森有礼高等教育国際流動化機構
Gherghel Claudia Emilia(ゲルゲル クラウディア エミリア)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

研究論文

1.The meaning of kindness and gratitude in Japan: A mixed-methods study(共著)
International Journal of Wellbeing 10 巻4号55-73頁 2020年 学術雑誌
doi
2.Culture moderates the association between social expectations regarding helping and positive affect (共著)
実験社会心理学研究 2020年 学術雑誌
doi
3.Culture, morality, and the effect of prosocial behavior motivation on positive affect (共著)
Ethics and Behavior 30巻2号126-149頁 2020年 学術雑誌
doi
4.Prosocial behavior and well-being in different cultures(共著)
名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 心理発達科学 66巻17-30頁 2019年 大学紀要
doi
5.The relationship between frequency of performing acts of kindness and subjective well-being: A mediation model in three cultures (共著)
Current Psychology 2019年 学術雑誌
doi
6.Quieting the ego through group activities: A thematic analysis of Romanian and Japanese students' positive group experiences (共著)
Journal of Happiness Studies 19巻5号1283-1303頁 2018年 学術雑誌
doi

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.International Registration Award (Society for Personality and Social Psychology)2020年09月
2.大学院生・若手研究者海外学会発表支援制度(日本社会心理学会)2020年05月
3.優秀学会発表賞(日本グループダイナミックス学会)2018年09月
4.教育発達科学研究科国際学会等派遣事業(名古屋大学)2017年06月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.Helping more when it's expected: The effect of culture and obligation to help on prosocial effort(Society for Personality and Social Psychology Convention)
2021年02月~2021年09月オンライン
2.Comment to Fan Xiao "Money-helping behavior effects on subjective wellbeing distinguished by dissimilar interpersonal relations: Evidence from China"(日本応用経済学会秋季大会)
2020年11月オンライン
3.向社会的行動の実行が行為者のポジティブ感情に与える影響― 他者からの要請の有無に着目した3ヵ国比較(日本心理学会大会第84回)
2020年09月~2020年11月
4.向社会的行動が関係性欲求を高める効果は長続きしない?(日本心理学会大会第83回)
2019年09月大阪
5.The kinder I am, the happier I feel: The relationship between kindness and well-being in three cultures(13th Biennial Asian Association of Social Psychology Conference)
2019年07月Taiwan, Taipei
6.Culture, moral discourse and motivation to perform kind acts(日本グループダイナミックス学会第65回大会)
2018年09月神戸
7.親切行動を行う意欲がポジティブ感情に与える影響―コミュニティ倫理の調整効果に着目して(日本社会心理学会第59回大会)
2018年08月大阪
8.The effect of perceived duty and desire to be kind on expected positive affect( 24th Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology)
2018年07月Guelph, Canada
9.ルーマニア人と日本人の道徳基盤(社会心理学会第58回大会)
2017年10月広島
10.The moderating effect of moral foundations on the relationship between positive activity involvement and well-being(15th Annual Meeting International Society for Quality of Life Studies)
2017年09月Innsbruck, Austria
11.文化が感謝表出と親切行動の自己決定的動機づけに与える影響(社会心理学会第57回大会)
2016年09月大阪
12.The relationship between moral foundations and motivation to engage in positive activities(31st International Congress of Psychology)
2016年07月横浜
13.Happy by being grateful: Effect of culture, moral foundations and the reciprocity norm on self-determined motivation to express gratitude(23rd Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology)
2016年07月名古屋

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.向社会的課題への取り組みを促進する対人的相互作用
研究活動スタート支援2020年度~2021年度
2.向社会的行動によるウェル・ビーイング促進効果に及ぼす文化とモラリティーの調整効果
特別研究員奨励費2018年度~2019年度
前のページへ戻る