経営管理研究科国際企業戦略専攻
鈴木 智子(スズキ サトコ)

書籍等出版物

1. 世界のラグジュアリーブランドはいま何をしているのか?
Hanania, Yves, Musnik, Isabelle, Gaillochet, Philippe, 名取, 祥子, 鈴木, 智子 (経営学) (共著)
東洋経済新報社 2023年12月 (ISBN:9784492558300)
2. The SAGE handbook of service-dominant logic
Satoko Suzuki, Yutaka Yamauchi (分担執筆)
Sage Publications 2018年11月 (ISBN:9781526402837)
3. Gifts, romance, and consumer culture
Saori Kanno, Satoko Suzuki (分担執筆)
Routledge 2018年 (ISBN:9781138500709)
4. The role of creativity in the management of innovation: State of the art and future research outlook
Ken Fujiwara, Kosuke Takemura, Satoko Suzuki (分担執筆)
World Scientific 2017年5月 (ISBN:9781786342003)
5. 1からの消費者行動
鈴木 智子 (分担執筆)
碩学舎 2016年1月 (ISBN:4502161519)
6. ソロモン消費者行動論
松井 剛, 大竹 光寿, 北村 真琴, 鈴木 智子, 西川 英彦, 朴 宰佑, 水越 康介 (共訳)
丸善出版株式会社 2015年1月 (ISBN:4621088777)
7. 日本型クリエイティブ・サービスの時代:「おもてなし」への科学的接近
鈴木 智子 (分担執筆)
日本評論社 2014年10月 (ISBN:4535557993)
8. イノベーションの普及における正当化とフレーミングの役割:「自分へのご褒美」消費の事例から
鈴木 智子
白桃書房 2013年3月 (ISBN:4561266127)
9. Advanced series in management, Volume 11, Social media in strategic management
Satoko Suzuki, Kosuke Takemura (分担執筆)
Emerald 2013年

▼全件表示

論文

1. 沖電気工業 ――デザイン思考の浸透と全員参加型イノベーションの推進
鈴木 智子
一橋ビジネスレビュー 71巻4号120-133頁 2024年3月
2. パナソニック・ホールディングス センター・オブ・エクセレンスとしての中国事業
鈴木智子, 王 国堅, 沙 辰
一橋ビジネスレビュー 71巻2号136-151頁 2023年9月
3. The impact of gender-role-orientations on subjective career success: A multilevel study of 36 societies (査読有り)
Jane Terpstra-Tong, David A. Ralston, Len Treviño, Charlotte Karam, Olivier Furrer, Fabian Froese, Brian Tjemkes, Fidel León Darder, Malika Richards, Marina Dabic, Yongjuan Li, Pingping Fu, Mario Molteni, Ian Palmer, Zuzana Tučková, Erna Szabo, Gabrielle Poeschl, Martin Hemmert, Arif Butt, Teresa de la Garza, Dalia Susniene, Satoko Suzuki, Narasimhan Srinivasan, Jamie Ruiz Gutierrez, Antonin Ricard, Zoltán Buzády, Luis Sigala Paparella, Oswaldo Morales, Vik Naidoo, Maria Kangasniemi-Haapala, Tevfik Dalgic, Ruth Alas, Vojko Potocan, Ajantha S. Dharmasiri, Yongqing Fang, Calvin Burns, Marian Crowley-Henry
Journal of Vocational Behavior 138巻103773頁 2022年10月
doi
4. The role of brand coolness in the masstige co-branding of luxury and mass brands (査読有り)
Satoko Suzuki, Saori Kanno
Journal of Business Research 149巻240-249頁 2022年10月
doi
5. ビジネス・ケース-No.180 ヤマトグループ-標準化とオープン化による物流改革への挑戦
鈴木 智子, 今岡 植
一橋ビジネスレビュー 70巻1号140-155頁 2022年6月
6. ビジネス・ケース-CASE No.177 カイハラ-Makuakeプロジェクトを通じたB2Cへの挑戦
鈴木 智子
一橋ビジネスレビュー 69巻4号118-131頁 2022年3月
7. Product Creativity as an Identity Issue: Through the Eyes of New Product Development Team Members (査読有り)
Park, J.S., Suzuki, S.
Frontiers in Psychology 12巻 2021年7月
doi その他のサイト
8. ビジネス・ケース(No.164)アトラエ : ホラクラシー経営におけるインターナルブランディングの役割
鈴木智子
一橋ビジネスレビュー 68巻2号144-155頁 2020年9月
9. Culture and Business: How Can Cultural Psychologists Contribute to Research on Behaviors in the Marketplace and Workplace? (査読有り)
Takahiko Masuda, Kenichi Ito, Jinju Lee, Satoko Suzuki, Yuto Yasuda, Satoshi Akutsu
Frontiers in Psychology 11巻 2020年7月
doi その他のサイト
10. 全員経営のブランドマネジメント(第6回・最終回)全員経営のブランドマネジメントの原理原則
鈴木智子
一橋ビジネスレビュー 68巻1号108-117頁 2020年6月
11. 全員経営のブランドマネジメント(第5回)全員経営のブランドマネジメントの実践
鈴木智子
一橋ビジネスレビュー 67巻4号118-131頁 2020年3月
12. Charitable behavior in China under the Charity Law: Evaluation of charity advertisements involving in-groups and out-groups (査読有り)
Suzuki, S., Kohlbacher, F., Akutsu, S.
International Journal of Nonprofit and Voluntary Sector Marketing 26巻3号 2020年
doi その他のサイト その他のサイト
13. 全員経営のブランドマネジメント(第4回)人がブランドをつくり育てる
鈴木智子
一橋ビジネスレビュー 67巻3号104-115頁 2019年12月
14. ビジネス・ケース(No.155)ネスレ日本 : マスブランド「キットカット」のプレミアム化戦略
鈴木智子, 野ヶ本直子
一橋ビジネスレビュー 67巻2号112-121頁 2019年9月
15. 全員経営のブランドマネジメント(第3回)個の能力<組織の能力
鈴木智子
一橋ビジネスレビュー 67巻2号100-111頁 2019年9月
16. 全員経営のブランドマネジメント(第2回)ブランドとは何か
鈴木智子
一橋ビジネスレビュー 67巻1号94-105頁 2019年6月
17. 全員経営のブランドマネジメント(第1回)ブランドがなぜ、今、重要なのか
鈴木智子
一橋ビジネスレビュー 66巻4号78-89頁 2019年3月
18. Emotional fortification: Indulgent consumption and emotion reappraisal and their implications for well-being (査読有り)
Suzuki, S., Hamamura, T., Takemura, K.
Journal of Consumer Behaviour 18巻1号25-31頁 2019年
doi その他のサイト
19. ビジネス・ケース(No.144)8番らーめん:大衆のための日本式ラーメンの海外展開
鈴木 智子
一橋ビジネスレビュー 66巻1号142-154頁 2018年6月
20. 結果またはプロセス重視のサービス・リカバリーに対する評価と行為同定の関係 (査読有り)
鈴木 智子, 竹村 幸祐, 浜村 武
流通研究 21巻1号67-75頁 2018年
21. Self-gifting in interdependent cultures: Lonely mothers and self-compassion. (査読有り)
Satoko Suzuki, Saori Kanno
European Advances in Consumer Research 11巻51-54頁 2018年
22. Consumer evaluation of healthy, unpleasant-tasting food and the post-taste effect of positive information (査読有り)
Suzuki, S., Park, J.
Food Quality and Preference 66巻107-110頁 2018年
doi その他のサイト
23. Revisiting the Creation of Meaning by Media: A Perspective from Japan (査読有り)
Satoko Suzuki
Market, Globalization & Development Review 3巻1号 2018年
doi
24. Romantic self-gifts to the “hidden true self”; Self-gifting and multiple selves
Kanno, S., Suzuki, S.
Gifts, Romance, and Consumer Culture 2018年
doi その他のサイト
25. Self-expression and relationship formation in high relational mobility environments: A study of dual users of American and Japanese social networking sites (査読有り)
Kosuke Takemura, Satoko Suzuki
INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY 52巻3号251-255頁 2017年6月
doi
26. Culture and group-based emotions: could group-based emotions be dialectical? (査読有り)
Minjie Lu, Takeshi Hamamura, Bertjan Doosje, Satoko Suzuki, Kosuke Takemura
COGNITION & EMOTION 31巻5号937-949頁 2017年
doi
27. When a smile does no good: Creativity reduction among avoidance-versus approach-oriented individuals in dyadic interactions (査読有り)
Ken Fujiwara, Kosuke Takemura, Satoko Suzuki
International Journal of Innovation Management 20巻4号 2016年5月
doi
28. Contextual Effect of Wealth on Independence: An Examination through Regional Differences in China (査読有り)
Kosuke Takemura, Takeshi Hamamura, Yanjun Guan, Satoko Suzuki
FRONTIERS IN PSYCHOLOGY 7巻 2016年3月
doi
29. 共同ブランドにおける親ブランドの一致に関する考察 ─ 日本における共同ブランド戦略の構築に向けて ─ (査読有り)
鈴木 智子, 阿久津 聡
マーケティングジャーナル 36巻1号72-87頁 2016年
その他のサイト
30. Consuming “to have no self”: Kawaii consumption in Japanese women’s identity work. (査読有り)
Satoko Suzuki, Saori Kanno, Kosuke Mizukoshi, Yoshinori Fujikawa
Advances in Consumer Research 44巻348-352頁 2016年
31. 「おもてなし」で競争優位性を築く海外展開:株式会社ファミリーマート
鈴木 智子
マーケティングジャーナル 34巻3号129-144頁 2015年
その他のサイト
32. Cross-border gatekeeper of foreign creative industry products: The case of manga (Japanese comics) and sushi in French market. (査読有り)
Takeshi Matsui, Satoko Suzuki, Yuichi Washida
Global Marketing Conference at Singapore Proceedings 149-152頁 2014年7月
33. サービス業のグローバル・ブランディングに関する再考─ ユニバーサル・スタジオの事例から ─
鈴木 智子, 竹村 幸祐
マーケティングジャーナル 33巻3号108-126頁 2014年
その他のサイト
34. イノベーションの普及と正当化:「自分へのご褒美」消費の普及を事例にして (査読有り)
鈴木 智子
一橋ビジネスレビュー 61巻5号172-187頁 2013年7月
その他のサイト
35. イノベーションの普及と正当化
鈴木 智子
繊維製品消費科学 54巻13-19頁 2013年4月
36. 社会心理学・文化心理学的視座からの日中関係の検討 : 好意的申し出への反応における内集団バイアス (特集 アジアから見た日本企業) (査読有り)
竹村 幸祐, 浜村 武, 鈴木 智子
組織科学 46巻4号45-55頁 2013年
37. ビジネス・ケース(No.108)資生堂 : グローバル展開 中国における「おもてなし」サービスの活用
鈴木 智子, 原田 緑
一橋ビジネスレビュー 61巻3号142-151頁 2013年
その他のサイト
38. 消費の意味創造システムにおけるメディアの役割の再検討:メディアによる意味の創造 (査読有り)
鈴木 智子
商品研究 58巻3/4号15-29頁 2013年
その他のサイト
39. Dissemination and justification of innovation
Suzuki, S.
Journal of the Japan Research Association for Textile End-Uses 54巻4号 2013年
その他のサイト
40. 消費行動に対する文化的自己観の影響に対する考察 : 弁証法的自己観に着目して (特集 流通の潮流変化)
鈴木 智子, 阿久津 聡
マーケティングジャーナル 32巻1号75-87頁 2012年
その他のサイト その他のサイト
41. I don't need an agreement on my inconsistent consumption preferences: Multiple selves and consumption in Japan (査読有り)
Satoko Suzuki, Satoshi Akutsu
Advances in Consumer Research 40巻469-474頁 2012年
42. Diffusion of self-gift consumer behavior in interdependent cultures: The case of self-reward consumption practice in Japan. (査読有り)
Satoko Suzuki
Hitotsubashi University 2011年8月
43. Managers' rhetorical strategic action in legitimating a new consumption practice: A case of 'jibun e no gohoubi' (self-reward) consumption in Japan. (査読有り)
Satoko Suzuki
Proceedings of the 24th Annual Meeting on the Association of Japanese Business Studies 2011年

▼全件表示

MISC

1. “Ah, it’s so kawaii!” The effect of kawaii emotions on consumer behaviors towards services delivered by robots. (査読有り)
Satoko Suzuki, Anna S. Mattila
Frontiers in Service 2023年7月
2. 共同ブランド(Cobrand)の選好における文化差:弁証法的思考の影響 (査読有り)
鈴木 智子, 阿久津 聡
マーケティングカンファレンス2015 2015年11月
3. Cultural differences in indulgent consumption: The influence of emotion reappraisal tendency (査読有り)
鈴木 智子, 竹村 幸祐, 浜村 武
2015 International Conference of Asian Marketing Associations 2015年10月
4. 職場流動性は 相互協調・相互独立性および 調整・影響志向と関連するか? (査読有り)
竹村 幸祐, 鈴木 智子
日本社会心理学会第56回大会 2015年10月
5. 寄付行為をめぐる日米文化差の研究 (査読有り)
芳賀 麻誉美, 鈴木 智子
日本行動計量学会第43回大会 2015年9月
6. Effects of the focus on goals versus processes of actions on consumers' perceptions of service recovery efforts. (査読有り)
Satoko Suzuki, Kosuke Takemura, Takeshi Hamamura
2015 Naples Forum on Service 2015年6月
7. 味の評価に対する情報の影響について ―「まずい」商品(ネガティブ経験)における 情報提示の順序の影響-
鈴木 智子, 北畑 浩太朗
日本商品学会第66回 2015年6月
8. 目的とプロセスへの焦点の文化差:サービス・リカバリーに対する影響の検討 (査読有り)
鈴木 智子, 竹村 幸祐, 浜村 武
第65回日本商業学会全国研究大会 2015年5月
9. ブランド評価に対する文化の影響に関する探索的調査:ブランド拡張と弁証法的思考 (査読有り)
鈴木 智子, 阿久津 聡
第49回消費者行動研究コンファレンス 2014年11月
10. 相互独立的―相互協調的自己観からみた寄付行動の文化差 (査読有り)
芳賀 麻誉美, 鈴木 智子, 阿久津, 聡, コールバッハ フローリアン
日本マーケティング・サイエンス学会第96回研究大会 2014年11月
11. 顧客満足とサービス提供者のコミュニケーション・スタイルとの関係における接近・回避志向の調整効果 (査読有り)
鈴木 智子, 竹村 幸祐, 藤原 健
マーケティングカンファレンス2014 2014年11月
12. When interdependents do not donate: The effect of fear on charitable giving. (査読有り)
鈴木 智子, 阿久津, 聡, コールバッハ フローリアン
2014 North American Conference of the Association for Consumer Research 2014年10月
13. The internationalization process of the high-context communication services.
Satoko Suzuki, Kosuke Takemura
2014 ICServ 2014年9月
14. 異文化経験は社会的相互作用の中で創造性を高めるか? (査読有り)
竹村 幸祐, 藤原 健, 鈴木 智子
日本心理学会第78回大会 2014年9月
15. 笑顔が人をダメにするとき (査読有り)
藤原 健, 竹村 幸祐, 鈴木 智子
日本心理学会第78回大会 2014年9月
16. 東アジアにおける消費者行動の文化差に関する実証研究:自己贈与消費における日中差と感情調整の役割 (査読有り)
鈴木 智子, 竹村 幸祐, 浜村 武
第64回日本商業学会全国研究大会 2014年6月
17. 高コンテクストサービスのグローバル化:「鮨かねさか」のシンガポール進出の事例から (査読有り)
鈴木 智子, 竹村 幸祐, Tran Nhung Thi Tuyet
サービス学会第2回国内大会 2014年4月
18. 「おもてなし」サービスのグローバル化:ファミリーマートの海外展開の事例から (査読有り)
鈴木 智子, 大賀 暁
サービス学会第2回国内大会 2014年4月
19. When smile decreases others’ creativity: The moderating effect of recipient’s approach-avoidance orientation. (査読有り)
Ken Fujiwara, Kosuke Takemura, Satoko Suzuki
SPSP Nonverbal Behavior Preconference 2014年2月
20. 東アジアにおける消費者行動の文化差に関する実証研究:自己贈与消費における日中差 (査読有り)
鈴木 智子, 竹村 幸祐, 浜村 武
マーケティングカンファレンス2013 2013年11月
21. Linking service characteristics and customer characteristics to customer satisfaction (査読有り)
Satoko Suzuki, Kosuke Takemura, Ken Fujiwara
Second Annual International Conference on Consumer Research and Marketing: Frontiers of Theory, Method and Practice 2013年11月
22. 個人主義が拡張するネットワークと関係流動性: Facebookとmixiにおける自己表現 (査読有り)
竹村 幸祐, 鈴木 智子
日本社会心理学会 第54回大会 2013年11月
23. ブランド評価に対する文化の影響に関する考察: ユニバーサル・スタジオの事例から (査読有り)
鈴木 智子
第47回消費者行動研究コンファレンス 2013年10月
24. SB6-4 サービス提供者のコミュニケーション・スタイルと顧客満足・ロイヤルティの関係における顧客の接近・回避傾向の調整効果(特別セッション 好みの計量特別セッション「マーケティングにおけるサービス研究と行動計量」)
鈴木 智子, 竹村 幸祐, 藤原 健
日本行動計量学会大会発表論文抄録集 41巻372-373頁 2013年9月
25. The Creation of Consumption Practices: Framing Contests among Multiple Firms across Multiple Industries (査読有り)
Satoko Suzuki
ESA 2013 2013年8月
26. Differences in East Asian self-gifting and role of independence within interdependent cultures. (査読有り)
Satoko Suzuki, Kosuke Takemura, Takeshi Hamamura
Society for Consumer Psychology Summer Conference 2013年8月
27. The role of communication styles in the customer selection process: The case of train versus traditional sushi bars (査読有り)
Satoko Suzuki, Kosuke Takemura
2013 Frontiers in Service Conference 2013年7月
28. 高コンテクストサービスにおけるユーザーの淘汰メカニズム:江戸前寿司の事例から (査読有り)
鈴木 智子, 竹村 幸祐
第63回日本商業学会全国研究大会 2013年5月
29. 「おもてなし」サービスのグローバル化:資生堂の中国進出の事例から (査読有り)
鈴木 智子, 原田 緑
サービス学会第1回国内大会 2013年4月
30. 文化に根差した食サービスのグローバル化:「鮨かねさか」のシンガポール進出の事例から (査読有り)
鈴木 智子, 竹村 幸祐
サービス学会第1回国内大会 2013年4月
31. Self-expression as a socially adaptive psychology in "open" societies: A study of dual users of an American (Facebook) and a Japanese (mixi) social networking site (査読有り)
Kosuke Takemura, Satoko Suzuki
9th SPSP Cultural Psychology Preconference 2013年1月
32. Culture and social media: Exploration of differences between the United States and Japan
Satoko Suzuki, Kosuke Takemura
Advanced Series in Management 11巻245-258頁 2013年
doi
33. 日本語版弁証法的自己観尺度(Dialectical Self Scale)の開発 (査読有り)
鈴木 智子, 阿久津 聡, 竹村 幸祐, 浜村 武
日本社会心理学会第53回大会 2012年11月
34. Donating and volunteering in the Aging Society: Perspectives from Post 3-11 Japan. (査読有り)
Florian Kohlbacher, Satoko Suzuki, Satoshi Akutsu
第45回消費者行動研究コンファレンス 2012年10月
35. 寄付行為の文化差に関する探索的研究:日本人の寄付への動機ならびに幸福感との関係から (査読有り)
鈴木 智子, コールバッハ フローリアン, 阿久津 聡
第45回消費者行動研究コンファレンス 2012年10月
36. Social dynamics in diffusion of new consumption practices: Concurrence of actions by firms and media. (査読有り)
Satoko Suzuki
日本商業学会第62回全国大会 2012年5月
37. 消費様式の普及に対するジャーナリズム(メディア言説)の影響:「自分へのご褒美」消費の事例から (査読有り)
鈴木 智子
日本商品学会2011年度秋季全国大会 2011年11月
38. 多面的自己と消費者アイデンティティ・プロジェクト(CIP)に対する文化の影響:弁証法的自己概念の視点から (査読有り)
鈴木 智子
第43回消費者行動研究コンファレンス 2011年11月
39. ラグジュアリー消費における個人志向性の探求:自己アイデンティティ形成の視点から (査読有り)
鈴木 智子
第42回消費者行動研究コンファレンス 2011年6月
40. Role of firms (managers) in legitimizing the self-giving practices in interdependent cultures: The case of 'jibun e no gohoubi' (self-reward) consumption in Japan. (査読有り)
Satoko Suzuki
日本商業学会第61回全国大会 2011年5月
41. ラグジュアリー消費における対人志向性と個人志向性:日本の消費者の購買動向に着目して (査読有り)
鈴木 智子
第41回消費者行動研究コンファレンス 2010年11月

▼全件表示

講演・口頭発表等

No. 会議名 開催・発表年月日 開催地
1. New Product (NP) Creativity and Performance: What Happens When a NP Development Team Pursues Both Novelty and Meaningfulness?(29th IPDMC: Innovation and Product Development Management Conference 2022)
開催年月日: 2022年7月17日 ~ 2022年7月19日
発表年月日: 2022年07月18日
2. マスティージにおけるコ・ブランディング ~パートナ ー選択に関する実証研究~(第63回消費者行動研究コンファレンス)
開催年月日: 2021年10月9日 ~ 2021年10月10日
発表年月日: 2021年10月10日
3. Humans and machines in the emergence of service ecosystems: Addressing false dichotomy by embracing.(The 7th Naples Forum on Service)
開催年月日: 2021年9月6日 ~ 2021年9月9日
発表年月日: 2021年09月09日
4. The Impact of Gender Role Orientations on Subjective Career Success: A Multilevel Study of 36 Societies.(AIB 2021 Online Conference)
開催年月日: 2021年6月28日 ~ 2021年7月2日
発表年月日: 2021年06月29日
5. Independence-Interdependence as a Moderator of Diversity and New Product Creativity.(28th IPDMC: Innovation and Product Development Management Conference 2021)
開催年月日: 2021年6月6日 ~ 2021年6月8日
発表年月日: 2021年06月07日
6. 共同ブランド(Cobrand)の選好における文化差:弁証法的思考の影響(マーケティングカンファレンス2015)
開催年月日: 2015年11月
発表年月日: 2015年11月
7. 職場流動性は 相互協調・相互独立性および 調整・影響志向と関連するか?(日本社会心理学会第56回大会)
開催年月日: 2015年10月
発表年月日: 2015年10月
8. Cultural differences in indulgent consumption: The influence of emotion reappraisal tendency(2015 International Conference of Asian Marketing Associations)
開催年月日: 2015年10月
発表年月日: 2015年10月
9. Marketing city(University of Brawijaya, Malang, Indonesia)
開催年月日:
発表年月日: 2015年09月21日
10. 寄付行為をめぐる日米文化差の研究(日本行動計量学会第43回大会)
開催年月日: 2015年9月
発表年月日: 2015年09月
11. 味の評価に対する情報の影響について ―「まずい」商品(ネガティブ経験)における 情報提示の順序の影響-(日本商品学会第66回)
開催年月日: 2015年6月
発表年月日: 2015年06月
12. Effects of the focus on goals versus processes of actions on consumers' perceptions of service recovery efforts.(2015 Naples Forum on Service)
開催年月日: 2015年6月
発表年月日: 2015年06月
13. Is More Information Always Good? 顧客満足に対するコミュニケーション・スタイルの影響と制御焦点の役割(第117回産業・組織心理学会 消費者行動部会)
開催年月日:
発表年月日: 2015年05月16日
14. 目的とプロセスへの焦点の文化差:サービス・リカバリーに対する影響の検討(第65回日本商業学会全国研究大会)
開催年月日: 2015年5月
発表年月日: 2015年05月
15. Effect of dialectical thinking on brand management.(Kyoto University-UCLA Joint Research Forum)
開催年月日:
発表年月日: 2015年03月24日
16. Is More Information Always Good? The Effect of High- versus Low-Context Communication toward Customer Satisfaction and the Role of Regulatory Focus(Service x Design Research Forum)
開催年月日:
発表年月日: 2015年03月18日
17. 消費者行動研究における定性データの活用:多面的自己と矛盾する消費者行動の研究より(QSRオンラインセミナー)
開催年月日:
発表年月日: 2015年03月13日
18. Effect of Dialectical Thinking on Consumer Behavior / Marketing(ICS Research Positioning)
開催年月日:
発表年月日: 2015年03月11日
19. 食のグローバル化(日本マーケティング学会 第4回クリエイティブ産業とイノベーション研究報告会)
開催年月日:
発表年月日: 2015年02月20日
20. Internationalization of Japanese Creative Services(VNU University of Economics and Business)
開催年月日:
発表年月日: 2015年02月05日
21. おもてなし経営の競争優位性(知恵の場)
開催年月日:
発表年月日: 2015年01月19日
22. 相互独立的―相互協調的自己観からみた寄付行動の文化差(日本マーケティング・サイエンス学会第96回研究大会)
開催年月日: 2014年11月
発表年月日: 2014年11月
23. ブランド評価に対する文化の影響に関する探索的調査:ブランド拡張と弁証法的思考(第49回消費者行動研究コンファレンス)
開催年月日: 2014年11月
発表年月日: 2014年11月
24. 顧客満足とサービス提供者のコミュニケーション・スタイルとの関係における接近・回避志向の調整効果(マーケティングカンファレンス2014)
開催年月日: 2014年11月
発表年月日: 2014年11月
25. The Internationalization Process of the Japanese Creative Services(Konkuk University-Kyoto University Joint Symposium)
開催年月日:
発表年月日: 2014年10月17日
26. 日本型クリエイティブ・サービスの時代:『おもてなし』への科学的接近(標準化と品質全国大会2014)
開催年月日:
発表年月日: 2014年10月15日
27. When interdependents do not donate: The effect of fear on charitable giving.(2014 North American Conference of the Association for Consumer Research)
開催年月日: 2014年10月
発表年月日: 2014年10月
28. サービスドミナントロジックの概要(デザイン・イノベーション・コンソーシアム デザインセミナー)
開催年月日:
発表年月日: 2014年09月05日
29. おもてなし経営の概念、そしておもてなし企業選について(おもてなし経営推進フォーラムin大阪)
開催年月日:
発表年月日: 2014年09月04日
30. 笑顔が人をダメにするとき(日本心理学会第78回大会)
開催年月日: 2014年9月
発表年月日: 2014年09月
31. The internationalization process of the high-context communication services.(2014 ICServ)
開催年月日: 2014年9月
発表年月日: 2014年09月
32. 異文化経験は社会的相互作用の中で創造性を高めるか?(日本心理学会第78回大会)
開催年月日: 2014年9月
発表年月日: 2014年09月
33. 日本人の寄付行動と幸福感(第10回「持続可能性と幸福度」大学院生研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2014年07月07日
34. Internationalization of Japanese Creative Services(International University of Japan)
開催年月日:
発表年月日: 2014年06月15日
35. 東アジアにおける消費者行動の文化差に関する実証研究:自己贈与消費における日中差と感情調整の役割(第64回日本商業学会全国研究大会)
開催年月日: 2014年6月
発表年月日: 2014年06月
36. 高コンテクストサービスのグローバル化:「鮨かねさか」のシンガポール進出の事例から(サービス学会第2回国内大会)
開催年月日: 2014年4月
発表年月日: 2014年04月
37. 「おもてなし」サービスのグローバル化:ファミリーマートの海外展開の事例から(サービス学会第2回国内大会)
開催年月日: 2014年4月
発表年月日: 2014年04月
38. サービスデザインを考える:「消費者心理学」「デザイン」「サービス」の観点から(Service Design Roundtable)
開催年月日:
発表年月日: 2014年02月15日
39. ブランド評価に対する文化の影響:ブランド拡張と弁証法的思考(ブランドのグローバル化研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2014年02月10日
40. When smile decreases others’ creativity: The moderating effect of recipient’s approach-avoidance orientation.(SPSP Nonverbal Behavior Preconference)
開催年月日: 2014年2月
発表年月日: 2014年02月
41. サービス提供者と顧客の相互作用:顧客満足と顧客ロイヤルティへの影響(応用地域学会)
開催年月日:
発表年月日: 2013年12月14日
42. 江戸前寿司のグローバル化と親方の役割の変容(第6回サービス・イノベーション国際シンポジウム)
開催年月日:
発表年月日: 2013年11月29日
43. 東アジアにおける消費者行動の文化差に関する実証研究:自己贈与消費における日中差(マーケティングカンファレンス2013)
開催年月日: 2013年11月
発表年月日: 2013年11月
44. Linking service characteristics and customer characteristics to customer satisfaction(Second Annual International Conference on Consumer Research and Marketing: Frontiers of Theory, Method and Practice)
開催年月日: 2013年11月
発表年月日: 2013年11月
45. 消費者行動研究における定性データの活用:多面的自己と矛盾する消費者行動の研究より(NVivoセミナー in 京都)
開催年月日:
発表年月日: 2013年10月10日
46. イノベーションとコミュニケーション(Pleasure Dynamics研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2013年09月06日
47. 深層インタビューに基づく研究例:「多面的自己と矛盾する消費者行動」(JACS Consumer Culture Theory ワークショップ)
開催年月日:
発表年月日: 2013年07月13日
48. The Role of Service Providers' Communication Styles in the Customer Selection Process: The Case of Train vs. Traditional Sushi Bars(Konkuk University)
開催年月日:
発表年月日: 2013年06月20日
49. サービス提供者のコミュニケーション・スタイルと顧客満足・ロイヤルティの関係における顧客の接近・回避傾向の調整効果
開催年月日:
発表年月日: 2013年03月22日
50. 日本料理とグローバル化を考える(日本料理アカデミー 第4回京大MBAによる経営管理ゼミナール)
開催年月日:
発表年月日: 2013年03月16日
51. マーケティング思考で顧客関係を考える(日本料理アカデミー 第2回京大MBAによる経営管理ゼミナール)
開催年月日:
発表年月日: 2012年10月27日
52. Living in a borderless world.(Okayama University)
開催年月日:
発表年月日: 2012年05月29日
53. Diffusion of self-gift consumer behavior in interdependent cultures: The case of 'jibun e no gohoubi' [self-reward] consumption practice in Japan.(DIJ Business & Economics Study Group)
開催年月日:
発表年月日: 2011年12月12日
54. イノベーションの普及と正当化プロセス:『自分へのご褒美』消費の普及を事例にして(IIRサマースクール2011)
開催年月日:
発表年月日: 2011年08月25日

▼全件表示

受賞

No. 賞名 受賞年月
1. 2021 WAIB Best Paper Award 2021年8月
2. Top 10% Most Downloaded Papers (2018-2019) 2019年

共同研究・競争的資金等の研究課題

No. 研究題目 研究種目(提供機関・制度) 研究期間
1. 職場における創造性プロセスの日台比較

( 提供機関: 公益財団法人日本台湾交流協会 )
2022年4月 ~ 2023年3月
2. Cross-cultural empirical research on managing brands over time: Focusing on moderate inconsistency, memory advantage, and dialectical thinking
基盤研究(C)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 基盤研究(C) )
2021年4月 ~ 2024年3月
3. サービスロボットによる「おもてなし」に関する実証研究

( 提供機関: 一般財団法人 田沼グリーンハウス財団 制度: 2020年度 田沼グリーンハウス財団 研究助成 )
2021年4月 ~ 2023年3月
4. 言語を通じた市場創造に関する実証的研究:制度的アプローチ
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 基盤研究(B) )
2018年4月 ~ 2022年3月
5. Theoretical and empirical research in identifying a new determinant of brand management success besides fit: From a dialectical thinking perspective.
若手研究
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 若手研究 )
2018年4月 ~ 2021年3月
6. ダイバーシティの組織双面性への影響:「普遍的-多様的」リーダーの調整効果に関する理論的・実証的研究

( 提供機関: 野村マネジメント・スクール 制度: 学術研究支援プログラム )
2017年7月 ~ 2019年3月
7. 豊かなコンテクストのある超スマート社会のサービス・デザイン

( 提供機関: 国立研究開発法人科学技術振興機構 制度: 社会技術研究開発 )
2016年4月 ~ 2017年3月
8. Cross-cultural empirical research on cultural differences in inconsistent brand image evaluation: The influence of dialectical thinking.
その他のサイト
若手研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 若手研究(B) )
2015年4月 ~ 2018年3月
9. 経験・信頼に基づく知識活用型サービスバリューチェーンの実証研究
その他のサイト
基盤研究(A)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 基盤研究(A) )
2013年4月 ~ 2018年3月
10. クリエイティブ産業の海外進出に関する実証的研究:異文化ゲートキーパーに着目して
その他のサイト
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 基盤研究(B) )
2013年4月 ~ 2018年3月
11. 素朴弁証法の日本人の消費行動への影響に関する実証研究
その他のサイト
挑戦的萌芽研究
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究 )
2012年4月 ~ 2015年3月

▼全件表示