経営管理研究科経営管理専攻
軽部 大(カルベ マサル)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.イノベーション・マネジメント入門(第2版)(編著)
日本経済新聞出版社 2017年
ISBN 978-4532134747
2.イノベーション・マネジメント入門(第2版)(編著)
イノベーションと企業戦略 日本経済新聞出版社 219-245頁 2017年
ISBN 978-4532134747
3.イノベーション・マネジメント入門(第2版)(編著)
イノベーションと企業の栄枯盛衰 日本経済新聞出版社 50-79頁 2017年
ISBN 978-4532134747
4.関与と越境:日本企業再生の論理
有斐閣 2017年
ISBN 978-4-641-16500-7
5.イノベーションの理由:資源動員の創造的正当化(共著)
有斐閣 2012年
ISBN 978-4641163928
6.メイド・イン・ジャパンは終わるのか(共著)
日本の二大主力産業のこれまで―エレクトロニクス、自動車の位置づけと成果 東洋経済新報社 68-92頁 2010年
ISBN 978-4492761892
7.in Itami, Hiroyuki, Ken Kusunoki, Tsuyoshi Numagami and Akira Takeishi, eds., Dynamics of Knowledge, Corporate System and Innovation(共著)
Organizational Deadweight and the Internal Functioning of Japanese Firms: An Explorative Analysis of Organizational Dysfunction Berlin Heidelberg: Springer 125-164頁 2010年
ISBN 978-3642044793
8.in Itami, Hiroyuki, Ken Kusunoki, Tsuyoshi Numagami and Akira Takeishi, eds., Dynamics of Knowledge, Corporate System and Innovation(共著)
Reasons for Innovation: Legitimizing Resource Mobilization for Innovation in the Cases of the Okochi Memorial Prize Winners Berlin Heidelberg: Springer 165-190頁 2010年
ISBN 978-3642044793
9.日本経営学会(編)『経営学論集第79集:日本企業のイノベーション』所収(共著)
イノベーション研究の分析視角と課題 千倉書房 17-29頁 2009年
ISBN 978-4805109311
10.日本企業における事業戦略の現状と課題:質問票調査に基づくデータ分析から(共著)
組織科学 4234-15頁 2009年
11.『現代の経営理論』(共編著)
有斐閣 2008年
ISBN 978-4641163249
12.組織の<重さ>:日本的企業組織の再点検(共著)
日本経済新聞社 1-276頁 2007年
ISBN 978-4532133375
13.伊丹敬之・藤本隆宏・岡崎哲二・伊藤秀史・沼上幹(編)『リーディングス 日本の企業システム第3巻 戦略とイノベーション』所収(共著)
日米HPC産業における性能進化:資源蓄積と競争環境のダイナミクス 有斐閣 176-203頁 2006年
ISBN 978-4641053939
14.見えざる資産の戦略と論理(共編著)
日本経済新聞社 1-336頁 2004年
ISBN 978-4532132897
15.伊丹敬之・軽部大(編)『見えざる資産の戦略と論理』所収(共著)
第9章 企業成長の四つの経済―規模、深さ、範囲、組織 日本経済新聞社 276-314頁 2004年
ISBN 978-4532132897
16.伊丹敬之・軽部大(編)『見えざる資産の戦略と論理』所収(共著)
第4章 誘発と駆動―資源蓄積・利用のメカニズム 日本経済新聞社 104-138頁 2004年
ISBN 978-4532132897
17.伊丹敬之・軽部大(編)『見えざる資産の戦略と論理』所収(共著)
第3章 資源と競争―二つのダイナミクス 日本経済新聞社 73-103頁 2004年
ISBN 978-4532132897
18.企業戦略白書II(共編著)(共著)
東洋経済新報社 2003年
ISBN 978-4492521397
19.伊丹敬之(編著)『なぜ「三つの逆転」は起こったか』所収(共著)
技術蓄積の早さと拡がり:デバイス産業の技術蓄積 NTT出版 101-140頁 1995年
ISBN 978-4871883849
20.伊丹敬之(編著)『なぜ「三つの逆転」は起こったか』所収(共著)
ソフト化,知的所有権,政治:アメリカ再逆転のメカニズム NTT出版 179-214頁 1995年
ISBN 978-4871883849

研究論文

1.パナソニック:無錫松下冷機の挑戦と進化(共著)
一橋ビジネスレビュー 66巻2号150-163頁 2018年 学術雑誌
ISBN 9784492820810
2.富士メガネ:ビジョンが未来を切り拓く(共著)
一橋ビジネスレビュー 65巻4号142-157頁 2018年 学術雑誌
ISBN 978-4492820797
3.イノベーションを見る眼
一橋ビジネスレビュー 64巻4号44-55頁 2017年 学術雑誌
ISBN 9784492820759
4.日本企業の価値づくりにおける複雑性の陥穽(共著)
藤本隆宏・新宅純二郎・青島矢一(編)『日本のものづくりの底力』 156-179頁 2015年 単行本
ISBN 9784492522127
5.日本企業の戦略志向と戦略計画プロセス
一橋ビジネスレビュー 62巻1号38-57頁 2014年 学術雑誌
6.TYPES OF UPWARD COMMUNICATION AND ORGANIZATIONAL CHARACTERISTICS IN JAPANESE FIRMS(共著)
Hitotsubashi journal of commerce and management 47巻1号1-16頁 2013年 大学紀要
ISSN 0018-2796HERMES-IR
7.規模と複雑性:価値づくりを阻む障壁(共著)
一橋大学日本企業研究センター(編)『日本企業研究のフロンティア⑨』,有斐閣 14-26頁 2013年 単行本
ISBN 978-4-641-29955-9
8.日本企業の価値づくりにおける複雑性の陥穽(共著)
一橋ビジネスレビュー 60巻3号84-96頁 2012年 学術雑誌
ISBN 978-4492820568
9.VERTICAL STRATEGIC INFORMATION FLOW AND MARKET ORIENTATION(共著)
Hitotsubashi journal of commerce and management 46巻1号17-40頁 2012年 大学紀要
ISSN 0018-2796HERMES-IR
10.日本企業における組織の〈重さ〉と事業組織の特性(共著)
一橋大学日本企業研究センター(編)『日本企業研究のフロンティア⑧』,有斐閣 15-27頁 2012年 単行本
ISBN 978-4-641-29942-9
11.Organizational Characteristics of Middle Managers’ Deterioration as Sources of Organizational Decline(共著)
in Dariusz Jemielniak & Abigail Marks (eds.) Managing Dynamic Technology-Oriented Businesses, IGI Global. 209-227頁 2012年 単行本
12.TYPES OF INTRA-ORGANIZATIONAL NETWORKS AND UPWARD STRATEGIC COMMUNICATION(共著)
Hitotsubashi journal of commerce and management 45巻1号21-37頁 2011年 大学紀要
ISSN 0018-2796HERMES-IR
13.イノベーション
一橋ビジネスレビュー2010年別冊 No.1 はじめての経営学 125-131頁 2011年 学術雑誌
14.Organizational Deadweight: Learning From Japan(共著)
The Academy of Management Perspectives 24巻4号25-37頁 2010年 学術雑誌
ISSN 1558-9080
15.Intra-organizational Networks and Information Flows within an Organization (共著)
(paper accepted for presentation at the 30th Strategic Management Society Conference, Rome, Italy) 12-15頁 2010年 その他
16.組織の<重さ>調査の概況と比較分析:2004・2006・2008年度調査から(共著)
一橋大学日本企業研究センター(編)『日本企業研究のフロンティア⑥』,有斐閣 133-156頁 2010年 単行本
ISBN 978-4641163539
17.Blind Pursuit of Strategic Goals: An Examination of Middle Managers' Strategic Orientations in Japanese Firms(共著)
Hitotsubashi Journal of Commerce and Management 43巻1号27-45頁 2009年 大学紀要
ISSN 0018-2796HERMES-IRCiNii
18.Exploring Organisational Deterioration: 'Organisational Deadweight' as a Cause of Malfunction of Strategic Initiatives in Japanese Firms(共著)
Long Range Planning 42巻4号518-544頁 2009年 学術雑誌
ISSN 0024-6301その他のサイト
19.日本企業における事業戦略の現状と課題--質問票調査に基づくデータ分析から (特集 実学的戦略論のニューフロンティア)(共著)
組織科学 42巻3号4-15頁 2009年 学術雑誌
ISSN 0286-9713CiNii
20.「BU長とミドル・ロワーとの認識ギャップー第2回組織の<重さ>調査から」(共著)
一橋大学日本企業研究センター(編)『日本企業研究のフロンティア⑤』,有斐閣 71-96頁 2009年 単行本
ISBN 978-4641163294
21.日本企業の環境適応力とオーバー・エクステンション戦略
『現代の経営理論』 105-143頁 2008年 単行本
ISBN 978-4641163249
22.イノベーションの理由:大河内賞受賞事例にみる革新への資源動員の正当化(共著)
組織科学 42巻1号4-14頁 2008年 学術雑誌
ISSN 0286-9713CiNii
23.組織の<重さ>と組織構造―第2回調査の分析から(共著)
一橋ビジネスレビュー 55巻4号40-57頁 2008年 学術雑誌
ISSN 1345-9953CiNii
24.イノベーションの理由:大河内賞受賞事例に見る革新への資源動員の正当化プロセス(共著)
一橋ビジネスレビュー 55巻4号22-39頁 2008年 学術雑誌
ISSN 1345-9953CiNii
25.組織の<重さ>調査の妥当性と安定性:第2回の質問票調査から(共著)
一橋大学日本企業研究センター(編)『日本企業研究のフロンティア④』,第7章,有斐閣 130-155頁 2008年 単行本
ISBN 978-4641163171
26.ビジネスケース JFEスチール:大型高炉改修技術のイノベーション(共著)
一橋ビジネスレビュー 55巻2号128-147頁 2007年 学術雑誌
ISSN 1345-9953CiNii
27.社内ネットワークと組織の<重さ>--組織の<重さ>プロジェクトの知見から(共著)
研究年報経済学(東北大学経済学会) 68巻4号621-634頁 2007年 大学紀要
ISSN 0387-3056CiNii
28.組織の<重さ>と組織の諸特性:日本企業における組織劣化現象と組織デザイン(共著)
組織科学 39巻4号12-26頁 2006年 学術雑誌
ISSN 0286-9713CiNii
29.組織の<重さ>変数の操作化(共著)
一橋商学論叢 1巻1号4-22頁 2006年 大学紀要
ISSN 1881-1434CiNii
30.組織デザインと組織の<重さ>-組織の<重さ>プロジェクトの概要と主たる知見(共著)
一橋大学日本企業研究センター(編)『日本企業研究のフロンティア②』,有斐閣 10-31頁 2006年 単行本
ISBN 978-4641162617
31.三菱電機 ポキポキモータ:成熟市場のイノベーション(共著)
一橋ビジネスレビュー 53巻2号124-145頁 2005年 学術雑誌
ISSN 1345-9953CiNii
32.オリンパス 内視鏡分野での挑戦と革新(共著)
一橋ビジネスレビュー 52巻4号146-165頁 2005年 学術雑誌
ISSN 1345-9953CiNii
33.データで振り返る日本企業のパフォーマンスと経営課題
一橋ビジネスレビュー 52巻3号24-35頁 2004年 学術雑誌
ISSN 1345-9953CiNii
34.見過された分析視角 : E.T.Penrose から「資源・能力アプローチ」へ
一橋論叢 129巻5号555-574頁 2003年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
35.資源の内部利用強制メカニズムとしての経済制度―半導体産業における日米多角化企業行動の比較―
一橋ビジネスレビュー 49巻1号166-185頁 2001年 学術雑誌
ISSN 1345-9953CiNii
36.Four Economies of Corporate Growth: An Integrated Framework (共著)
(paper presented to the Penrosian Legacy Conference at INSEAD, Fontainebleau, France, May 11-13, 2001) 2001年 その他
37.日米HPC産業における2つの性能進化:企業の資源蓄積と競争環境との相互依存関係が性能進化に与える影響
組織科学 35巻2号95-113頁 2001年 学術雑誌
ISSN 0286-9713CiNii
38.「特化」vs.「同時追求」:半導体産業における日米企業の事業展開パターンの相違
東京経大学会誌 212号55-75頁 1999年 その他
ISSN 1348-6411CiNii
39.知的所有権の保護による新しい競争戦略 : インテル社の事業展開の事例研究
一橋研究 22巻4号1-27頁 1998年 大学紀要
ISSN 0286-861XHERMES-IRCiNii
40.日米半導体産業における制度と企業戦略:資源投入の2極分化の可能性について
組織科学 31巻1号85-98頁 1997年 学術雑誌
ISSN 0286-9713CiNii

その他

1.Fate of Bad Apples: Organizational Responses to Wrongdoers in the Japanese Audit Industry
International Workshop on Business Research 2017年 国際会議proceedings
2.Overcoming Organizational Silos: Role of New Clients in Post-Merger Integration(共著)
76th Annual Meeting of the Academy of Management 2016年 国際会議proceedings
3.Is Higher Status an Indicator of Higher Quality? Evidence from Japanese Audit Industry, 2002-2014
28th Annual Meeting of SASE (Society for the Advancement of Socio-Economics) 2016年 国際会議proceedings
4.Audit Firm Switch and Engagement Partner Continuance(共著)
IIR Working Paper WP#13-05 Institute of Innovation Research, Hitotsubashi University 2013年 その他
その他のサイト
5.Integrating Personal Expertise: A History of Japanese Audit Firms, 1965–2010(共著)
IIR Working Paper WP#13-07 Institute of Innovation Research, Hitotsubashi University 2013年 その他
その他のサイト
6.Personal Knowledge of Audit Partners and Organizational Knowledge of Audit Firms and the Impact on Audit Fees(共著)
IIR Working Paper WP#13-06 Institute of Innovation Research, Hitotsubashi University 2013年 その他
その他のサイト
7.多角化企業における本社組織規模の決定要因
Tokyo Center for Economic Research 2012年 その他
8.Types of Upward Communication and Organizational Characteristics in Japanese Firms(共著)
Paper accepted for presentation at the 2011 Academy of Management Annual Meeting, August 12-16, San Antonio, TX USA 2011年 国際会議proceedings
9.Functions and Dysfunctions of Lateral and Diagonal Networks in Advancing Market Orientation: A Preliminary Step toward Bridging the Gap between Market Orientation Research and Intra-organizational Network Research(共著)
Paper accepted for presentation at the 2010 European Group for Organizational Studies, July 1-3 at the Faculdade de Economia, Universidade Nova de Lisboa, Lisbon, Portugal 2010年 国際会議proceedings
10.Dynamism Inside the MO Box: The Credibility of Marketing Information as a Key Factor in Market Orientation(共著)
Paper accepted for presentation at the 2010 Academy of Marketing Science Annual Conference, May 26-29 at the Marriott Downtown Waterfront Hotel in Portland, Oregon, USA 2010年 国際会議proceedings
11.Why Can't Elephants Dance? A New Perspective on Organizational Deterioration in Large Established Firms(共著)
Abstract accepted for a full paper presentation at the 24th Cardiff Employment Research Unit (ERU) Annual Conference, September 3-4, 2009, Cardiff, UK 2009年 国際会議proceedings
12.How Does Openness of Vertical Communication Matter? The Effects of Formal/informal (共著)
Paper accepted for presentation at the 2009 Academy of Management Annual Meeting, August 7-11, Chicago, Illinois 2009年 国際会議proceedings
13.A New Perspective on Organizational Deterioration within Japanese(共著)
Paper accepted for presentation at the 2009 EGOS Colloquium, July 2-4, 2009, Barcelona, Spain 2009年 国際会議proceedings
14.Organizational Deadweight' as a Source of Organizational Dysfunction(共著)
A paper presented at the 2008 Academy of Management Annual Meeting, 'The Questions We Ask', August 8-13, 2008, Anaheim, CA, U.S.A. 2008年 その他
15.Exploring Organizational Deterioration: 'Organizational Deadweight' as a Source of Dysfunction of Emergent Strategy in Japanese Firms(共著)
Sol. C. Snider Entrepreneurial Research Center, The Wharton School, University of Pennsylvania WEP Research Library Research Paper #362巻 2007年 その他
その他のサイト
16.Reasons for Innovation: Legitimizing Resource Mobilization for Innovation in the Case of Okochi Memorial Prize Winners(共著)
IIR Working Paper WP#07-10 Institute of Innovation Research, Hitotsubashi University 2007年 その他
その他のサイト
17.日本企業のトップ・マネジメント:個人属性と昇進・交代に関する特徴と近年の変化
IIRワーキングペーパー #WP07-08,一橋大学イノベーション研究センター 2007年 その他
18.日本企業におけるトップ・マネジメントと多角化行動
経済産業省経済産業政策局,調査統計部,企業統計室 2007年 その他
19.資源動員の正当化プロセスとしてのイノベーション : その予備的考察(共著)
IIRワーキングペーパー #WP07-05 (一橋大学イノベーション研究センター) 2007年 その他
HERMES-IR
20.川崎製鉄・川鉄マシナリー・山九:革新的な大型高炉改修技術による超短期改修の実現―大ブロックリング工法の開発(共著)
IIRケーススタディ CASE#06-02 (一橋大学イノベーション研究センター) 2006年 その他
その他のサイト
21.多角化戦略と組織形態:90年代日本企業の多角化戦略と組織
『企業活動基本調査パネルデータを活用した我が国企業活動の多角化行動とパフォーマンスに関する調査研究』経済産業省 経済産業政策局 調査統計部 企業統計室,所収 139-166頁 2006年 その他
22.90年代日本企業の多角化戦略の変化と経営成果
(『企業活動基本調査パネルデータを活用した我が国企業活動の多角化行動と収益性に関する調査研究』経済産業省経済産業政策局調査統計部企業統計室,所収) 55-74頁 2005年 その他
23.三菱電機ポキポキモータ:新型鉄心構造と高速高密度巻線による高性能モーター製造法の開発(21世紀COEプログラム「知識・企業・イノベーションのダイナミクス」大河内賞ケース研究プロジェクト,IIRケーススタディ CASE#04-15, 2004.11)(共著)
一橋大学イノベーション研究センター 2004年 その他
その他のサイト
24.オリンパス:超音波内視鏡の構想・開発・事業化」井守美穂との共著(21世紀COEプログラム「知識・企業・イノベーションのダイナミクス」大河内賞ケース研究プロジェクト,IIRケーススタディ CASE#04-14, 2004.10)
IIRケーススタディ CASE#04-14(一橋大学イノベーション研究センター) 2004年 その他
その他のサイト
25.日本企業の経営課題:戦略再構築の必要性
経済経営研究(日本政策投資銀行設備投資研究所) 23巻7号135-146頁 2003年 その他
ISSN 0389-0015CiNii

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.第55回(2012年)日経・経済図書文化賞2012年11月
2.2003年度組織学会高宮賞(論文部門)2003年06月
3.1998年度組織学会高宮賞(論文部門)1998年06月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.Unequal punishment for professionals: How audit firms respond to their accountants' misconduct in financial statements(ABS International Strategy & Marketing Seminar)
2018年03月University of Amsterdam, Holland
2.『関与と越境』から見る日本企業の課題(組織学会関西支部例会)
2018年02月大阪市立大学梅田キャンパス
3.公認会計士の過誤とその処遇:資本主義の「品質」はいかに担保されるか(組織学会九州支部例会)
2017年10月西南学院大学西新キャンパス
4.The Japanese System in Evolution: Industries in Transition and Emerging Creative Industries(77th Annual Meeting of the Academy of Management)
2017年08月
5.When and How Do Audit Firms Trigger Status Downgrades of Post-IPO Firms?(The 2017 SASE conference)
2017年06月~2017年07月
6.Fate of Bad Apples: Organizational Responses to Wrongdoers in the Japanese Audit Industry(International Workshop on Business Research)
2017年02月 Sano-Shoin Hall, Hitotsubashi University
7.Overcoming Organizational Silos: Role of New Clients in Post-Merger Integration(76th Annual Meeting of the Academy of Management)
2016年08月Anaheim, CA, USA
8.Making Utopias Real: Social Innovation, Movements and Change(32nd EGOS Colloquium)
2016年07月Naples, Italy
9.Is Higher Status an Indicator of Higher Quality? Evidence from Japanese Audit Industry, 2002-2014(28th Annual Meeting of SASE)
2016年06月California-Berkeley, USA
10.The Profit Impact of Strategic Orientation and Middle Management Influence(International Conference on Organization and Management (ICOM) 2015)
2015年11月Abu Dhabi, UAE
11.Post-Merger Integration: Who Owns Interorganizational Relationships? ―Post-Merging Integration through Client Sharing between Accounting Firms(NUS-IIR Workshop on Innovation 2015)
2015年09月National University of Singapore, Singapore
12.Who Owns Client-Professional Relationships-the Merging Firm or the Merged Firm?: Post-Merger Integration through Client Sharing between Audit Firms(Society for the Advancement of Socio- Economics (SASE))
2015年07月The London School of Economics & Political Science, UK
13.Overcoming the Tension between International and Domestic Pressures: Responses of Audit Firms in Japan(The 3rd Bi-annual Conference of the Israeli Association for Japanese Studies (IAJS))
2015年05月Tel Aviv, Israel
14.Institutional Logics and Merger Strategies: Historical Account of the Japanese Audit Industry(The 30th EGOS (European Group of Organizational Studies) Colloquium)
2014年07月Rotterdam, The Netherlands
15.Institutional Logics and Merger Strategies: Historical Account of the Japanese Audit Industry(European Theory Development Workshop)
2014年06月
16.Personal Knowledge of Audit Partners and Organizational Knowledge of Audit Firms and the Impact on Audit Fees(19th Annual International Symposium on Audit Research)
2013年06月Sydney, Australia
17.Audit Partner's Personal Knowledge and Audit Firm's Organizational Knowledge(the European Accounting Association Annual Congress 2013)
2013年05月Paris, France
18.Integrating Personal Expertise: A History of Japanese Audit Firms, 1965-2010(European Accounting Association Annual Congress 2013)
2013年05月Paris, France
19.Integrating Personal Expertise: A History of Japanese Audit Firms, 1965–2010(16th Annual Conference of the European Business History Association 2012)
2012年08月~2012年09月パリ,フランス
20.イノベーションの理由:資源動員の創造的正当化(組織学会定例会)
2012年08月東京
21.Why are Japanese Firms Still in Trouble? An Explanation from the Middle Management Perspective(The Academy of Management Annual Meeting 2012)
2012年08月Massachusettes, USA
22.多角化企業における本社組織規模の決定要因(TCER コンファレンス「日本企業の組織改革とパフォーマンス:企業パネルデータによる分析」)
2012年03月一橋大学
23.Types of Upward Communication and Organizational Characteristics in Japanese Firms(2011 Academy of Management Annual Meeting)
2011年08月
24.West Meets East: Research Strategies for Japan Business Studies(2011 Academy of Management Annual Meeting)
2011年08月Texas, USA
25.Intra-organizational Networks and Information Flows within an Organization(30th Strategic Management Society Conference)
2010年09月Rome, Italy
26.Vertical Strategic Information Flow and Market Orientation(2010 Academy of Management Annual Meeting)
2010年08月Montreal, Canada
27.Functions and Dysfunctions of Lateral and Diagonal Networks in Advancing Market Orientation: A Preliminary Step toward Bridging the Gap between Market Orientation Research and Intra-organizational Network Research(2010 European Group for Organizational Studies)
2010年07月Lisbon, Portugal
28.Masaru Karube/Why can't elephants dance? A new perspective on organizational deterioration in large established firms(24th Cardiff Employment Research Unit (ERU) Annual Conference (審査有))
2009年09月UK・Cardiff (Cardiff Business School)
29.How Does Openness of Vertical Communication Matter? The Effects of Formal/informal Characteristics(2009 Academy of Management Annual Meeting, August 7-11, Chicago, Illinois.(審査有))
2009年08月August 7-11, Chicago, Illinois, USA.
30.Passion for creativity and innovation: Energizing the study of organizations and organizing (European Group for Organizational Studies, 25th EGOS Colloquium, July 2–4, 2009 at ESADE Business School, Barcelona, Spain(審査有))
2009年07月Barcelona, Spain
31.イノベーション研究の分析視角と課題(日本経営学会・第82回大会・統一論題(技術のイノベーション)2008年9月3日〜6日 )
2008年09月日本・東京・国立 一橋大学東キャンパス
32.Masaru Karube, Tsuyoshi Numagami Toshihiko Kato ""Organizational Deadweight" as a Source of Organizational Dysfunction in Japanese Firms"(2008 Academy of Management Annual Meeting(審査有))
2008年08月Anaheim, California USA
33.「組織の<重さ>と日本企業の組織的問題:第2回調査から」(組織学会2008年度研究発表大会(審査有))
2008年06月神戸大学
34.日本企業における組織の劣化(一橋大学イノベーション研究センター イノベーションセミナー(ブラウンバッグ・ランチ))
2008年04月日本・東京(国立)
35.見えざる資産と日本企業の環境適応力(伊丹カンファランス)
2008年03月東京(国立)
36."When and How Does Market Share Matter? : Exploring the Relationship between Market Share and Profitability"(Wharton Entrepreneurial Program Visiting Scholar Seminar)
2007年09月Philadelphia USA.
37."Road to CEO from 1990 through 2005: A Preliminary Findings about Japanese Firms"(Wharton Entrepreneurial Program Visiting Scholar Seminar)
2007年03月Philadelphia USA.
38."Organizational Design and Organizational `Deadweight': Tentative Findings about Business Units among Japanese Firms"(Wharton Entrepreneurial Program Visiting Scholar Seminar)
2006年10月Philadelphia USA.
39.「不確実性下の資源投入の正当性の論理:大河内賞受賞事例にみるイノベーションの顛末」(武石彰との共同発表)(組織学会2006年度研究発表大会(審査有))
2006年06月日本 青山学院大学
40.「正当性の確立・維持・転換から見た日本(企業)のイノベーションプロセス:大河内賞受賞事例をベースに」((独)産業技術総合研究所、技術革新型企業創生プロジェクト・オープンセミナー)
2006年04月日本

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.組織能力の解体・組織間移転メカニズム:マルチレベル分析に基づく学際的実証研究
その他のサイト
基盤研究(B)2011年度~2013年度
2.全社レベルの環境適応力に関する戦略・組織プロセス研究
その他のサイト
基盤研究(C)2008年度~2010年度
3.産業構造と企業の技術開発行動に関する総合的分析-日米半導体産業の国際比較-
その他のサイト
奨励研究(A) 1999年度~2000年度
前のページへ戻る