商学研究科
上原 渉(ウエハラ ワタル)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.新興国の経済発展とメガシティ(共編著)
東京大学出版会 2016年
ISBN 978-4130651547
2.Marketing Challenges in a Turbulent Business Environment(編著)
Springer International Publishing 2015年
ISBN 9783319194271
3.Proceedings of the 2010 Academy of Marketing Science (AMS) Annual Conference(共編著)
Springer International Publishing 2014年
ISBN 9783319117966
4.Marketing Dynamism & Sustainability: Things Change, Things Stay the Same(編著)
Springer International Publishing 2014年
ISBN 978-3319109114
5.日本企業のマーケティング力(分担執筆)
有斐閣 83-124頁 2012年
ISBN 978-4-641-16398-0
6.臨海副都心の過去・現在・未来(分担執筆)
臨海副都心の地域ブランド 武蔵野大学出版会 2012年
ISBN 978-4903281216
7.地域活性化のマーケティング(編著)
日本創生ビレッジ―異業種交流によるビジネスの創出 有斐閣 167-194頁 2011年
ISBN 978-4-461-16391-1
8.日本企業研究のフロンティア③(分担執筆)
中国におけるブランド構築 有斐閣 153-174頁 2007年
ISBN 978-4641162938
9.ブランディング・イン・チャイナ-巨大市場・中国を制するブランド戦略(分担執筆)
自動車―知識の成熟とブランドの成長 東洋経済新報社 141-170頁 2006年
ISBN 978-4492555576

研究論文

1.Dysfunction from Focusing on Overseas Business(共著)
GSTF Journal on Business Review 5巻1号28-37頁 2017年 学術雑誌
ISSN 2010-4804doi
2.Managing foreign subsidiaries in emerging countries: Are they different from Western subsidiaries?(共著)
Proceedings of the 17th Academy of Marketing Science World Marketing Congress 240頁 2014年 国際会議proceedings
ISSN 2363-6173
3.Do foreign creative industry products contribute to the promotion of products imported from the same country? Case of Japanese and Korean products in emerging economies(共著)
Proceedings of the 2014 Global Marketing Conference 1909-1912頁 2014年 国際会議proceedings
ISSN 1976-8699
4.Japanese Firms in Emerging Asia: Their Capabilities, Organizations, and Challenges
日本商業学会第64回全国研究大会報告論集 33頁 2014年 国際会議proceedings
5.Exporting and Importing Creative Industry Products in Asian Markets: Exploring the Role of Cross-Border Gatekeepers(共著)
Proceedings of 2014 International Conference of Asian Marketing Association 18頁 2014年 国際会議proceedings
6.営業組織の活性化要因:日本企業のマーケティング力調査から(共著)
組織科学 47巻2号37-46頁 2013年 学術雑誌
ISSN 0286-9713
7.海外現地法人における戦略目標とマーケティング行動のずれ:概念枠組みの提示(共著)
Japan Marketing Academy Conference Proceedings 2巻100-108頁 2013年 研究会,シンポジウム資料等
ISSN 2188-1677
8.Dispersion of Marketing Functions of Japanese Firms: Influence, Capability, and Business Performance(共著)
The 15th Asia-Pacific Researchers in Organisation studies Conference Proceedings 120頁 2013年 国際会議proceedings
9.DYNAMISM INSIDE THE MO BOX: THE CREDIBILITY OF MARKET INFORMATION AS A KEY FACTOR IN MARKET ORIENTATION(共著)
Hitotsubashi journal of commerce and management 46巻1号65-79頁 2012年 大学紀要
ISSN 0018-2796HERMES-IRCiNii
10.Functional Influence and Marketing Process: How can firms develop capable and influential marketing department?(共著)
2012 Global Marketing Conference Proceedings 2012年 国際会議proceedings
11.Are STP and MM Profitable? A Long-hidden Evidence of Marketing Planning and Performance(共著)
Book of Abstracts 19th Recent Advances in Retailing & Services Science Conference 222頁 2012年 国際会議proceedings
ISBN 978-90-6814-186-3
12.Dilemma of Responsiveness: How can we bring strategy planning back into the market-oriented organization(共著)
Proceedings of the 2012 Global Marketing Conference 2012年 国際会議proceedings
ISSN 1976-8699
13.Marketing planning and sales autonomy as a combination remedy for marketing myopathy(共著)
Marketing Dynamism & Sustainability: Things Change, Things Stay the Same; Proceedings of the 2012 Academy of Marketing Sciencs Annual Conference 129頁 2012年 国際会議proceedings
ISBN 978-3-319-10911-4
14.現地化広告に関する諸問題:広告の質に関する一考察
武蔵野大学政治経済学研究 3号23-37頁 2011年 大学紀要
ISSN 1883-4035CiNii
15.ブランド・イメージの受動的な形成:他者によるブランド評価の影響の分析
一橋商学論叢 5巻2号25-37頁 2010年 大学紀要
ISSN 1881-1434CiNii
16.Vertical Strategic Information Flow and Market Orientation(共著)
the 2010 Academy of Management Annual Meeting 2010年 国際会議proceedings
CiNii
17.Functions and Dysfunctions of Lateral and Diagonal Networks in Advancing Market Orientation: A Preliminary Step toward Bridging the Gap between Market Orientation Research and Intra-organizational Network Research(共著)
the 2010 European Group for Organizational Studies 2010年 国際会議proceedings
18.消費者の消費経験と製品の現地化:食品企業の中国進出の事例
武蔵野大学政治経済学部紀要 2号29-38頁 2010年 大学紀要
ISSN 1883-4035CiNii
19.ブランド評価データによるセグメンテーション:国際広告への応用
一橋研究 32巻3号1-14頁 2007年 大学紀要
ISSN 0286-861 XHERMES-IRCiNii
20.アジアの自動車データを用いたブランド選好形成プロセスに関する一考察(共著)
マーケティング・サイエンス 14巻2号55-72頁 2006年 学術雑誌
ISSN 2187-4220
21.アジアにおけるブランド知識の学習パターン(共著)
一橋商学論叢 1巻2号9-24頁 2006年 大学紀要
ISBN 4-561-57066-7CiNii
22.共感を考慮した認知・選好モデル:ブランドの構成要素間の関連性の検討(共著)
一橋論叢 131巻5号27-44頁 2004年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IR

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.Taylor and Francis Best Conference Paper Award2014年07月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.Dysfunction from Focusing on Overseas Business(5th Annual International Conference on Enterprise Marketing and Globalization)
2016年12月Singapore
2.新興国におけるマーケティング戦略と現地法人の管理(日本商業学会関東部会10月研究会)
2016年10月中央大学、東京
3.Developing Hospitality Employees: A Case Study of Hoshino Resort in Japan(The 2016 Annual Conference of the Emerging Markets Conference)
2016年01月Bangkok, Thailand
4.市場志向性とマーケティング情報への信頼(日本マーケティング・サイエンス学会 第88回研究大会)
2010年11月電通ホール
5.Dynamism Inside the MO Box: The credibility of marketing information as a key factor in market orientation(the 2010 Academy of Marketing Science Annual Conference)
2010年05月Portland, Oregon
6.市場志向性の要素間関係とマーケティング情報への信頼(日本商業学会関東部会)
2009年11月早稲田大学
7.ブランド・イメージの可塑性と製品ライフサイクル(日本マーケティング・サイエンス学会 第85回研究大会)
2009年06月京都工芸繊維大学
8.The Loss of BGrand Image Plasticity and the Maturity of the Market(三菱UFJ財団国際カンファレンス)
2008年08月東レ総合研修センター
9.国際広告標準化尺度の再検討:ブランド評価データによる都市の類似性(日本商業学会全国大会ワークショップ)
2007年05月神戸大学
10.グローバルなブランド・マネジメントに関する研究(日本マーケティング・サイエンス学会 第77回研究大会)
2005年06月東北大学
11.CSRをどうアピールするか:コミュニティ・サイトによるブランド価値の向上(日本マーケティング・サイエンス学会 第75回研究大会)
2004年06月福岡大学
12.Asian Branding:共感を考慮した認知・選好モデルによる分析(日本マーケティングサイエンス学会 第74回研究大会)
2003年11月電通ホール

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.マーケティング機能の分散と調整に関する研究
その他のサイト
若手研究(B)2015年度~
前のページへ戻る