経営管理研究科経営管理専攻
福川 裕徳(フクカワ ヒロノリ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.監査の質に対する規制(共著)
国元書房 2021年
ISBN 978-4-7658-0572-8
2.学部生のための企業分析テキスト(共著)
創成社 2020年
ISBN 978-4-7944-1555-4
3.財務諸表監査(共著)
国元書房 2015年
ISBN 978-4-7658-0563-6
4.北村敬子編著『財務報告における公正価値測定』(共著)
経営者による見積りに関する監査人の判断への影響要因:不正リスクおよび見積りの不確実性の影響についての実験研究 中央経済社 335-356頁 2014年
ISBN 978-4-502-09840-6
5.監査判断の実証分析
国元書房 2012年
ISBN 978-4-7658-0557-5
6.千代田邦夫・鳥羽至英(責任編集)『会計監査と企業統治』(体系現代会計学第7巻)(共著)
監査人による「関連性」への関与の類型化 中央経済社 191-222頁 2011年
ISBN 978-4-502-44530-9
7.安藤英義編著『会計学論考 -歴史と最近の動向-』(共著)
監査人の外見的独立性に対する影響要因 中央経済社 135-153頁 2007年
ISBN 978-4502274800

研究論文

1.Effects of audit partners on clients’ business risk disclosure(共著)
Accounting and Business Research 2017年 学術雑誌
ISSN 0001-4788
2.Auditors’ risk Assessments: The effects of elicitation approach and assertion framing(共著)
Behavioral Research in Accounting 28巻2号75-84頁 2016年 学術雑誌
ISSN 1050-4753
3.監査人の保守性・知識と「事業等のリスク」の開示内容
経済経営研究 36巻7号93-118頁 2016年 学術雑誌
ISSN 03890015
4.定性情報としてのゴーイング・コンサーン情報開示の実態
経済経営研究 36巻7号119-143頁 2016年 学術雑誌
ISSN 03890015
5.監査法人内の人的ネットワークと職業的懐疑心
會計 187巻2号84-96頁 2015年 学術雑誌
ISSN 03872963
6.Assessing the risk of fraud at Olympus and identifying an effective audit plan(共著)
The Japanese Accounting Review 4巻1-25頁 2014年 学術雑誌
ISSN 2185-4785
7.監査人の専門知識に関するフレームワーク:組織の知識と個人の知識
経理研究(中央大学経理研究所) 57巻503-512頁 2014年 大学紀要
ISSN 0387-303XCiNii
8.Japan’s Big 3 firms’ response to clients’ business risk: Greater audit effort or higher audit fees?(共著)
International Journal of Auditing 17巻2号190-212頁 2013年 学術雑誌
ISSN 1099-1123
9.Auditors' Evidence Evaluation and Aggregation Using Beliefs and Probabilities(共著)
International Journal of Approximate Reasoning 53巻2号190-199頁 2012年 学術雑誌
ISSN 0888-613X
10.Exploring the Role of Context on the Auditor’s Client Risk Assessments and Audit Planning(共著)
Managerial Auditing Journal 27巻7号543-565頁 2011年 学術雑誌
ISSN 0268-6902
11.Audit Pricing and Cost Strategies of Japanese Big 3 Firms
International Journal of Auditing 15巻2号109-126頁 2011年 学術雑誌
ISSN 1099-1123
12.Client Risk Factors and Audit Resource Allocation Decisions(共著)
Abacus 47巻1号85-108頁 2011年 学術雑誌
ISSN 1467-6281
13.Audit risk assessments using belief versus probability(共著)
Auditing: A Journal of Practice & Theory 30巻1号75-99頁 2011年 学術雑誌
ISSN 0278-0380
14.監査人の外観的独立性
會計 174巻1号47-59頁 2008年 学術雑誌
ISSN 03872963
15.監査実務におけるリスク・アプローチの展開 -従来型リスク・アプローチからビジネスリスク・アプローチへ-
産業経理 66巻1号83-92頁 2006年 学術雑誌
ISSN 02874288CiNii
16.Audit Program Plans and Audit Risk: A Study of Japanese Practice(共著)
International Journal of Auditing 10巻1号41-65頁 2006年 学術雑誌
ISSN 1099-1123
17.監査人による財務情報の目的適合性への関与の類型化
『経営と経済』(長崎大学経済学会) 85巻3号281-306頁 2006年 大学紀要
ISSN 02869101CiNii
18.監査が保証する財務諸表の質 -目的適合性の保証と情報提供の論理-
会計プログレス(日本会計研究学会) 4号46-58頁 2003年 学術雑誌
CiNii
19.財務諸表の信頼性 -会計における意味と監査における意味-
経営と経済(長崎大学経済学会) 82巻3号177-200頁 2002年 大学紀要
ISSN 02869101CiNii
20.アメリカ監査報告実務における説明区分の意義 -ゴーイング・コンサーン問題および訴訟に関する未確定事項にかかる説明区分を題材として-
産業経理 60巻4号66-74頁 2001年 学術雑誌
ISSN 02874288CiNii
21.イギリスにおける監査人のコーポレート・ガバナンスへの関与
経営と経済(長崎大学経済学会) 79巻3号79-109頁 1999年 大学紀要
ISSN 02869101CiNii
22.ゴーイング・コンサーン監査と『真実かつ公正な概観』
企業会計 50巻8号124-130頁 1998年 学術雑誌
ISSN 0386-4448CiNii
23.監査における会計基準と監査人の判断
一橋論叢 118巻5号750-767頁 1997年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii

翻訳

1.SEC会計監査執行通牒 1982年−1985年
国元書房 2018年
ISBN 978-4-7658-0568-1
2.ティモシー・B・ベル,マーク・E・ピーチャー,アイラ・ソロモン著『21世紀の公開会社監査 KPMG監査手法の概念的枠組み』(共訳)
国元書房 2010年
ISBN 978-4765805537

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.Best Paper Award2014年11月
2.日本公認会計士協会学術賞2014年05月
3.日本会計研究学会 太田・黒澤賞2013年09月
4.Best Paper Award2007年07月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.記録の信頼性に対する新技術の影響(日本簿記学会第34回全国大会)
2018年08月
2.A Comparison of Management and Auditor Going Concern Risk Disclosure: Evidence from Regulatory Change in Japan(American Accounting Association Annual Meeting)
2017年08月San Diego, USA
3.監査法人内の人的ネットワークと職業的懐疑心(日本会計研究学会第73回大会)
2014年09月
4.Personal knowledge of audit partners and organizational knowledge of audit firms and the impact on audit fees(American Accounting Association Annual Meeting)
2013年08月Anaheim, USA
5.Personal knowledge of audit partners and organizational knowledge of audit firms and the impact on audit fees(International Symposium on Audit Research)
2013年06月Sydney, Australia
6.Audit firm switch and engagement partner continuance(American Accounting Association Annual Meeting)
2012年08月Washington D.C.
7.Audit firm switch and engagement partner continuance(International Symposium on Audit Research)
2012年06月東京
8."Japanese Big 3 firms’ response to clients’ business risk: Greater audit effort or higher fees?" (co-authored with H. Kim)(Taiwan Accounting Association, 2010 Accounting Theory and Practice Conference)
2010年12月
9."Audit pricing and cost strategies of Japanese Big 3 firms"(2009 American Accounting Association Annual Meeting)
2009年08月
10.リスク評価方法が監査人の判断に与える影響(日本監査研究学会第30回東日本部会)
2008年07月専修大学
11."Auditors' Assessment of Evidence and Its Aggregation over Multiple Assertions"(with T. J. Mock)(2007 American Accounting Association Annual Meeting)
2007年08月Chicago (USA)
12."Auditors' Assessment of Evidence and Its Aggregation over Multiple Assertions" (with T. J. Mock)(2007 International Conference on Business and Information)
2007年07月Tokyo (Japan)
13."Auditors' Assessment of Evidence and Its Aggregation over Multiple Assertions" (with T. J. Mock)(2007 International Symposium on Audit Research)
2007年06月Shanghai (China)
14."Audit Judgments Using Belief versus Probability Assessment" (with T. J. Mock)(2006 International Symposium on Audit Research)
2006年06月Sydney (Australia)
15."Client Risk Factors and Audit Resource Allocation Decisions" (with T. J. Mock and A. Wright)(2005 American Accounting Association Annual Meeting)
2005年08月San Francisco (USA)
16."Audit Program Plans and Audit Risk: A Study of Japanese Practice" (with T. J. Mock and A. Wright)(2004 American Accounting Association Annual Meeting)
2004年08月Orlando (USA)
17."Audit Program Plans and Audit Risk: A Study of Japanese Practice" (with T. J. Mock and A. Wright)(2004 International Symposium on Audit Research)
2004年07月Maastricht (the Netherlands)

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.監査関連国際基準の設定への利害関係者の関与と基準のインプリメンテーションとの関係
基盤研究(C)2020年度~
2.経営者によるゴーイング・コンサーン情報の開示と監査人によるそれへの関与
基盤研究(C)2017年度~2019年度
3.監査法人内の知識共有とそれが監査の質に与える影響に関する研究
その他のサイト
基盤研究(C)2014年度~2016年度
4.監査人による関連性への関与とその評価に関する研究
その他のサイト
基盤研究(C)2011年度~2013年度
5.監査人によるリスク評価への影響要因に関する実験研究
その他のサイト
若手研究(B)2008年度~2010年度
6.監査人の外見的独立性への影響要囚:財務情報利用者と監査人の視点からの実験研究
その他のサイト
若手研究(B)2005年度~2007年度
7.公認会計士監査,監査役監査および内部監査の関係と相互影響
その他のサイト
若手研究(B)2002年度~2003年度
8.職業専門家たる監査人のコーポレート・ガバナンスにおける役割の国際比較
その他のサイト
奨励研究(A)2000年度~2001年度
前のページへ戻る