社会学研究科
佐藤 圭一(サトウ ケイイチ)

書籍等出版物

1. Theories of the policy process
Weible, Christopher M. (分担執筆)
Routledge 2023年6月 (ISBN:9781032311241)
その他のサイト
2. 環境社会学事典
環境社会学会 (分担執筆)
丸善出版 2023年3月 (ISBN:9784621307540)
その他のサイト
3. 気候変動政策の社会学――日本は変われるのか
長谷川公一, 品田知美編, 長谷川公一, 品田知美 (分担執筆)
昭和堂 2016年6月 (ISBN:4812215536)
4. 脱原発をめざす市民活動――3・11社会運動の社会学
町村敬志, 佐藤圭一, 町村 敬志, 佐藤 圭一 (共編者(共編著者))
新曜社 2016年2月 (ISBN:4788514508)
5. 資本主義と危機 : 世界の知識人からの警告
Markus Gabriel, Immanuel Maurice Wallerstein, Nancy Fraser, Axel Honneth, John Bellamy Foster, 大河内泰樹, 斎藤幸平, Gaël Curty著(斎藤幸平, 瀬川真吾, 徳地真弥, 佐藤圭一, 山崎亮介訳) (単訳)
岩波書店 2021年5月 (ISBN:9784000614719)
その他のサイト
6. 3・11後の社会運動 : 8万人のデータから分かったこと
樋口, 直人, 松谷, 満 (分担執筆)
筑摩書房 2020年6月 (ISBN:9784480016980)
その他のサイト
7. 3・11後の社会運動 : 8万人のデータから分かったこと
樋口, 直人, 松谷, 満 (分担執筆)
筑摩書房 2020年6月 (ISBN:9784480016980)
その他のサイト
8. 『環境政策史――なぜいま歴史から問うのか』
西澤栄一郎, 喜多川進編 (分担執筆)
ミネルヴァ書房 2017年3月 (ISBN:9784623078714)

▼全件表示

論文

1. Shared Positions on Divisive Beliefs Explain Interorganizational Collaboration: Evidence from Climate Change Policy Subsystems in 11 Countries (査読有り)
Aasa Karimo, Paul M Wagner, Ana Delicado, James Goodman, Antti Gronow, Myanna Lahsen, Tze-Luen Lin, Petr Ocelík, Volker Schneider, Keiichi Satoh, Luisa Schmidt, Sun-Jin Yun, Tuomas Ylä-Anttila
Journal of Public Administration Research and Theory 2023年6月
doi
2. Network analysis of scientific advisory committee integration in climate change policy: A comparison of Germany and Japan (査読有り)
Melanie Nagel, Keiichi Satoh, Adam Douglas Henry
PLOS Climate 2巻6号e0000222頁 2023年6月
doi その他のサイト
3. Net-zero carbon declarations by Japanese local governments: What caused the domino-like diffusion? (査読有り)
Takashi Nakazawa, Keiichi Satoh, Gregory Trencher, Tomoyuki Tatsumi, Koichi Hasegawa
Review of Policy Research 40巻6号853-893頁 2023年2月
doi その他のサイト
4. The Advocacy Coalition Index: A new approach for identifying advocacy coalitions (査読有り)
Keiichi Satoh, Antti Gronow, Tuomas Ylä‐Anttila
Policy Studies Journal 51巻1号187-207頁 2023年2月
doi
5. Left-libertarian values and post-Fukushima social movements: Analyzing newcomers to protests in Japan (査読有り)
Keiichi Satoh
Contemporary Japan 34巻2号157-186頁 2022年7月
doi
6. Of devils, angels and brokers: how social network positions affect misperceptions of political influence (査読有り)
Antti Gronow, Keiichi Satoh, Tuomas Ylä-Anttila, Christopher M. Weible
Journal of European Public Policy early view巻1-24頁 2022年3月
doi その他のサイト
7. Connections result in a general upsurge of protests: egocentric network analysis of social movement organizations after the Fukushima Nuclear Accident (査読有り)
Keiichi Satoh, Wan Yin Kimberly Fung, Keisuke Mori
Social Movement Studies 21巻1-2号79-102頁 2022年3月
doi その他のサイト
8. Organizational roles and network effects on ideational influence in science-policy interface: Climate policy networks in Germany and Japan (査読有り)
Keiichi Satoh, Melanie Nagel, Volker Schneider
Social Networks Early view巻 2022年2月
doi その他のサイト
9. Refining the Multiple Streams Framework’s Integration Concept: Renewable Energy Policy and Ecological Modernization in Germany and Japan in Comparative Perspective (査読有り)
Vilém Novotný, Keiichi Satoh, Melanie Nagel
Journal of Comparative Policy Analysis: Research and Practice 23巻3号1-19頁 2021年5月
doi その他のサイト
10. Vertical and Horizontal Networks Revisited: Exploring Their Effects on Attitudes and Advocacy Toward Nuclear Energy (査読有り)
Keiichi Satoh, Tobias Weiss
Social Science Japan Journal 24巻1号85-113頁 2021年3月
doi その他のサイト
11. 地方自治体の2050年二酸化炭素排出実質ゼロ宣言: 気候変動政策に関する自治体調査から (査読有り)
辰巳智行, 中澤高師, 佐藤圭一, 野澤淳史, 池田和弘, 喜多川進, 小西雅子, トレンチャー・グレゴリー, 平尾桂子, 長谷川公一
情報学研究 26巻1-21頁 2021年3月
doi
12. 「自主的取り組み」パラダイムからの脱却を――対策停滞の要因か、停滞の中の牽引役かという議論を越えて
佐藤 圭一
現代思想 48巻5号32-43頁 2020年2月
13. Protesting iconic megaprojects. A discourse network analysis of the evolution of the conflict over Stuttgart 21 (査読有り)
Melanie Nagel, Keiichi Satoh
Urban Studies 56巻8号1681-1700頁 2019年6月
doi その他のサイト
14. 日本の気候変動対策におけるプライベート・ガバナンス――経団連「自主行動計画」の作動メカニズム (査読有り)
佐藤圭一
環境社会学研究 23巻83-98頁 2017年
その他のサイト
15. East Asian Compressed Ecological Modernization: Modus of Developmental State and Technological Response to the Environmental Crisis
Keiichi Satoh
Handbook of Post-Western Sociology: From East Asia to Europe 799-811頁 2023年3月
doi その他のサイト その他のサイト
16. Introduction: Japanese experience of great disasters: Revisioning 3/11 and beyond
Keiichi Satoh, Hidehiro Yamamoto
Japanese Journal of Sociology 32巻1号1-4頁 2023年3月
doi その他のサイト
17. Introducing an egocentric method to explore information flow in a postflood governance network
Antje Witting, Frederik Br, enstein, Keiichi Satoh
Environmental Policy and Governance 30巻4号196-208頁 2020年7月
doi
18. Introducing an egocentric method to explore information flowin a postflood governance network (査読有り)
Antje Witting, Frederik Brandenstein, Keiichi Satoh
Environmental Policy and Governance 2020巻1-13頁 2020年3月
その他のサイト
19. Diversity in collaboration: Networks in urban climate change governance (査読有り)
Melanie Nagel, Martin Stark, Keiichi Satoh, Marco Schmitt, Elena Kaip
Urban Climate 29巻100502頁 2019年9月
doi その他のサイト
20. Saving Hakodate from the MOX Nuclear Power Plant Oma: Citizens Group for the Oma Nuclear Power Plant Trial "Oma Gempatsu Sosho no Kai"
Keiichi Satoh
Disaster, Infrastructure and Society 7巻24-31頁 2019年3月
その他のサイト
21. Book "Citizens Taking Action for a Nuclear Free Society: A Sociology of Social Movements after 3.11": In a Nutshell
Keiichi Satoh
Disaster, Infrastructure and Society 7巻7-19頁 2019年3月
その他のサイト
22. What is the Oma Nuclear Power Plant?: Background ofthe Case Study
Satoh, Keiichi
Disaster, Infrastructure and Society 7巻20-23頁 2019年3月
その他のサイト
23. 3.11 後の運動参加――反・脱原発運動と反安保法制運動への参加を中心に
佐藤圭一, 原田峻, 永吉希久子, 松谷満, 樋口直人, 大畑裕嗣
徳島大学社会科学研究 32巻1-84頁 2018年7月
その他のサイト
24. Conflicting Climate Change Frames in a Global Field of Media Discourse (査読有り)
Broadbent, Jeffrey, John Sonnett, Iosef Botetzagias, Marcus Carson, Anabela Carvalho, Yu-Ju Chien, Christopher Edling, Dana Fisher, Georgios Giouzepas, Randolph Haluza-DeLay, Koichi Hasegawa, Christian Hirschi, Ana Horta, Kazuhiro Ikeda, Jun Jin, Dowan Ku, Myanna Lahsen, Ho-Ching Lee, Tze-Luen Alan Lin, Thomas Malang, Jana Ollmann, Diane Payne, Sony Pellissery, Stephan Price, Simone Pulver, Jaime Sainz, Keiichi Satoh, Clare Saunders, Luisa Schmidt, Mark C. J. Stoddart, Pradip Swarnakar, Tomoyuki Tatsumi, David Tindall, Philip Vaughter, Paul Wagner, Sun-Jin Yun, Sun Zhengyi
Socius: Sociological Research for a Dynamic World 2巻1-17-頁 2016年10月
doi その他のサイト
25. 気候変動政策アイデアのナショナルな分岐とグローバルな収斂の並行過程――国内・海外団体の政策ネットワークによる選択的浸透に注目して (査読有り)
佐藤圭一
AGLOS Special Edition 2015巻2015号1-23頁 2016年7月
その他のサイト
26. 日本の気候変動政策過程――三極構造から生み出される「自主行動」中心統治 (査読有り)
佐藤圭一
一橋大学大学院社会学研究科 1-228頁 2016年3月
その他のサイト
27. 3.11以後における「脱原発運動」の多様性と重層性 : 福島第一原発事故後の全国市民団体調査の結果から
町村 敬志, 佐藤 圭一, 辰巳 智行, 菰田 レエ也, 金 知榮, 金 善美, 陳 威志
一橋社会科学 = Hitotsubashi bulletin of social sciences 7巻1-32,中付2p頁 2015年
doi その他のサイト その他のサイト
28. 日本の気候変動政策ネットワークの基本構造 : 三極構造としての団体サポート関係と気候変動政策の関連 (査読有り)
佐藤 圭一
環境社会学研究 20巻20号100-116頁 2014年12月
その他のサイト
29. Reshaping the Nuclear Energy Policy Domain: The Japanese Anti-nuclear Movement after the Fukushima Nuclear Power Plant Accident (査読有り)
佐藤圭一
Grant-in-Aid for Scientific Research(A) Reconstruction from the disaster project eds., Sociology in the Post-Disaster Society: Reconstruction from the Great East Japan Earthquake: The Road to Overcome the Earthquake, Tsunami, and Nuclear Disaster 178-199頁 2014年6月
30. Preface: To Understand the Different Side of Problems Faced by Each Civil Organization
SATOH Keiichi
DISASTER, INFRASTRUCTURE AND SOCIETY: Learning from the 2011 Earthquake in Japan = 災害・基盤・社会――東日本大震災から考える 41頁 2013年3月
31. Connecting Evacuees through Lunchbox Delivery Service:The Female Farmers' Power Project "Ka-Chan no Chikara Project"
SATOH Keiichi
DISASTER, INFRASTRUCTURE AND SOCIETY: Learning from the 2011 Earthquake in Japan = 災害・基盤・社会――東日本大震災から考える 4号45-48頁 2013年3月
32. Asian Societies and Climate Change: The Variable Diffusion of Global Norms (査読有り)
BROADBENT Jeffrey, YUN Sun-Jin, KU Dowan, IKEDA Kazuhiro, SATOH Keiichi, PELLISSERY Sony, SWARNARKAR Pradip, LIN Tze-Luen, LEE Ho-Ching, JIN Jun
Globality Studies Journal: Global History, Society, Civilization 32巻1-24頁 2013年
その他のサイト
33. Longing for the Right to Decide Nuclear Policy by Ourselves: Social Movements led by the Citizen Group Minna de Kimeyo in Tokyo Call for Referendums on Nuclear Policy
SATOH Keiichi
DISASTER, INFRASTRUCTURE AND SOCIETY: Learning from the 2011 Earthquake in Japan = 災害・基盤・社会――東日本大震災から考える 3号46-52頁 2012年12月
34. What Should the Public Know?: Japanese Media Coverage on the Antinuclear Movement in Tokyo between March 11 and November 30, 2011
SATOH Keiichi
DISASTER, INFRASTRUCTURE AND SOCIETY: Learning from the 2011 Earthquake in Japan = 災害・基盤・社会――東日本大震災から考える 2号35-39頁 2012年6月
35. 気候変動言説空間の形成過程――日本の「環境社会」化は進むのか?
佐藤圭一
一橋大学大学院社会学研究科 2011年3月

▼全件表示

MISC

1. 【翻訳】資本主義、構造的危機、現代社会運動――イマニュエル・ウォーラーステインに聞く
佐藤圭一
思想 1126巻48-60頁 2018年2月
その他のサイト
2. 東日本大震災クロニクル 2011.3.11-2011.5.11
UEDA Takefumi, TATSUMI Tomoyuki, IWADATE Yutaka, KAMIYAMA Ikumi, KIM Jiyoung, KIM Sunmee, MACHIMURA Takashi, MORI Keisuke, MORI Sayaka, SATO Akihiko, SATO Keiichi, TAN Uichi, TERADA Atsuo, WATANABE Anna
DISASTER, INFRASTRUCTURE AND SOCIETY: Learning from the 2011 Earthquake in Japan = 災害・基盤・社会――東日本大震災から考える 1号13-269頁 2011年12月

講演・口頭発表等

No. 会議名 開催・発表年月日 開催地
1. Coalition Opportunity Structures and Different Kinds of Advocacy Coalitions(Conference on Policy Process Research)
その他のサイト
開催年月日: 2023年1月11日 ~ 2023年1月14日
発表年月日: 2023年01月11日
University of Colorado, Denver
2. Measuring Polarization of Policy Networks Using the Advocacy Coalition Index(8th international Power Conference)
その他のサイト
開催年月日: 2022年11月24日 ~ 2022年11月26日
発表年月日: 2022年11月26日
Helsinki
3. Value Clusters in Contemporary Japan: Exploring their Features, Political Behavior, and Cleavage Structure(VSJF Conference 2022)
その他のサイト
開催年月日: 2022年11月18日 ~ 2022年11月20日
発表年月日: 2022年11月18日
Zürich
4. アドボカシー連合インデックスーー連合特定の新アプローチ(環境政策論研究会)
開催年月日: 2022年3月8日
発表年月日: 2022年03月08日
オンライン
5. Changes in the Landscape of Antinuclear Movements after the Fukushima Nuclear Accident(2021 Annual Conference of the German Association for Social Science Research on Japan (VSJF))
その他のサイト
開催年月日: 2021年3月19日
発表年月日: 2021年03月19日
Online
6. 気候変動に対する自治体首長の態度と2050年CO2排出実質ゼロ宣言――気候変動政策に関する自治体調査から(第62回環境社会学会大会)
開催年月日: 2020年12月6日
発表年月日: 2020年12月06日
オンライン
7. 日本・ドイツの気候変動政策ネットワークの構造比較(日本政治学会)
その他のサイト
開催年月日: 2020年9月26日 ~ 2020年9月27日
発表年月日: 2020年09月27日
オンライン
8. Climate Change Policy Network and Policy Cleavage Structure: India and Japan Comparison(115th American Sociological Association Annual Meeting)
その他のサイト
開催年月日: 2020年8月8日 ~ 2020年8月11日
発表年月日: 2020年08月09日
Online
9. Who Participates?: Analyzing Inclusion and Exclusion in Local Governance Using Citizen Group Surveys After 3/11(German Association for Social Science Research on Japan (VSJF))
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2019年11月09日
Ruhr University Bochum
10. The Advocacy Coalition Index: Identifying Coalitions by Simultaneously Taking into Account Coordination of Action and Belief Homophily(ECPR General Conference)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2019年09月05日
University of Wrocław
11. Subsystem Compartmentalisation in a Cross-National Comparative Perspective: Applying the ACF to Climate Change Committees’ Networks in Germany, Japan and USA(ECPR General Conference)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2019年09月05日
University of Wrocław
12. Vertical and horizontal networks: Exploring their effects on attitudes and advocacy towards nuclear energy(Workshop on “Japan’s Energy Transition”)
開催年月日:
発表年月日: 2019年08月26日
München, Germany
13. Connections Result in a New Protest Cycle: Social Movement Organizations’ Networks after the Fukushima Nuclear Accident(XXXIX Sunbelt Social Networks Conference)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2019年06月21日
Montreal, Canada
14. Digital Media that Woke New Protesters up: A case of anti-nuclear movements after the Fukushima Accident(Guest Lecture in InEAST)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2019年03月26日
University of Duisbburg-Essen
15. Making Alliance in Social Movement Work: Spring of Social Movements after the Fukushima Accident in Japan
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2018年12月04日
Universität Zürich
16. New Protest Cycle” Backed by the New Organizational Alliance?: Making Sense of the Frequent Large-Scale Demonstrations after the 3/11(Social Processes and Effects of Innovations in Tokyo and Beyond)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2018年11月07日
Universität Duisburg-Essen, Germany
17. Public Opinion on Nuclear Energy and Voting Behavior: The Political and Social Divisions Over the Energy Issues in Japan After the Fukushima Accident(General Conference of the European Consortium for Political Research 2018 in Hamburg)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2018年08月24日
University of Hamburg
18. Faith in Scientific Expertise and the Organizational Distribution of Knowledge: Climate Change Policy Networks in Germany and Japan(General Conference of the European Consortium for Political Research 2018 in Hamburg)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2018年08月23日
University of Hamburg
19. Diversity in Collaboration: Networks in Urban Climate Change Policy(International Network for Social Network Analysis Sunbelt 2018)
開催年月日:
発表年月日: 2018年07月27日
University of Utrecht
20. Milieus, Demonstration and Party Support: Why Is Anti-Nuclear Public Opinion Represented Poorly in Japanese Policy-Making?(XIX ISA World Congress of Sociology in Toronto)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2018年07月20日
, Metro Toronto Convention Center
21. International Organizations and Domestic Climate Change Policy Networks in Australia, Finland,India, Japan, Sweden and the United States(XIX ISA World Congress of Sociology)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2018年07月16日
Metro Toronto Convention Center
22. Changed Public Opinion, Changed Advocacy, and Unchanged Policy: How the Incongruence occurred after the Fukushima Accident(ECPR Joint Sessions of Workshops 2018)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2018年04月13日
University of Nicosia
23. Multiple Streams Framework and Policy Network Analysis: Integration of Policy Network (Stream)(The General Conference of the European Consortium for Political Research 2017 in Oslo)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2017年09月08日
University of Oslo
24. Divided we work, together we argue: Explaining the differences in consensual logic of the German and Japan climate change policy networks(The General Conference of the European Consortium for Political Research 2017 in Oslo)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2017年09月07日
University of Oslo
25. The Role of Gatekeepers and Emotionality of Arguments: Analyzing the Brexit Discourse in Social and Print Media(The General Conference of the European Consortium for Political Research 2017 in Oslo)
開催年月日:
発表年月日: 2017年09月07日
University of Oslo
26. 3.11後の市民活動・社会運動について――原発・エネルギー問題に関する市民団体調査をもとに(環境・労働問題研究会第10回研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2017年03月25日
法政大学市ヶ谷キャンパス
27. Leave or not to leave is the question: Eine Netzwerkanalyse über den politischen Diskurs zum EU Brexit in Großbritannien und Deutschland(Fachtagung "Der Stand der Netzwerkforschung")
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2016年12月05日
Schader-Forum, Darmstadt, Deutschland
28. 「政策提言なき市民社会」は解消されたのか――原発・エネルギー市民団体調査から考える(社会運動・集合行動ネットワーク キックオフ・コンファレンス)
開催年月日:
発表年月日: 2016年10月07日
博多市民センター
29. Mothers as activists after 3.11: The quantitative approach(DIJ International Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2016年07月29日
Yotsuya, Tokyo, Japan
30. Business in climate policy networks: Comparing Germany and Japan(24th World Congress of Political Science)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2016年07月26日
Poznań Congress Center, Poland
31. Governing through the voluntarily?: The Japanese Climate change policy and the policy networks(3rd ISA Forum of Sociology)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2016年07月11日
University of Vienna, Austria
32. Comparing climate change policy networks: Project overview and comparison of Japan, Germany, and the United States(3rd ISA Forum of Sociology)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2016年07月11日
University of Vienna, Austria
33. 市民団体の組織化の5段階――原発・エネルギー領域で活動する市民団体への調査票調査をもとに(第2回東日本大震災研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2016年03月14日
34. 3.11以後の『脱原発運動』はどのように展開したのか――常態化するシステム危機の時代の市民社会の厚み(社会運動論研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2015年11月08日
上智大学四谷キャンパス
35. 日本の気候変動政策ネットワークの構造と政策との連関――社会ネットワーク分析による利益団体を対象とした調査票調査をもとに(東北社会学研究会2015年度研究例会)
開催年月日:
発表年月日: 2015年10月25日
東北大学川内キャンパス
36. 「災害と公共性の政治過程論――福島第一原発事故を事例として(第88回日本社会学会)
開催年月日:
発表年月日: 2015年09月19日
早稲田大学戸山キャンパス
37. 『疑似省庁』経団連――日本の気候変動政策の執行過程の分析(第62回東北社会学会大会)
開催年月日:
発表年月日: 2015年07月19日
東北大学川内キャンパス
38. Infrastructure for a Post-Nuclear Society: From the Survey on Japanese Civil Society Organizations in Nuclear Energy Policy Domain(XVIII ISA World Congress of Sociology)
開催年月日:
発表年月日: 2015年07月14日
Pacifico Yokohama, Japan,
39. Politics, Culture and Integration in Taiwan and Japan: Pathways toward the Risk Sensitive State in the Post Industrial Society(East Asian Junior Sociologists Forum)
開催年月日:
発表年月日: 2015年07月12日
Pacifico Yokohama, Japan
40. Japanese Climate Change Discourse Coalitions(XVIII ISA World Congress of Sociology)
開催年月日:
発表年月日: 2015年07月12日
Pacifico Yokohama, Japan,
41. 日本の気候変動政策の特質と課題(気候変動対策と防災に関するシンポジウム)
開催年月日:
発表年月日: 2015年03月17日
TKPガーデンシティ仙台勾当台ホール
42. 環境政策史ならではのユニークな問い(視点)とは何か?(環境経済・政策学会2014年大会)
開催年月日:
発表年月日: 2014年09月14日
法政大学多摩キャンパス
43. The Climate Change Policy Network in Japan: A Tug of War between Ministry of Environment and the Ministry of Economy Network(Sunbelt XXXIV)
開催年月日:
発表年月日: 2014年02月22日
Trade Winds Hotel, St Pete Beach, Florida, USA
44. 気候変動政策のナショナルな分岐とグローバルな収斂の並行過程(上智大学2014年度大学院・次世代研究者イニシアティブによるシンポジウム)
開催年月日:
発表年月日: 2014年01月31日
上智大学四ツ谷キャンパス
45. Political Decision Making Process of Climate Change Policies and Stakeholders Networks in Japan(1): Activities and Preferences of Major Stakeholders based on the COMPON Project(International Symposium on Environmental Sociology in East Asia)
開催年月日:
発表年月日: 2013年11月02日
Nanjing, China,
46. 3.11以降の運動は市民社会を変えたのか?:団体全国調査をもとに(3)――団体類型別にみた動員構造の違いと市民社会におけるウェブメディアの諸機能(日本社会学会第86回大会)
開催年月日:
発表年月日: 2013年10月13日
慶應義塾大学三田キャンパス
47. 「3.11以降の運動は市民社会を変えたのか?:団体全国調査をもとに(2)――原発・エネルギーを巡るイシューの全体像と活動団体の組織構造(日本社会学会第86回大会)
開催年月日:
発表年月日: 2013年10月13日
慶應義塾大学三田キャンパス
48. Organizational Background of the Explosion of the Social Movement after the Fukushima Accident: a New Phase of Japanese Civil Society?(Asia Studies Conference Japan)
開催年月日:
発表年月日: 2013年06月29日
J. F. Oberlin University, Tokyo, Japan,
49. 「団体調査から見る3.11以降の市民社会:福島原発事故後の市民社会の活動に関する団体調査(第61回関東社会学会)
開催年月日:
発表年月日: 2013年06月15日
一橋大学国立キャンパス
50. 日本における気候変動の政策ネットワーク――インタビューを中心とした『フィールドワーク』の知見をもとに(日本行動計量学会第40回大会)
開催年月日:
発表年月日: 2012年09月15日
新潟県立大学
51. “Japan’s climate change media coverage and politics(Second ISA Forum of Sociology)
開催年月日:
発表年月日: 2012年08月03日
Buenos Aires University, Buenos Aires, Argentina
52. Japan’s Climate Change Media Coverage and Politics(2012 Annual Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2012年05月18日
Sheraton Centre Toronto Hotel in Toronto, Canada
53. Media Coverage on Climate Change in Japan,” AJCU-AP Consortium Division of Environment and Climate Change(AJCU-AP Consortium Division of Environment and Climate Change)
開催年月日:
発表年月日: 2012年03月23日
Sophia Unviersity, Tokyo, Japan
54. Anti-Nuclear Social Movements after the Fukushima Accident: Similarities and Differences with the “New Wave” in the late 1980s(Study Group on Infrastructure and Society Workshop on Understanding the 2011 Disaster in Japan)
開催年月日:
発表年月日: 2012年01月24日
Hitotsubashi University, Japan
55. A Coverage on Climate Change of the Japan Case in 2007 to 2009(The Third International Symposium on Environmental Sociology in East Asia)
開催年月日:
発表年月日: 2011年10月22日
Catholic University of Korea, Korea
56. 1980 年代の日本における気候変動政策の展開と環境政治(環境経済・政策学会2011年大会)
開催年月日:
発表年月日: 2011年09月24日
長崎大学
57. 気候変動はいかに語られたか(3)――新聞分析を通して浮かび上がる言説コミュニティの変遷(環境社会学会第43回大会)
開催年月日:
発表年月日: 2011年06月04日
関東学院大学金沢文庫キャンパス
58. 日本における気候変動言説ネットワークの発展過程(環境政策史第3回研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2010年12月01日
工学院大学新宿校舎
59. マスメディアは気候変動をどう問題化したか(2)―政策アクターの言説ネットワークを中心に―(日本社会学会第83回大会)
開催年月日:
発表年月日: 2010年11月06日
名古屋大学東山キャンパス
60. Media Coverage on Climate Change of the Japan case in 2007 and 2008(International Sociological Association RC24)
開催年月日:
発表年月日: 2010年06月10日
Hotel Panorama, Gothenburg, Sweden
61. The Role of Gatekeepers and Emotionality of Arguments
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日:

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

No. 研究題目 研究種目(提供機関・制度) 研究期間
1. アドボカシー連合論インデックスの開発と応用:属性データとつながりデータの統合
若手研究
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 若手研究 )
2021年4月 ~ 2024年3月
2. 気候危機とエネルギー政策をめぐる政策ネットワークの国際比較研究
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 基盤研究(B) )
2021年4月 ~ 2024年3月
3. 脱炭素化技術の日本での開発/普及推進戦略におけるELSIの確立
その他のサイト
研究開発プロジェクト
( 提供機関: 科学技術振興機構 制度: 戦略的創造研究推進事業 )
2020年9月 ~ 2024年3月
4. 東アジアの気候変動政策とエネルギー政策の政策形成過程の比較研究
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 基盤研究(B) )
2018年4月 ~ 2021年3月
5. 危機の時代の社会運動? 誰がなぜ反原発/反安保法制運動に参加するのか
その他のサイト
基盤研究(A)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 基盤研究(A) )
2017年4月 ~ 2020年3月
6. 気候変動政策の政治システム――情報・政策決定・執行過程の日独比較研究
特別研究員奨励費
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費 )
2015年4月 ~ 2018年3月
7. 日・韓・英・独4ヶ国の温暖化・エネルギー政策と政策ネットワークの比較分析
その他のサイト
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 基盤研究(B) )
2015年4月 ~ 2018年3月
8. グローバル化以降における資本制再編と都市―インフラ論的転回と市民社会の研究
その他のサイト
基盤研究(A)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 基盤研究(A) )
2014年4月 ~ 2019年3月
9. グローバル化以降における資本制再編と都市-<ヒト・モノ>関係再編と統治性の研究
その他のサイト
基盤研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 基盤研究(B) )
2011年4月 ~ 2015年3月
10. エコロジー的合理性の政治領域における制度変容過程-温暖化問題を事例として-
特別研究員奨励費
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費 )
2011年 ~ 2013年

▼全件表示