経済学研究科経済理論・経済統計専攻
蓼沼 宏一(タデヌマ コウイチ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.Consistency of Solutions for Social Decision Problems,Ph. D. Dissertation
University of Rochester 1989年
2.Rational Choice and Social Welfare: Theory and Applications(共編著)
Springer 2008年
3.幸せのための経済学――効率と衡平の考え方
岩波書店 2011年
ISBN 978-4005006885

研究論文

1.Dual Axiomatizations of the Core and the Anti-Core
Hitotsubashi University RUEE Working Paper 90巻41号 1990年 その他
2.Duality Relationships between the Core and the Anti-Core of NTU Games
Hitotsubashi University RUEE Working Paper 90巻42号 1990年 その他
3.No-Envy and Consistency in Economies with Indivisible Goods(共著)
Econometrica 59巻6号1755-1767頁 1991年 学術雑誌
4.Reduced Games, Consistency, and the Core
International Journal of Game Theory 20巻4号325-334頁 1992年 学術雑誌
5.The Fair Allocation of an Indivisible Good when Monetary Compensations Are Possible(共著)
Mathematical Social Sciences 25巻2号117-132頁 1993年 学術雑誌
6.Games of Fair Division(共著)
Games and Economic Behavior 9巻2号191-204頁 1995年 学術雑誌
7.Refinements of the No-Envy Solution in Economies with Indivisible Goods(共著)
Theory and Decision 39巻2号189-206頁 1995年 学術雑誌
8.Trade-Off Between Equity and Efficiency in a General Economy with Indivisible Goods
Social Choice and Welfare 13巻4号445-450頁 1996年 学術雑誌
9.Implementable Stable Solutions to Pure Matching Problems(共著)
Mathematical Social Sciences 35巻2号121-132頁 1998年 学術雑誌
10.Informational Requirements for Social Choice in Economic Environments(共著)
Discussion Paper Series No. 2000-07, Graduate School of Economics, Hitotsubashi University 2000年 学術雑誌
11.Envy-Free Configurations in the Market Economy(共著)
Discussion Paper Series No. 2001-07, Graduate School of Economics, Hitotsubashi University 2001年 学術雑誌
12.The Fundamental Theorems of Welfare Economics in a Non-Welfaristic Approach(共著)
Project on Intergenerational Equity Discussion Paper Series No. 48, Institute of Economic Research, Hitotsubashi University 2002年 学術雑誌
13.Efficiency-First or Equity-First? Two Principles and Rationality of Social Choice
Journal of Economic Theory 104巻2号462-472頁 2002年 学術雑誌
14.International Negotiations for Reducing Greenhouse Gases with Emission Permits Trading
Project on Intergenerational Equity Discussion Paper Series No. 191, Institute of Economic Research, Hitotsubashi University 2003年 学術雑誌
15.Arrovian Aggregation in Economic Environments: How Much Should We Know About Indifference Surfaces?(共著)
Journal of Economic Theory 124巻1号22-44頁 2005年 学術雑誌
16.The Informational Basis of the Theory of Fair Allocation(共著)
Social Choice and Welfare 24巻2号311-341頁 2005年 学術雑誌
17.Egalitarian-Equivalence and the Pareto Principle for Social Preferences
Social Choice and Welfare 24巻445-473頁 2005年 学術雑誌
18.Do Irrelevant Commodities Matter?(共著)
Econometrica 75巻1143-1174頁 2007年 学術雑誌
19.The Byzantine Empire as Comparative Economic System : A Review on Yasuhiro Otsuki, Empire and Charity, Byzantium(Tokyo, Sobunsha Publishers, 2005)
Mediterranean world = 地中海論集 18巻319-322頁 2006年 学術雑誌
ISSN 1343-9644HERMES-IR
20.Equity and Efficiency in Overlapping Generations Economies(共著)
John Roemer and Kotaro Suzumura (eds.), Intergenerational Equity and Sustainability,International Economic Association Conference Volume, Palgrave, 143号20-35頁 2007年 単行本
21.Normative Approaches to the Issues of Global Warming: Responsibility and Compensation(共著)
John Roemer and Kotaro Suzumura (eds.), Intergenerational Equity and Sustainability,International Economic Association Conference Volume, Palgrave 143号320-336頁 2007年 単行本
22.Choice-Consistent Resolutions of the Efficiency-Equity Trade-Off
P. K. Pattanaik, K. Tadenuma, Y. Xu, and N. Yoshihara (eds.), Rational Choice and Social Welfare: Theory and Applications,Springer 119-138頁 2008年 単行本
23.Lexicographic Compositions of Multiple Criteria for Decision Making(共著)
Journal of Economic Theory 144巻1770-1782頁 2009年 学術雑誌
24.Partnership, Solidarity, and Minimal Envy in Matching Problems
Marc Fleurbaey, Maurice Salles, and John Weymark (eds.), Social Ethics and Normative Economics: Essays in Honour of Serge-Christophe Kolm, Springer 155-167頁 2011年 単行本
ISBN 978-3-642-17806-1
25.Extensions of the Fundamental Welfare Theorems in a Non-welfaristic Framework(共著)
Hitotsubashi Journal of Economics 53巻1号107-120頁 2012年 大学紀要
ISSN 0018-280xHERMES-IR
26.Partnership-Enhancement and Stability in Matching Problems
Review of Economic Design 17巻2号151-164頁 2013年 学術雑誌
27.Universal Social Orderings: An Integrated Theory of Policy Evaluation, Inter-Society Comparisons, and Interpersonal Comparisons(共著)
Review of Economic Studies 81巻3号1071-1101頁 2014年 学術雑誌
ISSN 0034-6527doi
28.Distributions of the Budget Sets: An Axiomatic Analysis(共著)
Social Choice and Welfare 48巻1号221-237頁 2017年 学術雑誌
ISSN 0176-1714doi
29.社会的選択と公正
一橋論叢 105巻4号475-484頁 1991年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IR
30.段階的交渉とゲームの解対応の整合性
三田学会雑誌 85巻3号452-466頁 1992年 学術雑誌
31.効率と衡平: Fairness-as-No-Envy Approach
日本経済研究センター研究報告 86号111-134頁 1996年 その他
32.現代経済学における公平性の基準
季刊社会保障研究 33巻3号240-251頁 1997年 学術雑誌
33.介護サービスと地方分権制度
石弘光編 『国と地方の役割分担』 (第8章)  科学研究費補助金研究成果報告書 1999年 その他
34.公共政策の評価基準-効率性の改善と衡平性の改善
フィナンシャル・レビュー 53号105-128頁 2000年 大学紀要
35.地球温暖化抑制政策の規範的基礎(共著)
一橋大学経済研究所 Project on Intergenerational Equity Discussion Paper Series 1号 2000年 その他
36.地球温暖化緩和への国際交渉―ゲーム論的分析
経済研究 55巻1号26-37頁 2004年 学術雑誌
HERMES-IR
37.地球温暖化問題における効率・衡平・交渉
(今井晴雄・岡田章編『ゲーム理論の応用』所収)勁草書房 173-206頁 2005年 単行本
38.比較経済システムとしてのビザンツ―大月康弘著『帝国と慈善 ビザンツ』を読んで
『創文』創文社 482号10-13頁 2005年 その他
39.重複世代経済における衡平性と効率性(共著)
(鈴村興太郎編『世代間衡平性の論理と倫理』所収)東洋経済新報社 59-80頁 2006年 単行本
40.地球温暖化の厚生経済学(共著)
(鈴村興太郎編『世代間衡平性の論理と倫理』所収)東洋経済新報社 107-135頁 2006年 単行本
41.公共政策の情報的基礎
東京国際大学論叢 39巻47-62頁 2008年 大学紀要
42.オリンピック開催地の決定にみる効率と公正
『経済セミナー』4・5月号 37-41頁 2013年 学術雑誌

翻訳

1.『社会的選択と厚生経済学ハンドブック』翻訳、第3章(共著)
丸善 153-197頁 2006年

その他

1.効率と公正
日本経済新聞 2001/11/28-2001/12/5 2001年 その他
2.合理的に「選ぶ」こと、社会的に「選ぶ」こと
Hitotsubashi Quarterly 12号20-21頁 2006年 その他

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.「公正」をどう扱い、どう教えるか ―― 法と経済の関連(法と教育学会 :「公正」をどう扱い、どう教えるか ―― 法と経済の関連)
2014年09月つくば市、茨城県
2.An Axiomatization of the Distribution of the Budget Sets(The 14th SAET Conference on Current Trends in Economics)
2014年08月Tokyo, Japan
3.Choice via Grouping Procedures(The 12th Meeting of the Society for Social Choice and Welfare)
2014年07月Boston, MA, U.S.A.
4.Choice via Grouping Procedures(Conference in Honor of William Thomson)
2014年07月Rochester, NY, U.S.A.
5.Choice by Grouping Procedures(Bounded Rationality in Choice: Theory, Application, Welfare and Experiments, Two day workshop)
2013年07月St. Andrews, U.K.
6.Compositions of Two Rational Choice Functions: An Axiomatic Approach(The Annual Meeting of the Southern Economic Association)
2010年11月アメリカ合衆国,アトランタ
7.Partnership Enhancement and Stability in Matching Problems(The 10th International Meeting of the Society for Social Choice and Welfare, The Higher School of Economics)
2010年07月ロシア,モスクワ
8.Axiomatizations of Compositions of two Choice Criteria(The 6th International Conference on Logic, Game Theory and Social Choice)
2009年08月日本,筑波大学
9.Universal Social Orderings(The 2009 Far East and South Asia Meeting of the Econometric Society)
2009年08月日本,東京大学
10.Universal Social Orderings(New Directions in Welfare: The Oxford 2009 Conference for Economists)
2009年06月~2009年07月U.K., Oxford University
11.Universal Social Orderings(Workshop on Economic Theory 2009)
2009年05月日本,一橋大学
12.Lexicographic Compositions of Multiple Criteria for Decision Making(社会的選択・厚生経済学会第9回世界大会)
2008年06月カナダ,モントリオール
13.Lexicographic Compositions of Two Criteria for Decision Making(社会的選択理論と厚生経済学に関する日仏セミナー)
2007年10月フランス,カーン
14.Lexicographic Compositions of Two Criteria for Decision Makings: Rationality and Order Independence(論理・ゲーム理論・社会的選択に関する第5回国際会議)
2007年06月スペイン,ビルバオ
15.Partnership, Solidarity, and Minimal Envy in Matching Problems(社会的倫理と規範的経済学:セルジュ・クリストファ・コルム教授記念会議)
2007年05月フランス,カーン
16.Rationality of the Lexicographic Composition of Two Criteria(合理的選択、個人的権利および非厚生主義的規範経済学に関する国際会議)
2006年03月日本,一橋大学
17."Do Irrelevant Commodities Matter? "(第11回ディセントラライゼィション・コンファレンス)
2005年09月日本,法政大学
18.Do Irrelevant Commodities Matter?(アジア・ディセントラライゼイション・コンファレンス)
2005年05月大韓民国,ソウル国立大学
19.A Normative Approach to the Problem of Global Warming: Responsibility and Compensation(国際経済学会連合円卓会議)
2005年03月日本,箱根
20.Equity and Efficiency in an Overlapping Generations Economy(社会的厚生と集団的決定に関する国際会議)
2005年03月United Kingdom, University of Oxford
21."International Negotiations for Reducing Greenhouse Gases with Emission Permits Trading. "(日本経済学会)
2004年09月日本,岡山大学
22.International Negotiations for Reducing Greenhouse Gases with Emission Permits Trading(社会的選択・厚生経済学会第7回世界大会)
2004年07月日本,大阪大学
23.International Negotiations for Reducing Greenhouse Gases with Emission Permits Trading(公共経済学への厚生主義的・非厚生主義的アプローチに関する国際会議)
2004年03月Belgium, University of Ghent
24.The Fundamental Theorems of Welfare Economics in a Non-Welfaristic Approach(社会的選択・厚生経済学会第6回世界大会)
2002年07月U.S.A., California Institute of Technology
25.Informational Requirements for Social Choice in Economic Environments(日本経済学会)
2000年09月日本,大阪府立大学
26.Informational Requirements for Social Choice in Economic Environments(社会的選択・厚生経済学会第5回世界大会)
2000年07月Spain, University of Alicante

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.複数の評価基準の下での合理的・限定合理的選択
基盤研究(B)2012年度~2014年度
2.選択機会への選好・評価を包摂する消費者理論の構築
基盤研究(B)2009年度~2011年度
3.重複世代経済における資源配分の世代間衡平性と効率性
基盤研究(B)2006年度~2008年度

共同研究・受託研究の実績

NO研究題目共同研究区分研究期間研究内容
1.科学研究費補助金基盤研究B「重複世代経済における資源配分の世代間衡平性と効率性」国内共同研究2006年度~2008年度
2.科学研究費補助金基盤研究S「ゲーム理論のフロンティア:理論と応用」国内共同研究2007年度~2012年度
3.グローバルCOEプラグラム「社会科学の高度統計・実証分析拠点構築」国内共同研究2007年度~2012年度
4.科学研究費補助金基盤研究A「ゲーム理論のフロンティア」国内共同研究2004年度~2007年度
5.21世紀COEプログラム「現代経済システムの規範的評価と社会的選択」国内共同研究2003年度~2007年度
6.科学研究費特定領域研究「世代間利害調整」国内共同研究2000年度~2004年度
7.経済制度と社会規範国際共同研究1998年度~2001年度
前のページへ戻る