経済学研究科
冨浦 英一(トミウラ エイイチ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.『アウトソーシングの国際経済学』(単著)
日本評論社 2014年
ISBN 4535556911
2.Cross-border Outsourcing and Boundaries of Japanese Firms: A Microdata Economic Analysis
Springer 2018年
ISBN 978-981-13-0035-6
3.『戦略的通商政策の経済学』(単著)
日本経済新聞社 1995年
ISBN 4532130921

研究論文

1.Regional Variations in Productivity Premium of Exporters: Theory and Evidence(共著)
Review of International Economics 2019年 学術雑誌
2.Trade Policy Preferences and Cross-Regional Differences: Evidence from Individual-level Data of Japan(共著)
Journal of the Japanese and International Economies 2018年 学術雑誌
3.Empirical Analyses of Offshoring based on Japanese Firm-level Data: A Survey
The International Economy 2017年 学術雑誌
doi
4.Individual Characteristics, Behavioral Biases, and Trade Policy Preferences: Evidence from a Survey in Japan(共著)
Review of International Economics 24巻5号1081-1095頁 2016年 学術雑誌
doi
5.Multi-plant Operation and Corporate Headquarters Separation: Evidence from Japanese Plant-level Panel Data(共著)
Japan and the World Economy 39巻12-22頁 2016年 学術雑誌
doi
6.Skew Productivity Distributions and Agglomeration: Evidence from Plant-level Data(共著)
Regional Studies 48巻9号1514-1528頁 2014年 学術雑誌
doi
7.Task Content of Trade: A Disaggregated Measurement of Japanese Changes(共著)
Japanese Economic Review 65巻2号238-251頁 2014年 学術雑誌
doi
8.Offshore Outsourcing and Nonproduction Workers: Firm-level Relationships Disaggregated by Skills and Suppliers(共著)
The World Economy 36巻2号180-193頁 2013年 学術雑誌
doi
9.Offshoring and Japanese Firms(共著)
In: Bardhan, Ashok, Dwight Jaffee and Cynthia Kroll, eds., The Oxford Handbook of Offshoring and Global Employment, Oxford University Press, Chapter 10, 229-251頁 2013年 単行本
10.Industrial Relocation Policy, Productivity, and Heterogeneous Plants: Evidence from Japan(共著)
Regional Science and Urban Economics 42巻230-239頁 2012年 学術雑誌
11.“Does Firm Boundary Matter? The Effect of Offshoring on Productivity of Japanese Firms,” (coauthored with Banri Ito and Ryuhei Wakasugi)(共著)
In R. M. Stern Ed., Quantitative Analysis of Newly Evolving Patterns of International Trade: Fragmentation, Offshoring of Activities, and Vertical Intra-Industry Trade, Chapter 3, World Scientific, 101-129頁 2012年 単行本
12.「グローバル化とわが国の国内雇用――貿易、海外生産、アウトソーシング――」
『日本労働研究雑誌』 623号60-70頁 2012年 学術雑誌
13.Offshore Outsourcing and Productivity: Evidence from Japanese Firm-level Data Disaggregated by Tasks(共著)
Review of International Economics 19巻555-567頁 2011年 学術雑誌
14.Cost Heterogeneity and the Destination of Japanese Foreign Direct Investment: A Theoretical and Empirical Analysis(共著)
Japan and the World Economy 23巻170-177頁 2011年 学術雑誌
15.Offshore Outsourcing Decision and Capital Intensity: Firm-level Relationships(共著)
Economic Inquiry 49巻2号364-378頁 2011年 学術雑誌
16.「日本企業の海外アウトソーシング――ミクロ・データによる分析――」
藤田昌久・若杉隆平 編『経済政策分析のフロンティア 第3巻 グローバル化と国際経済戦略』(日本評論社)第2章所収 47-75頁 2011年 単行本
17.「日本企業のオフショアリング展開」
『世界経済評論』11・12月号 55巻6号25-29頁 2011年 学術雑誌
18.“Productivity Premia of Offshoring Firms in East Asia: Evidence from Japanese Firms,” (coauthored with Ryuhei Wakasugi and Banri Ito)(共著)
Millennial Asia 1巻1号79-96頁 2010年 学術雑誌
19.Foreign versus Domestic Outsourcing: Firm-level Evidence on the Role of Technology
International Review of Economics and Finance 18巻219-226頁 2009年 学術雑誌
20.“Offshoring by Japanese Firms: A Comparison of Destinations,” (the corresponding author of a joint paper with Banri Ito and Ryuhei Wakasugi)(共著)
Harvard Asia Quarterly Vol.XII 1号14-19頁 2009年 学術雑誌
21.「輸入競争が日本の国内産業に与えた影響について」
伊東元重 編『バブル/デフレ期の日本経済と経済政策 第3巻 国際環境の変化と日本経済』慶応義塾大学出版会、第1章 3-31頁 2009年 単行本
22.“Offshoring and Trade in East Asia: A Statistical Analysis,” (coauthored with Ryuhei Wakasugi and Banri Ito)(共著)
Asian Economic Papers 7巻3号101-124頁 2008年 学術雑誌
23.Foreign Outsourcing and the Product Cycle: Evidence from Micro Data
Applied Economics Letters 15巻1019-1022頁 2008年 学術雑誌
24.Effects of R&D and Networking on the Export Decision of Japanese Firms
Research Policy 36巻5号758-767頁 2007年 学術雑誌
25.Foreign Outsourcing, Exporting, and FDI: A Productivity Comparison at the Firm Level
Journal of International Economics 72巻1号113-127頁 2007年 学術雑誌
26.Factor Price Equalization in Japanese Regions
Japanese Economic Review 56巻4号441-456頁 2005年 学術雑誌
27.Technological Capability and Foreign Direct Investment in Asia: Firm-level Relationships among Japanese Manufacturers
Asian Economic Journal 19巻3号273-289頁 2005年 学術雑誌
28.Foreign Outsourcing and Firm-level Characteristics: Evidence from Japanese Manufacturers
Journal of the Japanese and International Economies 19巻2号255-271頁 2005年 学術雑誌
29.Import Competition and Employment in Japan: Plant Startup, Shutdown and Product Changes
Japanese Economic Review 55巻2号141-152頁 2004年 学術雑誌
30.「対外直接投資と日本企業の技術力――『商工業実態基本調査』のミクロ統計データによる計量分析――」
『経済経営研究年報』神戸大学経済経営研究所 54号27-48頁 2004年 大学紀要
31.「ミクロ季節変動とマクロ景気変動――事業所レベルのミクロ統計データによる考察――」
『国民経済雑誌』(9月号) 190巻3号51-61頁 2004年 学術雑誌
32.“Implicit Collusion Models of Export Pricing: An Econometric Application to the Japanese Case,”
Kobe Economic and Business Review 49巻51-68頁 2004年 学術雑誌
33.Changing Economic Geography and Vertical Linkages in Japan
Journal of the Japanese and International Economies 17巻4号561-581頁 2003年 学術雑誌
34.The Impact of Import Competition on Japanese Manufacturing Employment
Journal of the Japanese and International Economies 17巻2号118-133頁 2003年 学術雑誌
35.“A Dynamic Model of Export Adjustment with Deep-pocket Effect: Evidence from Japanese Keiretsu Firms,”
Kobe Economic and Business Review 48巻55-71頁 2003年 学術雑誌
36.「輸入競争が国内生産に与える影響のミクロ計量分析」
松田・清水・舟岡編『講座:ミクロ統計分析 第4巻 企業行動の変容-ミクロデータによる接近』(日本評論社)第5章第2節 260-279頁 2003年 単行本
37.“Capacity Constraint and Seasonal Productivity Variations at Plant Level,”
Applied Economics Letters 10巻3号197-200頁 2003年 学術雑誌
38.“Capacity Constraint and Changing Seasonality over Business Cycles: Evidence from Plant-level Production Data,”
Economics Letters 76巻1号115-120頁 2002年 学術雑誌
39.「輸入浸透と日本の雇用――工業統計4桁産業別輸入データによる記述統計的分析――」
『国民経済雑誌』(10月号) 186巻4号67-78頁 2002年 学術雑誌
40.“Dynamic Export Pricing and Survey-based Exchange Rate Expectations,”
Kobe Economic and Business Review 47巻67-81頁 2002年 学術雑誌
41.「対日直接投資の現状――水準と構成の統計的評価――」
『海外投融資』設立10周年記念特別号(7月号) 47-50頁 2002年 学術雑誌
42.“Sensitivity of Domestic Production to Import Competition: Evaluation at Different Levels of Aggregation,”
Kobe Economic and Business Review 46巻73-90頁 2001年 学術雑誌
43.“Correlation of Seasonal Variation and Nonseasonal Variation of Production at the Establishment Level,”
Economics Letters 59巻2号201-205頁 1998年 学術雑誌
44.「産業規模と産業内分散:事業所レベルの生産データによる定量的分析」
『信州大学経済学論集』39号(巻頭論文) 1-18頁 1998年 大学紀要
45.“Learning Process and Export Adjustment: Simulations of Dynamic Models in the Japanese Case,”
Shinshu University Economic Review 37巻33-51頁 1997年 大学紀要
46.「未完のエアバス合意マルチ化:航空機産業に見る産業政策の国際的規律を巡る経済学的論点」
『貿易と関税』4月号 80-95頁 1997年 学術雑誌

その他

1.日本企業 グローバル化の課題(経済教室)
日本経済新聞 2015年 その他
2.アウトソーシングにより変貌するグローバル経済
『エコノミスト』2015年8月25日号 44-46頁 2015年 その他
3.“Globalization of the Japanese Firms: Long-run Trends, Cross-sectional Variations, and Policy Implications,”
Asie Visions 54, French Institute of International Relations (Ifri) 2012年 その他

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.第58回日経・経済図書文化賞2015年11月
2.第55回エコノミスト賞(毎日新聞社 2014年度)2015年03月
3.第11回小島清賞研究奨励賞2016年10月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1."Industrial Cluster Policy and Transaction Networks: Evidence from Firm-level Data in Japan,” Invited Session on Topics in Empirical International Trade and Production Network(Asian Meeting of Econometric Society)
2017年06月香港中文大学
2."Regional Variations in Productivity Premium of Exporters: Evidence from Japanese Plant-level Data," (-)
2016年12月Kobe University
3.小島清賞受賞講演「日本のミクロデータによる貿易の実証分析」(日本国際経済学会全国大会)
2016年10月中京大学
4.Spatial Attenuation of Agglomeration Externality: Evidence from Firm-level Data in Vietnam(Hitotsubashi Summer Institute)
2016年08月一橋大学
5.“Reciprocal versus Unilateral Trade Liberalization: Comparing Individual Characteristics of Supporters,” (HIAS Summer Institute)
2015年08月Hitotsubashi University, Tokyo
6.“Reciprocal versus Unilateral Trade Liberalization: Comparing Individual Characteristics of Supporters,”(RIETI Seminar on International Economy)
2014年12月Research Institute of Economy, Trade, and Industry, Tokyo
7.“Task Content of Trade: A Disaggregated Measurement of Japanese Changes,” (Yokohama Conference on Empirical Issues of International Trade and Firms)
2012年12月Yokohama
8.“Offshoring of Tasks and Flexible Employment: Relationships at the Firm Level,” (International Seminar on International Trade, Firm, and Labor Market)
2011年02月Research Institute of Economy, Trade, and Industry, Tokyo
9.“Offshore Outsourcing and Non-production Workers: Firm-level Relationships Disaggregated by Skills and Suppliers,”(France-Japan International Workshop on Globalization and the Behavior of Firms)
2010年11月Okinawa University
10.“Offshoring and Corporate Organizations: Evidence from Japanese Firm-level Data,” (School of Economics and Management)
2010年06月Tsinghua University (清華大学),Beijing

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.サービスを含む企業内貿易に関するミクロ計量実証研究
基盤研究(C)2017年度~2019年度
2.貿易政策への支持に個人の行動経済学的特性が与える影響に関する計量実証研究
基盤研究(C)2013年度~2016年度
3.グローバル化する日本の国内企業立地に関するミクロ計量実証研究
基盤研究(C)2010年度~2012年度
4.生産工程の国際分割に関するミクロ計量実証研究
基盤研究(C)2007年度~2009年度
5.ミクロ統計データを用いた日本企業のグローバル化に関する計量的実証研究
基盤研究(C)2004年度~2006年度
前のページへ戻る