社会学研究科
加藤 圭木(カトウ ケイキ)

書籍等出版物

1. 紙に描いた「日の丸」——足下から見る朝鮮支配
加藤圭木 (単著)
岩波書店 2021年11月 (ISBN:9784000615013)
2. 「日韓」のモヤモヤと大学生のわたし
一橋大学社会学部加藤圭木ゼミナール (監修)
大月書店 2021年7月 (ISBN:9784272211258)
3. だれが日韓「対立」をつくったのか : 徴用工、「慰安婦」、そしてメディア
岡本, 有佳, 加藤, 圭木, Fight for justice
大月書店 2019年12月 (ISBN:9784272211227)
4. 植民地期朝鮮の地域変容: 日本の大陸進出と咸鏡北道
加藤 圭木 (単著)
吉川弘文館 2017年1月 (ISBN:4642038647)
5. 日韓の歴史をたどる : 支配と抑圧、朝鮮蔑視観の実相
赤旗編集局, 秋岡, あや, 李, 省展, 板垣, 竜太, 井上, 勝生, 糟谷, 憲一, 加藤, 圭木, 加藤, 直樹, 金, 文子, 佐藤, 広美, 愼, 蒼宇, 宋, 連玉, 趙, 景達, 鄭, 栄桓, 中塚, 明, 樋口, 雄一, 藤永, 壯, 洪, 昌極, 松田, 利彦, 水野, 直樹, 吉野, 誠 (分担執筆)
新日本出版社 2021年4月 (ISBN:9784406065917)
6. 療法としての歴史〈知〉──いまを診る
方法論懇話会 (分担執筆)
森話社 2020年12月
7. 日韓の歴史問題をどう読み解くか : 徴用工・日本軍「慰安婦」・植民地支配
内海, 愛子 (分担執筆)
新日本出版社 2020年6月 (ISBN:9784406064811)
8. パブリック・ヒストリー入門—開かれた歴史学への挑戦
加藤 圭木 (分担執筆)
勉誠出版 2019年10月 (ISBN:9784585222545)
9. 3.1운동 100년. 4: 공간과 사회
한국역사연구회, 년기념기획위원회 (分担執筆)
휴머니스트 2019年2月
10. 創られた明治、創られる明治 : 「明治150年」が問いかけるもの
日本史研究会, 歴史科学協議会, 歴史学研究会, 歴史教育者協議会 (分担執筆)
岩波書店 2018年12月 (ISBN:9784000239028)
11. 日本植民地研究の論点
日本植民地研究会 (共編者(共編著者))
岩波書店 2018年6月 (ISBN:9784000612791)
12. 「現代史と現代認識に関する調査」報告書
すべての大学教養科目に, 戦後世界史と日本史」を, 市民ネットワーク(戦後世界史市民ネット (分担執筆)
大月書店 2018年2月 (ISBN:4272970550)
13. 祖国が棄てた人びと : 在日韓国人留学生スパイ事件の記録
金 孝淳, 石坂 浩一 (共訳)
明石書店 2018年 (ISBN:9784750347394)
14. 第4次 現代歴史学の成果と課題<3> 歴史実践の現在
歴史学研究会 (分担執筆)
績文堂出版 2017年5月
15. 歴史を学ぶ人々のために――現在をどう生きるか
東京歴史科学研究会
岩波書店 2017年3月 (ISBN:4000256696)
16. 隣国の肖像—日朝相互認識の歴史
杉並歴史を語り合う会, 歴史科学協議会編 (分担執筆)
大月書店 2016年6月 (ISBN:427252108X)
17. Q&A 朝鮮人「慰安婦」と植民地支配責任: あなたの疑問に答えます (FJブックレット)
金 富子, 板垣 竜太, 日本軍, 慰安婦, 問題webサイト制作委員会 (分担執筆)
御茶の水書房 2015年10月 (ISBN:4275020251)
18. 新編 史料でたどる日本史事典
木村茂光, 樋口州男編 (分担執筆)
東京堂出版 2012年
19. 中学歴史・公民 育鵬社教科書をどう読むか
子どもと教科書全国ネッ (分担執筆)
高文研 2012年

▼全件表示

論文

1. 「日韓歴史問題」と大学生——モヤモヤは進化する
加藤圭木
世界 961号183-191頁 2022年9月
2. 朝鮮植民地化過程における軍用地収用——鎮海湾一帯を対象として
加藤圭木
大原社会問題研究所雑誌 764号51-68頁 2022年6月
3. 問われる植民地支配認識 : 変貌する朝鮮半島と日本 (第53回大会報告特集 変貌する国家と個人・地域) -- (グローバル化と国民意識・国家理論の変容)
加藤 圭木
歴史評論 = Historical journal 842号5-17頁 2020年6月
その他のサイト
4. 日本・韓国における歴史否定論とどう向き合うか
加藤圭木
前衛 1017号171-184頁 2022年9月
5. 日本軍「慰安婦」問題と向き合うために
加藤圭木
季刊セクシュアリティ 101号26-29頁 2021年4月
6. 日韓における『反日種族主義』現象
加藤圭木
人権と生活 51号 2020年11月
7. 歴史に学び朝鮮半島との平和を築く
加藤 圭木
歴史地理教育 910号54-61頁 2020年6月
その他のサイト
8. 豆満江の境界史 : 朝鮮植民地支配との関連から (特集 川の境界史)
加藤 圭木
史潮 86号76-93頁 2019年12月
その他のサイト
9. 問われているのは日本の植民地支配への反省
加藤 圭木
前衛 980号66-84頁 2019年11月
10. 朝鮮植民地支配と国境地帯——会寧を中心に
加藤 圭木
史海 66号19-34頁 2019年7月
11. コメント(関東大震災95周年朝鮮人虐殺犠牲者追悼シンポジウム「関東大震災時の朝鮮人大虐殺と植民地支配責任」第2セッション:虐殺の構造と植民地支配責任」)
加藤 圭木
朝鮮大学校学報 29号147-150頁 2019年7月
12. 植民地期朝鮮におけるイワシ漁業・加工業と統制政策(1923〜1931)
加藤 圭木
日韓相互認識 9号 2019年2月
13. 三・一運動100年から何を学ぶか
加藤 圭木
歴史地理教育 891号4-9頁 2019年2月
14. 歴史認識・歴史教育をめぐる同時代史 : 日本軍「慰安婦」問題に取り組んだ経験から (二〇一八年一月例会 「歴史認識」・歴史教育をめぐる同時代史を考える : 「慰安婦」問題を中心に)
加藤 圭木
歴史科学 234号20-30頁 2018年10月
15. 吉見裁判とは何か
加藤 圭木
歴史評論 814号 2018年2月
16. 近代日本と植民地の公害 (特集 近代日本と環境思想)
加藤 圭木
環境思想・教育研究 11巻8-13頁 2018年
17. 大学における日本軍「慰安婦」問題の授業実践
加藤 圭木
歴史評論 809号82-95頁 2017年9月
その他のサイト
18. 1920〜30年代朝鮮における地域社会の変容と有力者・社会運動—咸鏡北道雄基を対象として—
加藤 圭木
商学論纂(吉見義明教授古稀記念論文集) 58巻5・6号29-61頁 2017年3月
19. 日露戦争下における朝鮮東北部の「軍政」
加藤 圭木
一橋社会科学 8巻37-56頁 2016年10月
doi その他のサイト
20. 歴史修正主義と教科書問題―2015年採択の中学校社会科教科書をめぐって―
加藤 圭木
歴史評論 791号57-69頁 2016年3月
21. 朝鮮東北部の社会変容と植民地支配—清津港の建設をめぐって—
加藤 圭木
日韓相互認識 6巻 2015年9月
22. 吉見裁判とは何か、その争点は
加藤 圭木
教育 833号51-52頁 2015年6月
23. 植民地期の歴史を朝鮮史として書くこと
加藤 圭木
アジア民衆史研究 20号 2015年5月
24. 朝鮮東北部・雄基港における交易の変容—一九世紀後半から一九二〇年代まで—
加藤 圭木
君島和彦編『近代の日本と朝鮮—「された側」からの視座—』東京堂出版 121-147頁 2014年9月
25. 朝鮮植民地支配と公害—戦時期の黄海道鳳山郡を中心に—
加藤 圭木
史海 61号71-82頁 2014年6月
26. 朝鮮東北部・咸鏡北道の社会変容 —植民地期の港湾「開発」問題を中心に—
加藤 圭木
一橋大学大学院社会学研究科博士論文 1-200頁 2014年2月
27. 日露戦争以降の朝鮮における軍事基地建設と地域 ――永興湾を対象として――
加藤 圭木
一橋社会科学 5巻29-43頁 2013年11月
doi
28. 日露戦争初期の朝鮮東北部―日本の介入をめぐって―
加藤 圭木
アジア民衆史研究 18号23-35頁 2013年10月
29. 歴史教育で災害史をとりあげる視点 (特集 歴史教科書で災害史をどうとりあげるか : 古代から現代まで シンポジウム歴史教科書 いままでとこれから PARTⅧ)
加藤 圭木
人民の歴史学 197号41-44頁 2013年9月
30. 2011年の歴史学界 回顧と展望 東アジア(朝鮮-近現代)
加藤 圭木
史学雑誌 121巻5号255-258頁 2012年5月
31. 植民地期朝鮮における港湾「開発」と漁村 —一九三〇年代の咸北羅津—
加藤 圭木
人民の歴史学 190号24-35頁 2011年12月
32. 一九三〇年代朝鮮における港湾都市羅津の「開発」と地域有力者
加藤 圭木
朝鮮史研究会論文集 49号205-233頁 2011年10月
33. 植民地期朝鮮における「労働者移動紹介事業」(1934〜1936)--朝鮮内労働力動員政策前史
加藤 圭木
日本植民地研究 23号1-17頁 2011年
34. 歴史教科書のなかの沖縄現代史
加藤 圭木
人民の歴史学 186号25-29頁 2010年12月
35. 植民地期朝鮮における「市街地計画」--咸鏡北道羅津の事例を中心に
加藤 圭木
朝鮮学報 217巻39-70頁 2010年10月

▼全件表示

MISC

1. 3・1独立運動の歴史的、今日的意義を探る
加藤 圭木
週刊金曜日 1221号 2019年2月
2. 日窒財閥と朝鮮
加藤圭木
ごんずい(水俣病センター相思社機関誌) 2020年2月
3. 書評 鄭栄桓著『忘却のための「和解」—『帝国の慰安婦』と日本の責任』 (世織書房、2016年)
加藤 圭木
図書新聞 3285号 2017年1月
4. 吉見裁判に不当判決
加藤 圭木
女たちの21世紀 85号45頁 2016年3月
5. 吉見裁判から見る日本軍「慰安婦」問題
加藤 圭木
月刊憲法運動 450号48-50頁 2016年3月
6. 吉見裁判の東京地方裁判所判決について
加藤 圭木
歴史学研究月報 675号2-4頁 2016年3月
7. 被害者を置き去りにした日本軍「慰安婦」論 : 朴裕河『帝国の慰安婦』批判
加藤 圭木
歴史地理教育 845号58-63頁 2016年2月
その他のサイト
8. 吉見裁判の現状
加藤 圭木
歴史評論 786号 2015年10月
9. 吉見裁判とは、その争点は
加藤 圭木
教育 833号51-52頁 2015年6月
10. 吉見裁判支援運動の現在
加藤 圭木
歴史学研究月報 664号5-7頁 2015年4月
11. 新たな局面を迎えた吉見裁判
加藤 圭木
歴史学研究月報 660号3-4頁 2014年12月
12. 文献紹介 「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター編/西野留美子・金富子・小野沢あかね責任編集『「慰安婦」バッシングを超えて—「河野談話」と日本の責任』
加藤 圭木
同時代史研究 7号147頁 2014年12月
13. 吉見裁判の経過と今後
加藤 圭木
歴史学研究月報 656号6-7頁 2014年8月
14. 私の卒業論文・修士論文 (特集 歴史学をどう学ぶか) -- (わたしの卒論・修論)
加藤 圭木
歴史評論 0巻745号75-77頁 2012年5月
15. 「韓国人遺族との出会いから一〇〇年を考える証言集会」の記録 : 金錦順氏、南良江氏、金蓉子氏の証言
秋岡 あや, 加藤 圭木
日韓相互認識 4巻109-125頁 2011年3月
16. 文献紹介 平壌第三公立中学校総同窓会校史編纂委員会編『平壌三中 学窓の追遠史--朝鮮植民地時代末期の中学校の教育記録』
加藤 圭木
人民の歴史学 184号15-17頁 2010年6月

▼全件表示

講演・口頭発表等

No. 会議名 開催・発表年月日 開催地
1. 日本の高校歴史教科書における朝鮮植民地支配の記述とその特徴——「歴史総合」を中心に——(韓日学者たちが診断する日本教科書の韓国史記述)
開催年月日:
発表年月日: 2022年08月25日
韓国ソウル・東北亜歴史財団大会議室
2. 일본 역사인식의 현황과 식민지배 연구:『종이에 그린 '히노마루'』(제72회 서울대 국사학과- BK21 한구학 컬로퀴엄 -제7회 BK21 국제한국학컬로퀴엄-)
開催年月日:
発表年月日: 2022年06月17日
3. 大学生が向き合う加害の歴史——『「日韓」のモヤモヤと大学生のわたし』を刊行して(第19回「歴史認識と東アジアの平和」フォーラム・北京会議)
開催年月日:
発表年月日: 2021年11月14日
4. 일본의 역사 인식과 대학생이 만든 한일관계 입문서(서울시립대학교 2021 인문대학 명사초청 강연)
開催年月日:
発表年月日: 2021年09月27日
5. 問われる植民地支配認識——変貌する朝鮮半島と日本(歴史科学協議会第53回大会)
開催年月日:
発表年月日: 2019年11月30日
6. 日本の朝鮮侵略・植民地支配と3・1独立運動(高麗博物館 3・1独立運動100年 講演会)
開催年月日:
発表年月日: 2019年06月08日
高麗博物館
7. 朝鮮植民地支配と天皇制(2019年度同志社大学日朝関係史講座「〜日朝関係史講座開講30周年記念〜 3・1独立運動から100年 いま、日朝関係は」)
開催年月日:
発表年月日: 2019年05月17日
同志社大学
8. 3.1独立運動100年にあたって(山梨平和ミュージアム 3.1独立運動100年、日朝韓友好促進の集い)
開催年月日:
発表年月日: 2019年04月21日
山梨平和ミュージアム
9. 朝鮮半島から見た日清・日露戦争(東アジア近現代史連続セミナー第45回)
開催年月日:
発表年月日: 2018年12月22日
coconeri3階ホール
10. 地域社会のなかの在朝日本人―朝鮮東北部の「工業化」・軍事化との関連から―(大阪経済法科大学 市民アカデミア2018 連続講座Ⅲ 日本人と植民地―在朝日本人)
開催年月日:
発表年月日: 2018年10月12日
大阪経済法大学東京麻布台セミナーハウス
11. コメント 虐殺の歴史、抵抗の歴史と向き合う(関東大震災95周年朝鮮人虐殺犠牲者追悼シンポジウム「関東大震災時の朝鮮人大虐殺と植民地支配責任」)
開催年月日:
発表年月日: 2018年09月22日
朝鮮大学校
12. 日本・朝鮮半島の「共生」と歴史認識——3・1独立運動100年(2019年)をどう迎えるか——(一橋大学社会学部連続市民講座 2018「共生とは何か? ―繋がる社会、切り離される世界―」)
開催年月日:
発表年月日: 2018年06月16日
一橋大学兼松講堂
13. 朝鮮植民地支配と国境地帯——会寧の変容を中心に——(東京学芸大学史学会2018年度大会)
開催年月日:
発表年月日: 2018年04月15日
東京学芸大学講義棟S103
14. 日本軍「慰安婦」問題を社会で共有するために——『「慰安婦」問題と未来への責任』から考える——(『「慰安婦」問題と未来への責任』刊行記念公開書評会)
開催年月日:
発表年月日: 2018年02月24日
津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス
15. 「歴史認識」・歴史教育をめぐる同時代史を考える―「慰安婦」問題に取り組んだ経験から―(大阪歴史科学協議会1月例会)
開催年月日:
発表年月日: 2018年01月27日
クレオ大阪西
16. 朝鮮植民地支配と天皇制(文化センター・アリラン連続講座「日朝関係から問う『明治150年』」)
開催年月日:
発表年月日: 2018年01月21日
17. 朝鮮人と日本、日本人と朝鮮 第二回 チッソの収奪経営と日本人の植民地経験(国立市公民館近現代史講座)
開催年月日:
発表年月日: 2017年12月07日
18. 朝鮮人と日本、日本人と朝鮮 第一回 朝鮮人による日本の侵略批判と植民地支配責任論(国立市公民館近現代史講座)
開催年月日:
発表年月日: 2017年11月24日
19. 歴史を学ぶ人々のために:日本の朝鮮侵略史と朝鮮人の主体性(明治大学リバティアカデミー)
開催年月日:
発表年月日: 2017年10月30日
20. 식민지시기 조선의 지역변용—일본의 대륙진출과 함경북도(고려대학교 아세아문제연구소 현대일본센터・BK플러스 한국사학미래인재양성사업단 초청세미나)
開催年月日:
発表年月日: 2017年09月21日
21. 日本軍「慰安婦」問題を大学でどう教えるか(岐路に立つグローバリゼーションと歴史実践)
開催年月日:
発表年月日: 2017年03月05日
22. 朝鮮植民地支配を考える—日本の侵略と朝鮮人の主体性—(2) 地域から構想する朝鮮近代史(国立市公民館近現代史講座)
開催年月日:
発表年月日: 2017年02月23日
23. 朝鮮植民地支配を考える—日本の侵略と朝鮮人の主体性—(1)「明治時代」は朝鮮にとってどんな時代だったか?(国立市公民館近現代史講座)
開催年月日:
発表年月日: 2017年02月16日
国立市公民館
24. 조선식민지지배와 해항도시: 지역사연구의 가능성(동아시아 해항도시 국제학술회의 <해항도시, 축적된 과거와 미래의 발굴>)
開催年月日:
発表年月日: 2016年11月24日
인하대학교 개교 60주년 기념관
25. 政治主体をどう論じるのか(日本植民地研究回大会)
開催年月日:
発表年月日: 2016年07月03日
立教大学
26. 朝鮮植民地支配と地域社会—軍事基地建設・公害の視点から—(国立市公民館近現代史講座)
開催年月日:
発表年月日: 2016年03月10日
国立市公民館
27. 植民地主義の暴力への想像力を鍛え直すために―歴史意識の現在―(唯物論研究協会第38回大会 シンポジウム)
開催年月日:
発表年月日: 2015年10月17日
群馬大学荒牧キャンパス
28. 植民地期の歴史を朝鮮史として書くこと—趙景達『植民地朝鮮と日本』(岩波新書、2013年)に寄せて—(アジア民衆史研究会2014年度第2回研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2014年12月20日
29. 朝鮮東北部の社会変容と植民地支配—清津港の建設をめぐって—(第17回日韓歴史共同研究シンポジウム)
開催年月日:
発表年月日: 2014年08月20日
一橋大学佐野書院
30. 「帝国」日本と「開発主義」の系譜—公害史の再検討 —(日韓次世代学術フォーラム第11回国際学術大会)
開催年月日:
発表年月日: 2014年06月28日
立命館アジア太平洋大学
31. 清津港の「開発」と朝鮮東北部社会―日露戦争から1920年代まで―(「日韓相互認識」研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2014年01月12日
一橋大学
32. 朝鮮植民地支配と公害—「開発」と地域をめぐって―(東京学芸大学史学会2013年度大会)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2013年06月16日
東京学芸大学
33. 日露戦争と朝鮮の地方社会-日本軍による咸興占領以前の咸鏡道を中心に-(アジア民衆史研究会2012年度第1回研究会)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2012年06月23日
明治大学
34. 歴史教育で災害史をとりあげる視点(シンポジウム歴史教科書いままでとこれからPARTⅧ)
開催年月日:
発表年月日: 2012年06月16日
出版労連本部
35. 育鵬社版・自由社版歴史教科書の近現代史記述の分析-日清・日露戦争と植民地支配を中心に-(シンポジウム歴史教科書いままでとこれからPARTⅦ)
開催年月日:
発表年月日: 2011年06月11日
東京大学農学部
36. 植民地期朝鮮における港湾「開発」と漁村-1930年代の咸北羅津-(東京歴史科学研究会第45回大会)
開催年月日:
発表年月日: 2011年05月28日
立教大学
37. 1930年代朝鮮における港湾都市「開発」と土地収用-咸鏡北道羅津を事例に-(日韓次世代学術フォーラム第7回国際学術大会)
開催年月日:
発表年月日: 2010年06月26日
韓国・全南大学校
38. 1930年代朝鮮における「市街地計画」の展開-咸鏡北道羅津の事例を中心に-(東京歴史科学研究会近代史部会)
開催年月日:
発表年月日: 2010年06月06日
一橋大学
39. 1930年代朝鮮における「開発」と地域支配構造の変容-咸鏡北道羅津の港湾都市建設を事例に-(朝鮮史研究会関東部会月例会)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2010年05月15日
東京大学
40. 歴史教科書のなかの沖縄現代史(シンポジウム歴史教科書いままでとこれからPART V)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2009年03月14日
池袋生活産業プラザ

▼全件表示