経済学研究科
堀 雅博(ホリ マサヒロ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

研究論文

1.「高齢者の遺産動機と貯蓄行動:日本の個票データを用いた実証分析」(共著)
『経済分析』 200号11-36頁 2019年 学術雑誌
ISSN 0453-4727その他のサイト
2."Housing Wealth Effects in Japan: Evidence Based on Household Micro Data,"(共著)
he B.E. Journal of Economic Analysis & Policy 2019年 学術雑誌
ISSN 1935-1682doi
3.“The Effect of Inheritance Receipt on Individual Labor Supply: Evidence from Japanese Microdata,”(共著)
Japan and the World Economy 49巻176-186頁 2019年 学術雑誌
ISSN 0922-1425doi
4."The intra-family division of bequests and bequest motives: empirical evidence from a survey on Japanese households,"(共著)
Journal of Population Economics 32巻1号309-346頁 2019年 学術雑誌
ISSN 1432-1475doi
5."Is there a retirement consumption puzzle in Japan? Evidence from a household panel dataset spanning several years,"(共著)
Applied Economics 51巻16号1784 -1798頁 2019年 学術雑誌
ISSN 1466-4283doi
6.「為替レートと企業業績―企業レベルのパネルデータによる分析 」(共著)
『デフレと戦う―金融政策の有効性 レジーム転換の実証分析』(安達誠司・飯田泰之編) 133-161頁 2018年 単行本
ISBN 978-4532134846
7."The incidence of the tuition-free high school program in Japan,"(共著)
Education Economics 26巻1号93-108頁 2018年 学術雑誌
ISSN 1469-5782doi
8.「高齢化とマクロ投資比率-国際パネルデータを用いた分析」(共著)
『経済分析』 195号115-133頁 2017年 学術雑誌
ISSN 04534727 その他のサイト
9.「企業内部の高齢化が設備投資に与える影響-日本企業の財務パネルデータを用いた分析」(共著)
『経済分析』 195号135-157頁 2017年 学術雑誌
ISSN 0453-4727その他のサイト
10."Do the Rich Save More in Japan? Evidence Based on Two Micro Datasets for the 2000s,"(共著)
The Japanese Economic Review 67巻4号474-494頁 2016年 学術雑誌
ISSN 1468-5876doi
11."New Evidence on Intra-Household Allocation of Resources in Japanese Households,"(共著)
The Japanese Economic Review 67巻1号77-95頁 2016年 学術雑誌
ISSN 1468-5876doi
12.「短期日本経済マクロ計量モデル」の位置づけと役割(共著)
経済分析 190号85-92頁 2016年 学術雑誌
ISSN 0453-4727その他のサイト
13."Match-Rigging in Professional Sumo: Elucidation of Incentive Structures and Empirical Analysis,"(共著)
The Japanese Political Economy 40巻2号91-125頁 2015年 学術雑誌
ISSN 2329-1958その他のサイト
14."The Run on Daily Foods and Goods after the 2011 Tohoku Earthquake: A Fact Finding Analysis Based on Homescan Data,"(共著)
The Japanese Political Economy 40巻1号69-113頁 2014年 学術雑誌
ISSN 2329-194Xdoi
15."Intergenerational Transfers and Asset Inequality in Japan: Empirical Evidence from New Survey Data,"(共著)
Asian Economic Journal: Journal of the East Asian Economic Association 28巻1号41-62頁 2014年 学術雑誌
ISSN 1467-8381doi
16."How Does the First Job Matter for an Individual’s Career Life in Japan?"(共著)
Journal of the Japanese and International Economies 29巻154-169頁 2013年 学術雑誌
ISSN 0889-1583doiHERMES-IR
17."Inflation Expectations of Japanese Households: Micor Evidence from a Consumer Confidence Survey,"(共著)
Hitotsubashi Journal of Economics 54巻1号17-38頁 2013年 大学紀要
ISSN 0018-280xHERMES-IR
18.「大相撲『八百長』の誘因構造と実証分析」(共著)
『経済研究』 64巻2号132-146頁 2013年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
19.「退職一時金の実態とその規定要因:世帯アンケートの個票を用いた実証分析」(共著)
『経営と制度』 11号1-17頁 2013年 大学紀要
ISSN 13491180その他のサイト
20."Cost of Myanmar’s multiple exchange rate regime,"(共著)
The Journal of International Trade & Economic Development 22巻2号209-233頁 2013年 学術雑誌
ISSN 09638199doi
21."Changes in the Japanese Employment System in the Two Lost Decades,"(共著)
ILRReview: The Journal of Work and Policy 65巻4号810-846頁 2012年 学術雑誌
ISSN 0019-7939doi
22.「年功賃金制の劣化と生涯所得―ねんきん定期便の個人履歴情報に基づく分析」(共著)
『年金と経済』 31巻3号61-70頁 2012年 その他
ISSN 13472178
23."Do households smooth expenditure over anticipated income changes? Evidence from bonus payments to public employees in Japan,"(共著)
Journal of the Japanese and International Economies 26巻3号405-433頁 2012年 学術雑誌
ISSN 0889-1583doiHERMES-IR
24.「低成長と日本的雇用慣行ー年功賃金と終身雇用の補完性を巡って」(共著)
『日本労働研究雑誌』 611号26-37頁 2011年 学術雑誌
その他のサイト
25."Did Japan’s Shopping Coupon Program Increase Spending?"(共著)
Journal of Public Economics 94巻7-8号523-529頁 2010年 学術雑誌
ISSN 0047-2727doi
26."The Impact of Globalization on Economic Development in Myanmar,"(共著)
in Globalization and Economic Development in the Mekong Economies (Suiwah Leung, Ben Bingham, and Matt Davies ed.) Edward Elgar publishers, UK, 2010年 単行本
ISBN 978-1-848-44482-9
27."Do Depositors Respond Rationally to Bank Risks? Evidence from Japanese Banks in the Crisis,"(共著)
Pacific Economic Review 14巻5号581-592頁 2009年 学術雑誌
ISSN 1468-0106doi
28.「アジアの発展と日本経済:外需動向・為替レートと日本の国際競争力」
『マクロ経済と産業構造』 バブル/デフレ期の日本経済と経済政策1(内閣府・経済社会総合研究所 企画監修、深尾京司編)第6章 177-208頁 2009年 単行本
ISBN 978-4-7664-1674-9その他のサイト
29."The Response of Household Expenditure to Anticipated Income Changes: Bonus Payments and the Seasonality of Consumption in Japan,"(共著)
B.E. Journal of Macroeconomics 9/1,Article34 2009年 学術雑誌
ISSN 1935-1690 doi
30."Are Tax Cuts Effective Even in Anticipation of A Future Tax Increase? Evidence from Japan’s Unique Episodes in the 1990s,"(共著)
Singapore Economic Review 52巻2号167-177頁 2007年 学術雑誌
ISSN 1793-6837doi
31."Did Japanese Consumers Become More Prudent During 1998-1999? Evidence from Household-Level Data,"(共著)
International Economic Journal 20巻2号197-209頁 2006年 学術雑誌
ISSN 1743-517Xdoi
32."Do Small Depositors Exit from Bad Banks? Evidence from Small Financial Institutions in Japan,"(共著)
Japanese Economic Review 57巻2号260-278頁 2006年 学術雑誌
ISSN 1468-5876doi
33."Price Expectations and Consumption under Deflation: Evidence from Japanese Household Survey Data,"(共著)
International Economics and Economic Policy 2巻2号127-151頁 2005年 学術雑誌
ISSN 1612-4804その他のサイト
34."Does Bank Liquidation Affect Client Firm Performance? Evidence from a bank failure in Japan,"
Economics Letters 88巻3号415-420頁 2005年 学術雑誌
ISSN 0165-1765doi
35.「ボーナス制度と家計貯蓄率:サーベイ・データによる再検証」(共著)
『経済研究』 56巻3号234-247頁 2005年 学術雑誌
HERMES-IR
36.「中小企業金融円滑化策と倒産・代位弁済の相互関係:2変量固定効果モデルによる都道府県別パネル分析」(共著)
『経済分析』 176号4-17頁 2005年 学術雑誌
その他のサイト
37."Consumer Response to the 1994 Tax Cut: Evaluating Japan's First Tax Cut in the 1990s,"(共著)
Hitotsubashi Journal of Economics 46巻1号85-97頁 2005年 大学紀要
ISSN 0018280XHERMES-IR
38.「カールソン・パーキン法によるインフレ期待の計測と諸問題」(共著)
『経済分析』 175号167-173頁 2005年 学術雑誌
ISSN 0453-4727その他のサイト
39.「都道府県別・業種別にみた1990年代以降の中小企業向け貸出市場:どこに問題があったのか」(共著)
『経済論集』 30巻2号17-36頁 2005年 大学紀要
ISSN 0385-0358
40."Asset Holding and Consumption: Evidence from Japanese Panel Data in the 1990s,"(共著)
Seoul Journal of Economics 17巻2号153-179頁 2004年 学術雑誌
ISSN 1225-0279その他のサイト
41.「どうすればデフレ期待を反転できるか? 国民生活モニター調査(個票)による検証」(共著)
『経済分析』 172号60-79頁 2004年 学術雑誌
ISSN 04534727その他のサイト
42.「マクロ計量モデルにおける乗数推定値の精度:確率的シミュレーションによる評価」(共著)
『経済分析』 171号69-83頁 2003年 学術雑誌
ISSN 04534727その他のサイト
43.「銀行取引関係の経済的価値:北海道拓殖銀行破綻のケーススタディー」(共著)
『経済分析』 169号24-49頁 2003年 学術雑誌
ISSN 04534727その他のサイト
44.「財政政策か金融政策か:素朴なマクロ時系列分析による素描」(共著)
『デフレ不況の実証分析』(原田泰・岩田規久男編) 第3章 41-73頁 2002年 単行本
ISBN 978-4-492-39387-1
45.「銀行破綻とマクロ経済:アメリカ大恐慌と拓銀破綻の経験から」
『デフレ不況の実証分析』(原田泰・岩田規久男編)第6章 121-144頁 2002年 単行本
ISBN 978-4-492-39387-1
46.「世界大恐慌と金融政策:国際比較による接近」
『デフレ不況の実証分析』(原田泰・岩田規久男編)第9章 195-215頁 2002年 単行本
ISBN 978-4-492-39387-1
47.「大恐慌期のデフレーションとその終焉:歴史に見るデフレーションからの脱却」
『フィナンシャル・レビュー』 64号86-109頁 2002年 学術雑誌
ISSN 09125892その他のサイト
48.「相対価格調整とデフレーション」 (共著)
『エコノミックス』 7巻51-59頁 2002年 その他
ISBN 978-4-492-81557-1
49.「銀行破綻と企業倒産:拓銀破綻と北海道企業」
『国際社会科学』 52号1-14頁 2002年 大学紀要
ISSN 1348-2793
50.「財務データによる倒産判別分析:与信先デフォルト確率計算の一手法として」(共著)
『クレジット研究』 26号50-68頁 2001年 学術雑誌
ISSN 0918-8029
51.「短期日本経済マクロ計量モデル:基本構造と乗数分析」(共著)
『経済分析』 157号17-63頁 1998年 学術雑誌
ISSN 0453-4727その他のサイト
52.「公共投資乗数の変化とマクロ計量モデル」(共著)
『経済分析』 157号65-97頁 1998年 学術雑誌
ISSN 0453-4727その他のサイト
53.「世帯構成の変化と家計貯蓄率:核家族を想定した世代重複モデルによるシミュレーション分析」(共著)
『経営と経済』 77巻3号89-123頁 1997年 大学紀要
ISSN 02869101その他のサイト
54."The Great Depression and the Gold Standard - An expository example of Cliometrics,"
『経営と經濟』 76巻3号39-90頁 1996年 大学紀要
ISSN 02869101その他のサイト
55."New Evidence on the Causes and Propagation of the Great Depression,"
A dissertation submitted to the University of California at Berkeley 1996年 その他
56.「VARモデルは本当に景気循環の分析に有効なのか―モンテカルロシミュレーションによる批判的検討」
『ESP: Economy Society Policy』 279号75-82頁 1995年 その他
57.「金融政策と日本経済」(共著)
『経済分析』 128号 1993年 学術雑誌
その他のサイト
58.「第4次版EPA世界経済モデル-基本構造と乗数分析-」(共著)
『経済分析』 124号1-203頁 1991年 学術雑誌
その他のサイト
59.「EPA世界経済モデルの構造と財政政策の効果」(共著)
『経済分析』 114号 1989年 学術雑誌
ISSN 04534727その他のサイト

翻訳

1.デビッド・ローマー著『上級マクロ経済学』(第三版)(岩成博夫、南條隆と共訳)(原書名:Romer, David (2006), Advanced Macroeconomics, third edition, The McGraw-Hill.)
日本評論社 1-775頁 2010年
ISBN 978-4-535-55493-1
2.デビット・ローマー著『上級マクロ経済学』(初版) (岩成博夫、南條隆と共訳)(原書名:Romer, David (1996), Advanced Macroeconomics, first edition, The McGraw-Hill.)
日本評論社 1-625頁 1998年
ISBN 978-4-535-55104-6

その他

1.「経済教室:消費増税に何が必要か(下) 『政争の具』の悪弊脱却を 国民の理解専門家も責任」
『日本経済新聞』 2018年 その他
その他のサイト
2.「『日本経済と経済政策に係る国民一般及び専門家の認識と背景に関する調査』について:調査の概要と簡易集計結果の紹介」(共著)
『経済分析』 197号144-185頁 2018年 学術雑誌
ISSN 0453-4727その他のサイト
3.「短期日本経済マクロ計量モデル(2015年版)」の構造と乗数分析(共著)
経済分析 190号69-84頁 2016年 学術雑誌
ISSN 0453-4727その他のサイト
4.「『家計調査』個票をベースとした世帯年間消費支出額の推計:推計手順と例示的図表によるデータ紹介」(共著)
『経済分析』 190号93-128頁 2016年 学術雑誌
ISSN 0453-4727その他のサイト
5.「『家計調査』個票をベースとした世帯保有資産額の推計:推計手順と例示的図表によるデータ紹介」(共著)
『経済分析』 189号63-95頁 2015年 学術雑誌
ISSN 0453-4727その他のサイト
6.「経済教室:ノーベル経済学賞の系譜―知見活用へ新分野を開拓」
『日本経済新聞』 2012年 その他
その他のサイト
7.「経済教室:変わる日本型雇用システム上―『年功賃金』崩壊、若年に重荷」
『日本経済新聞』 2012年 その他
その他のサイト
8.「我が国世帯における資産の世代間移転と資産格差:アンケート調査の個票を用いた実証分析」(共著)
『季刊個人金融』 6巻2号27-36頁 2011年 その他
ISSN 1881-4778
9.「『家族関係、就労、退職金及び教育・資産の世代間移転に関する世帯アンケート調査』の概要」(共著)
『経済分析』 184巻141-167頁 2011年 学術雑誌
ISSN 0453-4727その他のサイト
10.「百年に一度の危機と大恐慌」
『ESP:Economy Society Policy』 2009年 その他
その他のサイト
11.「『日本の経験』と世界経済危機」
『ESP: Economy Society Policy』 2009年 その他
12."Can Asia Decouple? Investigating Spillovers from the United States to Asia,"(共著)
Asia and Pacific Regional Economic Outlook?World Economic and Financial Survey 27-40頁 2008年 その他
その他のサイト
13.“Intraregional Trade Key to Asia’s Export Boom,”(共著)
IMF Survey MAGAZINE 37巻3号45頁 2008年 その他
その他のサイト
14.「ミャンマー経済:その現状と体制の桎梏―マクロ経済の視点から―」
『ESP: Economy Society Policy』 427号58-64頁 2007年 その他
15."The Evolution of Trade in Emerging Asia,"
Asia and Pacific Regional Economic Outlook?World Economic and Financial Survey 41-53頁 2007年 その他
その他のサイト
16."The Evolving Nature of Capital Flows in Emerging Asia,"(共著)
Asia and Pacific Regional Economic Outlook?World Economic and Financial Survey 28-49頁 2007年 その他
その他のサイト
17."Comment: The Impacts of ‘Shock Therapy’ under A Banking Crisis: Experiences from Three Large Bank Failures in Japan,"
Japanese Economic Review 57巻2号257-259頁 2006年 学術雑誌
ISSN 1468-5876doi
18.「護送船団方式の終焉と預金者行動:信金・信組のパネルデータによる検証」(共著)
『ESP: Economy Society Policy』 390号60-64頁 2004年 その他
19.「銀行機能低下元凶説は説得力を持ち得るか」(共著)
『論争 日本の経済危機:長期停滞の真因を解明する』(浜田宏一・堀内昭義編)第8章 245-272頁 2004年 単行本
ISBN 978-4-532-13271-2
20.「流動性の罠と金融政策の有効性―計量モデルによるシミュレーション分析―」
『金融』 669号 2002年 その他
21.「一時的な収入の増加は消費拡大につながるか―振興券と特別減税―」
『財経詳報』 2311号21-25頁 2002年 その他
ISSN 1342-5153
22.「一時的需要喚起策と我が国家計の消費行動ー地域振興券と98年特別減税」(共著)
『ESP: Economy Society Policy』 365号35-39頁 2002年 その他
23.「大恐慌と大戦の悲劇を生んだ金融政策の誤りを日本は学べ」(共著)
『週刊ダイヤモンド』 90巻20号48-51頁 2002年 その他
24.「シンクタンクの目:是か非かインフレターゲティングーデフレの本質カギ、需要減響く」(共著)
『日本工業新聞』 2002年 その他
25.「平成不況と経済対策―『短期日本経済マクロ計量モデル』によるCounter Factual Simulation」(共著)
『エコノミック・リサーチ』 5巻1-16頁 1999年 その他
ISSN 13442589
26.「日米両国の対外収支調整はどの程度進展したか」
『日本財政経済研究月報』 36巻3号17-23頁 1989年 その他

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.「消費税が世帯の消費行動や世帯間格差に与える影響についての実証的研究」
基盤研究(C)2019年度~2021年度
2.「主観的認識が家計の金融経済行動に与える影響とその経済学的含意」
基盤研究(B)2018年度~2021年度
3.「ミクロ・データを用いた我が国世帯の経済行動と政策効果に関する研究」
基盤研究(A)2011年度~2013年度
前のページへ戻る