ 2024年3月
3. グローバル生産リスクと企業間貿易取引関係:大規模高頻度取引データによる分析
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 基盤研究(B) )
2019年4月 ~ 2024年3月
4. グローバル生産ネットワークと産業集積
基盤研究(A)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 基盤研究(A) )
2017年4月 ~ 2022年3月
5. 取引相手を通じた輸出企業の持続的成長メカニズム:税関取引データによる分析(若手A, 研究代表者)
若手研究(A)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2015年4月 ~ 2019年3月