社会学研究科
洪 郁如(コウ イクジョ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.近代台湾女性史:日治時期新女性的誕生
台大出版中心 2017年
978-986-350-231-9その他のサイト
2.台湾映画表象の現在:可視と不可視のあいだ(共編著)
あるむ 2011年
ISBN 978-4863330450
3.浅野豊美・松田利彦編 『植民地帝国日本の法的構造』(共著)
「植民地の法と慣習―台湾社会の女児取引をめぐる諸問題」 信山社 243-271頁 2004年
4.『中国女性の一〇〇年』
(中国女性史研究会編) 青木書店 2004年
5.尾形勇編 『歴史学辞典第10巻 身分と共同体』(共著)
「近代家族2 (中国)」 弘文堂 2003年
6.『近代台湾女性史』
勁草書房 2001年
7.若林正丈・呉密察編 『台湾重層近代化論文集』 (共著)
「日本統治初期士紳階層女性観之轉變」 台北、播種者文化出版 155-281頁 2000年
8.『論集 中国女性史』 (中国女性史研究会編) (共著)
「明治・大正期植民地台湾における女子教育観の展開」 吉川弘文館 244-261頁 1999年
9.若林正丈編 『もっと知りたい台湾第二版』(共著)
「女性たち」  弘文堂 86-100頁 1998年

研究論文

1.彼女たちの「日本時代」 : 植民地台湾の製帽業にみられるジェンダー・階層・帝国
言語文化 55巻35-53頁 2019年 学術雑誌
doiHERMES-IR
2.戦後台湾農村における学歴と教職
言語文化 54号91-107頁 2018年 学術雑誌
doiHERMES-IR
3.臺灣空襲記憶在歷史傳承上的危機 與契機:以戰爭兒童文學為中心
歷史臺灣 11号35-74頁 2016年 学術雑誌
ISSN 22212728HERMES-IR
4.朝鮮引揚者のライフ・ヒストリー : 成原明の植民地・引揚げ・戦後 (共著)
人文・自然研究 10号147-180頁 2016年 大学紀要
ISSN 1882-4625doiHERMES-IRCiNii
5.フェミニズム運動,政党,キャンパス : 近現代台湾政治と女性
言語文化 52号69-78頁 2015年 大学紀要
ISSN 0435-2947doiHERMES-IRCiNii
6.戦争記憶與殖民地記憶:開原緑的台湾日記
近代中国婦女史研究 24号47-82頁 2014年 学術雑誌
7.Between Understanding and Reconciliation: From the Perspective of Taiwan Studies
The Gakushuin Journal of International Studies 1号13-24頁 2014年 大学紀要
8.理解と和解の間 - 「親日台湾」と歴史記憶 - 
言語文化 50巻17-29頁 2013年 大学紀要
ISSN 0435-2947HERMES-IRCiNii
9.読み書きと植民地 : 台湾の識字問題 
言語文化 49巻75-93頁 2012年 大学紀要
ISSN 0435-2947HERMES-IRCiNii
10.「コロニアル・フェミニズム」は可能か-台湾におけるジェンダー・家父長制・植民地主義の交錯
植民地文化研究 10号27-33頁 2011年 学術雑誌
11.〈植民地/女性〉を語ること―謝雪紅の評伝・小説・自伝をめぐって
ジェンダー表象の政治学 : ネーション、階級、植民地 250-271頁 2011年 単行本
ISBN 978-4-7791-1608-7
12.Taiwanese Female Students in Japan under Colonial Rule” Hitotsubashi journal of social studies
Hitotsubashi journal of social studies 42巻2号12-28頁 2010年 大学紀要
13.台湾のフェモクラットとジェンダー主流化
台湾女性研究の挑戦 109-126頁 2010年 単行本
ISBN 978-4409240885
14.植民地台湾の〈モダンガール〉現象とファッションの政治化
モダンガールと植民地的近代―東アジアにおける帝国・資本・ジェンダー 261-284頁 2010年 単行本
978-4000253062
15.学歴・女性・殖民地:従台北女子高等学院論日治時期女子高等教育問題
殖民・近代化国際学術研討会台湾学研究論文集 157-183頁 2009年 単行本
16.旗袍・洋装・モンペ(燈籠褲):戦争時期台湾女性的服装
近代中国婦女史研究 17号31-66頁 2009年 学術雑誌
17.「女子高等教育の植民地的展開--私立台北女子高等学院を中心に」
香川せつ子・河村貞枝編 『女性と高等教育--機会拡張と社会的相克』 昭和堂 84-113頁 2008年 単行本
18.「漢族社会における〈関係〉生成の論理--ある台湾家庭の〈礼簿〉の分析」
『接続』 7 152-172頁 2007年 学術雑誌
CiNii
19.「〈東アジアにおける植民地的近代とモダンガール〉プロジェクト紹介」
『近きに在りて』 第48号 2005年 学術雑誌
20.「台湾人女性の(内地留学)」
『接続」 5 ひつじ書房 254-276頁 2005年 学術雑誌
CiNii
21.「回顧と展望:台湾」
『史学雑誌』 第113編 第5号(2003年の歴史学界―回顧と展望―) 258-262頁 2004年 学術雑誌
22.「植民地台湾におけるファッションと権力」
『接続』 4 ひつじ書房 2-20頁 2004年 学術雑誌
CiNii
23.「服飾の政治学に向けて」
『接続』 4 ひつじ書房 28-31頁 2004年 学術雑誌
24.「本土意識と文学史の構築」
『接続』 3 ひつじ書房 118-125頁 2003年 学術雑誌
CiNii
25.「台湾人家庭のなかの外国人労働者」
『接続』 3 ひつじ書房 182-214頁 2003年 学術雑誌
CiNii
26.「近代台湾女性史序説―日本植民統治下における「新女性」の誕生―」
東京大学 「大学院総合文化研究科博士論文」 2001年 その他
27.「日本の台湾統治と婦人団体―1904-1930年の愛国婦人会台湾支部に関する一試論」
『立命館言語文化研究』 10巻5,6合併号 159-177頁 1999年 大学紀要
28.「日本植民統治与婦人団体―試論 1904-1930年愛国婦人会台湾支部」
『台湾風物』 第47巻第2期 53-72頁 1997年 学術雑誌
29.「求められる新女性像―日本統治初期における台湾の社会変容をめぐって」
『中国女性史研究』 7号1-21頁 1997年 学術雑誌
CiNii
30.「日本の台湾支配と婦人団体―愛国婦人会台湾支部を中心にして」
東京大学 「大学院総合文化研究科修士論文」 1995年 その他
31.「初探台湾新興社会運動的理論脈絡」
『政治学刊』 創刊号 111-125頁 1990年 学術雑誌
32.「日据時代台湾婦女活動状況的歴史観察」
『新女声』 第6期 6-8頁 1990年 学術雑誌

翻訳

1.韓石泉回想録──医師のみた台湾近現代史(共訳)
株式会社あるむ 2017年
ISBN 978-4-86333-132-7その他のサイト
2.族群:現代台湾のエスニック・イマジネーション(共訳)
東方書店 2014年
ISBN 978-4497214171
3.翻訳:『地名的世界地図』(訳書:21世紀研究会編 『地名の世界地図』 文芸春秋 2000年)
台北、時報文化出版企業有限公司 2002年
4.林玲子、柳田節子監修『アジア女性史』(共訳)
翻訳:「日本植民統治下の台湾における公娼制度と娼妓に関する諸現象」 明石書店 414-428頁 1997年
5.夏栄和等編 『台湾・中国・二二八』(共訳)
翻訳:「台湾戦後小秘史」 台北、稲郷出版社 227-241頁 1992年
6.『台湾史論集:曹永和教授古希嵩寿記念』(共訳)
翻訳:「作為日本南進基地的台湾」 台北、台湾史専題研究課程同窗会 245-258頁 1991年

その他

1.解説 韓石泉回想録
韓石泉回想録 : 医師のみた台湾近現代史 349-366頁 2017年 単行本
ISBN 978-4-86333-132-7CiNii
2.導読 湾生記憶如何閲読:我們準備好了嗎
南風如歌:一位日本阿嬤的台湾郷愁 9-22頁 2014年 単行本
ISBN 978-986-90518-2-8
3.「帝国日本の〈家政学〉と台湾の植民地的近代」
『接続』 7 146-151頁 2007年 学術雑誌
CiNii
4.「『愛国婦人会台湾本部沿革誌』解説」
『愛国婦人会台湾本部沿革誌』 ゆまに書房 2007年 学術雑誌
5.書評:「従来の〈台湾像〉を検証する 新たな視角を提供〈記憶〉をキーワードに 『記憶する台湾――帝国との相剋』(呉密察・黄英哲・垂水千恵編、東京大学出版会、2005年)」
『図書新聞』 2735号 2005年 学術雑誌
6.書評:「何義麟『二・二八事件―「台湾人」形成のエスノポリティックス』東京大学出版」
『歴史学研究』 第787号 53-56頁 2004年 学術雑誌
CiNii
7.簡淑循さんインタービュー記録~台湾・日本での女子教育の思い出~」(共著)
『中国女性史研究』 12号31-38頁 2003年 学術雑誌
CiNii
8.「台湾の女性運動」
天児慧他編 『現代中国事典』 岩波書店 1999年 単行本
ISBN 978-4000800914
9.書評:「謝雪紅・野の花は枯れず―ある台湾人女性革命家の生涯」(陳芳明著、森幹夫訳、志賀勝監修/社会評論社出版)
『図書新聞』 2409号 1998年 単行本
10.書評:「植民地台湾の日本女性生活史 大正編」(竹中信子著、田畑書店出版)
『近代中国婦女史研究』 第5期 台湾・中央研究院近代史研究所 249-263頁 1997年 単行本

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.第17回女性史青山なを賞2002年11月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.她們的「日本時代」:性別與階層的歴史研究方法論省思(演講)
2019年03月台湾 国立政治大学台湾史研究所
2.與作者有約:台湾近代女性史(專題演講)
2019年03月台湾 国立台湾師範大学 台湾史研究所
3.少女たちの帝国後——台湾人女学生の脱植民地化(国際シンポジウム「〈帝国〉日本をめぐる少女文化」)
2019年03月名古屋大学ジェンダー・リサーチ・ライブラリー2階レクチャー・ルーム
4.有讀日本冊! 「高女」與台灣新女性的萌發(「大正台灣『新女性』時代」系列講座)
その他のサイト
2017年07月誠品書店台大店
5.台灣空襲與疏開在歷史傳承上的危機與契機(戰爭與記憶:亞洲地區的經驗與論述國際研討會)
2015年10月台湾 台南市
6.台湾「日本時代」再考:階層とジェンダーの視点から(日本台湾学会定例研究会(歴史・政治・経済部会)第100回 シリーズ「台湾社会・文化研究の最前線」(4))
その他のサイト
2015年06月早稲田大学3号館3階306号室
7.「ファッションと植民地的近代―日本統治時期の台湾人女性の服装について」(関西中国女性史研究会)
2007年01月同志社大学室町キャンパス
8.Taiwanese Women Students in Japan under Colonial Rule( The57th Annual Meeting of the Association for Asian Studies)
2005年03月~2005年04月
9.Taiwanese Women Students in Japan under Colonial Rule(The57th Annual Meeting of the Association for Asian Studies)
2005年04月Chicago.USA
10.「植民地台湾におけるファッションと権力」(『国際シンポジウム アジアのモダンガールと<世界>―グローバル資本・植民地的近代・メディア表象―』)
2004年09月東京ウィメンズプラザ・ホール
11.「養女慣習からみた近代日本社会」(台湾の元 「慰安婦」 裁判を支援する会主催)
2003年07月東京ウィメンズプラザ
12.「従<夫人外交>看日本的殖民統治」(フォルモサ婦女会主催)
2003年01月東京・白金台 台北駐日経済文化代表処官邸
13.台湾のなかの<日本>―新女性誕生と変換(「女性史青山なを賞」記念講演)
2002年11月東京女子大学
14.日本の植民統治と<新女性>の誕生(『新日台交流の会』 第42回 日華資料センター主催)
2002年09月東京・日華資料センター
15.「日本の植民統治と<新女性>の誕生」(学術フォーラム主催)
2002年07月明星大学
16.「植民地の法と慣習―台湾社会の養女・媳婦仔・査某嫺をめぐる諸問題」(『国際日本文化研究センター共同研究会 日本植民地法制度の形成と展開に関する構造的研究』第4回研究会)
2001年11月国際日本文化研究センター
17.「近代台湾の女性と家族」(国際交流基金 アジアセンター主催 『アジア理解講座』)
1997年12月国際交流基金フォーラム(赤坂)
18.「塑造新女性―探討日本統治初期士紳階層女性観之転変」(『台湾之重畳・圧縮型近代化的社会史研究研討会』第一回日台青年台湾史研究者交流会議)
1997年07月台湾大学
19.「日本の台湾統治と婦人団体」(『日本と台湾 その100年を考える―日台関係100年記念留学生交流フォーラム』)
1995年06月拓殖大学 文教キャンパス

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1. 植民地台湾「少国民世代」の戦後史に関する基礎研究
基盤研究(C)2018年度~2022年度
2.戦後台湾の農山漁村における家族変動の社会史
その他のサイト
基盤研究(C)2014年度~2017年度
3.台湾家族における文化資本の継承と変容:戦前・戦後を跨ぐオーラル・ヒストリーの構築
その他のサイト
基盤研究(C)2011年度~2013年度
4.台湾女性史とジェンダー主流化戦略に関する基礎的研究
その他のサイト
基盤研究(B)2007年度~2009年度
5.東アジアにおける植民地的近代とモダンガール
その他のサイト
基盤研究(A)2003年度~2006年度
前のページへ戻る