社会学研究科
深澤 英隆(フカサワ ヒデタカ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.近代日本における知識人と宗教――姉崎正治の軌跡
東京堂書店, 2003年
2.近代日本の知識人と宗教ー姉崎正治の軌跡ー(共編著)
東京堂出版 2002年
3.20世紀の定義 第5巻 (共著)
伴走する影-対抗科学と「霊性」探究の夢 岩波書店 2001年
4.Deutschsprachiger Japanologentag in Trier 1999(共著)
Die"Spirituelle Welt"(SEISHN SEKAI)JAPANS-Einfuehrung und Auseinandersetzung Lit Verlag 647-660頁 2001年
5.宗教心理の探究 (共著)
「心理(学)主義」的宗教理解の帰趨-ジンメル宗教論と心理(学)主義批判をめぐって 東京大学出版会 2001年
6.市川裕・鎌田繁『聖典と人間』(共著)
創出される聖典-O・S・ロイターの『エッダの謎』の解釈学 大明堂 1998年
7.H. R. Schlette(Hg. )Religionskritik in interkultureller und interreligioeser Sicht(Borengaesser Bonn)(共著)
Religionskritik im Kontext. Die buddhistische Kritik am Christentum im modernen Japan - 85-100頁 1998年
8.ファシズムの想像力―歴史と記憶の比較文化論的研究(共著)
ゲルマン主義宗教運動の生成と挫折 人文書院 1997年
9.ドイツハンドブック(共著)
早稲田大学出版部 1997年
10.月本昭男編『創世神話の研究』(共著)
近世キリスト教自然哲学の創世観 リトン 1996年
11.宗教のことば(共著)
大明堂 1993年
12.現代宗教学(共著)
東京大学出版会 1992年
13.岩波講座宗教 I 宗教とはなにか
岩波書店 2004年
14.19 世紀末における宗教状況と宗教学・宗教社会学の文化的機能に関する比較研究
文部省科学研究費報告書 2001年
15.世界の宗教といかに向き合うか(共著)
聖公会出版 2014年
16.スピリチュアリティの宗教史 下(共編著)
リトン 2012年
17.スピリチュアリティの宗教史 上(共編著)
リトン 2010年
18.宗教とファシズム(共著)
水声社 2010年
19.平和と和解の思想をたずねて(共著)
大月書店 2010年
20.『啓蒙と霊性ー近代宗教言説の生成と変容』
岩波書店 1-455頁 2006年
21.竹沢尚一郎編、世界思想社刊、『宗教とモダニティ』所収(共著)
「流浪する宗教性ーージンメル宗教論とドイツ近代の宗教状況」 世界思想社 107-156頁 2006年
22.近代日本における知識人と宗教—姉崎正治の軌跡(共編者:磯前順一)(共編著)
東京堂出版 1-438頁 2002年
23.宗教における罪悪の問題(共著)
山本書店 1991年

研究論文

1.哲学的宗教言語の帰趨
哲学 68巻65-80頁 2017年 学術雑誌
ISBN 9784862859311
2.美的モデルネ・民族主義・スピリチュアリティ−−L・ファーレンクロークをめぐって
『スピリチュアリティと宗教』 92-129頁 2016年 単行本
ISBN 4908055076
3.宗教経験論と脱文脈化 : シュライアマハー『宗教について』をめぐって
一橋社会科学 7巻別冊号97-124頁 2015年 大学紀要
ISSN 1881-4956HERMES-IR
4.「脱宗教」時代の「宗教」 ― シュライアマハーおよびジンメルの時代診断
宗教哲学研究 2015年 学術雑誌
5.ドイツ民族主義宗教運動という主題
世界の宗教といかに向き合うか 2014年 単行本
6.無への転生——ショーペンハウアーの死後生論
死生学年報 2013年 学術雑誌
7.宗教的プレ・ファシズムと宗教の「拒絶」——フィドゥスの場合
宗教とファシズム 2010年 単行本
8.争闘と平和のヴィジョン——フェルキッシュ宗教運動における「非平和」の思想
平和と和解の思想をたずねて 2010年 単行本
9.ドイツ・フェルキッシュ宗教運動における宗教史理解
宗教史とは何か 2009年 単行本
10.現代社会における宗教知と科学知
日本の科学者 2007年 学術雑誌
11.近代日本における宗教経験をめぐる言説ー綱島梁川の経験報告とその意味
宗教哲学研究 23号1-15頁 2006年 学術雑誌
CiNii
12.異界としての建築——フィドゥスの『神殿建築』の構想
異界の交錯 2006年 単行本
13.流浪する宗教性ーージンメル宗教論とドイツ近代の宗教状況
宗教とモダニティ 2006年 単行本
14.「宗教」の生誕--近代宗教概念の生成と呪縛
『岩波講座宗教1 宗教とはなにか』岩波書店 23-54頁 2003年 単行本
15.『宗教』概念と『宗教言説』の現在
<宗教>再考 2003年 単行本
16.Die Aum Shinrikyo und die Gewalt--Logik, Realitaet und Zufall
Orientwissenschaftliche Hefte--Religion und Gewalt(OrientwissenschaftlichesZentrum der Universitaet Halle-Wittenberg) 1-12頁 2003年 大学紀要
17.Die Aum Shinrikyo und die Gewalt---Logik, Realitaet und Zufall
Orientwissenschaftliche Hefte 2003年 学術雑誌
18.ヨーロッパと『宗教』――ドイツ民族主義宗教運動から見る
環 2002年 その他
19.『ポスト・キリスト教』時代の『太陽』――D・キューピットのポスト近代主義的『太陽倫理』をめぐって
世界の太陽信仰 下 2002年 単行本
20.伴走する影――対抗科学と『霊性』探究の夢
20世紀の定義 第5巻 2001年 単行本
21.『心理(学)主義』的宗教理解の帰趨――ジンメル宗教論と心理(学)主義批判をめぐって
宗教心理の研究 2001年 単行本
22.Die 'spirituelle Welt'(Seishin Sekai) Japans -- Einfuerung und Auseinande rsetzung.
Deutschsprachiger Japanologentag in Trier 1999(第1巻『Geschichte, Geistesgeschichte/Religionen, Gesellschaft, Politik, Recht, Wirtschaft』所収) 2001年 国際会議proceedings
23.宗教的生形式と宗教の正当化――英米宗教哲学のコンステレーション(1)
一橋大学研究年報 社会学研究 2000年 大学紀要
24.姉崎正治のERE関連史料をめぐつて
日本女子大学総合研究所ニュース 7号16-22頁 1999年 大学紀要
25.宗教的生形式と宗教の正当化 (一) : 英米宗教哲学のコンステレーション
一橋大学研究年報. 社会学研究 37巻209-256頁 1999年 大学紀要
ISSN 0559-7102HERMES-IR
26.創出される聖典――O・S・ロイターの『エッダの謎』の解釈学
聖典と人間 1998年 その他
27.宗教――現代ドイツ社会と宗教
ドイツ・ハンドブック 1997年 単行本
28.ゲルマン主義宗教運動の生成と挫折
ファシズムの想像力――歴史と記憶の比較文化論的研究 1997年 単行本
29.「神秘主義論争」における体験・個人・共同体
一橋大学研究年報. 社会学研究 35巻139-190頁 1996年 大学紀要
ISSN 0559-7102HERMES-IR
30.近世キリスト教自然哲学の創世観――『創世の秘義』の創世記解釈をめぐって
創成神話の研究 1996年 単行本
31.「神秘主義論争」における体験・個人・共同体
一橋大学研究年報 社会学研究 1996年 大学紀要
32.啓蒙とイロニーの間で――宗教研究と批判的思考をめぐって
一橋論叢 1996年 学術雑誌
33.啓蒙とイロニーの間で : 宗教研究と「比較的思考」をめぐって
一橋論叢 115巻4号768-783頁 1996年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
34.宗教と科学の諸世紀――『ニューエイジ』と近代
世界の宗教と教典 1996年 単行本
35.宗教経験と宗教の「基礎づけ主義」の問題
宗教研究 69巻2号1-24頁 1995年 学術雑誌
CiNii
36.宗教学と政治神学の『拒絶』――ゲルマン主義宗教学の帰趨
現代思想 23巻10号 1995年 その他
CiNii
37.宗教経験と宗教の基礎づけ主義の問題――W・P・アルストンの宗教経験論の意味するもの
宗教研究 1995年 学術雑誌
CiNii
38.『宗教経験からの論証』と概念相対論
東京大学宗教学年報 1995年 学術雑誌
CiNii
39.回心論と宗教心理学の物語
季刊「AZ」 33号44-52頁 1994年 その他
40.『ポスト近代的宗教性』の条件――ジンメルとキューピットをめぐって
宗教研究 1994年 単行本
41.回心論と宗教心理学の『物語』
季刊AZ 1994年 その他
42.「宗教経験からの論証」と概念相対論
東京大学宗教学年報 12号101-118頁 1994年 大学紀要
CiNii
43.敬虔主義と近代宗教経験概念の「起源」
東京大学宗教学年報 3号113-132頁 1993年 大学紀要
CiNii
44.ドイツ宗教学と民族主義の問題
東京大学宗教学年報 8号91-111頁 1991年 大学紀要
CiNii
45.ロマン主義心理学のパラダイム
ユング研究 2号62-81頁 1991年 学術雑誌
46.宗教学とその外部
東京大学宗教学年報 6号101-115頁 1989年 大学紀要
CiNii
47.聖典解釈の力学
宗教研究 273号 1987年 学術雑誌
CiNii
48.宗教学における心理主義・心理学主義の問題
日本の宗教学説 2号63-84頁 1986年 その他
49.ヤーコプ・ベーメにおける宗教言語の諸機能
東京大学宗教学年報 2号66-85頁 1985年 大学紀要

翻訳

1.フランソワ・ルーアン――その作品のためのいくつかの参照点
セゾン美術館 1997年
2.世界宗教史4(共訳)
筑摩書房 1998年
3.現代日本のスピリチュアリティ
岩波書店 2013年

その他

1.日本の「霊性的知識人」をめぐる二著作
宗教と社会 10号105-116頁 2004年 学術雑誌
CiNii
2.「宗教」概念と「宗教言説」の現在
島薗進・鶴岡賀雄編『<宗教>再考』ぺりかん社 15-40頁 2003年 その他
3.ヨーロッパと「宗教」-ドイツ民族主義宗教運動から見るー
別冊・環 5号76-84頁 2002年 その他
4.近現代宗教思想における「自然的神性」の思想系譜に関する研究
文部省科学研究費報告書 1999年 その他
5.宗教批判と社会
創文 1996年 その他
CiNii
6.『知的中間層』と宗教
Aera Mook 11 宗教学がわかる 1995年 単行本
7.宗教学と政治神学の「拒絶」
現代思想 23巻10号194-211頁 1995年 その他
CiNii

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.表象しえぬ古代の表象——ドイツ・プレファシズム期における視覚文化—(日本宗教学会第76回学術大会)
2017年09月
2.宗教的哲学言語の帰趨—概要と補遺—( 日本哲学会第76会学術大会)
2017年05月

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.ゲオルク・ジンメル宗教論の時代文脈的研究
その他のサイト
基盤研究(C)2014年度~2016年度
2.ファシズムと宗教文化に関する地域・時代比較的総合研究
その他のサイト
基盤研究(B)2011年度~2013年度
3.近現代宗教論における「生の宗教」の系譜をめぐる時代比較的研究
その他のサイト
基盤研究(C)2006年度~2008年度
4.「宗教言説」の生成と「宗教」の構築-「宗教経験」論と「未来の宗教」論を中心に
その他のサイト
基盤研究(C)2003年度~2005年度
5.19世紀末における宗教状況と宗教学・宗教社会学の文化的機能に関する比較研究
その他のサイト
基盤研究(C)1999年度~2000年度
6.近現代宗教思想における「自然的神性」の思想系譜に関する研究
その他のサイト
基盤研究(C)1996年度~1998年度

共同研究・受託研究の実績

NO研究題目共同研究区分研究期間研究内容
1.現代世界における「宗教」研究の新動向をめぐる調査および検討その他2002年度~2003年度
2.姉崎正治関連資料の整理及び日本宗教学の成立史的研究国内共同研究1998年度~2000年度
3.近代的「宗教」概念と宗教学の形成と展開国内共同研究1998年度~2000年度
前のページへ戻る