社会学研究科
堂免 隆浩(ドウメン タカヒロ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.社会を<モデル>でみる――数理社会学への招待
勁草書房 2004年

研究論文

1.行政と地域おこし協力隊とのパートナーシップによる公共サービスの供給―尾鷲市の定住移住事業を事例として―(共著)
計画行政 42巻4号47-54頁 2018年 学術雑誌
2.市民による管理運営を前提とした遊休公共用地の活用:持続的な多目的広場を実現させる市民グループの特性および条件
一橋社会科学 9巻1-23頁 2017年 大学紀要
HERMES-IR
3.練馬区立みんなの広場公園におけるサッカーゴール設置およびサッカー利用許可の成立条件 練馬区まちづくり条例における施設管理型:まちづくり計画に基づく住民による公園管理
都市計画論文集 50巻2号202-209頁 2015年 学術雑誌
その他のサイト
4.震災復興計画におけるコミュニティ政策―自治的コミュニティとガバナンスの可能性―
計画行政 37巻3号59-62頁 2014年 学術雑誌
ISSN 0387-2513CiNii
5.住環境保全を目的とした自主ルールの実効性を高める住民組織の取り組み―行政指導を変化させた町田市における建築協約を事例として―
日本建築学会計画系論文集 75巻658号2907-2915頁 2010年 学術雑誌
CiNii
6.住環境保全を目的とした住民自治組織による紛争予防の取り組み : 玉川学園地域における近隣住民と建築主等を仲介する事例を対象として
一橋社会科学 2巻47-73頁 2010年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
7.国立大学通り訴訟地裁判決・高裁判決における行為管理権認定を元にした自発的な景観維持の社会的正当性の要因に関する研究(共著)
日本都市計画学会都市計画論文集 41巻2号481-486頁 2006年 学術雑誌
CiNii
8.田園調布地区における街並み崩壊の社会的ジレンマ性と違反行為をコントロールする仕組みに関する研究(共著)
(社)日本都市計画学会都市計画論文集 39巻1号41-49頁 2004年 学術雑誌
CiNii
9.セルフ・オーガナイズド・コレクティブ・チョイス理論から見たまちづくり協定の正当性及び実効性に関する研究(共著)
(社)日本都市計画学会都市計画別冊都市計画論文集 37巻331-336頁 2002年 学術雑誌
CiNii

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.日本環境共生学会学位賞2005年10月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.なぜ公園でボール遊びが禁止されるのか(2)―首長の否定的姿勢,および,トラブルの存在に着目して―(数理社会学会第68回全国大会)
2020年09月熊本県立大学
2.公園の維持管理が行政以外の団体に委託される要因―効率化、管理能力、支援、自治基本条例に着目して―(日本計画行政学会第42回全国大会)
2020年09月徳島文理大学
3.地域における観光と生活の調和:観光客の無制限な増加に対する是非(日本計画行政学会第13回若手研究交流会)
2020年03月東邦大学
4.社会福祉を支える地域の条件:世田谷区ぬくぬくハウスを事例とし(日本計画行政学会第13回若手研究交流会)
2020年03月東邦大学
5.カフェ併設型公園の運営における協議会の役割:事業者・地域住民・行政が参加する「南池袋公園をよくする会」を事例として(日本計画行政学会第13回若手研究交流会)
2020年03月東邦大学
6.なぜ公園でボール遊びが禁止されるのか ―ボール使用者のマナー遵守と行政の運営管理に着目して―(数理社会学会第67回大会)
2019年03月立命館大学
7.Why Grassroots Groups Result in Different Consequences of Contribution to Local Public Goods?: A Case Study of Maintenance of Public Squares in Japan(XIX ISA World Congress of Sociology)
2018年07月Metro Toronto Convention Centre
8.地方への移住者における移住決定要因―石川県を事例として(日本計画行政学会・社会情報学会共催第12回若手研究交流会)
2018年03月東京工業大学
9.生活防災を実施する地域組織の継続要因:加古川グリーンシティ防災会を事例として(日本計画行政学会・社会情報学会共催第12回若手研究交流会)
2018年03月東京工業大学
10.多様な利用を受け入れる秩序とルールの自発的形成―ボール遊びを許可しているくすのき第1児童遊園を事例として―(日本計画行政学会・社会情報学会共催第12回若手研究交流会)
2018年03月東京工業大学
11.公的集会施設の地域コミュニティへの移譲―宮城県登米市における一括移譲の条件―(日本計画行政学会第40回全国大会)
2017年09月青山学院大学
12.空き家選別政策に基づく空き家利活用―長野県佐久市における空き家バンクを事例として―(日本計画行政学会・社会情報学会共催第11回若手研究交流会)
2017年03月一橋大学
13.未利用公共用地を活用した多目的広場における管理運営の持続可能性(日本計画行政学会第39回全国大会)
2016年09月関西学院大学
14.火山防災計画と広域連携(第1回防災推進国民会議)
2016年08月東京大学
15.Who Should Maintain Unused Public Lands? : To Foster Citizens' Behaviours Based on Private and Local Needs in Order to Overcome Public Issues on the Japanese Context(Third ISA Forum of Sociology)
2016年07月The University of Vienna
16.地域問題における街づくり協議会の調整機能―世田谷区太子堂2・3丁目地区を事例として―(日本計画行政学会・社会情報学会共催第10回若手研究交流会)
2016年03月青山学院大学
17.コミュニティシネマが果たす地域貢献―川崎市アートセンターと深谷シネマの事例から―(日本計画行政学会・社会情報学会共催第10回若手研究交流会)
2016年03月青山学院大学
18.市民による未利用公共用地の管理運営(日本計画行政学会第38回全国大会)
2015年09月名古屋工業大学
19.保護すべき自生種の有無がもたらす公園管理形態の違い(日本計画行政学会第9回若手研究交流会)
2015年03月東京工業大学
20.スポーツもできる多目的広場における管理の多様性―西文ひろばと徳力みんなの広場の比較研究―(日本計画行政学会第9回若手研究交流会)
2015年03月東京工業大学
21.市民によるコミュニティガーデンの運営と行政の姿勢ー川崎市内の事例―(日本計画行政学会第9回若手研究交流会)
2015年03月東京工業大学
22.施設管理型地区まちづくり計画に基づく練馬区立みんなの広場公園でのサッカー利用の許可条件(日本計画行政学会第37回全国大会)
2014年09月一橋大学
23.Associations as Quasi-Public Bodies in Japan: Cases of Maintenance and Management of Public Lands(the XVIII ISA World Congress of Sociology)
2014年07月パシフィコ横浜
24.商店街とNPO法人に協働による社会貢献活動に関する研究(日本計画行政学会関東支部第8回若手研究交流会)
2014年03月学習院大学
25.住環境保全を目的とした自主ルールおよび条例に基づく事前協議の比較(日本計画行政学会全国大会)
2011年09月中央大学
26.住民の自由な公園管理に対する行政の許容に関する研究―くさっぱら公園を事例として―(日本計画行政学会関東支部第5回若手研究交流会)
2011年03月電気通信大学
27.日暮里繊維街における地域活性化戦略についての考察(日本計画行政学会関東支部若手研究交流会)
2010年03月一橋大学
28.犯罪抑止のための青色防犯灯の効果に関する研究( 日本計画行政学会関東支部若手研究交流会)
2010年03月一橋大学
29.都市空間における位置選択:相対的パーソナルスペースに着目した待ち合わせ行動(日本計画行政学会関東支部若手研究交流会)
2010年03月一橋大学
30.Self-Organized Collective Choice理論に基づく地域公共主体の再検討(日本計画行政学会全国大会)
2001年09月北九州大学
31.住民主体のまちづくりにおける地域的公共性に関する研究(日本計画行政学会全国大会)
2000年09月広島大学
32.TMOのマネジメント機能に関する研究─組織類型と収益・リスク指向性に着目して(日本建築学会全国大会)
2000年09月日本大学

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.多元的価値と公共政策が両立する日本型市民社会の成立条件
基盤研究(C)2016年度~2019年度
2.都市公共財の維持に対する正当性認識に基づくコミュニティ・ガバナンスの成立条件
その他のサイト
若手研究(B)2011年度~2014年度
3.コミュニティ・ガバナンスによる持続可能な都市形成に関する比較実証研究
その他のサイト
若手研究(B)2009年度~2010年度
前のページへ戻る