商学研究科
越智 博美(オチ ヒロミ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.ジェンダーにおける「承認」と「再分配」——格差、文化、イスラーム(共著)
彩流社 2015年
ISBN
2.モダニズムの南部的瞬間—アメリカ南部詩人と冷戦
研究社 2012年
ISBN 978-4-327-48160-5
3.中野知律、越智博美編 『ジェンダーから世界を読むII』 (共著)
マッチョ・ヒーローの誕生——男性性の再編成と文学表象 明石書店 2008年
ISBN 978-4-7503-2906-2
4.サラ・サリー『ジュディス・バトラー』(共訳) 原書名:JUDITH BUTLER(Salih,Sara)
青土社 2005年
ISBN 978-4791762255
5.カポーティ: 人と文学
勉誠出版 1-310頁 2005年
ISBN 978-4585071624
6.鈴江璋子、上野達郎編 『英米文学のリヴァーブ--境界を超える意志』(共著)
南部の男--共和国としての男の身体-- 開文社出版 121-148頁 2004年
ISBN 978-4875719786
7.竹村和子編 『かくも多彩な女たちの軌跡』所収(共著)
拡大する家庭--『続・足ながおじさん』と孤児院改革 南雲堂 78-95頁 2004年
ISBN 978-4523292838
8.海老根静江、竹村和子編 「女というイデオロギー」 (共著)
さまよえるカレッジガール-『足ながおじさん』の戦略 南雲堂 134-154頁 1999年
ISBN 978-4523292531
9.『人間文化研究年報』(共著)
Losing Battles 詩論――ことばの戦場 お茶の水女子大学人間文化研究科 1-14頁 1991年
ISSN 0911-5250

研究論文

1.世界の中心で歴史を抱きとめる——ロバート・ペン・ウォレンと冷戦
麻生えりか、伊達直之、福田敬子編著、『戦争・文学・表象——試される英語圏作家たち』(音羽書房鶴見書店) 143-165頁 2015年 単行本
2.絶望しつつ希望する——冷戦小説としての『寓話』
フォークナー 17号73-89頁 2015年 学術雑誌
3.「貧困との戦い」の行方——貧困の文化化とアパラチア
越智博美、河野真太郎編『ジェンダーにおける「承認」と「再分配」——格差、文化、イスラーム』(彩流社) 138-160頁 2015年 単行本
4.戦場から家庭へ——冷戦期の男たち
日本アメリカ文学会東北支部会報 38号101-117頁 2015年 学術雑誌
5.アメリカ文学のモダニスト的転回——南部詩人にとってのエリオット
T.S.エリオットジャーナル 25巻1-20頁 2014年 学術雑誌
6.農本主義者のリベラル・ナラティヴ
村上東編、『冷戦とアメリカ——覇権国家の文化装置』(臨川書店) 251-284頁 2014年 単行本
7.「カワバタと「雪国」の発見——日米安保条約の傘の下で」
遠藤不比人編著、『日本表象の地政学』彩流社 137-160頁 2014年 単行本
8.「核家族の男たち——冷戦期アメリカにおけるリベラリズムと組織からの逃走」
三浦玲一編著、『ジェンダーと「自由」——理論・リベラリズム・クィア』彩流社 91-115頁 2013年 単行本
ISBN 978-4779118753
9.「書いて生き、書いて進むこと」
『アメリカ文学』 74号7-14頁 2013年 学術雑誌
10.「新批評、冷戦リベラリズム、南部文学と精読の誕生」
三浦玲一編著、『文学研究のマニフェスト——ポスト理論・歴史主義の英米文学批評入門』 91-120頁 2012年 単行本
ISBN 978-4327472290
11.座談会 政治的読解の現在 : トランスアトランティック・モダニズム共同討議(共著)
言語社会 5巻8-46頁 2011年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
12.「国民」の創生−白い男たちの帝国
中井亜佐子、吉野由利編著『ジェンダー表象の政治学ーネーション、階級、植民地』 2011年 単行本
13.アメリカの白いヨーロッパ : 南部農本主義者のファシスト疑惑
言語社会 5巻62-78頁 2011年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
14.「老いる」(21世紀の生のためのキーワード――新しい批評のことば)
『Web 英語青年』 46-53頁 2010年 学術雑誌
15.Democratic Bookshelf: American Libraries in Occupied Japan
Pressing the Fight: Print, Propaganda, and the Cold War 89-111頁 2010年 単行本
16.“Christine Jacobson Carter, Southern Single Blessedness: Unmarried Women in the Urban South, 1800-1865
Studies in English Literature 50 206-212頁 2009年 学術雑誌
CiNii
17.「南部の女」を想像すること : 「オーガスタ・ジェーン・エヴァンズ『マカーリア』と女の規範
人文・自然研究 3巻149-173頁 2009年 大学紀要
ISSN 1882-4625HERMES-IRCiNii
18.戦後少女の本棚
竹村和子編著『ジェンダー研究のフロンティア 第5巻欲望・暴力のレジーム 揺らぐ表象/格闘する理論』所収 (作品社) 2008年 単行本
ISBN 978-4-86182-179-0
19.戦後少女の本棚—第二次世界大戦後の文化占領と翻訳文学
『お茶の水女子大学COEジェンダー研究のフロンティア 成果刊行シリーズ第4巻』 2008年 大学紀要
20.What Did She Read?: The Cultural Occupation of Post-War Japan and Translated Girls' Literature
COE F-GENS Journal 5巻359-363頁 2006年 学術雑誌
HERMES-IR
21.現代批評理論のすべて
大橋洋一編著 「新書館 」 2006年 その他
ISBN 978-4403250873
22.新批評の父たち : 南部農本主義者の共同体
一橋大学研究年報. 人文科学研究 43巻293-353頁 2006年 大学紀要
ISSN 0441-0009HERMES-IRCiNii
23.Why Is He a Southerner?: The Imperial Body of the Hero of The Virginian
COE F-GENS Journal 3巻300-305頁 2005年 学術雑誌
HERMES-IR
24.詩的南部連合 : ニュー・クリティシズムと「南部文学」の誕生
一橋大学研究年報. 人文科学研究 39巻253-299頁 2002年 大学紀要
ISSN 0441-0009HERMES-IRCiNii
25.「南部」の新批評, 新批評の「南部」(詩的南部連合 : ニュー・クリティシズムと「南部文学」の誕生(2))
言語文化 38巻49-62頁 2001年 大学紀要
ISSN 0435-2947HERMES-IRCiNii
26.アグレリアンの立場 : I'll Take My Stand再検討
言語文化 37巻73-92頁 2000年 大学紀要
ISSN 0435-2947HERMES-IRCiNii
27.The Stand of Fugitive Agrarians-Remapping their stand and institutionalization of American literature
言語文化 37巻92-73頁 2000年 大学紀要
ISSN 0435-2947HERMES-IRCiNii
28.ジュディの進歩 : 『足長おじさん』再読
一橋論叢 117巻3号414-432頁 1997年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
29.南部文学の反抗娘 : ウェルティと正調南部文学
言語文化 33巻35-50頁 1996年 大学紀要
ISSN 0435-2947HERMES-IRCiNii
30.ゲイブリエル・シュピーゲル,歴史・歴史主義・中世テクストの社会論理(共訳)
思想 1994年 学術雑誌
31.ウェルティの “立場” : 『ポンダー家の心』論
言語文化 30巻17-33頁 1993年 大学紀要
ISSN 0435-2947HERMES-IRCiNii
32.反対物の交響楽――Eudora WeltyのThe Golden Applesをめぐって
お茶の水女子大学人間文化研究科『人間文化研究年報』 15巻 1991年 大学紀要
HERMES-IR
33.Losing Battles : ことばの戦場
人間文化研究年報 14巻139-153頁 1991年 学術雑誌
ISSN 0911-5250HERMES-IRCiNii
34.葛藤の彼方-F・オコナーとコミュニティのヴィジョン
お茶の水女子大学人間文化研究科『人間文化研究年報』 13巻 1989年 大学紀要
HERMES-IR

翻訳

1.『述2』(共訳)
ジュディス・バトラー「ジェンダーを規制する」 明石書店 2008年
ISBN 978-4750327495
2.トリン・T・ミンハ 『夜のうつろい』(字幕翻訳)
イメージフォーラム 2005年
3.『講座文学』第7巻(共訳)
アラン・ハウキンズ「ペットワースのターナー--農業改良と風景の政治性(翻訳) - 195-225頁 2003年
ISBN 978-4000112079
4.レイモンド・ウィリアムズ『完訳 キーワード辞典』(共訳) 原書名:KEYWORDS:A vocabulary of culture and society(Williams,Raymond)
平凡社 1-361頁 2002年
ISBN 978-4582831184
5.ジョン・グロス『ユダヤの商人シャイロック』 共訳 「原書名:SHYLOCK:A Legend and Its Legacy(Gross,John)」
青土社 1998年
ISBN 978-4791756230
6.ジョン・グロスシャイロック-ユダヤの商人シャイロック(共訳)
伝説と遺産 青土社 1997年
ISBN 978-4791756230
7.『民主主義の問題』(共訳)
法政大学出版局 2014年 学術雑誌
8.重松セツ「解放、暴力、関係性をめぐる田中美津の思想」(翻訳)
岩崎稔、成田龍一、上野千鶴子編『戦後思想の名著50』 437-446頁 2006年 その他
ISBN 978-4582702583

その他

1.(書評)Anne Trefezer ed, Faulkner's Sexualities
フォークナー 13号133-136頁 2011年 学術雑誌
2.南部文学の遠い部屋
『英語青年』 研究社 514-517頁 2006年 学術雑誌
ISSN 0287-2706HERMES-IR
3.フェミニズムが変えたアメリカ
『言語』 大修館書店 48-51頁 2005年 学術雑誌
4.ケンブリッジ人名辞典 翻訳参加(約350>項目)
岩波書店 1997年 その他
ISBN 978-4000800884

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.「アメリカ文学のモダニスト的転回——南部詩人にとってのエリオット」(日本T.S.エリオット協会第26回大会特別講演)
2013年10月大阪学院大学
2.「アメリカ冷戦期における男らしさの再編成」(津田塾大学女性像研究会)
2013年08月津田塾大学
3.“The Modernist Turn in English Studies in Post-World War II Japan.”(The 2nd Convention of Chinese/American Association for Poetry and Politics.)
2013年06月華中師範大学、Wuhan, China
4.「書いて生き、書いて進むこと」(日本アメリカ文学会東京支部支部会、特別シンポジウム「竹村和子さんの仕事——検証と継承」)
2012年06月慶応大学三田キャンパス
5.“Association and/or Aggression: Robert Penn Warren’s Night Rider.”(Culture of New Deal Liberalism: Depression, Popular Front, and Internationalism, an Internatioal Symposium)
2012年03月Hitotsubashi University
6.一次資料調査の面白みと苦心(日本アメリカ文学会全国大会 学会設立50周年企画・本部発題ワークショップ)
2011年09月関西学院大学
7."Edward Seidensticker as a Cold War Orientalist and his Fashioning of Kawabata Yasunari"(International Conference on Modernism and the Orient)
2010年06月中国・杭州
8.知識人の作法ー農本主義者のリベラル・ナラティヴ(日本英文学会全国大会)
2010年05月日本・神戸
9."Democracy on the Bookshelf: American Books in Occupied Japan. "(MLA Annual Convention)
2008年12月San Francisco
10."The Transformation of the Meaning of Retirement in Japan in Terms of Neo Liberalist Discourse"(Oceanic Popular Culture Association 2nd Annual Conference)
2008年05月Chaminade University, Hawaii
11.「キャノンの南部化——モダニズムと南部農本主義」(日本アメリカ文学会東京支部研究発表)
2007年03月日本、東京、慶応大学
12.モダニズムの南部的瞬間(日本アメリカ文学会全国大会第45回全国大会)
2006年10月日本、東京、法政大学
13.What Did She Read:Cultural Occupation and Translated Girls Literature in the Post-war Japan(女性に関する国際学際会議)
2005年06月韓国、ソウル、梨花女子大学
14."What Did She Read?: Post-War Japanese Cultural Occupation and Translated Girls' Literature"(International Interdisciplinary Congress on Women, Women's Worlds 2005, )
2005年06月Ywha Women’s University, Seoul
15.南部の男、西部へ——『ヴァージニアン』/共和国/男の身体(お茶の水女子大学COEジェンダー研究のフロンティアプロジェクトD(英語圏)ジェンダー理論・表象研究会第一回研究発表)
2004年03月日本、東京

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.ポスト太平洋戦争の「英米文学」研究―トランスパシフィックな文学的想像力と政治学
その他のサイト
基盤研究(B)2012年度~2015年度
2.冷戦期リベラル文化の再検討ー冷戦言説が隠蔽するイデオロギーと文化言説
その他のサイト
基盤研究(C)2009年度~2011年度
3.モダニズムの制度化と国家言説-ポスト冷戦からの歴史化
HERMES-IRその他のサイト
基盤研究(C)2006年度~2007年度
4.合衆国におけるジェンダー・セクシュアリティの冷戦体制の構築とその変容
その他のサイト
基盤研究(C)2003年度~2004年度
前のページへ戻る