商学研究科
中野 誠(ナカノ マコト)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.Global Accounting 年金会計とストック・オプション
中央経済社 2004年
ISBN 978-4502244902
2.『日本企業研究のフロンティア (第2号)』(日本企業研究センター編)所収(共著)
「資源ベース戦略論の実証研究」 有斐閣 53-71頁 2006年
ISBN 978-4641162617
3.『日米企業の利益率格差』(伊丹敬之編著)所収(共著)
「産業内利益率格差の日米比較」 (一橋大学日本企業研究センター研究叢書) 有斐閣 2006年
ISBN 978-4641162785
4.松下電器の経営改革
(一橋大学日本企業研究センター研究叢書) 有斐閣 2007年
ISBN 978-4641163102
5.in I.Nonaka and K. Ichijo (eds), Handbook of Knowledge Creation and Management(共著)
"Intangible Assets' Effect on Shareholders' Value," Oxford University Press 176-197頁 2007年
ISBN 978-0195159622
6.マクロとミクロの実証会計(編著)
中央経済社 1-302頁 2017年
ISBN 978-4-502-21311-3
7.戦略的コーポレートファイナンス
日本経済新聞出版社 2016年
8.International Perspectives on Accounting and Corporate Behavior(共編著)
Springer 2014年
ISBN 978-4-431-54791-4
9.Reliance on Foreign Markets: Multinationality and Performance(共著)
Springer 2014年
ISBN 978-4-431-54651-3
10.『会計情報の有用性』(共著)
「研究開発会計と企業価値」 中央経済社 405-428頁 2013年
ISBN 978-4-502-48410-0
11.『企業価値評価の実証分析』 (共著)
中央経済社 2010年
12.Dynamics of Knowledge, Corporate Systems and Innovation (共著)
Springer 2010年
13.『日本企業のバリュエーション』(共著)
中央経済社 2009年
ISBN 978-4502298400
14.『業績格差と無形資産 -日米欧の実証研究』
東洋経済新報社 1-207頁 2009年
ISBN 978-4492601792

研究論文

1.「多角化企業の財務構造とバリュエーション」(共著)
『証券アナリストジャーナル』 2002年12月号 76-91頁 2002年 学術雑誌
CiNii
2."Incremental versus Relative Information Content of Pension Liability"
Hitotsubashi Journal of Commerce and Management 38巻1号1-12頁 2003年 学術雑誌
HERMES-IR
3.「企業価値を創造するための財務戦略」(共著)
『一橋ビジネスレビュー』 2003年冬号 118-133頁 2003年 学術雑誌
4.「事業の再構築と企業価値」(共著)
『一橋ビジネスレビュー』 2003年秋号 124-139頁 2003年 学術雑誌
5.「企業価値とコーポレート・ガバナンス」(共著)
『一橋ビジネスレビュー』 2003年夏号 102-115頁 2003年 学術雑誌
CiNii
6.「ファイナンスから見た多角化戦略」(共著)
『一橋ビジネスレビュー』 2003年春号 120-131頁 2003年 学術雑誌
7.Does Diversification Strategy Create or Destroy Value?(共著)
Hitotsubashi Journal of Commerce and Management 39巻1号31-43頁 2004年 学術雑誌
HERMES-IRCiNii
8.「ディスクロージャー戦略と資本市場」(共著)
『一橋ビジネスレビュー』 2004年春号 90-107頁 2004年 学術雑誌
CiNii
9.「多角化企業のバリュエーション -ファンダメンタルズと投資戦略による分析」(共著)
『証券アナリストジャーナル』 2004年1月号 80-93頁 2004年 学術雑誌
CiNii
10.企業価値創造のマネジメント(共著)
一橋ビジネスレビュー 2004巻6号98-113頁 2004年 学術雑誌
11.研究開発投資と企業価値の関連性 -日本の化学産業における実証分析-(共著)
経営財務研究 24巻2号133-146頁 2005年 学術雑誌
12.残余利益バリュエーション -月次データを用いた実証分析-(共著)
会計プログレス 6号17-33頁 2005年 学術雑誌
13.無形資源と競争優位性・リスクの分析 -日米におけるdouble-edged sword 仮説の検証-
会計 168巻6号56-70頁 2005年 学術雑誌
14.「株式価値評価モデルの比較分析 -残余利益モデル・DCFモデル・経済付加価値モデル-」(共著)
『証券アナリストジャーナル』 98-110頁 2006年 その他
15.研究開発投資と株式価値の関係性:グローバル研究
伊藤邦雄編著 「無形資産の会計」 中央経済社 357-375頁 2006年 単行本
ISBN 978-4502265303
16.「研究開発活動の会計学」
『企業会計』 2008年 学術雑誌
CiNii
17.「利益率格差構造の国際比較研究」
『一橋ビジネスレビュー』 55巻4号78-92頁 2008年 学術雑誌
CiNii
18.新潮流としてのマクロ実証会計
証券アナリストジャーナル 55巻8号47-51頁 2017年 学術雑誌
ISSN 0287-7929
19.マクロ利益と株価とGDP
税経通信 72巻4号147-153頁 2017年 学術雑誌
20.マクロ会計とマクロ経済
会計 191巻1号40-48頁 2017年 学術雑誌
21.What Explains Widening Profitability Dispersion Around the World?(共著)
Hitotsubashi Journal of Commerce and Management 50巻1号23-46頁 2016年 学術雑誌
22.利益・リターン関係の「ミクロ・マクロ・パズル」(共著)
企業会計 68巻4号70-75頁 2016年 学術雑誌
23.集約レベルの会計情報とマクロ経済(共著)
企業会計 68巻3号125-131頁 2016年 学術雑誌
24.貸倒引当金の保守性と利益評価(共著)
横浜経営研究 36巻3・4号33-54頁 2016年 学術雑誌
25.マクロ実証会計研究の可能性(共著)
企業会計 68巻2号97-101頁 2016年 学術雑誌
26.GDP成長率の将来予測における会計利益情報の有用性(共著)
金融研究(日本銀行) 35巻1号1-29頁 2016年 学術雑誌
27.The effect of classification shifting on the analyst forecast accuracy; evidence from Japan(共著)
Hitotsubashi Journal of Commerce and Management 49巻1号25-35頁 2015年 学術雑誌
28.「会計上の保守主義が企業の投資水準・リスクテイク・株主価値に及ぼす影響」(共著)
『金融研究』(日本銀行, Bank of Japan) 34巻1号99-146頁 2015年 学術雑誌
29.「買入暖簾の市場評価とコーポレート・ガバナンス」(共著)
『産業経理』 74巻4号32-44頁 2015年 学術雑誌
30.日本企業の現金保有決定要因分析: 所有構造と取締役特性の視点から(共著)
日本企業研究のフロンティア 9巻55-67頁 2013年 学術雑誌
ISBN 9784641299559
31.Foreign ownership and firm performance: evidence from Japan’s electronics industry(共著)
Applied Financial Economics 23巻1号41-50頁 2013年 学術雑誌
32.What do Smoothed Earnings Tell Us about the Future?(共著)
The Japanese Accounting Review 2巻1-34頁 2012年 学術雑誌
CiNii
33.「利益平準化行動がアナリスト予想と固有株式リターン・ボラティリティに及ぼす影響」(共著)
『金融研究』 (日本銀行) 31巻4号175-214頁 2012年 学術雑誌
34."Board size and corporate risk-taking: Further evidence from Japan"(共著)
Corporate Governance: An International Review 20巻4号369-387頁 2012年 学術雑誌
doi
35.「利益持続性と利益調整行動」(共著)
『一橋商学論叢』 6巻1号15-29頁 2011年 大学紀要
ISBN 978-4-561-57081-3

翻訳

1.(翻訳)『リスクマネジメント』 原著:RISK MANAGEMENT(Crouhy,Michel;Galai,Dan;Mark,Robert)(共訳)
担当:第2章「新しい規制と企業環境」 共立出版 37-77頁 2004年
ISBN 978-4320017610
2.(翻訳)『技術価値評価』 原著:Boer, P., The Valuation of technology -Business and Financial Issues in R&D- New York, NY: John Wiley & Sons, Inc. 1999(共訳)
担当:第5章「DCF法を用いて価値を測定する」 日本経済新聞社 2004年
ISBN 978-4532132590

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.日本公認会計士協会学術賞2010年07月
2.企業家研究フォーラム賞 (著書部門)2008年07月
3.日本会計研究学会学会賞2006年09月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.Conservative Loan Loss Allowance and Bank Lending(Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues)
2016年11月Maui, Hawaii, USA
2.統一論題報告 「マクロ会計とマクロ経済」(日本会計研究学会全国大会)
2016年09月静岡グランシップ
3.Conservative Loan Loss Allowance and Bank Lending(American Accounting Association Annual Meeting)
2016年08月New York, USA.
4.Conservative Loan Loss Allowance and Bank Lending(European Accounting Association 39th. Annual Congress)
2016年05月マーストリヒト、オランダ
5.Does Acquiring Firm's Growth Opportunity Affect the Market Valuation of Goodwill?(26th Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues)
2014年10月Taipei
6.Effecfts of Accounting Conservatism on Corporate Investment Levels, Risk Taking, and Shareholder Value(Joint Conference of 26th Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues and 2014 ACCOUNTING THEORY AND PRACTICE CONFERENCE)
2014年10月Taipei
7.Cash Holdings and Earnings Persistence(26th Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues)
2014年10月Taipei
8.統一論題報告 「会計研究のイノベーション」(日本会計研究学会 全国大会)
2013年09月中部大学
9.Board Vintage and risk-taking(European Accounting Association 36th. Annual Congress)
2013年05月Paris, France
10.Does reliance on foreign markets make a difference?(24th. Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues)
2012年10月マウイ島
11.Quality of Smoothed Earnings -Persistence and Dividend Policy-(American Accounting Association Annual Meeting)
2012年08月ワシントンDC
12.Do older boards affect firm performance? : An empirical analysis based on Japanese firms(The 2012 Asian Finance Association Annual Meeting)
2012年07月台北
13."Quality of Smoothed Earnings -Persistence and Dividend Policy-" (European Accounting Association)
2012年05月Ljubljana, Slovenia
14. "Do older boards affect firm performance? : An empirical analysis based on Japanese firms" (19th. Conference on the Theories and Practices of Securities and Financial Markets)
2011年12月Kaohsiung, Taiwan
15. "Do older boards affect firm performance? : An empirical analysis based on Japanese firms"(The Sixth. Annual Conference on Asia-Pacific Financial Markets)
2011年12月Seoul, Korea
16."Quality of Smoothed Earnings -Persistence, Predictability, and Dividend Policy?" (23rd. Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues)
2011年10月Beijing, China
17.「利益平準化と利益の質 -経営者意識の視点から-」(日本会計研究学会 年次大会)
2011年09月久留米大学
18."What Explains Widening Profitability Dispersion around the World?"(European Accounting Association 34th. Annual Congress)
2011年04月Rome, Italy
19."Board size and corporate risk-taking" (2011 Financial Management Association Asian Conference)
2011年04月Queenstown, New Zealand
20.“The Accounting and Non-Accounting Factors Effect on Macro Profitability Dispersion.”(American Accounting Association, Annual Meeting)
2010年08月USA, San Francisco
21."International Comparison of Profitability Dispersion."(20th. Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues)
2008年11月Paris, France
22."Does R&D Increase Shareholder's Value?"(Asian Academic Accounting Association, 7th. Annual Conference)
2006年09月Sydney, Australia
23.「R&D投資と企業価値の関係性:グローバル研究」(日本会計研究学会)
2005年09月関西大学
24.「Intangibilityと競争優位性」(日本会計研究学会)
2005年09月関西大学
25.「エクイティ・バリュエーションと残余利益モデル」(日本ファイナンス学会、特別セッション「会計情報と証券市場」における招待講演.)
2005年06月横浜国立大学
26."R&D Investments' Effect on Shareholders' Value."(European Accounting Association 28th. Annual Congress)
2005年05月Gothenberg, Sweden.
27."Corporate Diversification Effect on Firm Value: Evidence from Japan."(16th. Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues)
2004年11月Seoul, Korea.
28.「R&D投資と収益性・企業価値の関係性」(日本会計研究学会)
2004年09月中央大学
29.「残余利益バリュエーション -月次データによる実証分析-」(日本会計研究学会)
2004年09月中央大学

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.日本企業の会計行動・リスクテイク行動と会計数値特性に関する総合的研究
その他のサイト
基盤研究(C)2014年度~2016年度
2.企業業績格差の国際比較研究
その他のサイト
基盤研究(C)2008年度~2012年度
3.会計情報を用いた企業価値評価のダイナミズム
その他のサイト
若手研究(B)2005年度~2007年度
4.退職給付会計の理論的・実証的研究
その他のサイト
若手研究(B)2002年度~2004年度
5.企業年金会計の理論的・実証的研究
その他のサイト
奨励研究(A)2000年度~2001年度
6.企業年金会計の比較制度的・実証的研究
その他のサイト
奨励研究1998年度~1999年度
7.企業年金会計の理論的・実証的研究
その他のサイト
奨励研究1996年度

共同研究希望テーマ

NO共同研究希望テーマ共同研究実施形態産学連携協力可能形態キーワード
1.コーポレート・ファイナンス理論の実務への応用可能性産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する共同研究企業財務、CFO

共同研究・受託研究の実績

NO研究題目共同研究区分研究期間研究内容
1.会計情報を用いた資本市場研究国内共同研究2013年度~
2.日本企業の多角化戦略と企業価値国内共同研究2001年度~2005年度日本企業の事業セグメントデータを用いて、多角化企業の価値評価・計量分析を実施。
前のページへ戻る