森有礼高等教育国際流動化機構国際教育交流センター
早川 杏子(ハヤカワ キョウコ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

研究論文

1.中国語母語話者は和製漢語を正しく意味推測できるのか―日本語未習者への調査から―(共著)
中国語話者のための日本語教育研究 9巻69-83頁 2018年 学術雑誌
2.中国人日本語学習者の日中同形同義語の品詞性の習得―語彙知識・文法知識との因果関係―(共著)
第二言語としての日本語の習得研究 20巻63-79頁 2017年 学術雑誌
3.日中二字漢字語における客観的音韻類似性指標―主観的音韻類似性指標との比較-(共著)
関西学院大学日本語教育センター紀要 6巻21-34頁 2017年 大学紀要
4.JSL 生徒対象の漢字教育見直しに関する基礎的研究―理科教科書の音訓率を中心に―(共著)
人文・自然研究 11巻4-19頁 2017年 大学紀要
5.日中対照漢字二字熟語データベース(共著)
明治大学国際日本学研究 9巻1号209-231頁 2017年 学術雑誌
6.中国語を母語とする日本語学習者による主語標識の理解に対する文法的諸要因(共著)
中国語話者のための日本語教育研究 7巻45-61頁 2016年 学術雑誌
7.日本語聴解能力測定のためのテスト開発と信頼性の検討─中国語および韓国語を母語とする日本語学習者のデータによる評価─(共著)
関西学院大学日本語教育センター紀要 5巻31-45頁 2016年 大学紀要
8.Triple operations of rendaku processing: Native Chinese and Korean speakers learning Japanese(共著)
Journal of Japanese Linguistics 32巻31-55頁 2016年 学術雑誌
9.改訂版・構造分類による日本語文法知識テストの開発─中国人日本語学習者のデータによるテスト評価─(共著)
ことばの科学 29巻5-24頁 2015年 学術雑誌
10.第2言語における動詞特性と格助詞習得の関係:中国人日本語学習者を対象とした活動動詞におけるニとヲの習得(共著)
Studies in Language Sciences 14巻163-146頁 2015年 学術雑誌
11.The incrementality of Mayan Kaqchikel phonological encoding: right or leftwards?(共著)
Open Journal of Modern Linguistics 5巻2号135-146頁 2015年 学術雑誌
12.Task effects on sentence processing using eye-tracking(共著)
ことばの科学 28巻91-110頁 2014年 学術雑誌
13.和製英語の理解における英語および日本語の語彙知識の影響―中国華東地域の日本語学習者を例に―(共著)
日本教科教育学会誌 36巻4号23-32頁 2014年 学術雑誌
14.中国人日本語学習者の場所を表す格助詞「で」と「に」の習得に影響する諸要因(共著)
日中言語研究と日本語教育 6巻59-70頁 2013年 学術雑誌
15.中国人・韓国人日本語学習者による視覚・聴覚呈示の言語間同形同義・言語間異形同義の二字漢字語の処理(共著)
小出記念日本語教育研究会論文集 20巻17-32頁 2012年 学術雑誌
16.音声から書字への転換とその聴解への影響―英語から日本語に借用された外来語の韓国人日本語学習者による書き取りを例に―(共著)
日本學報 87巻69-80頁 2011年 学術雑誌
17.中国語を母語とする日本語学習者による漢字語の音韻処理-日本語の同形同義語・同形異義語・異形異義語の比較検討-
日中言語研究と日本語教育 3巻100-110頁 2010年 学術雑誌

その他

1.二言語併用話者による語彙認知処理研究の概観―中国語を母語とする日本語学習者による漢字語の音韻処理に焦点を当てて―
ことばの科学 24巻41-60頁 2011年 学術雑誌

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.動詞と共起する名詞群の検索エンジンの構築および共起知識の読解と聴解への影響
挑戦的萌芽研究2016年度~2017年度
2.やさしい日本語を用いた年少の言語的少数者向け総合日本語教材開発のための総合的研究
基盤研究(B)2017年度~2020年度
3.形態と音韻の相互作用が第2言語の語彙処理にもたらす効果
若手研究(B)2015年度~2017年度
4.日本語学習者の多義語の意味推測を促す要因の検討
基盤研究(C)2015年度~2016年度
5.やさしい日本語を用いた言語的少数者に対する言語保障の枠組み策定のための総合的研究
基盤研究(A)2015年度~2016年度
前のページへ戻る