経営管理研究科経営管理専攻
鎌田 裕美(カマタ ヒロミ)

論文

1. コロナ禍・コロナ後の観光 —観光地の住民態度
鎌田裕美
KANSAI 空港レビュー 551巻22-24頁 2021年6月
2. Tourist destination residents’ attitudes towards tourism during and after the COVID-19 pandemic (査読有り)
Hiromi Kamata
Current Issues in Tourism 2021年2月
doi
3. 赴任者等を通じた観光地の集客の可能性
鎌田 裕美
KANSAI 空港レビュー 476号23-25頁 2018年7月
その他のサイト
4. 観光と旅行者の行動
鎌田 裕美
入門 観光学 28-40頁 2018年3月
5. The Meaning of Spa Tourism for Japanese (査読有り)
Hiromi Kamata
Asian Cultures and Contemporary Tourism 123-143頁 2018年2月
doi その他のサイト
6. Characteristics of Tourist Segments -Their Motivation and the Lifestyle (査読有り)
Hiromi Kamata
4th World Research Summit for Tourism and Hospitaity 2017年12月
7. 空港の満足度に関する一考察
鎌田 裕美
KANSAI 空港レビュー 463号22-24頁 2017年6月
その他のサイト
8. 観光における空港・航空サービスの役割
鎌田 裕美
航空環境研究 21巻15-19頁 2017年5月
その他のサイト
9. Tourists' motivations and repeater segments in Japanese spa destinations (査読有り)
Hiromi Kamata
Driving Tourism through Creative Destinations and Activities 20-44頁 2016年12月
doi
10. What is the meaning of " Relaxation " for Japanese Spa Tourists? (査読有り)
Hiromi Kamata
Proceedings of Euro-CHRIE Conference 2016年10月
11. Differentiating Between Okinawa and Hawaii Tourists -The Motivations of Japanese Tourists (査読有り)
Hiromi Kamata
Proceedings of The 2016 International Social Sciences Humanities and Education Research Conference in Zurich 2016年8月
12. A Segmentation Analysis of Japanese Spa Tourists (査読有り)
Hiromi Kamata
Journal of Tourism & Services 7巻12号20-37頁 2016年6月
その他のサイト
13. 日本の空港はいま:庄内地域の企業と庄内空港および 地域のつながり
鎌田 裕美
ていくおふ 141巻33-41頁 2016年3月
14. 温泉客の特性と集客戦略に関する研究: ベネフィットセグメンテーションに基づくアプローチ
鎌田 裕美
研究助成成果報告書(公益財団法人小田急財団) 2016年2月
15. The Possibility of Creating a Support System for a Disaster-affected Tourist Destination (査読有り)
Hiromi Kamata
Proceedings of 4th Travel and Tourism Research Association, Asia-Pacific Chapter 2015年12月
16. The Relationship between Motivation, Overall Satisfaction, and the Intention to Repeat in Segmented Tourist Groups: The Case of Japanese Spa Tourists (共著) (査読有り)
Hiromi Kamata, Yuki Misui
Proceedings of 3rd World Research Summit for Tourism and Hospitality 2015年12月
17. Japanese Wellbeing Tourists: Motivation Factors and Segments
Hiromi Kamata, Yuki Misui
Proceedings of 6th Advances in Tourism Marketing Conference 209-214頁 2015年9月
18. Why Do They Choose A Spa Destination?: The Case of Japanese Tourists (共著) (査読有り)
Hiromi Kamata, Yuki Misui
Tourism Economics 21巻2号283-305頁 2015年4月
doi
19. 若者と海外旅行
鎌田 裕美
KANSAI 空港レビュー 437号24-27頁 2015年4月
その他のサイト
20. The Difference of Japanese Spa Tourists Motivation in Weekends and Weekdays (共著)
Hiromi Kamata, Yuki Misui
Procedia - Social and Behavioral Sciences 175巻210-218頁 2015年
doi
21. 空港の魅力と観光
鎌田 裕美
空港経営と地域―航空・空港政策のフロンティア 211-227頁 2014年8月
22. 世界のPPP/PFIの実施状況 (共著)
井深 陽子, 濱秋 純哉, 鎌田 裕美
運輸・交通インフラと民力活用:PPP/PFIのファイナンスとガバナンス 2014年7月
23. PPP/PFIの成功要因・評価方法の研究動向 (共著)
井深 陽子, 濱秋 純哉, 鎌田 裕美
運輸・交通インフラと民力活用:PPP/PFIのファイナンスとガバナンス 2014年7月
24. Why Do They Choose Spa Destination?: A Case of Japanese Spa Tourists (共著) (査読有り)
Hiromi Kamata
Proceedings of Quantitative Approaches in Tourism Economics and Management 2014年5月
25. データにみる日本の観光の今後
鎌田 裕美
運輸と経済 800号185-188頁 2014年2月
26. A Comparison of Japanese Tourists Segmentation by Push Motivation at "Peak" and "Around the Peak" (共著) (査読有り)
Hiromi Kamata, Yuki Misui
Proceedings of 2nd World Research Summit for Tourism and Hospitality 2013年12月
27. Where do Spa tourists come from?: An Application of Huff Model to Japanese Spa Destination (共著) (査読有り)
Yuki Misui, Hiromi Kamata
Proceedings of 44th Travel and Tourism Research Association 2013年6月
28. Tourist Segmentation by the Motivation: A Case of Japanese Tourists (共著) (査読有り)
Hiromi Kamata, Yuki Misui
Proceedings of 44th Travel and Tourism Research Association 2013年6月
29. 空港の魅力と観光
鎌田 裕美
空港経営と地域・研究報告書(一般財団法人 関西空港調査会) 2013年6月
30. Evaluation of Japan as a Tourist Destination: Case of East Asian People Who Have Been to Japan (共著) (査読有り)
Ichiro Furukawa, Chunji Jin, Hiromi Kamata
The International Journal of Hospitality and Tourism 2巻1号80-95頁 2012年4月
その他のサイト
31. How to Attract More Tourists? (共著) (査読有り)
Hiromi Kamata, Yuki Misui, Hirotaka Yamauchi
Tourism Review 65巻2号28-40頁 2010年7月
doi

▼全件表示

講演・口頭発表等

No. 会議名 開催・発表年月日 開催地
1. ワクチン接種とXenophobia(日本マーケティング・サイエンス学会)
開催年月日:
発表年月日: 2021年06月12日
2. The motivations of Taiwanese repeat visitors to Japan(International Tourism Conference Dubrovnik (ITCD))
開催年月日:
発表年月日: 2019年11月06日
3. インバウンド客の再訪意向〜台湾人観光客のケース〜(日本マーケティング学会リサーチプロジェクト合同研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2018年03月17日
中央大学後楽園キャンパス
4. アジアからのインバウンド客 ―リピーターに関する研究―(日本マーケティング・サイエンス学会)
開催年月日:
発表年月日: 2018年12月01日
電通ホール
5. ライフスタイルと再訪意向に関する考察(日本マーケティング・サイエンス学会)
開催年月日:
発表年月日: 2017年06月18日
慶應義塾大学
6. Characteristics of Tourist Segments -Their Motivation and the Lifestyle(4th World Research Summit for Tourism and Hospitality)
開催年月日:
発表年月日: 2017年12月09日
Rosen College of Hospitality Management, University of Central Florida, Orlando, FL, U.S.A.
7. リゾート客の旅行動機 ー観光地間の比較ー(日本マーケティング・サイエンス学会)
開催年月日:
発表年月日: 2016年11月26日
大阪大学
8. Japanese Wellbeing Tourists: Motivation Factors and Segments(6th Advances in Tourism Marketing Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2015年09月08日
Joensuu, Finland
9. 温泉客の特徴: 旅行動機、満足度、再訪意向の関係(日本マーケティング学会)
開催年月日:
発表年月日: 2015年11月29日
早稲田大学
10. 温泉旅行の旅行動機とその特徴―ベネフィット・セグメンテーションによるアプローチ―(日本計画行政学会)
開催年月日:
発表年月日: 2014年09月12日
一橋大学
11. 温泉観光客の旅行動機とその特徴―休日と平日の違い―(日本マーケティング・サイエンス学会)
開催年月日:
発表年月日: 2014年11月29日
筑波大学 東京キャンパス
12. A Comparison of Japanese Tourists Segmentation by Push Motivation at “Peak” and “Around the Peak”(2nd World Research Summit for Tourism and Hospitality)
開催年月日:
発表年月日: 2013年12月15日
Orlando, FL, U.S.A.
13. Why Do They Choose Spa Destination?―A Case of Japanese Spa Tourists(Quantitative Approaches in Tourism Economics and Management)
開催年月日:
発表年月日: 2014年05月09日
Narita, Chiba, Japan
14. Differentiating Between Okinawa and Hawaii Tourists -The Motivations of Japanese Tourists(The 2016 International Social Sciences Humanities and Education Research Conference in Zurich)
開催年月日:
発表年月日: 2016年08月04日
Zurich, Switerland
15. What is the meaning of " Relaxation " for Japanese Spa Tourists?(Euro-CHRIE)
開催年月日:
発表年月日: 2016年10月26日
Budapest, Hungary
16. The Possibility of Creating a Support System for a Disaster-affected Tourist Destination(4th Travel and Tourism Research Association, Asia-Pacific Chapter)
開催年月日:
発表年月日: 2015年12月06日
Meiji University, Tokyo, Japan
17. The Relationship between Motivation, Overall Satisfaction, and the Intention to Repeat in Segmented Tourist Groups: The Case of Japanese Spa Tourists(3rd World Research Summit for Tourism and Hospitality)
開催年月日:
発表年月日: 2015年12月15日
アメリカ合衆国フロリダ州オーランド
18. 観光地における住民態度―兵庫県豊岡市の調査―(日本マーケティング・サイエンス学会)
開催年月日:
発表年月日: 2020年12月05日
19. 旅行動機からみる観光客のセグメント化の試み(日本マーケティング・サイエンス学会)
開催年月日:
発表年月日: 2013年06月08日
長崎大学
20. Tourist Segmentation by the Motivation: A Case of Japanese Tourists(44th Travel and Tourism Research Association)
開催年月日:
発表年月日: 2013年06月20日
Kansas City, MO, U.S.A.

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

No. 研究題目 研究種目(提供機関・制度) 研究期間
1. Inducing pro-environmental behavior in tourists for the sustainable development of Japan's tourism and hospitality industries
国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
( 制度: 科学研究費助成事業 )
2020年10月 ~ 2025年3月
2. 訪日観光客のリピート行動要因に関する研究
その他のサイト
基盤研究(C)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2020年4月 ~ 2023年3月
3. 観光客の動機・満足度・再訪意向の関係とリピーター創造に関する研究
その他のサイト
若手研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2016年4月 ~ 2019年3月
4. ベネフィットセグメンテーションによる温泉観光客の特性に関する研究
その他のサイト
若手研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2014年4月 ~ 2016年3月