経済学研究科
宇井 貴志(ウイ タカシ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

研究論文

1.統計的決定と主観的期待効用 ― Wald と Savage を結ぶ試み
経済研究 72巻2号128-139頁 2021年 学術雑誌
2.The Lucas Imperfect Information Model with Imperfect Common Knowledge
Japanese Economic Review 71巻1号85-100頁 2020年 学術雑誌
HERMES-IR
3.情報設計問題とLQGゲーム
大橋弘・照山博司・原千秋・細野薫編『現代経済学の潮流2018』東洋経済新報社 2018年 単行本
4.Bayesian Nash Equilibrium and Variational Inequalities
Journal of Mathematical Economics 63巻139-146頁 2016年 学術雑誌
ISSN 0304-4068その他のサイト
5.Characterizing Social Value of Information(共著)
Journal of Economic Theory 158巻507-535頁 2015年 学術雑誌
ISSN 0022-0531HERMES-IRその他のサイト
6.The Social Value of Public Information with Convex Costs of Information Acquisition
Economics Letters 125巻2号249-252頁 2014年 学術雑誌
ISSN 0165-1765HERMES-IRその他のサイト
7.Radner's Theorem on Teams and Games with a Continuum of Players(共著)
Economics Bulletin 33巻1号72-77頁 2013年 学術雑誌
ISSN 1545-2921その他のサイト
8.Effects of Symmetry on Globalizing Separated Monopolies to a Nash-Cournot Oligopoly(共著)
International Game Theory Review 14巻1250009-1-1250009-15頁 2012年 学術雑誌
ISSN 0219-1989その他のサイト
9.The Myerson Value for Complete Coalition Structures(共著)
Mathematical Methods of Operations Research 74巻427-443頁 2011年 学術雑誌
ISSN 1432-2994HERMES-IRその他のサイト
10.The Ambiguity Premium vs. the Risk Premium under Limited Market Participation
Review of Finance 15巻245-275頁 2011年 学術雑誌
ISSN 1572-3097HERMES-IRその他のサイト
11.Baysesian Potentials and Information Structures: Team Decision Problems Revisited
International Journal of Economic Theory 5巻271-291頁 2009年 学術雑誌
ISSN 1742-7355HERMES-IRその他のサイト
12.Coextrema Additive Operators(共著)
S. K. Neogy, A. K. Das and R. B. Bapat (eds.) Modeling, Computation and Optimization, World Scientific 73-95頁 2009年 単行本
ISBN 978-9814273503HERMES-IRその他のサイト
13.Interim Efficient Allocations under Uncertainty(共著)
Journal of Economic Theory 144巻337-353頁 2009年 学術雑誌
ISSN 0022-0531HERMES-IRその他のサイト
14.Discrete Concavity for Potential Games
International Game Theory Review 10巻137-143頁 2008年 学術雑誌
ISSN 0219-1989HERMES-IRその他のサイト
15.Correlated Equilibrium and Concave Games
International Journal of Game Theory 37巻1-13頁 2008年 学術雑誌
ISSN 0020-7276HERMES-IRその他のサイト
16.Cominimum Additive Operators(共著)
Journal of Mathematical Economics 43巻218-230頁 2007年 学術雑誌
ISSN 0304-4068HERMES-IRその他のサイト
17.Correlated Quantal Responses and Equilibrium Selection
Games and Economic Behavior 57巻361-369頁 2006年 学術雑誌
ISSN 0899-8256HERMES-IRその他のサイト
18.Agreeable Bets with Multiple Priors(共著)
Journal of Economic Theory 128巻299-305頁 2006年 学術雑誌
ISSN 0022-0531HERMES-IRその他のサイト
19.A Note on Discrete Convexity and Local Optimality
Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics 23巻21-29頁 2006年 学術雑誌
HERMES-IRその他のサイト
20.Equivalence of the Dempster-Shafer Rule and the Maximum Likelihood Rule Implies Convexity(共著)
Economics Bulletin 4巻10号1-6頁 2005年 学術雑誌
ISSN 1545-2921HERMES-IRその他のサイト
21.Generalized Potentials and Robust Sets of Equilibria(共著)
Journal of Economic Theory 124巻45-78頁 2005年 学術雑誌
ISSN 0022-0531HERMES-IRその他のサイト
22.Incomplete Information Games with Multiple Priors(共著)
Japanese Economic Review 56巻332-351頁 2005年 学術雑誌
ISSN 1352-4739HERMES-IRその他のサイト
23.Best Response Equivalence(共著)
Games and Economic Behavior 49巻260-287頁 2004年 学術雑誌
ISSN 0899-8256HERMES-IRその他のサイト
24.Robust Equilibria of Potential Games
Econometrica 69巻1373-1380頁 2001年 学術雑誌
ISSN 0012-9682HERMES-IRその他のサイト
25.A Shapley Value Representation of Potential Games
Games and Economic Behavior 31巻121-135頁 2000年 学術雑誌
ISSN 0899-8256HERMES-IRその他のサイト
26.Recent Balance of Payments Developments in Japan: Is the Current Account Surplus Structural or Temporary?(共著)
M. Okabe (ed.), The Structure of the Japanese Economy: Changes on the Domestic and International Fronts, St. Martin's Press 416-434頁 1994年 単行本
ISBN 978-0333617731その他のサイト

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.Robust Voting under Uncertainty(Workshop on Decision Making and Contest Theory)
2017年01月Ein Gedi
2.Ambiguity and Risk in Global Games(AMES 2016)
2016年08月Kyoto
3.Ambiguity and Risk in Global Games(Games 2016)
2016年07月Maastricht
4.Ambiguity and Risk in Global Games(2nd Workshop on "Ambiguity in Games and Mechanisms")
2015年11月Paris
5.Optimal Disclosure of Public Information with Endogenous Acquisition of Private Information(The 11th World Congress of the Econometric Society)
2015年08月Montreal
6.Ambiguity and Risk in Global Games(ZIF Research Group Workshop: Knightian Uncertainty in Strategic Interactions and Markets)
2015年06月Bielefeld
7.*「ベイジアンゲームにおける内生的情報構造と情報の社会的価値」(第20回DCコンファレンス)
2014年10月福岡大学
8."Welfare Effects of Information Acquisition Costs,"(EEA-ESEM 2014)
2014年08月Toulouse, France
9.Self-Control Games(Game 2012)
2012年07月Istanbul, Turkey
10.*Ambiguity and Risk in Global Games(CRETA - Marie Curie Conference in Honour of Peter Hammond)
2010年03月University of Warwick, UK
11.*Ambiguity and Risk in Credit Crises(Japanese-French Frontiers of Science Symposium 2009)
2010年01月Futuroscope, France
12.Ambiguity and Risk in Global Games(UECE-Lisbon Meetings 2009: Game Theory and Applications)
2009年11月Lisbon, Portugal
13.Non-atomic Potential Games and the Value of Vector Measure Games(Games 2008)
2008年07月Evanston, USA

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.「ゲーム理論の新展開:協力メカニズムの解明」研究分担者
基盤研究(A)2014年度~2018年度
2.ベイジアンゲームにおける内生的情報構造と情報の社会的価値
基盤研究(C)2015年度~2017年度
3.戦略的環境下の自制行動の理論と応用
基盤研究(C)2012年度~2014年度
4.リスクと不確実性下の意思決定と金融市場
基盤研究(C)2008年度~2010年度

共同研究・受託研究の実績

NO研究題目共同研究区分研究期間研究内容
1.Robust Voting under Uncertainty国際共同研究2015年度~
前のページへ戻る