社会学研究科
中野 知律(ナカノ チヅ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.『ユリイカ(特集:プルースト)』(共著)
「語り手の枕頭の書」 - 4194-203頁 2001年
ISBN 978-4791700721
2.『女と男の時空』(共著)
「〈娘の学校〉-〈知〉の性差の社会的再生産」 藤原書店 6529-572頁 1997年
3.『ジェンダーから世界を読む』(共著)
「ジェンダーと〈知〉-〈知〉の陰画ネガあるいはフランス中等教育の曙」 明石書店 96-120頁 1996年
ISBN 978-4750307961
4.『フランス文学を旅する60章』(共著)
『失われた時を求めて』の夢想の地図 明石書店 231-235頁 2018年
ISBN 978-4-7503-4702-8
5.『個人的なことと政治的なこと−−− ジェンダーとアイデンティティの力学』 (共著)
ベル・エポックを駆け抜ける−−−自転車に乗る女たちの物語 彩流社 277-297頁 2017年
ISBN 978-4-7791-2318-4
6.『<生表象>の近代』(共著)
「花咲く乙女たち」の作文教育 水声社 191-207頁 2015年
ISBN 978-4-8010-0133-6
7.『プルーストと創造の時間』
名古屋大学出版会 2013年
8.Proust. Face à l'héritage au XIXe siècle
Presses Sorbonne Nouvelle 2012年
9.Proust aux brouillons(共著)
Écrire contre Sainte-Beuve au lendemain de son centenaire Brepols 2011年
10.『ジェンダー表象の政治学−−−ネーション、階級、植民地』(共著)
「フランスの国民的料理と女たち」 彩流社 2011年
11.Marcel Proust 7(共著)
La Naissance d'un héros impuissant à écrire Mirant 2009年
12.『ジェンダーから世界を読む II』(共編著)
明石書店 2008年
13.Marcel Proust, Cahier 54(共編著)
Brepols, Bibliothèque nationale de France 2008年
ISBN 9782503516738
14.Index général de la Correspondance de Marcel Proust(共著)
Presses de l'université de Kyoto 1998年
15.固有名詞調査に基づく『プルースト書簡集』の総合的研究(共著)
ー 1998年

研究論文

1.Le destin en éclipse de l'avant-dernier volume d' À la recherche du temps perdu
Bulletin Marcel Proust(Société des amis de Marcel Proust) 40号108-116頁 1990年 学術雑誌
2.Un cataclysme romanesque dans le Cahier 'Babouche(s)'
Bulletin d'informations proustiennes 1996年 その他
3.<娘の学校>――<知>の性差の社会的再生産
シリーズ 女と男の時空 6 2000年 学術雑誌
ISBN 978-4894342019
4.菩提樹の記憶−−−『失われた時を求めて』における「復活」のモチーフ
ステラ 36号145-164頁 2017年 大学紀要
ISSN 0916-6599
5.« Proust et la nouvelle critique anti-littéraire au tournant du siècle »
Littera 2号5-19頁 2017年 学術雑誌
ISSN 2424-0842
6.プルーストと「フェミナ」誌
言語文化 52巻17-34頁 2016年 学術雑誌
7.『囚われの女』の第3の朝−−−「パリの物売りの声」の生成
STELLA 34号167-188頁 2015年 学術雑誌
ISSN 0916-6599
8.『囚われの女』の室内画
ステラ 九州大学フランス語フランス文学研究会 33巻 2014年 学術雑誌
9.『シクスティーヌ』、あるいは世紀末小説の鏡
言語社会 5巻170-191頁 2011年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
10.Proust lecteur de Henry Bordeaux : Sainte-Beuve retrouvé?
Bulletin d'Informations proustienes, Presses de l'École Normale supérieure 40巻 2010年 学術雑誌
11.サント= ブーヴの後世
言語文化 46巻3-21頁 2009年 大学紀要
ISSN 0435-2947HERMES-IRCiNii
12.アンリ・ボルドーに逆らって
言語文化 45巻49-69頁 2008年 大学紀要
ISSN 0435-2947HERMES-IRCiNii
13.Le Cahier 54 : fil conducteur de la métamorphose d'Albertine
Bulletin d'informations proustiennes, Presses de l' École normale supérieure 38巻 2008年 学術雑誌
14.マルセル・プルーストの修行時代
一橋大学研究年報. 人文科学研究 43巻171-291頁 2006年 大学紀要
ISSN 0441-0009HERMES-IRCiNii
15.<書けない主人公>の系譜学
言語文化 40巻3-20頁 2003年 大学紀要
ISSN 0435-2947HERMES-IRCiNii
16.文学教養 : 十九世紀末フランスにおいて作家になるということ
一橋大学研究年報. 社会学研究 41巻271-317頁 2003年 大学紀要
ISSN 0559-7102HERMES-IRCiNii
17.『ジャン・サントゥイユ』から『失われたときを求めて』へ : 書けない主人公(ヒーロー)の誕生
一橋大学研究年報. 人文科学研究 37巻53-107頁 1999年 大学紀要
ISSN 0441-0009HERMES-IRCiNii
18.『失われた時を求めて』の語り手の枕頭の書
一橋論叢 121巻3号454-471頁 1999年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
19.ノルマンディーのプルースト巡礼 : 夢想の地図の工房
言語文化 35巻33-51頁 1998年 大学紀要
ISSN 0435-2947HERMES-IRCiNii
20.大聖堂, あるいは時空間構築の習得 : プルーストはいかにしてプルーストとなったか
言語文化 34巻3-19頁 1997年 大学紀要
ISSN 0435-2947HERMES-IRCiNii
21.一九九六年のプルースト : プルースト研究はどこへ行く?
一橋論叢 118巻3号522-529頁 1997年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
22.アルベルチーヌ論争 : プルーストの死後刊行部分におけるエディション概念の揺らぎについて
一橋大学研究年報. 人文科学研究 33巻223-264頁 1996年 大学紀要
ISSN 0441-0009HERMES-IRCiNii
23.L'episode de Martinville ou un tournant dans le theme de la vocation creatrice
Hitotsubashi journal of arts and sciences 33巻1号59-69頁 1992年 大学紀要
ISSN 0073-2788HERMES-IRCiNii
24.作家はいつ書き終えるか
一橋論叢 108巻3号479-501頁 1992年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
25.Un reliquat inédit pour l'histoire d' Albertine
Bulletin d'informations proustiennes, Presses de l' École normale supérieure 21号75-82頁 1990年 学術雑誌

翻訳

1.『ミシェル・フーコー思考集成』(共訳)
距たり・アスペクト・起源 筑摩書房 1998年
2.『プルースト全集 別巻』(共訳)
『囚われの女』におけるパリの物売りの声と氷菓の欲望 筑摩書房 1999年
3.『事典・プルースト博物館』(共訳・編)
筑摩書房 1-537頁 2002年
ISBN 978-4480836397
4.翻訳:ジュリア・クリステヴァ『プルースト-感じられる時』
筑摩書房 497485-496頁 1998年
ISBN 978-4480836342
5.翻訳:マリー・デュリュ=ベラ『娘の学校-性差の社会的再生産-』
藤原書店 350-357頁 1993年
ISBN 978-4938661687

その他

1.(書評)真屋和子『プルースト的絵画空間』
『図書新聞』 2011年 学術雑誌
2.(書評)吉川一義『プルーストと絵画』
日本フランス語フランス文学会 Cahier 2010年 学術雑誌
3.口頭発表(仏語による)「『ジャン・サントゥイユ』-放棄された小説の教訓-」
国際シンポジウム「境界なきプルースト」京都大学主催,関西日仏学院・東京都立大学協賛 2003年 その他
4.シンポジウム「伝統とモデルニテの諸問題」東京大学・フランス学術研究センター共催(口頭発表)1996
- 1996年 その他

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.« Proust et la nouvelle critique anti-littéraire au tournant du siècle »(Colloque international « Porust et la critique »)
2016年12月京都大学
2.Parodier Sainte-Beuve ou comment conjurer la tentation d'un "roman génétique"(Colloque : Proust face à l'héritage du XIXe siècle : Filiations et ruptures)
2010年11月京都日仏会館
3.Écrire contre Sainte-Beuve au lendemain de son centenaire : quel sens donner à ce genre?(Colloque : Proust en son temps : contextes culturels d'une genèse romanesque)
2009年04月Maison franco-japonaise (Tokyo)
4.Sainte-Neuve retrouvé !... ou Proust lecteur d'Henry Bordeaux(Colloque : Genèse, édition, interprétation : les Brouillons de Proust)
2008年03月

共同研究・受託研究の実績

NO研究題目共同研究区分研究期間研究内容
1.「固有名詞調査に基づく『プルースト書簡集』の総合的研究」(文部省科学研究費補助金総合研究A 分担者)1996-98年;その成果として、Index general de la Correspondance de Marcel Proustをまとめる(Presses de l' Universite de Kyotoより1998年に刊行)国内共同研究1996年度~1998年度
前のページへ戻る