経営管理研究科経営管理専攻
田頭 拓己(タガシラ タクミ)

書籍等出版物

1. Advertising Theory (Routledge Communication Series) (共著)
Shintaro Okazaki, Takumi Tagashira (分担執筆)
Routledge 2019年5月 (ISBN:0815382502)

論文

1. Signal effect of a targeted travel subsidy on consumer behavior during the coronavirus disease 2019 pandemic (査読有り)
Takumi Tagashira
Marketing Letters (forthcoming) 2022年12月
doi その他のサイト その他のサイト
2. Information effects of warehouse automation on sales in omnichannel retailing (査読有り)
Takumi Tagashira
Journal of Retailing and Consumer Services 66巻May号102903頁 2022年5月
doi
3. Sneaking the Dark Side of Brand Engagement into Social Media: The Dual Theory of Passion (共著) (査読有り)
Shintaro Okazaki, Florian Schuberth, Takumi Tagashira, Victoria Andrade
Journal of Business Research 130巻June号493-505頁 2021年
4. The Effect of Cross-Channel Integration on Cost Efficiency (共著) (査読有り)
Takumi Tagashira, Chieko Minami
Journal of Interactive Marketing 47巻August号68-83頁 2019年6月
doi その他のサイト
5. 小売チェーン・マネジメントにおけるMD標準化と規模拡大が経営成果に与える影響 (共著) (査読有り)
田頭 拓己, 森村文一
流通研究 20巻1号1-21頁 2017年4月
6. The Effects of Online and Offline Information Sources on Multiple Store Patronage (共著) (査読有り)
田頭 拓己, 南 知惠子
Australasian Marketing Journal 24巻2号116-124頁 2016年5月
doi
7. 小売企業のマルチチャネル化に伴う費用構造の変化
田頭 拓己
六甲台論集 62巻4号1-10頁 2016年3月
8. 新技術適用のテーラーメイド・サービスに対するユーザーの受容 (共著)
田頭 拓己, 南 知惠子, 森村文一
マーケティングジャーナル 35巻3号5-25頁 2016年1月

▼全件表示

講演・口頭発表等

No. 会議名 開催・発表年月日 開催地
1. CUSTOMER VALUE CREATION BY MULTICHANNEL RETAILER’S WAREHOUSE AUTOMATION: THE EFFECTS ON SALES(2020 AMA Summer Academic Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2020年08月18日
2. How does warehouse automation contribute to multichannel retailers’ performance?(日本応用経済学会2019年度秋季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2019年10月26日
東京
3. How does warehouse automation contribute to multichannel retailers’ performance?(King's Business School Research Seminars in Marketing)
開催年月日:
発表年月日: 2019年10月09日
Bush house, London, UK
4. An Empirical Study on the Relationship between Cross-Channel Integration and Offline Store Patronage Behavior(2019 Academy of Marketing Science Annual Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2019年05月29日
Vancouver, British Columbia, Canada
5. Understanding the Antecedents of Reverse Innovations: Developing a Comprehensive Conceptual Framework(2019 Academy of Marketing Science Annual Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2019年05月29日
Vancouver, British Columbia, Canada
6. The effects of cross-channel integration on cost efficiency in Japanese retail industry(Summer Workshop on Economic Theory)
開催年月日:
発表年月日: 2018年08月10日
小樽商科大学、北海道
7. Do narcissists engage more with luxury brands? Exploring the role of vanity on compulsive social media usage(2018 Global Marketing Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2018年07月26日
Tokyo
8. What can we learn from traumatic experience? From the perspectives of cross-cultural consumer behavior(2018 Global Marketing Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2018年07月26日
Tokyo
9. The effects of cross-channel integration on cost efficiency in Japanese retail industry(日本応用経済学会2018年度春季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2018年06月23日
京都大学、京都
10. How Mortality Salience and Risk Perceptions Shape Cross-Cultural Consumer Behaviours: A Tale of Three Cities(47th EMAC Annual Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2018年05月29日
Glasgow, Scotland, UK
11. 小売企業のチャネル間統合が費用効率性へ与える影響(日本商業学会第6回全国研究報告会)
開催年月日:
発表年月日: 2016年12月17日
学習院大学、東京
12. Cost Efficiency of Multiple Store Retailers: A Comparison of Purchasing and Store Operation Costs(2015 Academy of Marketing Science Annual Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2015年05月12日
Denver, Colorado, USA
13. An empirical study on the relationship between retailers' business expansion and efficiency: Analysis of sales-driven and cost driven efficiency(2014 Global Marketing Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2014年07月15日
Singapore

▼全件表示

受賞

No. 賞名 受賞年月
1. 2018 Global Marketing Conference, Best Track Paper Award 2018年7月
2. JACS-IBM 論文プロポーザル賞 優秀賞 2014年11月

共同研究・競争的資金等の研究課題

No. 研究題目 研究種目(提供機関・制度) 研究期間
1. オムニチャネル小売における顧客購買プロセス管理と新技術基盤の構築
若手研究
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 若手研究 )
2022年4月 ~ 2026年3月
2. ソーシャルメディアにおける炎上、購買行動と企業対応に関する理論・実証的研究

( 提供機関: 吉田秀雄記念事業財団 制度: 研究助成 )
2021年4月 ~ 2023年3月
3. 小売企業のオムニチャネル化に伴 う消費者行動と企業成果に関する変化
若手研究
( 制度: 科学研究費助成事業 )
2018年4月 ~ 2022年3月