経営管理研究科経営管理専攻
小川 英治(オガワ エイジ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.金融システムの制度設計:停滞を乗り越える、歴史的、現代的、国際的視点からの考察(共著)
アジア債券市場と日本の役割 有斐閣 197-221頁 2017年
ISBN 978-4-641-16509-0
2.世界金融危機後の金融リスクと危機管理(編著)
世界金融危機とユーロ圏危機-金融危機管理における東アジアへの教訓 東京大学出版会 117-139頁 2017年
ISBN 978-4-13-040281-1
3.世界金融危機と金利・為替‐通貨・金融への影響と評価手法の再構築(編著)
米国の金融政策と東アジア通貨の動向―量的緩和出口戦略の金利・為替相場・資本フローへの影響 東京大学出版会 29-51頁 2016年
ISBN 978-4-13-040274-3
4.ユーロ圏危機と世界経済:信認回復のための方策とアジアへの影響(編著)
ユーロ圏における財政危機とその対応 東京大学出版会 1-22頁 2015年
ISBN 978-4-13-040271-2
5.激流アジアマネー:新興金融市場の発展と課題(共編著)
金融政策とアジアのマネーフロー 日本経済新聞出版社 30-60頁 2015年
ISBN 978-4-532-35650-7
6.日本経済 変革期の金融と企業行動(共著)
為替レートの変動による企業価値への影響 東京大学出版会 241-266頁 2014年
ISBN 978-4-13-040266-8
7.The Oxford Handbook of the Economics of the Pacific Rim(分担執筆)
Asian Currencies in the Global Imbalance and Global Financial Crisis Oxford University Press 605-624頁 2014年
ISBN 978-0-19-975199-0
8.揺れ動くユーロ  通貨・財政安定化への道(共編著)
蒼天社出版 2014年
9.新EU入門(共編著)
信山社 64-103頁 2014年
10.東アジア統合の経済学(共著)
通貨・金融統合 日本評論社 175-210頁 2014年
ISBN 978-4-535-55758-1
11.中国資本市場の現状と課題<日中資本市場協力研究会リポート>
財経詳報社 1-403頁 2013年
ISBN 9784881772973
12.グローバル・インバランスと国際通貨体制(編著)
グローバル・インバランスと国際通貨体制 東洋経済新報社 75-114頁 2013年
ISBN 978-4492654538
13.Who Will Provide the Next Financial Model? Asia's Financial Muscle and Europe's Financial Maturity(共編著)
Regional Monetary Cooperation in Asia Springer 221-237頁 2013年
ISBN 978-4-431-54281-0
14.なぜ金融危機は起こるのか―金融経済研究のフロンティア-(共著)
金融危機と欧州経済 東洋経済新報社 223-251頁 2013年
15.日韓新時代と経済協力(共著)
日韓における通貨・金融協力のあり方 慶応義塾大学出版会 149-167頁 2012年
16.一橋大学東アジア政策研究プロジェクト編『東アジアの未来』
頑健な地域通貨協力に向けて 東洋経済新報社 65-113頁 2012年
ISBN 978-4492443880
17.ECFA and East Asia Economic Integration(共著)
Towards the Establishment of a Regional Common Currency Unit in Asia National Policy Foundation 125-163頁 2011年
18.The Economics of East Asian Integration: A Comprehensive Introduction to Regional Issues(共著)
Monetary Integration in East Asia Edward Elgar 260-283頁 2011年
19.日中経済の発展と課題(共著)
人民元為替レートの行方 東洋経済新報社 87-101頁 2011年
ISBN 9784492443781
20.The Global Financial Crisis, Future of the Dollar, and the Choice for Asia(共著)
Monetary Cooperation in Asia NEAR Press 195-205頁 2011年
21.グローバル化と国際経済戦略(共著)
グローバルインバランス、東アジア通貨間乖離と国際協調の必要性-AMUによる分析等」藤田昌久 日本評論社 139-188頁 2011年
ISBN 978-4535556546
22.東アジアの地域協力と経済・通貨統合(共著)
アジアの通貨システムの構築に向けて 中央大学出版部 87-109頁 2011年
ISBN 978-4805722466
23.Regional Inetegration, Economic Development and Global Governance(共著)
Currency baskets for East Asia Edward Elgar Publishing 323-346頁 2011年
ISBN 9781849809146
24.はじめて学ぶ国際経済(共著)
有斐閣 2011年
ISBN 978-4641124219
25.Frontiers of Economics and Globalization - The Evolving Role of Asia in Global Finance(共著)
Stability of East Asian Currencies during the Global Financial Crisis Emerald Group Publishing Limited 157-180頁 2011年
ISBN 978-0-85724-745-2
26.貝塚啓明+財務省財務総合政策研究所編著『経済成長と財政健全化の研究-持続可能な長期戦略を求めて』(共著)
グローバル・インバランスと日本の経済・財政への影響 中央経済社 135-160頁 2010年
ISBN 978-4502681400
27.グローバル・インバランスの経済分析(共著)
東アジア諸国の経常収支と人民元-人民元切り上げは有効か 有斐閣 137-167頁 2010年
ISBN 978-4641163669
28.検証・金融危機と世界経済-危機後の課題と展望(共著)
グローバル危機と通貨問題 勁草書房, 92-115頁 2010年
ISBN 978-4326503353
29.「変化する世界経済と日本経済・財政の課題に関する研究会」報告書(共著)
「グローバル・インバランスと日本の経済・財政への影響」 財務省財務総合政策研究所 2010年
30.伊藤元重編 バブル/デフレ期の日本経済と経済政策3『国際環境の変化と日本経済』(共著)
通貨政策(国際金融政策)の変化 慶応義塾大学出版会 167-200頁 2009年
ISBN 978-4766416763
31.East Asian Regionalism from a Legal Perspective: Current Features and a Vision for the Future(共著)
East Asian Currency Cooperation Routledge 43-62頁 2009年
ISBN 978-0-415-48857-5
32.Exchange Rate, Monetary and Financial Issues and Policies in Asia(共著)
Regional Monetary Coordination in East Asia World Scientific 231-246頁 2009年
33.小川英治編『アジアボンドの経済学』(編著)
AMU建てアジア債券のリスクと流動性 東洋経済新報社 215-236頁 2009年
ISBN 978-4492711750
34.「金融経済入門第2版」(共著)
東洋経済新報社 2009年
ISBN 978-4492654262
35.China and Asia: Economic and Financial Interactions(共著)
The Core-AMU denominated Asian Bonds for Local Investors in East Asia Routledge 215-229頁 2009年
ISBN 9780415748360
36.10 Years of Euro: Success?(共著)
Inflation Differentials and Differences of Monetary Policy Effects among the Euro Area Countries Ales Cenek Publishing 205-238頁 2009年
37. International Financial Issues in the Pacific Rim: Global Imbalances, Financial Liberalization, & Exchange Rate Policy(共著)
Adopting a Common Currency Basket Arrangement into the ASEAN Plus Three University of Chicago Press 219-234頁 2008年
ISBN 9780226386829
38.藤田誠一・小川英治編 『国際金融理論』(編著)
対外債務問題 有斐閣 91-108頁 2008年
ISBN 978-4641055704
39.Tokyo-Brussels Partnership: Security, Development and Knowledged-based Society(共著)
AMU Deviation Indicator for Coordinated Exchange Rate Policies in East Asia P.I.E. Peter Lang 93-106頁 2008年
40.宮川公男編 『シナリオ2019-日本と世界の近未来を読む』(共著)
「ドル・円・ユーロ・人民元のゆくえ」 東洋経済新報社 84-93頁 2007年
ISBN 978-4492394922
41.田中素香・馬田啓一編著『国際経済関係論』(共著)
「アジア通貨危機の教訓と地域通貨・金融協力」 文眞堂 124-142頁 2007年
ISBN 978-4830945908
42.EUスタディーズ2 経済統合(編著)
EUの金融市場統合 勁草書房 29-52頁 2007年
ISBN 978-4326301706
43.MBAのための国際金融 (共著)
有斐閣 2007年
ISBN 978-4641162884
44.東アジア通貨バスケットの経済分析(共編著)
人民元改革の実際と意義、他 東洋経済新報社 101-132頁 2007年
ISBN 978-4492654040
45.金融論(共著)
有斐閣 347-396頁 2007年
ISBN 978-4641183315
46.The Lisbon Strategy: Reaching Beyond Europe(共著)
"Innovation 25" Plan in Japan Instituto De Estudos Estrategicos E Internacionais 135-154頁 2007年
47.国際金融論をつかむ(共著)
有斐閣 2007年
ISBN 978-4641177031
48.A Basket Curerncy for Asia(共著)
Economic interdependence and internaitonal coordination in East Asia 他 Routledge,Pub 2007年
ISBN 978-0415383769
49.中国の台頭と東アジアの金融市場(共著)
東アジアにおける金融協力・通貨協調のあり方 日本評論社 177-195頁 2006年
ISBN 978-4535554696
50.EU論(共著)
放送大学教育振興会 2006年
ISBN 978-4595126055
51.国際金融システムの制度設計
東アジアにおける共通通貨バスケット導入の可能性 東京大学出版会 59-83頁 2006年
ISBN 978-4130402224
52.New East Asian Regionalism: Causes, Progress and Country Perspectives(共著)
Creating a Common Currency Basket for East Asia: Prospects and Key Issues Edward Elgar 283-305頁 2005年
ISBN 978-1845420079
53. Korea-Japan: Toward a Model Case for East Asian Economic Integration(共著)
What Kind of Free Trade Arrangement? Modality and Contents: Japanese Perspective KIEP 97-122頁 2005年
54.現代外国為替論(共著)
通貨危機と国際通貨制度改革 有斐閣 253-277頁 2004年
ISBN 978-4641162259
55.グローバリゼーション下の経済・政策分析(共著)
東アジアにおける通貨制度の協調の必要性とその範囲 有斐閣 153-179頁 2004年
ISBN 978-4641162129
56.Monetary and Exchange Rate Arrangement in East Asia(共著)
Exchange Rate Arrangement in East Asia KIEP 37-62頁 2004年
57.Strengtheing Economic Cooperation in Northeast Asia(共著)
Toward an Asian Currency Union KIEP 311-347頁 2004年
58.Monetary and Financial Integration in East Asia : The Way Ahead(共著)
Cost benefits and constraints of the currency basket regime for East Asia Asian Development Bank 209-239頁 2004年
ISBN 978-1403918826
59.グローバリゼーションと地域経済統合(共著)
通貨バスケット制導入の効果と障害 蒼天社出版 124-145頁 2004年
ISBN 978-4901916028
60.検証・アメリカ経済(共著)
アメリカへの資金流入の変化と世界経済への影響 日本評論社 229-281頁 2004年
ISBN 978-4535553781
61.新世紀の先物市場(共著)
商品先物価格のリスク・プレミアムの存在に関する実証分析-正常の逆鞘・順鞘は存在するのか 東洋経済新報社 2002年
ISBN 978-4492711583
62.はじめての金融経済(共著)
東洋経済新報社 2002年
ISBN 978-4492653067
63.日本のFTA戦略(共著)
FTAとアジアの通貨体制 日本経済新聞社 219-240頁 2002年
ISBN 978-4532350031
64.一橋大学ビジネススクール「知的武装講座」(共著)
プレジデント社 2002年
ISBN 978-4833417471
65.環太平洋地域の金融・資本市場(共著)
高千穂大学総合研究所 2002年
66.East Asian Trade and Financial Integration: New Issues(共著)
Should East Asian countries return to a dollar peg again? Asia Pacific Press 159-184頁 2002年
ISBN 978-0731536788
67.国際日本経済論(共著)
自由貿易協定と円の国際化 文眞堂 255-272頁 2002年
ISSN 978-4830944116
68.国際金融入門
日本経済新聞社 2002年
ISBN 978-4-532-10538-9
69.Regional Financial Arrangements in East Asia(共著)
The Japanese Yen as an International Currency Korea Institute for International Economic Policy 25-51頁 2001年
70.Regional and Global Capital Flows: Macroeconomic Causes and Consequences(共著)
How were capital inflows stimulated under the dollar peg system? University of Chicago Press 151-190頁 2001年
ISBN 978-0226386768
71.国際金融(共著)
有斐閣 2001年
ISBN 978-4641121171
72.国際経済理論の地平(共著)
国際通貨同盟 東洋経済新報社 163-176頁 2001年
ISBN 978-4492442715
73.生命保険会社の金融リスク管理戦略(編著)(編著)
東洋経済新報社 1-252頁 2000年
ISBN 978-4492700686
74.金融システムの経済学-社会的共通資本の視点から-(共著)
アジア通貨危機とIMFの対応 東京大学出版会 245-277頁 2000年
ISBN 978-4-13-040174-6
75.変革期の金融資本市場(共著)
生命保険会社の国際証券投資行動 日本評論社 101-134頁 2000年
ISBN 978-4535551923
76.わが国の政策決定システムに関する研究(第2期)(下)―モニタリングと金融監督―(共著)
日本の金融行政に関する分析 総合研究開発機構 69-84頁 2000年
ISBN 978-4795584327
77.ユーロ誕生と欧州経済のゆくえ(共著)
通貨統合の金融市場への影響(理論的側面) 経済企画庁調査局 71-91頁 1999年
78.ユーロと日本経済(共著)
ユーロが国際通貨システムと国際金融市場に与える影響 東洋経済新報社 99-126頁 1999年
ISBN 978-4492652220
79.近藤健彦・中島精也・林康史編著 『アジア通貨危機の経済学』(共著)
アジア通貨危機の理論的位置づけ 東洋経済新報社 51-69頁 1998年
ISBN 978-4492442234
80.国際通貨システムの安定性
東洋経済新報社 1-291頁 1998年
ISBN 978-4492442180
81.土地住宅市場と景気循環(共著)
バブルと金融システムの安定性 全宅連不動産総合研究所 41-72頁 1998年
82.日本の金融経済(共著)
国際経済の中の金融政策 有斐閣 276-297頁 1995年
ISBN 978-4641067585
83.国際金融の現状(共著)
企業行動と国際収支 有斐閣 249-274頁 1992年
ISBN 978-4641053588

研究論文

1.企業の海外進出と為替レートの変動の影響
フィナンシャル・レビュー 136号58-77頁 2019年 学術雑誌
その他のサイト
2.☆What Determines Utility of International Currencies?(共著)
Journal of Risk and Financial Management 12巻1号1-31頁 2019年 学術雑誌
ISSN 1911-8074doi
3.☆Effects of FRB’s Raising Interest Rates on Regional Currencies and Regional Monetary Cooperation: A Case of East Asia
Journal of APEC Studies 10巻1号1-14頁 2018年 学術雑誌
ISSN 1229-4640
4.☆Declining Japanese Yen in the Changing International Monetary System(共著)
East Asian Economic Review 21巻4号317-342頁 2017年 学術雑誌
doi
5.☆Inertia of the US Dollar as a Key Currency through the Two Crises(共著)
Emerging Markets Finance and Trade 53巻12号2706-2724頁 2017年 学術雑誌
ISSN 1540-496Xdoiその他のサイト
6.☆Effects of a Quantitative Easing Monetary Policy Exit Strategy on East Asian Currencies(共著)
The Developing Economies 54巻1号103-129頁 2016年 学術雑誌
ISSN 0012-1533
7.グローバル金融・財政危機と国際通貨体制
国際経済 65巻35-62頁 2014年 学術雑誌
ISSN 0387-3943CiNii
8.世界金融危機と量的金融緩和政策の新興市場国通貨への影響
世界経済評論 58巻7・8号16-21頁 2014年 学術雑誌
CiNii
9."Japan's Monetary and Financial Cooperation in East Asia-From the Viewpoint of the Spillover Effects of Currency Misalignment."
Public Policy Review 10巻1号33-52頁 2014年 学術雑誌
10.How Did the Global Financial Crisis Misalign East Asian Currencies?
RIETI Discussion Paper Series, 13-E-096 2013年 学術雑誌
11.「東アジアにおける日本の通貨・金融協力ー通貨のミスアライメントの波及効果の観点からー」
『フィナンシャル・レビュー』 116号26-42頁 2013年 学術雑誌
12.☆The AMU Deviation Indicators Based on the Purchasing Power Parity and Adjusted by the Balassa-Samuelson Effect(共著)
Global Journal of Economics 2巻2号 2013年 学術雑誌
13.「グローバル・インバランスと国際通貨体制」
『日経研月報』 409巻16-26頁 2012年 学術雑誌
HERMES-IR
14.「欧州政府債務危機の全貌:原因と進行」
『国際問題』 611巻6-16頁 2012年 学術雑誌
HERMES-IR
15.☆Sovereign Risk in the Euro Zone and Monetary Policy(共著)
Global Journal of Economics 1巻2号 2012年 学術雑誌
16.複数均衡としての欧州ソブリン危機とその解決策
世界経済評論 664号19-23頁 2012年 学術雑誌
HERMES-IR
17.欧州ソブリンリスクと金融政策(共著)
フィナンシャル・レビュー 110号4-27頁 2012年 学術雑誌
18.☆Asian Monetary Unit (AMU) as a Surveillance Indicators for Regional Monetary Cooperation(共著)
Journal of International Commerce, Economics and Policy 2巻1号67-84頁 2011年 学術雑誌
19.Asian Monetary Unit and Monetary Cooperation in Asia(共著)
ADBI Working Paper Series 275号 2011年 学術雑誌
20.欧州ソブリンリスクとユーロ暴落
世界経済評論 54巻5号28-35頁 2010年 学術雑誌
ISSN 0488-132XHERMES-IRCiNii
21.☆Analysis on β and σ Convergences of East Asian Currencies(共著)
International Journal of Intelligent Technologies and Applied Statistics 3巻5号237-263頁 2010年 学術雑誌
HERMES-IR
22.Regional Monetary Coordination in Asia after the Global Financial Crisis: Comparison in Regional Monetary Stability betweenASEAN+3 and ASEAN+3+3
Public Policy Review 6巻5号837-858頁 2010年 学術雑誌
HERMES-IR
23.Stability of East Asian Currencies during the Global Financial Crisis(共著)
Global COE Hi-Stat Discussion Paper Series 83号 2009年 学術雑誌
24.国際通貨の今後の構造変動
世界経済評論 53巻6号33-40頁 2009年 学術雑誌
ISSN 0488-132XHERMES-IRCiNii
25.☆External adjustments and coordinated exchange rate policy in Asia(共著)
Journal of Asian Economics 20巻3号225-239頁 2009年 学術雑誌
CiNii
26.Global Imbalances and East Asian Currencies
The International Economy 13号3-14頁 2009年 学術雑誌
ISSN 0387-3943HERMES-IRCiNii
27.米国金融危機はEUにどう波及したか
経済セミナー 646号25-29頁 2009年 その他
ISSN 0386-992XCiNii
28.アジア通貨危機と為替制度
国際経済 39号33-56頁 2008年 その他
29.A role of the Japanese yen in a multi-step process toward a common currency in east Asia(共著)
Fukino DP Series 3号 2008年 その他
30.☆The Dilemma of Exchange Rate Arrangements in East Asia(with Doo Yong Yang)(共著)
Japan and the World Economy 20巻2号217-235頁 2008年 学術雑誌
doiその他のサイト
31.アジアの通貨・為替相場問題について-通貨危機後10年を経て-
『証券アナリストジャーナル』 45巻10号29-40頁 2007年 学術雑誌
32.Linkages of New EU Country Currencies to the Euro(共著)
http://www.apeaweb.org/confer/hk07/papers/ogawa-shimizu.pdf 2007年 その他
33.(with Takeshi Kudo)Possible depreciation of the US dollar for unsustainable current account deficit in the United States(共著)
CESifo Rorum 8巻4号24-30頁 2007年 学術雑誌
その他のサイト
34.☆Asymmetric responses of East Asian currencies to the US dollar depreciation for reducing the US current account deficits(with Takeshi Kudo)(共著)
Journal of Asian Economics 18巻1号175-194頁 2007年 学術雑誌
ISSN 1049-0078CiNiiその他のサイト
35."Chinese Yuan after Chinese Exchange Rate System Reform"(共著)
China & World Economy 14巻6号39-57頁 2006年 学術雑誌
doi
36.☆AMU Deviation Indicators for Coordinated Exchange Rate Policies in East Asia and their Relationships with Effective Exchange Rates(共著)
The World Economy 29巻12号1691-1708頁 2006年 学術雑誌
その他のサイト
37.☆Stabilization of effective exchange rates under common currency basket systems(共著)
Journal of the Japanese and International Economies 20巻4号590-611頁 2006年 学術雑誌
その他のサイト
38.「東アジアにおける地域金融・通貨協力」
『国際問題』 553号13-21頁 2006年 学術雑誌
CiNii
39.「東アジアにおける共通通貨政策圏」(共著)
『ファイナンシャル・レビュー』 83号58-80頁 2006年 学術雑誌
ISSN 0912-5892CiNii
40.アジア通貨協調のためのバスケット通貨戦略
ファイナンシャル・レビュー 81号154-176頁 2006年 学術雑誌
ISSN 0912-5892CiNii
41.☆What should the weights of the three major currencies be in a common currency basket in East Asia?(共著)
Asian Economic Journal 20巻1号75-94頁 2006年 学術雑誌
その他のサイト
42.☆Risk properties of AMU denominated Asian bond(共著)
Journal of Asian Economics 16巻590-611頁 2005年 学術雑誌
その他のサイト
43.「東アジアにおける通貨政策の国際協調」(共著)
『計画行政』 28巻2号9-16頁 2005年 学術雑誌
ISSN 0387-2513CiNii
44.How much depreciation of the US dollar for sustainability of the current accounts?(共著)
Hi-Stat Discussion Paper 44号 2004年 学術雑誌
45."Regional Monetary Cooperation in East Asia against Asymmetric Responses to the US Dollar Depreciation"
The Journal of the Korean Economy 5巻2号43-72頁 2004年 学術雑誌
その他のサイト
46.☆Bond issuers' trade-off for common currency basket denominated bonds in East Asia,(共著)
Journal of Asian Economics 15巻4号719-738頁 2004年 学術雑誌
ISSN 1049-0078その他のサイト
47.アジア債券ファンドのリスク特性(共著)
一橋大学商学部ワーキング・ペーパー 101号 2004年 学術雑誌
HERMES-IR
48."Exchange Rate Arrangement in East Asia"(共著)
in Yonghyup Oh, Deok Ryong Yoon, and Thomas D. Willet eds. Monetary and Exchange Rate Arrangement in East Asia,KIEP 37-62頁 2004年 その他
その他のサイト
49.Trade-off for common currency basket denominated bonds in East Asia(共著)
Hi-Stat Discussion Paper 5号 2003年 学術雑誌
HERMES-IR
50.What should be weights on the three major currencies for a common currency basket in East Asia?(共著)
Hi-Stat Discussion Paper 6号 2003年 学術雑誌
HERMES-IR
51.ドル安への対応と人民元
ECO-FORUM 22巻2号25-32頁 2003年 学術雑誌
ISSN 0288-2035CiNii
52.The U.S. Current Account Deficit is supported by the International Capital Inflows?(共著)
Hitotsubashi University, Faculty of Commerce, Working Paper 92号 2003年 学術雑誌
HERMES-IR
53.Trade-off for common currency basket denominated bonds in East Asia(共著)
Hitotsubashi University, Faculty of Commerce, Working Paper 87号 2003年 学術雑誌
HERMES-IR
54.国際資本フローに支えられたアメリカの経常収支赤字(共著)
一橋大学商学部ワーキング・ペーパー 85巻 2003年 学術雑誌
55.Roles of regional currency in bond markets in East Asia(共著)
Hitotsubashi University, Faculty of Commerce, Working Paper 81号 2002年 学術雑誌
HERMES-IR
56.東アジアにおける通貨制度の協調の必要性とその範囲(共著)
一橋大学商学部ワーキング・ペーパー 2002年 学術雑誌
57.国際金融アーキテクチャー:国際通貨の観点から
国際経済学会編 『国際経済』 53号72-91頁 2002年 その他
ISSN 0387-3943CiNii
58.Economic interdependence and international coordination in East Asia
Exchange Rate Regimes for Asia (KOBE RESEARCH PROJECT) 2002年 その他
その他のサイト
59.ユーロ圏における最適通貨圏の再検討(共著)
一橋論叢 127巻5号533-564頁 2002年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
60.☆On the Desirability of a Regional Basket Currency Arrangement(共著)
Journal of the Japanese and International Economies 16巻3号317-334頁 2002年 学術雑誌
61.新しい国際金融アーキテクチャーにおける国際通貨システム
中央大学商学研究会 『商学論纂』 43巻4/5号1-29頁 2002年 学術雑誌
ISSN 0286-7702CiNii
62.FTAとアジアの通貨体制
JCER Discussion Paper 73号 2001年 学術雑誌
63.日本の株価における内在的バブルの実証分析(共著)
一橋論叢 126巻5号463-476頁 2001年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
64.A Regional Monetary Fund and the IMF
Journal of the Korean Economy 2巻2号229-248頁 2001年 学術雑誌
その他のサイト
65.Monetary Integration in East Asia
Journal of East Asian Affairs 15巻2号344-365頁 2001年 学術雑誌
66.通貨バスケット制導入の効果と障害
成城大学 『経済研究所年報』 14号5-24頁 2001年 学術雑誌
ISSN 0916-1023CiNii
67.アジア債券市場と生命保険会社の国際証券投資
生命保険文化研究所 『文研論集』 134号115-137頁 2001年 学術雑誌
ISSN 0911-2952CiNii
68.On the Desirability of a Regional Basket Currency Arrangement(共著)
NBER Working Paper 16巻3号317-334頁 2000年 学術雑誌
その他のサイト
69.アジア危機における国際銀行融資と群衆行動
神戸大学 『国民経済雑誌』 181巻1号33-56頁 2000年 大学紀要
ISSN 0387-3129CiNii
70.ネットワーク外部性とユーロ建て債券市場
生命保険文化研究所 『文研論集』 128号157-181頁 1999年 学術雑誌
ISBN 0911-2952CiNii
71.バブルにおける生命保険会社貸出の位置付け
全宅連不動産総合研究所編 『不動産と金融』 76-94頁 1999年 その他
72.ドルペッグ下における金融危機と通貨危機(共著)
日本開発銀行設備投資研究所 『経済経営研究』 20号3-頁 1999年 大学紀要
73.通貨統合の金融市場への影響(理論的側面)
経済企画庁調査局 『ユーロ誕生と欧州経済のゆくえ』 71-91頁 1999年 その他
74.☆How Did the Dollar Peg Fail in Asia?(共著)
Journal of the Japanese and International Economies 12号265-304頁 1998年 学術雑誌
ISSN 0889-1583その他のサイト
75.金融部門の脆弱性と国際短期資金移動
統計研究会 『ECO-FORUM』 17巻3号41-50頁 1998年 大学紀要
ISSN 0288-2035CiNii
76.商品先物価格のリスク・プレミアムの存在に関する実証分析―正常の逆鞘・順鞘は存在するのか?(共著)
日本商品取引員協会 『先物取引研究』 3巻2号1-27頁 1998年 学術雑誌
77.☆Did the Major EMS Countries import reputation from Germany for Disinflation?
Review of Monetary and Financial Studies 15号78-93頁 1998年 その他
78.☆Inertia in the Key Currency(共著)
Japan and the World Economy 10巻4号421-439頁 1998年 学術雑誌
79.生命保険会社の国際証券投資行動(共著)
一橋大学商学部Working Paper 1998年 学術雑誌
80.生命保険会社の国際証券投資における米ドル・バイアス
生命保険文化研究所 『文研論集』 123号49-72頁 1998年 大学紀要
CiNii
81.ドルペッグ下における金融危機と通貨危機(共著)
一橋大学商学部Working Paper 1998年 学術雑誌
82.Structural Changes in Foreign Securities Investments by Japanese Life Insurance Companies(共著)
Hitotsubashi University, Faculty of Commerce, Working Paper 29号 1997年 学術雑誌
83.国際通貨の通貨発行利益競争
関西大学 『経済論集』 46巻5号33-52頁 1997年 大学紀要
ISSN 0449-7554CiNii
84.生命保険会社の配当の期待効用最大化と資産運用
生命保険文化研究所 『文研論集』 116号201-219頁 1996年 大学紀要
ISSN 0911-2952CiNii
85.為替相場制度に関する理論分析の新展開
国際経済学会 『国際経済』 47巻1号1-19頁 1996年 学術雑誌
86.Monetary Policies of the Major EMS Countries and the European Currency Crises
Hitotsubashi University, Faculty of Commerce, Working Paper 10号 1996年 学術雑誌
87.レジーム変更の可能性と為替バンド制の為替安定化効果
一橋大学研究年報. 商学研究 36巻45-98頁 1995年 大学紀要
ISSN 0583-1075HERMES-IRCiNii
88.並行通貨アプローチから見た基軸通貨の慣性
一橋論叢 114巻5号868-884頁 1995年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
89.バブル生成・崩壊期の生命保険会社貸出の特徴
生命保険文化研究所 『文研論集』 112号63-83頁 1995年 大学紀要
ISSN 0911-2952CiNii
90.インフレ抑制のためのレピュテーションの輸入
一橋論叢 113巻5号581-600頁 1995年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
91.☆Exchange Rate Fluctuations under an Exchange Rate Band System with a Variable Probability of Realignment
International Economy(国際経済学会国際経済) 46巻1号25-39頁 1995年 学術雑誌
92.☆並行通貨制度における最適通貨構成
『金融経済研究』 8号23-33頁 1995年 学術雑誌
93.投機攻撃による為替相場制度の変更
一橋論叢 111巻5号857-875頁 1994年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
94.為替変動と金融システムの安定性:1980年代後半の日本銀行の金融政策運営を中心に
一橋大学産業経営研究所 『ビジネス・レビュー』 41巻3号69-90頁 1994年 学術雑誌
CiNii
95.為替バンド制における為替相場変動
一橋論叢 107巻5号685-704頁 1992年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
96.Import Pricing Under Volatility and Misalignments of Exchange Rates
Hitotsubashi Journal of Commerce & Management 26巻1号15-28頁 1991年 大学紀要
ISSN 0018-2796HERMES-IRCiNii
97.内外価格差、浸透効果及び期待為替相場
一橋論叢 104巻5号635-655頁 1990年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
98.日本における為替相場の浸透効果
『金融学会報告』 69号114-121頁 1990年 学術雑誌
99.為替相場の不完全浸透効果とフィードバック効果
『金融構造研究』 12号73-84頁 1990年 学術雑誌
100.変動為替相場と輸入物価の硬直性
一橋大学研究年報. 商学研究 30巻205-258頁 1990年 大学紀要
ISSN 0583-1075HERMES-IRCiNii
101.Importers and Pass-through Effects of Exchange Rates
Hitotsubashi journal of commerce and management 24巻1号13-28頁 1989年 大学紀要
ISSN 0018-2796HERMES-IRCiNii
102.国際金融システムにおける二つの対外債務問題
一橋論叢 101巻4号451-469頁 1989年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
103.契約通貨と為替相場の浸透効果
一橋論叢 100巻5号638-656頁 1988年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
104.為替相場と浸透効果
一橋論叢 99巻2号250-269頁 1988年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
105.Theories of Exchange Rates Determination : A Review
Hitotsubashi journal of commerce and management 22巻1号27-54頁 1987年 大学紀要
ISSN 0018-2796HERMES-IRCiNii
106.Taisho Era Controversies Over Currency and Banking Principles(共著)
Hitotsubashi journal of commerce and management 20巻1号21-47頁 1985年 大学紀要
ISSN 0018-2796HERMES-IRCiNii
107.為替相場安定化と最適介入方式
一橋論叢 94巻3号373-392頁 1985年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii

翻訳

1.マンキュー著 『マンキュー経済学 II マクロ編』 (共訳)
東洋経済新報社 1-554頁 2001年
ISBN 978-4492312759
2.マンキュー著 『マンキュー経済学 I ミクロ編』 (共訳)
東洋経済新報社 1-652頁 2000年
ISBN 978-4492312742
3.ジョリオン/コーリー著『金融リスク管理戦略』(監訳)
東洋経済新報社 1-300頁 1999年
ISBN 978-4492711248

その他

1.Declining Japanese Yen and Inertia of the U.S. Dollar(共著)
RIETI Discussion Paper Series 17-E-018号 2017年 学術雑誌
2.Inertia of the U.S. Dollar as a Key Currency through the Two Crises(共著)
RIETI Discussion Paper Series 16-E-038号 2016年 その他
その他のサイト
3.Effects of a Quantitative Easing Monetary Policy Exit Strategy on East Asian Currencies(共著)
RIETI Discussion Paper Series 5-E-037号 2015年 その他
4.(with Masao Kumamoto)Inflation Differentials and the Differences of Monetary Policy Effects Among Euro Area (共著)
TCER Working Paper Series E-9 2008年 その他
その他のサイト
5.(with Taiyo Yoshimi)Widening Deviation among East Asian Currencies(共著)
RIETI Discussion Paper Series 08-E-010巻 2008年 その他
CiNiiその他のサイト
6."Progress toward a Common Currency Basket System in East Asia"(共著)
RIETI Discussion Paper Series 06-E-038巻 2007年 その他
その他のサイト
7."Adopting a common currency basket arrangement into the 'ASEAN plus three'"(共著)
RIETI Discussion Paper 06-E-028巻 2006年 その他
その他のサイト
8."The Chinese Yuan after the Chinese Exchange Rate System Reform"(共著)
RIETI Discussion Paper Series 06-E-019巻 2006年 その他
その他のサイト
9.☆Stabilization of Effective Exchange Rates Under Common Currency Basket Systems(共著)
NBER Working Paper 12198号 2006年 その他
その他のサイト
10."AMU Deviation Indicator for Coordinated Exchange Rate Policies in East Asia and its Relation with Effective Exchange Rates"(共著)
RIETI Discussion Paper 06-E-002巻 2006年 その他
その他のサイト
11."A Deviation Measurement for Coordinated Exchange Rate Policies in East Asia"(共著)
RIETI Discussion Paper Series 05-E-017巻 2005年 その他
その他のサイト
12.Possibility of Creating a Common Currency Basket for East Asia(共著)
JBIC Institute Discussion Paper 5号 2003年 学術雑誌
その他のサイト
13.The US Dollar in the International Monetary System agter the Asian Crisis
JBIC Institute Discussion Paper 1号 2002年 その他
その他のサイト
14.ユーロが欧州債券市場に与える影響-国際金融市場への影響の可能性-
一橋大学商学部ワーキング・ペーパー 54号 2000年 その他
15.ユーロ圏における最適通貨圏の再検討(共著)
一橋大学商学部ワーキング・ペーパー 52号 2000年 その他
CiNii
16.A Regional Currency System in East Asia(共著)
nstitute for International Monetary Affairs, Stabilization of Currencies and Financial Systems in East Asia and International Firanciel Cooperation 40-58頁 1999年 その他
17.Measures for Further Internationalization of the Yen : General Remarks
Institute for international Monetary Affairs, Internationalization of the Yen : Implications for Stabilization of Financial Systams and Currencies in Asia 67-83頁 1999年 その他
18.円の国際化とアジアの経済危機
国際金融情報センター 『為替レート制度における「ペッグ制」の功罪』 87-110頁 1999年 その他
19.国際通貨・金融システムをどう再構築するか(共著)
『経済セミナー』 529号28-34頁 1999年 その他
ISSN 0386-992XCiNii
20.基軸通貨としてのドル論
外国為替貿易研究会 『国際金融』 978-980頁 1997年 その他
ISSN 0287-7953CiNii
21.高木信二『為替レート変動と国際通貨制度―制度と政策の経済分析』
経済研究 42巻1号92-94頁 1991年 その他
ISSN 00229733HERMES-IRCiNii

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.日本国際経済学会小島清賞2008年10月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1."A multi-step process toward a common currency in East Asia,"(East Asian Studies Forum at KIEP)
2007年12月Seoul, Korea
2."Currency Baskets for East Asia,"(DIE Conference, at German Development Institute.)
2007年12月Bonn, Germany
3."Common Currency in East Asia,"(ASEAN Roundtable 2007, at Institute of Southeast Asian Studies)
2007年12月Singapore
4.「アジア通貨危機と為替制度:東アジアにおける地域通貨協力」(日本国際経済学会共通論題)
2007年10月日本、早稲田大学
5."Regional Monetary Cooperation in East Asia,"(Conference of Peking University-CASS-Oxford University at Peking University)
2007年09月Beijing, China
6."East Asian Currency Cooperation,"(CREP Workshop at University of Tokyo)
2007年07月Tokyo
7."Regional Monetary Coordination in East Asia,"(Claremont-Bologna-SCAPE International Economic Policy Forum 2007 at SCAPE in Singapore)
2007年07月Singapore
8."Linkages of New EU Country Currencies to the Euro,"(Annual Meeting of Asia Pacific Economic Association)
2007年07月Hong Kong
9."Exchange Rate Regimes in East Asia – Recent Trends"(International Conference on the Ministry of Finance, Japan, the Asian Development Bank, "Ten Yeas After the Crisis: Evolving East Asian Financial System and Challenged Ahead"and the Asian Development Bank Institute in Tokyo)
2007年06月Tokyo
10."Progress toward Common Currency Basket System in East Asia,"(Annual Meeting of Western Economic Association in Seattle)
2007年06月the United States
11."Regional Monetary Cooperation and Regional Monetary Units in East Asia"(PBOC-CASS Conference, CASS)
2007年06月Beijing, China
12.""Regional Monetary Cooperation and Regional Monetary Units in East Asia"(RBWC-EURO50-KIEP Conference on "A Decade Later: Asia New Responsibilities in The International Monetary System,")
2007年05月Seoul, Korea
13."Progress toward a Common Currency Basket System in East Asia,"(The 5th NTU International Conference on Economics, Finance and Accounting - Corporate Finance and Financial Institutions Management -, National Taiwan University)
2007年05月Taipei, Taiwan
14."'Innovation 25' Plan in Japan,"(International Conference on "The Lisbon Strategy in a Knowledge Society without Borders,"the Institute for International and Strategic Studies)
2007年03月Lisbon

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.新たな局面に入ったグローバル金融規制と危機管理の再構築
基盤研究(B)2017年度~2019年度
2.グローバル金融危機後の新しい金利・為替評価手法の構築
その他のサイト
基盤研究(B)2013年度~2015年度
3.ユーロ導入とEU拡大がEU経済に及ぼす諸効果
その他のサイト
基盤研究(A)2006年度~2008年度
4.アジア債券市場と共通通化バスケット
その他のサイト
基盤研究(C)2004年度~2005年度
5.東アジアにおける国際通貨協調の可能性と範囲
その他のサイト
基盤研究(C)2002年度~2003年度
6.東アジアにおける最適為替制度と国際協調
その他のサイト
基盤研究(C)2000年度~2001年度
7.日本における資産市場とマクロ経済活動の相互依存関係
その他のサイト
基盤研究(C)2000年度~2001年度
8.ドルの基軸通貨としての慣性に関する実証分析
その他のサイト
基盤研究(C)1996年度
9.近年の対外証券投資減少の原因に関する実証分析
その他のサイト
一般研究(C)1995年度
10.欧州通貨危機発生メカニズムに関する理論的・実証的研究
その他のサイト
奨励研究(A)1994年度

共同研究・受託研究の実績

NO研究題目共同研究区分研究期間研究内容
1.アジア債券市場と域内為替相場取極めの研究国際共同研究2005年度~2008年度
2.アジアとEU加盟諸国にとっての為替相場制度国際共同研究2001年度
3.東南アジア地域金融に関する研究その他2000年度
4.東アジアにおける将来の金融取極め国際共同研究2000年度
5.ユーロ導入とEU拡大がEU経済に及ぼす諸効果国内共同研究2006年度~2008年度
6.危機時におけるEUと日本の関係-金融ガヴァナンス機関の新しい道に向かって国際共同研究2014年度~2015年度
7.グローバル金融危機後の新しい金利・為替評価手法の構築国内共同研究2013年度~2015年度
前のページへ戻る