法学研究科
大林 一広(オオバヤシ カズヒロ)

書籍等出版物

1. Micro-evidence for Peacebuilding Theories and Policies (Evidence-Based Approaches to Peace and Conflict Studies
Takashi Kurosaki, Yuichi Kubota, Kazuhiro Obayashi (分担執筆)
Springer Nature 2022年10月 (ISBN:9789811947629)
2. 戦後日本外交からみる国際関係-歴史と理論をつなぐ視座-
大林 一広 (分担執筆)
ミネルヴァ書房 2021年4月 (ISBN:9784623090112)
3. パワーから読み解く グローバル・ガバナンス論 (共編著)
大芝亮, 秋山信将, 大林一広, 山田敦 (共編者(共編著者))
有斐閣 2018年4月 (ISBN:9784641184381)
4. Rebel Recruitment and Information Problems
Kazuhiro Obayashi (単著)
Routledge 2017年8月 (ISBN:9781138182431)
5. Collaborative Network for Instruction in International Relations in the Asia-Pacific Region
Kazuhiro OBAYASHI (分担執筆)
Network Project of Three Universities in the Asia-Pacific Region, Faculty of Law, Hitotsubashi University 2013年3月

論文

1. 内戦下の暴力とリスク・時間選好―パキスタン北西部の事例より― (共著) (査読有り)
黒崎卓, 窪田悠一, 大林 一広
経済研究 71巻4号317-332頁 2020年10月
2. Distributional Effects of Political Power-Sharing Arrangements and Their Negative Consequences for Post-Agreement Stability (査読有り)
Kazuhiro Obayashi
Asian Journal of Comparative Politics 2018年6月
doi
3. 準民主主義国議会の議事録の実証分析―ナイジェリア上院の政治的暴力への反応を例に― (共著)
大林 一広, 飯田連太郎, ジョナサン・ルイス
一橋法学 2018年3月
その他のサイト
4. 政治的暴力と語り: 内戦、議会、自動内容分析 (共著)
大林 一広
一橋法学 14巻2号845-869頁 2015年7月
doi その他のサイト
5. Information, rebel organization and civil war escalation: The case of the Liberation Tigers of Tamil Eelam (査読有り)
Kazuhiro Obayashi
International Area Studies Review 17巻1号21-40頁 2014年
doi
6. 反乱軍の組織と内戦後の和平期間 (査読有り)
大林 一広
国際政治 174号139-152頁 2013年9月
7. 内戦後の暴力と平和構築 ― 南(部)スーダンの予備的分析と研究課題の模索 ―
大林 一広
一橋法学 12巻1号369-391頁 2013年3月
doi その他のサイト
8. 反政府武装集団の兵の徴募方法―強制と報酬―
大林一広
一橋法学 10巻1号429-445頁 2011年3月
doi その他のサイト

▼全件表示

講演・口頭発表等

No. 会議名 開催・発表年月日 開催地
1. “Rebellion at the Time of a Power Shift between Rival Empires: Volunteer Forces in Burma and Indonesia in World War II”(63rd Annual Convention of the International Studies Association)
開催年月日: 2022年3月28日 ~ 2022年4月2日
発表年月日: 2022年03月29日
米国テネシー州ナシュビル(オンライン)
2. 「内戦のプロセス、平和構築、市民」
開催年月日: 2021年11月23日
発表年月日: 2021年11月23日
東京都(オンライン)
3. “Legislative Debates and Battles in Civil War: The Case of the Philippines”(国際関係論研究ワークショップ)
開催年月日: 2021年9月14日
発表年月日: 2021年09月14日
オンライン
4. “Legislatures and Violent Conflicts: A Case of Colombia”(ISA 2021 Annual Convention)
開催年月日: 2021年4月6日 ~ 2021年4月9日
発表年月日: 2021年04月07日
オンライン
5. 「民族間の憎悪と暴力について―内戦研究からの知見―」
開催年月日: 2020年12月2日
発表年月日: 2020年12月02日
東京都(オンライン)
6. “Legislative Speeches and Political Violence: The Case of the Philippines”(日本国際政治学会2020 年度研究大会)
開催年月日: 2020年10月24日 ~ 2020年10月26日
発表年月日: 2020年10月24日
オンライン
7. “Wartime Service Provision and State Legitimacy: Evidence from the former FATA, Pakistan”(Changing Character of War Centre Fellows’ Meeting)
開催年月日: 2020年2月11日
発表年月日: 2020年02月11日
英国オックスフォード市
8. “Wartime Service Provision and State Legitimacy: Evidence from the former FATA, Pakistan”(Workshop on Democracy, Network and Conflict)
開催年月日: 2020年1月29日
発表年月日: 2020年01月29日
東京都国立市
9. “Legislative Speeches and Political Violence: The Case of the Philippines”(Workshop on Armed Conflict and Political Economy of Development)
開催年月日: 2019年9月19日
発表年月日: 2019年09月19日
京都府京都市
10. “Wartime Service Provision and State Legitimacy: Evidence from the former FATA, Pakistan”(Pre-event for the Workshop on Armed Conflict and Political Economy of Development)
開催年月日: 2019年9月18日
発表年月日: 2019年09月18日
京都府京都市
11. “Legislative Speeches and Political Violence: The Case of the Philippines”(9th Annual Conference of the European Political Science Association (EPSA))
開催年月日: 2019年6月20日 ~ 2019年6月22日
発表年月日: 2019年06月20日
英国ベルファスト市
12. “Electoral Incentives and Conflict-related Speeches in Semi-Democracy Legislatures: The Case of Nigeria”(2018 Meeting of the Party Congress Research Group (Intra-Party Politics in the Modern Era))
開催年月日: 2018年6月25日 ~ 2018年6月26日
発表年月日: 2018年06月26日
オーストリア、ウィーン市
13. “How Legislatures Discuss Violent Conflicts: The Case of Nigeria”(POLTEXT Incubator Workshop)
開催年月日: 2018年5月9日 ~ 2018年5月11日
発表年月日: 2018年05月11日
ハンガリー、ブダペスト市
14. “Legislatures and Political Violence: The Case of the Nigerian National Assembly”(CCW Meeting)
開催年月日: 2018年5月8日
発表年月日: 2018年05月08日
英国オックスフォード市
15. “Legislatures and Political Violence: The Case of the Nigerian National Assembly”(Seminar)
開催年月日: 2018年4月24日
発表年月日: 2018年04月24日
ノルウェー、オスロ市
16. “How Legislatures Discuss Violent Conflicts: The Case of Nigeria”(IR Colloquium)
開催年月日: 2018年2月22日
発表年月日: 2018年02月22日
英国オックスフォード市
17. "Legislatures and Political Violence: The Case of the Nigerian National Assembly"(Brasenose Session)
開催年月日: 2017年11月7日
発表年月日: 2017年11月07日
英国オックスフォード市
18. “Political Violence and Parliament in Nigeria”(2016 Annual Meeting of the American Political Science Association)
開催年月日: 2016年9月1日 ~ 2016年9月4日
発表年月日: 2016年09月02日
米国ペンシルベニア州フィラデルフィア市
19. “Decomposing Democracy in Studies of Civil War: Political Violence and Parliament in Nigeria”(1st Meeting of the Pacific Peace Science Conference)
開催年月日: 2016年7月2日 ~ 2016年7月3日
発表年月日: 2016年07月03日
京都市
20. “Distributional Effects of Political Power–Sharing Arrangements and Their Negative Consequences for Post-Agreement Stability”(ISA Asia-Pacific Conference)
開催年月日: 2016年6月25日 ~ 2016年6月27日
発表年月日: 2016年06月27日
香港
21. “Democratic Institutions and Civil War: A quantitative analysis of the reaction of the reaction of the parliament and its members to the incidents of political violence in Nigeria”(57th Annual Convention of the International Studies Association)
開催年月日: 2016年3月16日 ~ 2016年3月20日
発表年月日: 2016年03月19日
米国ジョージア州アトランタ市
22. “Legislatures and Political Violence: The Case of the Nigerian National Assembly”(特別講演)
開催年月日: 2015年12月17日
発表年月日: 2015年12月17日
京都府京都市
23. 「政治的暴力と議会―ナイジェリア国民議会上院の事例―」(IPE研究会)
開催年月日: 2015年5月23日
発表年月日: 2015年05月23日
東京都
24. 「権力分有協定の効果の検証」(日本国際政治学会2014年度研究大会)
開催年月日: 2014年11月14日 ~ 2014年11月16日
発表年月日: 2014年11月14日
福岡県福岡市
25. “Rebel Organizations and Postwar Peace Duration”(55th Annual Convention of the International Studies Association)
開催年月日: 2014年3月26日 ~ 2014年3月29日
発表年月日: 2014年03月29日
カナダ、オンタリオ州トロント市
26. 「民族間の憎悪と暴力について―「民族紛争」研究からの知見―」(関西<知と業>のフロンティア)
開催年月日: 2013年7月12日
発表年月日: 2013年07月12日
大阪府
27. “Reforming a Rebel Organization”(54th Annual Convention of the International Studies Association)
開催年月日: 2013年4月3日 ~ 2013年4月6日
発表年月日: 2013年04月05日
米国カリフォルニア州サンディエゴ市
28. “Simulation, an Effective Tool for Education? A Partial Reflection on the Hitotsubashi-UBC Joint Simulation Project.”(アジア太平洋3大学ネットワーク・プロジェクト「教育方法」セミナー)
開催年月日: 2013年2月21日
発表年月日: 2013年02月21日
東京都国立市
29. 「組織改革の失敗ー神の抵抗軍(LRA)の事例ー」(GLOPEII ランチタイムセミナー(制度構築の政治経済学))
開催年月日: 2013年1月22日
発表年月日: 2013年01月22日
東京都
30. “Information, Rebel Organization, and Civil War Termination: The case of the Liberation Tigers of Tamil Eelam”(PRIO Workshop)
開催年月日: 2012年10月23日
発表年月日: 2012年10月23日
ノルウェー、オスロ市
31. “Information, Rebel Organization, and Civil War Termination: The case of the Liberation Tigers of Tamil Eelam”(53rd Annual Convention of the International Studies Association)
開催年月日: 2012年4月1日 ~ 2012年4月4日
発表年月日: 2012年04月01日
米国カリフォルニア州サンフランシスコ市
32. 「なぜ『神の抵抗軍』は拉致を継続したのか―組織内政治による説明―」(日本国際政治学会2011年度研究大会)
開催年月日: 2011年11月13日 ~ 2011年11月15日
発表年月日: 2011年11月13日
茨城県つくば市
33. “Why does the LRA Continue Abduction? An intra-group politics approach.”(69th Annual National Conference of the Midwest Political Science Association)
開催年月日: 2011年3月31日 ~ 2011年4月3日
発表年月日: 2011年03月31日
アメリカ、イリノイ州シカゴ市
34. “Postwar Economic Development after Insurgent Victory.”(49th Annual Convention of the International Studies Association)
開催年月日: 2008年3月26日 ~ 2008年3月29日
発表年月日: 2008年03月26日
米国カリフォルニア州サンフランシスコ市
35. “Explaining Diversity and Change in Recruitment Methods of Rebel Groups.”(PRIO Lunch Seinar)
開催年月日: 2007年11月23日
発表年月日: 2007年11月23日
ノルウェー、オスロ市

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

No. 研究題目 研究種目(提供機関・制度) 研究期間
1. 内戦における反乱軍経済のメカニズムと政治社会的影響-データセットの構築と事例研究
国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2021年10月 ~ 2026年3月
2. 国家の対反乱政策とその制約
国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2018年11月 ~ 現在
3. 政治的暴力の展開と議会での「語り」
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2018年4月 ~ 現在
4. 内戦における社会秩序の形成と市民の国家意識に関する実証研究
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2018年4月 ~ 2022年3月
5. 国内紛争の展開における「語り」の自動内容分析
その他のサイト
基盤研究(C)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2015年4月 ~ 2019年3月
6. アジアにおける不拡散問題と地域協力
特別研究員奨励費
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2014年4月 ~ 2017年3月
7. 内戦における反政府武装集団の行動-組織内政治の観点から
その他のサイト
若手研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2011年4月 ~ 2015年3月

▼全件表示