経営管理研究科経営管理専攻
本多 俊毅(ホンダ トシキ)

書籍等出版物

1. MBAチャレンジ金融・財務 (共著)
本多 俊毅, 一橋大学大学院国際企業戦略研究科金融戦略, 経営財務コ (分担執筆)
中央経済社 2017年3月 (ISBN:9784502217814)
その他のサイト
2. 巨大銀行はなぜ破綻したのか --- プロセスとその対策
本多 俊毅 (単訳)
NTT出版 2011年1月
3. 債券ポートフォリオの計量分析
本多 俊毅 (単訳)
東洋経済新報社 2010年1月
4. クレジットリスク ---評価・計測・管理--- (共訳)
本多俊毅, 上村昌司 (共訳)
共立出版 2009年1月
5. 企業価値評価と意思決定
本多 俊毅 (単著)
東洋経済新報社 2005年4月
6. コーポレートファイナンス入門―企業価値向上の仕組み : 企業価値向上の仕組み (共著)
本多 俊毅, 野間 幹晴 (共著)
共立出版 2005年4月 (ISBN:4320096355)
7. 『バイアウトファンド-ファンドによる企業価値向上の手法』 (共著)
松木 伸男, 大橋 和彦 (共著)
中央経済社 2004年4月
8. ファイナンスのための計量分析 (共訳)
祝迫 得夫, 大橋 和彦, 中村 信弘, 本多 俊毅, 和田 賢治 (共訳)
共立出版 2003年1月
9. 資産価格の理論 (共訳)
山崎昭, 大橋和彦, 桑名陽一, 本多俊毅 (共訳)
創文社 1998年1月

▼全件表示

論文

1. Implied Ambiguity: Mean-Variance Inefficiency and Pricing Errors (共著) (査読有り)
原千秋, 本多 俊毅
Management Science 2021年4月
2. Banks, IPO underwriting, and allocation in Japan (共著) (査読有り)
Takato Hiraki, Toshiki Honda, Akitoshi Ito, Ming Liu
Journal of Economics and Business 116巻106005頁 2021年3月
doi
3. 株式リターンの歪度と長期的な資産形成
本多 俊毅
証券アナリストジャーナル 58巻3号53-58頁 2020年3月
4. 投資信託ファンドのパフォーマンスと運用規模 (共著)
西内翔, 本多俊毅, 宮川大介
信託研究奨励金論集 40号104-114頁 2019年11月
5. 65年目のポートフォリオ選択理論 (査読有り)
本多 俊毅
現代ファイナンス 40巻1号1-24頁 2019年1月
doi
6. 公的年金制度における給付削減策の延期オプション (査読有り)
本多 俊毅
現代ファイナンス 39巻39号31-53頁 2017年11月
doi
7. 資産価格分析と確率論
本多 俊毅
数理科学 652号51-58頁 2017年10月
8. 「顧客本位」のファクター投資戦略
本多 俊毅
証券アナリストジャーナル 55巻2号49-54頁 2017年2月
その他のサイト
9. 資産運用の高度化
本多 俊毅
証券アナリストジャーナル 53巻1号68-73頁 2015年1月
10. Risk-Return Analysis: The Theory and Practice of Rational Investing
本多 俊毅
証券アナリストジャーナル 53巻1号102-104頁 2015年1月
その他のサイト
11. ベンチマーク・インデックスの多様化と資産運用
本多 俊毅
証券アナリストジャーナル 52巻10号3-5頁 2014年10月
その他のサイト
12. インデックスを用いた株式市場と株式投資信託の分析 (共著)
本多俊毅, 元利大輔
証券アナリストジャーナル 51巻11号7-16頁 2013年11月
その他のサイト
13. Risk and Return in Japanese Equity Market (査読有り)
本多 俊毅
Public Policy Review 9巻3号515-530頁 2013年9月
14. リスクとリターン (査読有り)
本多 俊毅
フィナンシャル・レビュー 3号54-76頁 2013年1月
15. Dynamic Optimal Pension Fund Portfolios when Risk Preferences Are Heterogeneous among Pension Participants (査読有り)
Toshiki Honda
INTERNATIONAL REVIEW OF FINANCE 12巻3号329-355頁 2012年9月
doi
16. マクロ経済と公的年金財政 —公的年金積立金運用の視点から— (査読有り)
本多 俊毅
『現代ファイナンス』 32巻55-85頁 2012年1月
17. 株式市場インデックスの再検討 (共著) (査読有り)
本多俊毅, 高橋克典
証券アナリストジャーナル 49巻12号91-101頁 2011年12月
その他のサイト
18. On the Verification Theorem of Dynamic Portfolio-Consumption Problems with Stochastic Market Price of Risk (共著) (査読有り)
本多 俊毅
Asia-Pacific Financial Markets 18巻2号151-166頁 2011年5月
doi その他のサイト
19. 低リスク運用としての最少分散ポートフォリオ
本多 俊毅
証券アナリストジャーナル 48巻11号61-65頁 2010年11月
その他のサイト
20. 公的年金における資産・負債管理と積立金運用 (査読有り)
本多 俊毅
『現代ファイナンス』 26巻25-47頁 2009年1月
21. 長期的な企業特性とバリュー・小型株効果
本多 俊毅
証券アナリストジャーナル 46巻5号113-120頁 2008年1月
22. 資本構成と株式リターン (共著) (査読有り)
本多 俊毅, 八並 純子
経済研究 58巻3号217-230頁 2007年7月
その他のサイト
23. 機関投資家の運用評価と報酬のあり方 (共著)
大橋和彦, 本多俊毅
証券アナリストジャーナル 44巻1号54-63頁 2006年1月
その他のサイト
24. Optimal portfolio choice for unobservable and regime-switching mean returns (査読有り)
T Honda
JOURNAL OF ECONOMIC DYNAMICS & CONTROL 28巻1号45-78頁 2003年10月
doi その他のサイト
25. 確率的な金利変動と最適アセットアロケーション (共著) (査読有り)
本多 俊毅, 本多 俊毅
『現代ファイナンス』 14号3-22頁 2003年4月
26. 「ボラティリティ変動リスクと動学的最適ポートフォリオ問題」
本多 俊毅
金融の新しい流れ 日本評論社 261-281頁 2002年4月
27. 「マルチファクター・モデルにおける動学的最適ポートフォリオ」
本多 俊毅
資産運用の最先端理論 13-38頁 2002年4月
28. 「多期間モデルの視点から考えたアセット・アロケーション」 (査読有り)
本多 俊毅
証券アナリストジャーナル 40巻2号60-71頁 2002年2月
その他のサイト
29. Optimal Bond Portfolio for Investors with Long Time Horizons (共著) (査読有り)
Toshiki Honda, Ryuji Fukaya
Asia-Pacific Financial Markets 8巻4号291-320頁 2001年
doi その他のサイト
30. 投資機会が変動する場合の最適ポートフォリオについて (査読有り)
本多 俊毅
『現代ファイナンス』 6巻19-45頁 1999年1月

▼全件表示

MISC

1. 株式市場におけるリスク・リターンとアセットアロケーション (特集 低ボラティリティ運用と政策アセットミックス)
本多 俊毅
Mizuho pension report = みずほ年金レポート 109号7-22頁 2014年
その他のサイト
2. ON THE VERIFICATION THEOREM OF CONTINUOUS-TIME OPTIMAL PORTFOLIO PROBLEMS WITH STOCHASTIC MARKET PRICE OF RISK (Mathematical Economics)
本多 俊毅, 上村 昌司
数理解析研究所講究録 1443巻144-150頁 2005年7月
その他のサイト その他のサイト
3. 書評 Campbell J. Y. and L. M. Viceira, Strategic Asset Allocation: Portfolio Choice for Long-Term Investors キャンベル・J・Y/L・M・ヴィセイラ 『戦略的アセット・アロケーション』--長期運用におけるポートフォリオ選択
本多 俊毅
経済研究 55巻1号88-90頁 2004年1月
その他のサイト その他のサイト

講演・口頭発表等

No. 会議名 開催・発表年月日 開催地
1. Asset Size Performance and Flows: Evidence from Japanese Mutual Funds(2019 ANNUAL MEETING OF THE ASIAN FINANCE ASSOCIATION)
開催年月日:
発表年月日: 2019年07月07日
ベトナム
2. Asset Size Performance and Flows: Evidence from Japanese Mutual Funds(日本経済学会2019年度春季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2019年06月08日
武蔵大学
3. 日本ファイナンス学会会長講演「65年目のポートフォリオ選択理論-学ぶべきか、学ばざるべきか」(日本ファイナンス学会)
開催年月日:
発表年月日: 2017年06月03日
千葉工業大学

受賞

No. 賞名 受賞年月
1. 2016年度ジャフィー論文賞 2017年1月
2. 丸淳子研究奨励賞 2013年6月

共同研究・競争的資金等の研究課題

No. 研究題目 研究種目(提供機関・制度) 研究期間
1. 階層的ボラティリティ・共歪度・共分散の資産価格への影響の分析
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2021年4月 ~ 2024年3月
2. 高次モーメント(ボラティリティ・スキューネス)を用いた資産価格と投資運用の分析
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2018年4月 ~ 2021年3月
3. 金融市場・マクロ経済の構造変化分析と資産選択
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2013年4月 ~ 2016年3月
4. 金融・資産市場の相互依存関係と、その資産運用・リスク管理への影響
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2010年 ~ 2012年
5. 資産運用ポートフォリオの分析-新しい投資機会・投資手法のリスク特性
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2007年 ~ 2009年
6. 最適な証券デザイン及び金融契約に関する理論・実証分析
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2005年 ~ 2006年
7. 企業の事業戦略・資金調達の分析と企業価値・信用リスクの統一的評価手法の研究
その他のサイト
若手研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2004年4月 ~ 2007年3月
8. リアルオプション・アプローチによる企業、事業評価に関する理論的・実証的研究
その他のサイト
若手研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2001年4月 ~ 2003年3月
9. 新しいリスクのデリバティブと管理手法の開発-電力・天候・保険リスクを中心として-
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2001年 ~ 2002年
10. 年金運用に関しての理論的・実証的研究
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
1999年 ~ 2001年
11. 派生証券取引の拡大が経済へもたらす影響の理論的・実証的分析
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
1996年 ~ 1998年

▼全件表示