森有礼高等教育国際流動化機構国際教育交流センター
太田 陽子(オオタ ヨウコ)

書籍等出版物

1. 超基礎日本語教育のための日本語学
編著)太田, 陽子, 著者)嵐, 洋子, 小口, 悠紀子, 清水, 由貴子, 中石, ゆうこ, 濱川, 祐紀代, 森, 篤嗣, 柳田, 直美 (編集)
くろしお出版 2021年12月 (ISBN:9784874248850)
2. 日本語文法百科
沖森, 卓也 (共著)
朝倉書店 2021年9月 (ISBN:9784254510669)
3. 超基礎 日本語教育 (共著)
森 篤嗣, 太田 陽子, 奥野 由紀子, 小口 悠紀子, 嶋 ちはる, 中石 ゆうこ, 栁田 直美 (共著)
くろしお出版 2019年6月 (ISBN:9784874248034)
4. 文脈をえがく 運用力につながる文法記述の理念と方法
太田 陽子 (単著)
ココ出版 2014年4月 (ISBN:9784904595473)
5. 日本語誤用辞典 外国人学習者の誤用から学ぶ日本語の意味用法と指導のポイント (共著)
市川保子編著, 浅山友貴, 荒巻朋子, 板井美佐, 太田陽子, 坂本まり子, 杉本ろここ, 副島昭夫, 田代ひとみ, 野田景子, 本郷智子 (共著)
スリーエーネットワーク 2010年4月

論文

1. 「文脈化」という視点―「~てある」の練習の検討を例に―
太田 陽子
習ったはずなのに使えない文法 25-44頁 2017年10月
2. 「意見文におけるハズダの機能と文章展開のパターン」 (査読有り)
太田 陽子
日本語教育 140号70-80頁 2009年1月
その他のサイト
3. 日本語話題別会話コーパス : J-TOCC (共著)
中俣尚己, 太田 陽子, 加藤 恵梨, 澤田 浩子, 清水 由貴子, 森 篤嗣
計量国語学 33巻1号 2021年6月
4. 授受表現の教育上の問題点―学習者は授受表現の運用のどこに困難を覚えるのか― (査読有り)
太田 陽子
一橋大学国際教育交流センター紀要 2号5-16頁 2020年8月
5. コーパスにもとづく学習文法項目の選定とレベル設定 : 高等教育機関で学ぶ留学生の日本語学習シラバス構築に向けて(共著) (査読有り)
太田 陽子, 永谷 直子, 中石 ゆうこ
一橋大学国際教育交流センター紀要 = Journal of global education and exchange 1号3-16頁 2019年8月
doi その他のサイト その他のサイト
6. 8種のコーパスに見る技能別特徴項目―高等教育機関で学ぶ留学生のためのシラ バス再考のために (共著) (査読有り)
太田陽子, 永谷直子, 中石ゆうこ
一橋大学国際教育センター紀要 9号85-94頁 2018年8月
doi その他のサイト その他のサイト
7. 上級日本語学習者に見られる文法の問題 ―修士論文の草稿を例に―(共著)
高梨信乃, 齊藤美穂, 朴秀娟, 太田陽子, 庵功雄
阪大日本語研究 29号159-185頁 2017年
その他のサイト その他のサイト
8. 依頼メール作成タスクに見る大学生のポライトネス意識
太田 陽子
相模国文 42巻42号125-136頁 2015年
その他のサイト
9. 「「運用力につながる文法記述」試論 ―モダリティ表現「ハズダ」の分析を通して―」
太田陽子
学位論文(博士) 2008年3月
10. 「文型の意味と誤用訂正―「空が曇っているから、雨が降るはずです」はなぜおかしいか」 (査読有り)
太田 陽子
『講座日本語教育』 42巻42号82-102頁 2006年11月
その他のサイト その他のサイト
11. 「文脈から見たハズダの機能」 (査読有り)
太田 陽子
日本語教育 126号114-123頁 2005年7月
12. 「文型指導における「文脈欠如」の問題点 ―日本語教科書におけるハズダの導入・練習を例に―」 (査読有り)
太田 陽子
『早稲田大学日本語研究教育センター紀要』 17号53-69頁 2004年6月
その他のサイト その他のサイト
13. 「ハズダ」を用いた連体修飾表現について ―「安全なはずの学校」は安全か―
太田 陽子
東京大学留学生センター紀要 12号61-82頁 2002年3月
その他のサイト
14. 「トイウ」を用いた連体修飾表現について
太田 陽子
東京大学留学生センター紀要 10号53-85頁 2000年3月
15. マレーシアにおける日本語教育 ―現地化に向かう現状と問題点―
太田 陽子
一橋大学留学生センター紀要 2号45-55頁 1999年3月
16. 「現代日本語の引用表現に関する研究 ―「トイウ」による連体修飾表現との関わりにおいて―」
太田陽子
学位論文(修士) 1994年3月

▼全件表示

MISC

1. 高等教育機関で学ぶ留学生のためのシラバス構築に向けて : 各Stepにおける文法表現の広がり(共著)
中石 ゆうこ, 永谷 直子, 太田 陽子
県立広島大学総合教育センター紀要 = Bulletin of Comprehensive Education Center Prefectural University of Hiroshima 5号49-57頁 2020年
その他のサイト その他のサイト
2. 『<やさしい日本語>と多文化共生』(庵功雄,岩田一成,佐藤琢三, 栁田直美(編)2019 ココ出版)
太田 陽子
早稲田日本語教育学 29号126-130頁 2019年
3. 様子・予想・傾向を表す表現
太田 陽子
シリーズ監修山内博之・中俣尚己編『コーパスから始まる例文作り』 67-90頁 2017年
4. 新しい日本語教材―文法―(共著)
太田陽子, 永谷直子, 中石ゆうこ, 高橋紗弥子
ことばと文字 4号64-72頁 2015年
5. 外国にルーツを持つ生徒のための日本語教材(共著)
志村ゆかり, 宮部真由美, 太田陽子
ことばと文字 4号30-36頁 2015年
6. 自立と社会参加のための日本語力育成の課題 : "外国につながる" 高校生のための日本語教材開発に向けて
太田 陽子
相模国文 40巻87-100頁 2013年3月
その他のサイト
7. 「学習者の産出例から運用のために必要な情報を考える ―ハズダの共起表現と類義表現に着目して―」
太田 陽子
庵功雄・森篤嗣編『日本語教育文法のための多様なアプローチ』 129-151頁 2011年
8. 「会話作成タスクにみるハズダの学習上の問題点」
太田 陽子
『日本語論叢―岩淵匡教授古希記念特別号』 303-315頁 2007年

▼全件表示

講演・口頭発表等

No. 会議名 開催・発表年月日 開催地
1. 「日本語話題別会話コーパス:J-TOCC」の構築(NINJAL国際シンポジウム 第11回 日本語実用言語学国際会議 (ICPLJ11))
開催年月日:
発表年月日: 2020年12月
2. 教授法と教材・教具(くろしお出版 「日本語教師の育て方 ―『超基礎・日本語教育』を使った日本語教師養成―」オンラインセミナー)
開催年月日:
発表年月日: 2020年11月07日
3. 「文脈化」という視点 ―「知っている」と「使える」をつなぐ試み―(岡山大学基幹教育センター日本語教育部門特別公開講座)
開催年月日:
発表年月日: 2018年09月29日
4. パネルセッション“Grammar Syllabus Reconstruction based on Japanese Corpora; Selecting minimum contents for academic achievement.”(2018年度日本語教育国際研究大会)
開催年月日:
発表年月日: 2018年08月
5. 教育実習を通じて認識される課題の変容 ―教育実習前後の比較から―(2018年日本語教育学会春季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2018年05月
6. 「本当は似ていない(かもしれない)類義表現」(応用日本語学研究会主催 日本語教員向けワークショップ『コーパスから始まる例文作り』【第2回 東京会場】)
開催年月日:
発表年月日: 2018年03月04日
7. 「本当は似ていない(かもしれない)類義表現」(応用日本語学研究会主催 日本語教員向けワークショップ『コーパスから始まる例文作り』【第1回 関西会場】)
開催年月日:
発表年月日: 2017年10月14日
8. パネル発表『漢字指導と漢字学習を再考する ―問題解決に向けた理念と方略―』(早稲田日本語教育学会2017秋季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2017年09月
9. パネル発表『文法の教え方を探る―授受表現を例に―』「使用文脈に合わせて使う ―学習者にとって難しいこと―」(日本語教育学会2017年春季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2017年05月
10. 現場の疑問と研究をつなぐ(日本女子大学学術交流・日本女子大学大学院文学研究科主催公開シンポジウム)
開催年月日:
発表年月日: 2016年12月24日
11. 様子・予想・傾向を表す表現(公開シンポジウム「コーパスから始まる例文づくり」)
開催年月日:
発表年月日: 2016年03月21日
12. 「文脈化」という視点 ―初級教科書の再検討―(日本女子大学学術交流・日本女子大学大学院文学研究科主催公開シンポジウム「知っていること」と「使えること」をつなぐ)
開催年月日:
発表年月日: 2015年12月26日
13. 日本語教育コースの可能性と課題(相模国文研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2009年06月
14. 文型指導における文脈意識の必要性 ―「空が曇っているから 雨が降るはずです」はなぜおかしいか―(カナダ日本語教育振興会2005年度研究発表大会)
開催年月日:
発表年月日: 2005年08月
15. ハズダの機能と文脈化―運用力を高める表現練習のために―(日本語教育学会2003年度秋季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2004年10月
16. 日本語教科書におけるハズダの導入と問題点(韓国日語日文学会国際大会)
開催年月日:
発表年月日: 2003年12月

▼全件表示

受賞

No. 賞名 受賞年月
1. 早稲田大学ティーチングアワード総長賞 2022年2月

共同研究・競争的資金等の研究課題

No. 研究題目 研究種目(提供機関・制度) 研究期間
1. やさしい日本語を鍵概念とする言語教育、言語研究、言語政策に関する総合的研究
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 基盤研究(B) )
2021年4月 ~ 2025年3月
2. 話題が語彙・文法・談話ストラテジーに与える影響の解明
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 基盤研究(B) )
2018年4月 ~ 2022年3月
3. 高等教育機関で学ぶ留学生に対する日本語教育シラバスの再構築
基盤研究(C)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2016年4月 ~ 2019年3月
4. 学習者コーパスから見た日本語習得の難易度に基づく語彙・文法シラバスの構築

( 制度: 大学共同利用機関国立国語研究所共同研究プロジェクト(領域指定型) )
2011年10月 ~ 2014年9月
5. 運用力につながる文法記述のための基礎研究
若手研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2005年4月 ~ 2007年3月