経済研究所経済制度・経済政策研究部門
小塩 隆士(オシオ タカシ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.日本人の健康を社会科学で考える
日経BP日本経済新聞出版本部 2021年
ISBN 978-4-532-35874-7
2.くらしと健康―「健康の社会的決定要因」の計量分析
岩波書店 2018年
ISBN 9784000099271
3.公共経済学
東洋経済新報社 2016年
ISBN 9784492314739
4.財政学 第2版
新世社 2016年
ISBN 978-4-88384-237-7
5.18歳からの社会保障読本
ミネルヴァ書房 2015年
ISBN 4623074854
6.日本の社会保障政策(共著)
東京大学出版会 1-240頁 2014年
ISBN 978-4-13-040269-9
7.持続可能な社会保障へ
NTT出版 2014年
ISBN 978-4-7571-2322-9
8.「幸せ」の決まり方―主観的厚生の経済学
日本経済新聞出版社 2014年
ISBN 978-4532134495
9.社会保障の経済学 第4版
日本評論社 2013年
ISBN 978-4-535-55735-2
10.効率と公平を問う
日本評論社 2012年
ISBN 978-4-535-55679-9
11.再分配の厚生分析
日本評論社 2010年
ISBN 978-4-535-55644-7
12.公平性と政策対応(編著)
勁草書房 2007年
ISBN 978-4-326-50294-3
13.日本の所得分配―格差拡大への対応(共編著)
東京大学出版会 2006年
ISBN 978-4130402286
14.人口減少時代の社会保障改革
日本経済新聞社 2005年
ISBN 978-4532351670
15.社会保障の経済学 第3版
日本評論社 2005年
ISBN 978-4535554306
16.教育を経済学で考える
日本評論社 2003年
ISBN 978-4535553330
17.教育の経済分析
日本評論社 2002年
ISBN 978-4-535-55300-2
18.財政学
新世社 2002年
ISBN 978-4883840526

研究論文

1.Job dissatisfaction as a predictor of poor health among middle-aged workers: a 14-wave hazards-model analysis in Japan
Scandinavian Journal of Work, Environment & Health 2021年 学術雑誌
ISSN 0355-3140doi
2.Will working longer enhance the health of older adults? A pooled analysis of repeated cross-sectional data in Japan(共著)
Journal of Epidemiology 2021年 学術雑誌
ISSN 1349-9092doi
3.Chances of pregnancy after dropping out from infertility treatments: evidence from a social survey in Japan(共著)
Reproductive Medicine and Biology 20巻2号246-252頁 2021年 学術雑誌
ISSN 1447-0578doi
4.Preferences for the forms of co-payment and advance payment in healthcare services; a discrete choice experiment(共著)
Asian Pacific Journal of Health Economics and Policy 2巻2号 2021年 学術雑誌
ISSN 24342092doi
5.How does area-level deprivation depress an individual’s self-rated health and life satisfaction? Evidence from a nationwide population-based survey in Japan(共著)
BMC Public Health 21巻523号 2021年 学術雑誌
ISSN 1471-2458doi
6.Social security programs and elderly employment in Japan(共著)
Social Security Programs and Retirement around the World: Reforms and Retirement Incentives 271-296頁 2021年 単行本
ISBN 978-0-226-67410-0
7.Is caring for grandchildren good for grandparents’ health? Evidence from a fourteen-wave nationwide survey in Japan
Journal of Epidemiology 2021年 学術雑誌
ISSN 1349-9092doi
8.Association between the use of social networking sites, perceived social support, and life satisfaction: evidence from a population-based survey in Japan(共著)
PLOS ONE 15巻12号e0244199-頁 2020年 学術雑誌
ISSN 1932-6203doi
9.The impact of social insurance on health among middle-aged and older adults in rural China: a longitudinal study using a three-wave nationwide survey(共著)
BMC Public Health 2020年 学術雑誌
ISSN 1471-2458doi
10.Why is future design needed in Japan? Public finance perspective
Tatsuyoshi Saijo ed., Future Design 187-196頁 2020年 単行本
ISSN 2199-8639doi
11.What factors affect the evolution of the wife’s mental health after the husband’s retirement? Evidence from a population-based nationwide survey in Japan
Journal of Epidemiology 2020年 学術雑誌
ISSN 1349-9092doi
12.Association between area-level risk of job instability and workers’ health: a multi-level analysis using population-based survey data from Japan
Journal of Epidemiology 2020年 学術雑誌
ISSN 1349-9092doi
13.Impact of social participation on health among middle-aged and elderly adults: evidence from longitudinal survey data in China(共著)
BMC Public Health 20巻502号 2020年 学術雑誌
ISSN 1471-2458doi
14.Examining how elderly employment is associated with institutional disincentives in Japan(共著)
Journal of the Japanese and International Economies 2020年 学術雑誌
ISSN 0889-1583doi
15.Lingering impact of starting working life during a recession: health outcomes of survivors of the “employment ice age” (1993–2004) in Japan
Journal of Epidemiology 2020年 学術雑誌
ISSN 1349-9092doi
16.Exploring the health-relevant poverty line: a study using the data of 663,000 individuals in Japan
International Journal for Equity in Health 18巻205号 2019年 学術雑誌
ISSN 1475-9276doi
17.Labor force participation of the elderly in Japan(共著)
Courtney C. Coile, Kevin Milligan, and David A. Wise eds., Social Security Programs and Retirement around the World: Working Longer 163-178頁 2019年 単行本
ISBN 978-0-226-61929-3
18.Is a positive association between female employment and fertility still spurious in developed countries?
Demographic Research 41巻45号1277-1288頁 2019年 学術雑誌
ISSN 1435-9871doi
19.Does social participation accelerate psychological adaptation to health shocks? Evidence from a national longitudinal survey in Japan(共著)
Quality of Life Research 28巻8号2125-2133頁 2019年 学術雑誌
ISSN 0962-9343doi
20.Educational level as a predictor of the incidences of non-communicable diseases among middle-aged Japanese: a hazards-model analysis(共著)
BMC Public Health 19巻852号 2019年 学術雑誌
ISSN 1471-2458doi
21.Which is riskier for mental health, living alone or not participating in any social activity? Evidence from a population-based eleven-year survey in Japan(共著)
Social Science & Medicine 233巻64-70頁 2019年 学術雑誌
ISSN 0277-9536 doi
22.Health capacity to work and its long-term trend among the Japanese elderly(共著)
Journal of the Japanese and International Economies 51巻76-86頁 2019年 学術雑誌
ISSN 0889-1583doi
23.Preventive impact of social participation on the onset of non-communicable diseases among middle-aged adults: A 10-wave hazards-model analysis in Japan(共著)
Preventive Medicine 118巻272-278頁 2019年 学術雑誌
ISSN 0091-7435doi
24.Relative deprivation, poverty, and mortality in Japanese older adults: a six-year follow-up of the JAGES cohort survey(共著)
International Journal of Environmental Research and Public Health 16巻2号182-頁 2019年 学術雑誌
ISSN 1660-4601doi
25.How does informal caregiving affect daughters’ employment and mental health in Japan?(共著)
Journal of the Japanese and International Economies 49巻1-7頁 2018年 学術雑誌
ISSN 0889-1583 doi
26.Association between successful smoking cessation and changes in marital and job status and health behaviours: evidence from a 10-wave nationwide survey in Japan
BMC Public Health 18巻1051号 2018年 学術雑誌
ISSN 1471-2458doi
27.Associations among job demands and resources, work engagement, and psychological distress: fixed-effects model analysis in Japan(共著)
Journal of Occupational Health 60巻3号254-262頁 2018年 学術雑誌
ISSN 1341-9145doi
28.Impact of parents’ need for care on middle-aged women's lifestyle and psychological distress: evidence from a nationwide longitudinal survey in Japan(共著)
Health and Quality of Life Outcomes 16巻63号 2018年 学術雑誌
ISSN 1477-7525doi
29.Widening disparities in health between educational levels and their determinants in later life: evidence from a nine-year cohort study
BMC Public Health 18巻278号 2018年 学術雑誌
ISSN 1471-2458doi
30.The reciprocal relationship between sickness presenteeism and psychological distress in response to job stressors: evidence from a three-wave cohort study(共著)
Journal of Occupational Health 59巻6号552-561頁 2017年 学術雑誌
ISSN 1348-9585doi
31.Examining the mediating effect of work-to-family conflict on the associations between job stressors and employee psychological distress: a prospective cohort study(共著)
BMJ Open 7巻e015608号 2017年 学術雑誌
ISSN 2044-6055doi
32.Informal parental care and female labor supply in Japan(共著)
Applied Economics Letters 24巻9号635-638頁 2017年 学術雑誌
ISSN 1350-4851doi
33.The dynamic impact of retirement on health: evidence from a nationwide ten-year panel survey in Japan(共著)
Preventive Medicine 100巻287-293頁 2017年 学術雑誌
ISSN 0091-7435doi
34.Which is more relevant for perceived happiness, individual-level or area-level social capital? A multilevel mediation analysis
Journal of Happiness Studies 18巻3号765-783頁 2017年 学術雑誌
ISSN 1389-4978doi
35.Health capacity to work at older ages: evidence from Japan(共著)
David A. Wise ed., Social Security Programs and Retirement around the World: The Capacity to Work at Older Ages 219-241頁 2017年 単行本
ISBN 9780226442907
36.Does work-to-family conflict really matter for health? Cross-sectional, prospective cohort and fixed-effects analyses(共著)
Social Science & Medicine 175巻36-42頁 2017年 学術雑誌
ISSN 0277-9536 doi
37.Public pension benefits claiming behavior: new evidence from the Japanese Study on Aging and Retirement(共著)
Japanese Economic Review 67巻3号235-256頁 2016年 学術雑誌
ISSN 1468-5876doi
38.Multidimensional poverty and perceived happiness: Evidence from China, Japan, and Korea(共著)
Asian Economic Journal 30巻3号275-293頁 2016年 学術雑誌
ISSN 1467-8381doi
39.How do social activities mitigate informal caregivers' psychological distress? Evidence from a nine-year panel survey in Japan(共著)
Health and Quality of Life Outcomes 14巻117号 2016年 学術雑誌
ISSN 1477-7525doi
40.Are Japanese men of pensionable age underemployed or overemployed?(共著)
Japanese Economic Review 67巻2号150-168頁 2016年 学術雑誌
ISSN 1468-5876doi
41.Can leisure-time physical activity improve health checkup results? Evidence from Japanese occupational panel data(共著)
Journal of Occupational Health 58巻4号354-364頁 2016年 学術雑誌
ISSN 1341-9145doi
42.The association between job stress and leisure-time physical inactivity adjusted for individual attributes: evidence from a Japanese occupational cohort survey(共著)
Scandinavian Journal of Work, Environment & Health 42巻3号228-236頁 2016年 学術雑誌
ISSN 1795-990Xdoi
43.Protecting human security: Proposals for the G7 Ise-Shima Summit in Japan(共著)
Lancet 387巻10033号2155-2162頁 2016年 学術雑誌
ISSN 0140-6736doi
44.Gender-specific linkages of parents' childhood physical abuse and neglect with children's problem behaviour: evidence from Japan(共著)
BMC Public Health 16巻403号 2016年 学術雑誌
ISSN 1471-2458doi
45.The association between individual-level social capital and health: cross-sectional, prospective cohort, and fixed-effects models
Journal of Epidemiology and Community Health 70巻1号25-30頁 2016年 学術雑誌
ISSN 1470-2738doiその他のサイト
46.Option value of work, health status, and retirement decisions in Japan: Evidence from the Japanese Study on Aging and retirement (JSTAR)(共著)
David A. Wise ed., Social Security Programs and Retirement around the World: Disability Insurance Programs and Retirement, The University of Chicago Press 497-535頁 2015年 単行本
ISBN 9780226262574
47.The impact of the experience of childhood poverty on adult health-risk behaviors in Japan: a mediation analysis(共著)
International Journal for Equity in Health 14巻145号 2015年 学術雑誌
ISSN 1475-9276doiその他のサイト
48.How is an informal caregiver's psychological distress associated with prolonged caregiving? Evidence from a six-wave panel survey in Japan
Quality of Life Research 24巻12号2907-2915頁 2015年 学術雑誌
ISSN 1573-2649doiその他のサイト
49.The direct and indirect effects of initial job status on midlife psychological distress in Japan: Evidence from a mediation analysis(共著)
Industrial Health 53巻4号311-321頁 2015年 学術雑誌
ISSN 1880-8026doiCiNiiその他のサイト
50.Do time-invariant confounders explain away the association between job stress and workers' mental health?: Evidence from Japanese occupational panel data(共著)
Social Science & Medicine 126巻138-144頁 2015年 学術雑誌
ISSN 0277-9536doiその他のサイト
51.Self-rated health status of the Japanese and Europeans in later life: Evidence from JSTAR and SHARE(共著)
Japanese Economic Review 65巻4号483-498頁 2014年 学術雑誌
ISSN 1468-5876doiその他のサイト
52.Multidimensional poverty and health: Evidence from a nationwide survey in Japan(共著)
International Journal for Equity in Health 13巻128号 2014年 学術雑誌
ISSN 1475-9276doiその他のサイト
53.The association between involvement in family caregiving and mental health among middle-aged adults in Japan
Social Science & Medicine 115巻121-129頁 2014年 学術雑誌
ISSN 0277-9536doiその他のサイト
54.The mediating and moderating effects of workplace social capital on the associations between adverse work characteristics and psychological distress among Japanese workers(共著)
Industrial Health 52巻4号313-323頁 2014年 学術雑誌
ISSN 1880-8026doiその他のサイト
55.Option value of work, health status, and retirement decisions in Japan: Evidence from the Japanese Study on Aging and Retirement (JSTAR)(共著)
NBER Working Paper w20001巻 2014年 学術雑誌
doiその他のサイト
56.The association between perceived income inequality and subjective well-being: Evidence from a social survey in Japan(共著)
Social Indicators Research 116巻3号755-770頁 2014年 学術雑誌
ISSN 1573-0921doiその他のサイト
57.The association of life satisfaction and self-rated health with income dynamics among male employees in Japan(共著)
Japan and the World Economy 28巻143-150頁 2013年 学術雑誌
ISSN 0922-1425doiその他のサイト
58.Revisiting the labor supply effect of social security earnings test: new evidence from its elimination and reinstatement in Japan(共著)
Japan and the World Economy 28巻99-111頁 2013年 学術雑誌
ISSN 0922-1425doiその他のサイト
59.The impact of interpersonal childhood adversity on adult mental health: How much is mediated by social support and socioeconomic status in Japan?(共著)
Public Health 127巻8号754-760頁 2013年 学術雑誌
ISSN 0033-3506doiその他のサイト
60.Impact of interpersonal childhood adversity on adult mental health: How much is mediated by social support and socioeconomic status in Japan?(共著)
Public Health 127巻8号754-760頁 2013年 学術雑誌
ISSN 0033-3506doiその他のサイト
61.Fiscal sustainability under an aging population in Japan: A financial market perspective(共著)
Public Policy Review 9巻4号735-750頁 2013年 学術雑誌
ISSN 1880-0955その他のサイト
62.Ability transmission, endogenous fertility, and educational subsidy(共著)
Applied Economics 45巻17号2469-2479頁 2013年 学術雑誌
ISSN 0003-6846doiその他のサイト
63.Division of household labor and marital satisfaction in China, Japan, and Korea(共著)
Journal of Family and Economic Issues 34巻2号211-223頁 2013年 学術雑誌
ISSN 1573-3475その他のサイト
64.Childhood adversity and adulthood subjective well-being: Evidence from Japan(共著)
Journal of Happiness Studies 14巻3号843-860頁 2013年 学術雑誌
ISSN 1389-4978doiその他のサイト
65.Neighbourhood satisfaction, self-rated health, and psychological attributes: A multilevel analysis in Japan(共著)
Journal of Environmental Psychology 32巻4号410-417頁 2012年 学術雑誌
ISSN 0272-4944doiその他のサイト
66.What factors determine student performance in East Asia?: New evidence from the 2007 trends in international mathematics and science study(共著)
Asian Economic Journal 26巻4号333-357頁 2012年 学術雑誌
ISSN 1467-8381doiその他のサイト
67.Gender differences in the associations of life satisfaction with family and social relations among the Japanese elderly
Journal of Cross-Cultural Gerontology 27巻3号259-274頁 2012年 学術雑誌
ISSN 1573-0719doiその他のサイト
68.Demographic change, intergenerational altruism, and fiscal policy: A political economy approach(共著)
Studies in Applied Economics 6巻1-15頁 2012年 学術雑誌
ISSN 1882-9562CiNii
69.Disability pension program and labor force participation in Japan: A Historical Perspective(共著)
David A. Wise ed., Social Security Programs and Retirement around the World: Historical Trends in Mortality and Health, Employment, and Disability Insurance Participation and Reforms, The University of Chicago Press 391-417頁 2012年 単行本
ISBN 9780226903095
70.Relative income and happiness in Asia: Evidence from nationwide surveys in China, Japan, and Korea(共著)
Social Indicators Research 104巻3号351-367頁 2011年 学術雑誌
ISSN 0303-8300doiその他のサイト
71.Area-level income inequality and individual happiness: Evidence from Japan(共著)
Journal of Happiness Studies 12巻4号633-649頁 2011年 学術雑誌
ISSN 1389-4978doiその他のサイト
72.Disability pension program and labor force participation in Japan: A historical perspective(共著)
NBER Working Paper 17052巻 2011年 学術雑誌
その他のサイト
73.Social security reforms and labor force participation of the elderly in Japan(共著)
Japanese Economic Review 62巻2号248-271頁 2011年 学術雑誌
ISSN 1352-4739doiその他のサイト
74.Comparing marginal commodity tax reforms in Japan and Korea(共著)
Journal of Asian Economics 21巻6号579-592頁 2010年 学術雑誌
ISSN 1049-0078doiその他のサイト
75.Child poverty as a determinant of life outcomes: Evidence from nationwide surveys in Japan(共著)
Social Indicators Research 99巻1号81-99頁 2010年 学術雑誌
ISSN 0303-8300doiその他のサイト
76.New evidence on the initial transition from career job to retirement in Japan(共著)
Industrial Relations 49巻2号248-274頁 2010年 学術雑誌
ISSN 0019-8676doiその他のサイト
77.Estimate of the production function of education: Combined junior/senior high schools(共著)
The Japanese Economy 37巻2号83-119頁 2010年 学術雑誌
doiその他のサイト
78.Income inequality, perceived happiness, and self-rated health: Evidence from nationwide surveys in Japan(共著)
Social Science & Medicine 70巻9号1358-1366頁 2010年 学術雑誌
ISSN 0277-9536doiその他のサイト
79.Does social security induce withdrawal of the old from the labor force and create jobs for the young? The case of Japan(共著)
Social Security Programs and Retirement around the World: The Relationship to Youth Employment, eds. by J. Gruber and D.A. Wise, The University of Chicago Press 217-241頁 2010年 単行本
ISBN 9780226309484
80.Evaluations by parents of education reforms: Evidence from a parent survey in Japan(共著)
Education Economics 18巻2号229-246頁 2010年 学術雑誌
ISSN 1469-5782doiその他のサイト
81.Income inequality, area-level poverty, perceived aversion to inequality and self-rated health in Japan(共著)
Social Science & Medicine 69巻3号317-326頁 2009年 学術雑誌
ISSN 0277-9536doiその他のサイト
82.Maximum size of social security in a model of endogenous fertility(共著)
Economics Bulletin 29巻2号644-654頁 2009年 学術雑誌
HERMES-IR
83.How long should we stay in education if ability is screened?(共著)
Metroeconomica 60巻3号409-431頁 2009年 学術雑誌
ISSN 0026-1386doiその他のサイト
84.How the distribution of after-tax income changed over the 1990s business cycle: a comparison of the United States, Great Britain, Germany and Japan(共著)
Journal of Income Distribution 17巻1号87-109頁 2008年 学術雑誌
ISSN 1874-6322その他のサイト
85.Which is more welfare-improving, social security reform or childcare support?
Pravartak: Journal of Insurance and Risk Management 3巻2号49-55頁 2008年 学術雑誌
86.The optimal and accepted sizes of social security under uncertainty(共著)
Japanese Journal of Social Security Policy 17巻1号25-30頁 2008年 学術雑誌
ISSN 1348-7183
87.Financial implications of social security reforms in Japan(共著)
Social Security Programs and Retirement around the World: Fiscal Implications, eds. by J. Gruber and D.A. Wise, The University of Chicago Press 295-326頁 2007年 単行本
ISBN 9780226310176
88.Winners and losers over the 1990s business cycles in Germany, Great Britain, Japan, and the United States(共著)
Journal of Applied Social Science Studies 127巻1号75-84頁 2007年 学術雑誌
89.The economics of education in Japan: A survey of empirical studies and unresolved issues(共著)
The Japanese Economy 34巻1号46-81頁 2007年 学術雑誌
ISSN 2329-194Xdoiその他のサイト
90.Financial Implications of Social Security Reforms in Japan(共著)
Social Security Programs and Retirement around the World: Fiscal Implications, eds. by J. Gruber and D.A. Wise, The University of Chicago Press 295-326頁 2007年 単行本
ISBN 9780226310176
91.Income inequality trends and their challenges to redistribution policies in Japan(共著)
Journal of Income Distribution 16巻3-4号9-30頁 2007年 学術雑誌
ISSN 1874-6322その他のサイト
92.Introduction to the Special Issue of the JID on Income Inequality in Japan(共著)
Journal of Income Distribution 16巻3-4号2-8頁 2007年 学術雑誌
ISSN 1874-6322その他のサイト
93.Optimal education policies under an equity-efficiency trade-off
Population Change, Labor Markets and Sustainable Growth, eds. by A. Mason and M. Yamaguchi, Elsevier 211-242頁 2007年 単行本
ISBN 978-0-444-53051-6
94.Multidimensional poverty and perceived happiness: Evidence from China, Japan, and Korea(共著)
Asian Economic Journal 2006年 学術雑誌
ISSN 1467-8381
95.Income inequality and redistribution policies in Japan during the 1980s and 1990s
Journal of Income Distribution 15巻IndexIssue号119-146頁 2006年 学術雑誌
ISSN 1874-6322その他のサイト
96.Coresidence with parents and a wife's decision to work in Japan(共著)
Japanese Journal of Social Security Policy 5巻1号35-48頁 2006年 学術雑誌
ISSN 1348-7183
97.Social security and intragenerational redistribution of lifetime income in Japan
Japanese Economic Review 56巻1号85-106頁 2005年 学術雑誌
ISSN 1352-4739doiその他のサイト
98.The impact of public pension benefits on income and poverty of the elderly in Japan(共著)
Japanese Journal of Social Security Policy 4巻2号54-66頁 2005年 学術雑誌
ISSN 1348-7183
99.Social security and trust fund management
Journal of the Japanese and International Economies 18巻4号528-550頁 2004年 学術雑誌
ISSN 0889-1583doiその他のサイト
100.Childcare support and social security reform
Kobe University Economic Review 50巻59-80頁 2004年 学術雑誌
ISSN 04541111CiNii
101.Social security and retirement in Japan: an evaluation using micro-data(共著)
Social Security and Programs and Retirement around the World, ed.by J Gruber and D.Wise, The University of Chicago Press 399-460頁 2004年 単行本
ISBN 9780226310183
102.Intra-age, inter-age and lifetime income redistribution
Journal of Population and Social Security 1巻1号36-49頁 2002年 学術雑誌
103.Social security and retirement in Japan(共著)
Social Security and Retirement around the World, eds. by J. Gruber and D. Wise, The University of Chicago Press 239-267頁 1999年 単行本
ISBN 9780226310114
104.マクロ経済スライドとその完全発動の意義と課題
『年金と経済』 34巻1号17-23頁 2015年 学術雑誌
ISSN 1347-2178CiNii
105.幼少期の環境と健康(共著)
川上憲人・橋本英樹・近藤尚己編『社会と健康』東京大学出版会 77-93頁 2015年 単行本
ISBN 978-4130604116
106.中高年のメンタルヘルス:「中高年者縦断調査」によるパネル分析
『経済研究』 65巻4号332-344頁 2014年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
107.公的年金と高齢者就業に関する国際比較研究
西村周三・京極髙宣・金子能宏編著『社会保障の国際比較研究』ミネルヴァ書房 213-231頁 2014年 単行本
ISBN 9784623070480
108.居住地域の評価と個人の健康(共著)
橘木俊詔編『幸福』ミネルヴァ書房 113-129頁 2014年 単行本
ISBN 9784623070305
109.セーフティー・ネットの公平と効率とは:社会保障法(共著)
柳川隆・高橋裕・大内伸哉編『エコノリーガル・スタディーズのすすめ』有斐閣 139-169頁 2014年 単行本
ISBN 978-4-641-16432-1
110.女性の就業率、家族支援策と出生率
西村周三監修・国立社会保障・人口問題研究所編『社会保障費用統計の理論と分析』慶應義塾大学出版会 211-234頁 2014年 単行本
ISBN 978-4-7664-2126-2
111.初職の違いがその後の人生に及ぼす影響 : LOSEF個票データを用いた分析(共著)
『経済研究』 64巻4号289-302頁 2013年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
112.税・社会保障と格差社会
宇沢弘文・橘木俊詔・内山勝久編『格差社会を超えて』東京大学出版会 35-59頁 2012年 単行本
ISBN 978-4-13-040255-2
113.所得変動と生活満足度(共著)
『年金と経済』 31巻3号83-90頁 2012年 学術雑誌
ISSN 1347-2178CiNii
114.日本の雇用システムと賃金構造(共著)
『国民経済雑誌』 206巻3号1-22頁 2012年 学術雑誌
ISSN 03873129CiNii
115.セーフティ・ネットから外れる理由と現実
西村周三・国立社会保障・人口問題研究所編『日本社会の生活不安』慶應義塾大学出版会 101-124頁 2012年 単行本
ISBN 978-4-7664-1918-4
116.主観的厚生に関する相対所得仮説の検証―幸福感・健康感・信頼感―(共著)
『経済研究』 63巻1号42-55頁 2012年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
117.学力を決めるのは学校か家庭か―アジア主要国の比較分析―(共著)
樋口美雄・財務総合政策研究所編『グローバル社会の人材育成・活用』勁草書房 68-90頁 2012年 単行本
ISBN 978-4326503599
118.医療・介護保険を通じた所得再分配のあり方
鈴木 亘・八代尚宏編『成長産業としての医療と介護』日本経済新聞出版社 73-102頁 2011年 単行本
ISBN 978-4532134150
119.所得分配と健康
橋本英樹・泉田信行編『医療経済学講義』東京大学出版会 217-232頁 2011年 単行本
ISBN 978-4130421379
120.公的年金と子育て支援―出生率内生化モデルによる分析―(共著)
『経済研究』 61巻2号126-136頁 2010年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
121.少子高齢化と社会保障制度
金森久雄・香西泰・加藤裕己編『日本経済読本』(第18版)東洋経済新報社 239-266頁 2010年 単行本
ISBN 9784492100233
122.1980年代の年金改革と社会保障資産(共著)
井堀利宏編『バブル/デフレ期の日本経済と経済政策5:財政政策と社会保障』内閣府経済社会総合研究所, 慶応義塾大学出版会 179-210頁 2010年 単行本
ISBN 978-4-7664-1678-7
123.少子高齢社会の公的年金
宮島洋・西村周三・京極高宣『社会保障と経済2:財政と所得保障』東京大学出版会 221-240頁 2010年 単行本
ISBN 978-4130541329
124.所得格差と健康―日本における実証研究の展望と課題
『医療経済研究』 21巻2号87-97頁 2009年 学術雑誌
ISSN 1340895XCiNii
125.教育の生産関数の推計―中高一貫校の場合(共著)
『経済分析』ジャーナル版 182巻48-69頁 2009年 学術雑誌
ISSN 04534727CiNii
126.社会保障と税制による再分配効果
国立社会保障・人口問題研究所編 『社会保障財源の効果分析』(東京大学出版会) 147-170頁 2009年 単行本
ISBN 978-4-13-051129-2
127.公的年金による世代内再分配効果(共著)
貝塚啓明・財務省財務総合政策研究所編著 『人口減少社会の社会保障制度改革の研究』 (中央経済社) 183-218頁 2008年 単行本
ISBN 978-4-502-66370-3
128.教育サービスの「準市場」化の意義と課題―英国での経験と日本へのインプリケーション―(共著)
『季刊社会保障研究』 44巻1号59-69頁 2008年 学術雑誌
ISSN 03873064CiNii
129.公教育と私教育―効率性と公平性の両面からの評価―
『フィナンシャル・レビュー』 5号59-72頁 2008年 学術雑誌
ISSN 09125892CiNii
130.貧困化する日本の世帯 : 2000年代前半における所得格差・貧困・極化(共著)
『国民経済雑誌』 198巻2号39-54頁 2008年 学術雑誌
ISSN 03873129CiNii
131.2000年代前半の貧困化傾向と再分配政策(共著)
『季刊社会保障研究』 44巻3号278-290頁 2008年 学術雑誌
ISSN 03873064CiNii
132.医療保険制度の地方分権化の可能性
『国民経済雑誌』 195巻1号41-56頁 2007年 学術雑誌
ISSN 03873129CiNii
133.子育て支援と年金改革
高山憲之・斎藤修編 『少子化の経済分析』 (東洋経済新報社) 197-216頁 2006年 単行本
ISBN 978-4492394731
134.消費者から見た教育の規制改革-早期英語教育を一例として(共著)
『日本経済研究』 53号174-193頁 2006年 学術雑誌
ISSN 02855925CiNii
135.バランスシートから見た年金改革の課題
貝塚啓明・財務省財務総合政策研究所編著 『年金を考える』 (中央経済社) 147-176頁 2006年 単行本
ISBN 978-4502656606
136.社会保障と公的保険
本間正明監修 神谷和也・山田雅俊編著 『公共経済学』 (東洋経済新報社) 191-214頁 2005年 単行本
ISBN 978-4492313503
137.日本の教育経済学:実証分析の展望課題(共著)
『経済分析』ジャーナル版 175号105-139頁 2005年 学術雑誌
ISSN 04534727CiNii
138.エリート教育はどこまで是認できるか
『季刊家計経済研究』 67号22-29頁 2005年 学術雑誌
ISSN 09144609CiNii
139.医療の費用抑制と効率性の向上―OECD諸国による取り組みとその課題―
『海外社会保障研究』 149号38-49頁 2004年 学術雑誌
ISSN 13443062CiNii
140.年金と税制―基礎年金の税方式化をめぐる課題を中心に―
『法律時報』 10月号 76巻11号49-53頁 2004年 学術雑誌
ISSN 03873420CiNii
141.年金改革と子育て支援
『フィナンシャル・レビュー』 2004年第3号 105-121頁 2004年 学術雑誌
142.1990年代における所得格差の動向
『季刊社会保障研究』 40巻3号277-285頁 2004年 学術雑誌
ISSN 03873064CiNii
143.年金改革の財政的帰結:高齢者の就業・引退選択を考慮したマイクロ・シミュレーション(共著)
『季刊社会保障研究』 39巻3号216-233頁 2003年 学術雑誌
ISSN 03873064CiNii
144.年金純債務からみた年金制度改革:より現実的な年金制度改革に向けて
日本経済研究センター編 『社会保障改革の経済学』 (東洋経済新報社) 81-103頁 2003年 単行本
ISBN 978-4492700921
145.企業年金と投資教育―アメリカでの実証分析と日本版401(k)へのインプリケーション―
『日本労働研究雑誌』 7月号 44巻7号12-23頁 2002年 学術雑誌
ISSN 09163808CiNii
146.高齢者の引退行動と社会保障資産(共著)
『季刊社会保障研究』 35巻4号405-419頁 2001年 学術雑誌
ISSN 03873064CiNii
147.グローバル化と年金制度
『海外社会保障研究』 134号26-36頁 2001年 学術雑誌
ISSN 13443062CiNii
148.育児支援・年金改革と出生率
『季刊社会保障研究』 36巻4号535-546頁 2001年 学術雑誌
ISSN 03873064CiNii
149.不確実性と公的年金の最適規模
『経済研究』 51巻4号311-320頁 2000年 学術雑誌
HERMES-IR
150.年金民営化の経済厚生分析
『日本経済研究』 39号1-20頁 1999年 学術雑誌
ISSN 02855925CiNii
151.年金・雇用保険制度改革と年金資産
『季刊社会保障研究』 33巻3号286-297頁 1997年 学術雑誌
ISSN 03873064CiNii
152.高齢化の経済分析(共著)
『経済分析』 151号 1997年 学術雑誌
ISSN 04534727その他のサイト
153.厚生年金財政の将来とスライド制(共著)
『季刊社会保障研究』 34巻2号133-142頁 1997年 学術雑誌
ISSN 03873064CiNii
154.介護保険の経済分析(共著)
『政策研究の視点』 5巻 1996年 単行本
155.製品在庫と生産行動-日本の自動車産業の場合
『日本経済研究』 28号76-90頁 1995年 学術雑誌
ISSN 02855925CiNii
156.最適間接税体系と所得再分配-線形支出体系による計量分析
『日本経済研究』 19号55-62頁 1990年 学術雑誌
ISSN 02855925CiNii
157.所得連動返還型奨学金制度:意義と課題
社会保障研究 5巻3号313-324頁 2020年 学術雑誌
ISSN 03873064
158.学歴は中高年の健康をどこまで左右するか(共著)
経済研究 71巻3号259-274頁 2020年 学術雑誌
HERMES-IR
159.貧困測定の経済理論と課題(共著)
経済研究 67巻3号261-284頁 2016年 学術雑誌
HERMES-IR

その他

1.Health capacity to work at older age: evidence from Japan(共著)
NBER Working Paper, w21971 2016年 その他
その他のサイト
2.Work Capacity of Older Adults in Japan(共著)
CIS Discussion paper series 635巻 2014年 その他
HERMES-IR
3.不安定雇用と健康―『国民生活基礎調査』からの考察―(共著)
PIE/CSI DP 640巻 2015年 その他
HERMES-IR

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.日経・経済図書文化賞2010年11月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.Is the positive association between female employment and fertility still spurious in developed countries?(2016 International Conference on Population Aging in Three East Asian Countries)
2016年08月韓国, 高麗大学
2.幼少期の逆境的経験の長期的影響:経済学的アプローチの発想と限界(第74回日本公衆衛生学会)
2015年11月長崎ブリックホール
3.Income inequality and well-being in Japan: some issues(OECD NAEC Seminar)
2015年03月Paris
4.2014年財政検証を検証する(日本年金学会)
2014年10月

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.健康の社会的決定要因に関するパネル分析
その他のサイト
基盤研究(C)2020年度~2022年度
2.くらしと仕事に関するパネル分析
その他のサイト
基盤研究(A)2017年度~2019年度
3.パネル・データに基づく経済厚生分析
その他のサイト
基盤研究(A)2014年度~2016年度
4.所得格差・貧困の経済分析
その他のサイト
新学術領域研究(領域提案型)計画研究2009年度~2013年度
5.社会保障における政府・企業・個人負担の最適配分に関する理論的・実証的研究
その他のサイト
基盤研究(C)2007年度~2008年度

共同研究・受託研究の実績

NO研究題目共同研究区分研究期間研究内容
1.社会保障の中長期課題への対応に関する研究学内共同研究2016年度~2019年度
前のページへ戻る