社会学研究科
若尾 政希(ワカオ マサキ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.百姓一揆
岩波書店 2018年
ISBN 9784004317500
2.歴史学研究会編『第4次現代歴史学の成果と課題3—歴史実践の現在—』(共編著)
「はしがき」「書物を史料として歴史を読む」 績文堂出版 227-238頁 2017年
ISBN 978-4-88116-133-3
3.歴史学研究会(大門正克・小沢弘明・岸本美緒・栗田禎子・中野聡・若尾政希)編『第4次現代歴史学の成果と課題1—新自由主義時代の歴史学—』(共編著)
「「民衆」の問い方を問い直すⅡ日本近世史研究から」 績文堂出版 159-174頁 2017年
ISBN 978-4-88116-131-9
4.歴史学研究会編『第4次現代歴史学の成果と課題2—世界史像の再構成—』(共編著)
績文堂出版 2017年
ISBN 978-4-88116-132-6
5.東京歴史科学研究会編『東京歴史科学研究会編『歴史を学ぶ人々のために―現在をどう生きるか―』(共著)
岩波書店 265-283頁 2017年
ISBN 978-4-00-025669-8
6.講座明治維新 第10巻 明治維新と思想・社会(共編著)
有志舎 2016年
7.シリーズ本の文化史 3 書籍文化とその基底(編著)
平凡社 2015年
8.シリーズ日本人と宗教6 他者と境界(共編著)
春秋社 2015年
ISBN
9.シリーズ日本人と宗教5 書物・メディアと社会(共編著)
序章:書物・メディアと社会 春秋社 2015年
ISBN
10.シリーズ日本人と宗教4  勧進・参詣・祝祭(共編著)
春秋社 2015年
ISBN
11.シリーズ日本人と宗教3 生と死(共編著)
春秋社 2015年
ISBN
12.シリーズ日本人と宗教2  神・儒・仏の時代(共編著)
序章:神・儒・仏の時代、第2章:神・儒・仏の交錯 春秋社 2014年
ISBN
13.シリーズ日本人と宗教1 将軍と天皇シリーズ日本人と宗教1 将軍と天皇(共編著)
春秋社 2014年
ISBN
14.Listen, Copy, Read Popular Learning in Early Modern JapanListen, Copy, Read Popular Learning in Early Modern Japan(共著)
Ideological Construction and Books in Early Modern Japan―Political Sense,Cosmology,and World Views― koninklijke brill nv, leiden 2014年
ISBN
15.岩波講座日本歴史第11巻・近世2岩波講座日本歴史第11巻・近世2(共著)
江戸時代前期の社会と文化 岩波書店 2014年
ISBN
16.岩波講座 日本の思想 第四巻 自然と人為(共著)
農書の思想 岩波書店 2013年
ISBN
17.安丸良夫集6 方法としての思想史(共編著)
岩波書店 2013年
ISBN
18.安丸良夫集5 戦後知と歴史学(共編著)
岩波書店 2013年
ISBN
19.安丸良夫集4 近代化日本の深層(共編著)
解説 安丸思想史の軌跡―民衆思想史から全体史へ 岩波書店 2013年
ISBN
20.安丸良夫集3 宗教とコスモロジー(共編著)
岩波書店 2013年
ISBN
21.安丸良夫集2 民衆運動の思想(共編著)
岩波書店 2013年
ISBN
22.安丸良夫集1 民衆思想史の立場(共編著)
解説 研究と人生のはざまで―民衆思想史研究の軌跡, 岩波書店 2013年
ISBN
23.「太平記読み」の時代―近世政治思想史の構想―
平凡社 2012年
ISBN
24.近世の政治思想論―『太平記評判秘伝理尽鈔』と安藤昌益―
校倉書房 2012年
ISBN
25.比較史からみた近世日本―「東アジア化」をめぐって(共著)
近世日本の思想史的位置, 東京堂出版 2011年
ISBN
26.<江戸>の人と身分5 覚醒する地域意識(共編著)
吉川弘文館 2010年
ISBN
27.新体系日本史4政治社会思想史(共著)
近世前期の社会思想 山川出版社 2010年
ISBN
28.近世仏教治国論の史料と研究 松平開運録/東照宮御遺訓(共著)
『東照宮御遺訓』の形成 ―『御遺訓』の思想史的研究序説― 清文堂出版 2007年
ISBN
29.東洋文庫ガイドブック2(共著)
書物から時代を読む 平凡社 2006年
ISBN
30.『歴史をよむ』(鵜飼政志・蔵持重裕・杉本史子・宮瀧交二・若尾政希編)
東京大学出版会 1-248頁 2004年
ISBN 40220217
31.安藤昌益からみえる日本近世
東京大学出版会 1-429頁 2004年
ISBN 40262068
32.青森県史・学芸関係
青森県 2004年
33.日本の時代史(共著)
享保~天明期の社会と文化 吉川弘文館 16278-325頁 2003年
ISBN 4642008160
34.展望日本歴史16 近世の思想・文化(共編著)
東京堂出版 1-483頁 2002年
ISBN 4490305664
35.「太平記読み」の時代――近世政治思想史の構想
平凡社 1-350頁 1999年
ISBN 4582841929
36.『民衆運動史』(共著)
百姓一揆物語と「太平記読み」-百姓一揆物語研究序説- 青木書房 2133-162頁 1999年
ISSN 4250990443
37.『国家と宗教』(共著)
近世初期における「国家」と「仏法」-「太平記読み」研究序説 思文閣出版 1-261頁 1992年
ISBN
38.『江戸の儒学』 (共著)
伊藤仁斎-非経書としての「大学」解釈- 思文閣出版 1-91頁 1988年
ISBN 4784205241

研究論文

1.歴史研究に何ができるか
歴史科学 235巻36-52頁 2019年 学術雑誌
2.「書物を史料として歴史を読む」
歴史学研究会編『第4次現代歴史学の成果と課題3』績文堂出版 227-238頁 2017年 学術雑誌
3.「「民衆」の問い方を問い直すⅡ日本近世史研究から」
歴史学研究会編『第4次現代歴史学の成果と課題1』績文堂出版 159-174頁 2017年 学術雑誌
4.思想史という立ち位置―総合史としてのかまえ―
東京歴史科学研究会編『歴史を学ぶ人々のために―現在をどう生きるか―』岩波書店 265-283頁 2017年 学術雑誌
5.近世後期の政治常識
明治維新史学会(担当編集小林丈広・若尾政希)編『講座明治維新 第10巻 明治維新と思想・社会』 21-56頁 2016年 学術雑誌
6.書物と民俗のはざまで
田尻祐一郎他編『日本思想史講座5方法』 149-164頁 2015年 学術雑誌
7.江戸儒学とは何だったのか
歴史と地理 690号37-46頁 2015年 学術雑誌
8.書籍文化とその基底
若尾政希編『書籍文化とその基底(シリーズ本の文化史3)』 7-43頁 2015年 学術雑誌
9.近世日本の読書環境・流通環境
若尾政希編『書籍文化とその基底(シリーズ本の文化史3)』 87-122頁 2015年 学術雑誌
10.書物・メディアと社会
シリーズ日本人と宗教5 書物・メディアと社会 2015年 単行本
ISBN
11.出版文化—書物は社会をどう変えたのか—
歴史の「常識」をよむ、東京大学出版会 2015年 単行本
ISBN
12.神・儒・仏の交錯—「太平記読み」とその時代—
シリーズ日本人と宗教2 神・儒・仏の時代、春秋社 2015年 単行本
ISBN
13.神・儒・仏の時代
シリーズ日本人と宗教2 神・儒・仏の時代、春秋社 2015年 単行本
ISBN
14.“Ideological Construction and Books in Early Modern Japan―Political Sense,Cosmology,and World Views―
Matthias Hayek, Paris Diderot University and Annick Horiuchi,Paris Diderot University編『Listen,Copy,Read』 2014年 単行本
15.深読みする歴史学―青木美智男における文化史の発見―
歴史学研究 921号 2014年 学術雑誌
16.書物・出版・蔵書研究から県史を読む
山口県史の窓 32号 2014年 学術雑誌
17.深読みする歴史学―青木美智男における文化史の発見―
日本18世紀学会年報 29号 2014年 学術雑誌
18.江戸時代前期の社会と文化
岩波講座・日本歴史第11巻 2014年 学術雑誌
19.思想史という方法―歴史と主体形成―
歴史学研究 914号 2014年 学術雑誌
20.『太平記』と「太平記読み」
歴史と地理 670号 2013年 学術雑誌
21.農業の思想
岩波講座・日本の思想4 2013年 学術雑誌
22.安丸思想史の軌跡―民衆思想史から全体史へ―
安丸良夫集4 2013年 学術雑誌
23.研究と人生のはざまで―民衆思想史研究の軌跡―
安丸良夫集1 2013年 学術雑誌
24.「太平記読み―『太平記評判秘伝理尽鈔』の位置」
アジア遊学 155号 2012年 学術雑誌
25.天変地異の思想
図書(岩波書店) 758号 2012年 学術雑誌
26.琉球における「書物・出版と社会変容」研究序説
紙屋敦之編『対馬・沖縄調査報告集』 2012年 学術雑誌
27.『太平記』は尊皇の書か?―『太平記』をして史学に益あらしめん
歴史評論 740号 2011年 学術雑誌
28.日本近世における儒教の位置 : 近世前期を中心にして
日韓相互認識 4巻81-95頁 2011年 学術雑誌
HERMES-IRCiNii
29.近世人の世帯道具 : 信州更級郡岡田村寺澤直興筆『世帯道具覚』の世界
書物・出版と社会変容 5巻117-197頁 2008年 学術雑誌
HERMES-IRCiNii
30.近世人の蔵書形成と書物の流通―真宗更級郡岡田村寺澤直興の場合―
日本文学 57巻10号 2008年 学術雑誌
CiNii
31.軍書を携えし者たち
江戸文学 39巻 2008年 学術雑誌
ISSN 0916-4103CiNii
32.安藤昌益の思想―新発見の「天地象図」から見えてくること
浪川健治・佐々木馨編 『北方社会史の視座 歴史・文化・生活 第2巻』 清文堂出版 2008年 単行本
ISSN 3868907
33.『浮世物語』から時代を読む―近世人の思想形成と書物―
『歴史評論』 校倉書房 694号 2008年 学術雑誌
CiNii
34.謎の書物『土芥寇讎記』―「大名評判記」とはなにものか?―
『歴史読本815』 新人物往来社 52巻7号 2007年 学術雑誌
CiNii
35.解説・安藤昌益、自然真営道
諏訪春雄他編 『日本古典への誘い100選 Ⅱ』 東京書籍 2007年 単行本
ISBN 978-4487798926
36.歴史と主体形成 : 書物・出版と近世日本の社会変容
書物・出版と社会変容 2巻1-36頁 2007年 学術雑誌
HERMES-IRCiNii
37.信濃国更級郡岡田村寺沢家文書『書物直段付覚』(松本白木屋付)
書物・出版と社会変容 1巻217-223頁 2006年 学術雑誌
HERMES-IRCiNii
38.歴史と主体形成―書物・出版と近世日本の社会変容―
歴史学研究 820号11-19頁 2006年 学術雑誌
ISSN 0386-9237
39.近世における楠正成伝説
国文学―解釈と鑑賞 2005年 その他
CiNii
40.「書物の思想史」研究序説 : 近世の一上層農民の思想形成と書物
一橋論叢 134巻4号521-547頁 2005年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
41.特集にあたって
一橋論叢 134巻4号519-520頁 2005年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
42.近世人の思想形成と書物―軍書と医薬・天文暦書を中心に
ナオ・デ・ラ・チーナ 28-38頁 2005年 その他
43.近世人の思想形成とメディア
『日本思想史学』 36号 2004年 学術雑誌
CiNii
44.近世からみえる『太平記』
長谷川端編 『論集 太平記の時代』 新典社 2004年 単行本
45.近世人の思想形成と書物 : 近世の政治常識と諸主体の形成
一橋大学研究年報. 社会学研究 42巻111-173頁 2004年 大学紀要
ISSN 0559-7102HERMES-IRCiNii
46.日本近世における軍書の歴史的位置
『軍記と語り物』 39号 2003年 学術雑誌
CiNii
47.近世の政治常識と諸主体の形成
歴史学研究 2002年 その他
ISSN 0386-9237CiNii
48.つながりあう歴史学―思想史研究から深谷克己を読む―
民衆史研究 2002年 その他
49.『本佐録』の形成 : 近世政道書の思想史的研究
一橋大学研究年報. 社会学研究 40巻235-290頁 2002年 大学紀要
ISSN 0559-7102HERMES-IRCiNii
50.政治常識の形成と『太平記』
歴史評論 618号 2001年 学術雑誌
CiNii
51.県史編さん室所蔵接待家文書「確龍先生自然数妙天地象図」
青森県史研究 2001年 その他
52.『東照宮御遺訓』 : 『御遺訓』の思想史的研究序説
一橋大学研究年報. 社会学研究 39巻219-271頁 2001年 大学紀要
ISSN 0559-7102HERMES-IRCiNii
53.近世政治思想と『太平記』(軍記文学研究叢書9)
太平記の世界 汲古書院 2000年 単行本
ISBN 4-762933880
54.書物から時代を読む : 読書研究のすすめ
一橋論叢 123巻4号670-687頁 2000年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
55.幕藩領主の思想史的研究序説――『陽広公偉訓』の歴史的位置
富山史壇 125号69-83頁 1998年 学術雑誌
56.『天道』と幕藩制秩序
日本思想史その普遍と特殊 ぺりかん社 1997年 単行本
57.池田光政の思想形成と『太平記読み』
仏教史学研究 40巻2号23-45頁 1997年 学術雑誌
CiNii
58.安藤昌益の思想形成と『太平記読み』
日本歴史 1996年 その他
CiNii
59.幕藩制の成立と民衆の政治意識
新しい近世史 5 新人物往来社 1996年 単行本
ISBN 4-404023472
60.『太平記読み』の歴史的位置――近世政治思想史の構想
日本史研究 1994年 学術雑誌
CiNii
61.安藤昌益の病気論-身体・社会・自然-
歴史学研究会 639号24-頁 1992年 学術雑誌
ISSN 0386-9237CiNii
62.佐藤直方と太平記読み
日本思想史学 24号100-頁 1992年 学術雑誌
63.延享期安藤昌益の思想-『博聞抜粋』の基礎的研究-
日本文化研究所研究報告 28号139-頁 1992年 大学紀要
CiNii
64.天変地異の思想-安藤昌益の天人相関説と西川如見-
日本文化研究所研究報告 26号57-頁 1990年 大学紀要
CiNii
65.安藤昌益の本草学-肉食をめぐって-
日本文化研究所研究報告 25号61-頁 1989年 大学紀要
CiNii
66.秋田藩の農民政策と安藤昌益の学問否定-『内経』理解の源泉-
季刊日本思想史 29号25-頁 1987年 学術雑誌
CiNii

その他

1.書評と紹介 井上泰至著『近所刊行軍書論 : 教訓・娯楽・考証』
日本歴史 836巻140-142頁 2018年 学術雑誌
2.近世社会形成期過程における民衆意識の問題
現代思想 44巻16号195-203頁 2016年 学術雑誌
3.安丸良夫氏の急逝を悼む
歴史学研究月報 678号1-2頁 2016年 学術雑誌
4.歴史の読み方、語り方
如水会会報 987号 2013年 その他
5.「太平記読み」の享受者たち―肥前蓮池藩鍋島直澄の場合―(深谷克己代表、科学研究費報告集)
藩世界と公儀―九州地方を中心に― 2008年 その他
6.新村出編『広辞苑第六版』(執筆項目:日本近世史関係項目)
岩波書店 2008年 単行本
ISBN 4-000801228
7.「書物・出版と社会変容」研究会(呼びかけ人若尾政希)編『書物・出版と社会変容 第3号』(編著)
研究会誌・日本学術振興会研究費補助金研究成果 2007年 その他
8.書評:大門正克編著『昭和史論争を問う―歴史を叙述することの可能性』 (日本経済評論社, 2006.6.1)
『社会思想史研究』 31号 2007年 学術雑誌
9.「書物・出版と社会変容」研究会(呼びかけ人若尾政希)編『書物出版と社会変容 第2号』(編著)
研究会誌・日本学術振興会研究費補助金研究成果 2007年 その他
10.「書物・出版と社会変容」研究会(呼びかけ人若尾政希)編『書物・出版と社会変容』(編著)
研究会誌・日本学術振興会科学研究費補助金研究成果 2006年 その他
11.学際人の肖像 安藤昌益
『学際 18号』 統計研究会 2006年 学術雑誌
CiNii
12.その人―安藤昌益
週刊 司馬遼太郎・街道をゆく48 2005年 その他
13.東北の近世思想―安藤昌益
白い国の詩 2005年 その他
14.若尾政希編『東アジア出版文化の研究―学問領域として書誌・出版の研究を確立するために』(編著)
特定領域研究報告書 2005年 その他
15.若尾政希編『幕藩領主の思想史的研究―近世前期を中心として』(編著)
科学研究費補助金研究報告書 2004年 その他
16.日本史文献辞典(執筆項目:「太平記読み」の時代、他)(編著)
弘文堂 2003年 単行本
17.書評:澤登寛聡『農家調宝記』(岩田書店, 2002)
古文書研究 57号 2003年 学術雑誌
18.歴史学事典9 法と秩序(編著)
弘文堂 2002年 単行本
ISBN 978-4335210396
19.新刊紹介:柴田純『江戸武士の日常生活―素顔・行動・精神―』(講談社, 2001)
日本史研究 470号 2001年 学術雑誌
CiNii
20.書物から時代を読む
月刊百科465 2001年 その他
CiNii
21.子安宣邦編『日本思想史事典』 (執筆項目:太平記)(編著)
ぺりかん社 2001年 単行本
22.歴史の窓:展示「地鳴り山鳴り」を見て
歴史評論 2000年 その他
23.日本歴史大事典(執筆項目:安藤昌益、他)(編著)
小学館 2000年 単行本
24.失われた江戸の「常識」を掘り起こす―「太平記読み」の時代を読む(塚本学氏との対談)
月刊百科 1999年 その他
CiNii
25.<祇園通夜物語>―一九九八年度近世史部会共同研究・小林報告への批判と展望―
日本史研究 1999年 学術雑誌
26.鹿野政直他編『民間学辞典・人名編』(執筆項目:安藤昌益、他)(編著)
三省堂 1997年 単行本
27.書評:倉地克直『近世の民衆と支配思想』
歴史学研究会 699号 1997年 学術雑誌
28.書評『江戸時代の経済思想』
社会経済史学 59巻2号118-頁 1993年 学術雑誌

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.第1回岩瀬弥助記念書物文化賞2008年05月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.歴史と主体形成―書物・出版と近世日本の社会変容―(歴史学研究会2006年度大会・全体会)
2006年05月学習院大学
2.近世の政治常識と諸主体の形成(歴史学研究会2002年度大会・近世史部会報告)
2002年06月立教大学
3.近世人の思想形成と書物―政治常識・コスモロジー・世界観―(ブリティッシュ・コロンビア大学日本学センター主催国際シンポジウム)
2003年11月ブリテッィシュ・コロンビア大学
4.政治常識の形成と『太平記』(歴史科学協議会2000年度大会主題報告)
2000年09月京都薬科大学
5.一八世紀日本社会の変容と書物(「書物・出版と社会変容」研究会第1回例会)
2003年08月一橋大学
6.思想史研究への招待―書物・常識・主体形成―(歴史学入門講座)
2004年07月機関誌会館(京都市)
7.日本近世における儒教の位置―近世前期を中心にして―(日韓歴史共同研究プロジェクト第4回シンポジウム)
2001年08月ソウル大学校
8.つながりあう歴史学―思想史研究から深谷克己を読む―(民衆史研究会2001年度大会シンポジウム)
2001年12月早稲田大学
9.近世人の思想形成とメディア(日本思想史学会主題講演)
2003年10月筑波大学
10.コメント―「地域社会から文化を考える」をめぐって(2001年度近世史サマーセミナー)
2001年07月群馬県赤城山
11.「和漢軍書」出版の思想史的研究――作者・読者・地域社会(東アジアの出版文化 研究集会)
2001年06月一橋講堂
12.「太平記読み」の時代と百姓一揆物語(鳥取地域史研究会講演会)
2001年02月鳥取県立博物館
13.日本近世における軍書の歴史的位置(軍記・語り物研究会シンポジウム「軍記物語の版本と読み」)
2002年11月法政大学
14.安藤昌益からみえる日本近世(「東アジアの出版文化」研究集会(沖縄学会))
2004年06月八汐荘会議室(沖縄県那覇市)
15.安藤昌益からみえる日本近世(名古屋近世史研究会)
2004年04月愛知県中小企業センター
16.近世人の思想形成と書物―軍書と医薬・天文暦書を中心に(国立民族学博物館プロジェクト「口頭伝承と文字文化」研究集会)
2004年10月国立民族学博物館
17.仏教史を見直す―顕密体制論と批判仏教~思想史の立場から(日本仏教研究会第10回記念シンポジウム)
2001年12月東京大学
18.安藤昌益の思想形成と「太平記読み」(岩手古文書学会講演会)
2001年09月盛岡市中央公民館
19.「太平記読み」の時代と安藤昌益(盛岡市中央公民館歴史講演会)
2000年10月盛岡市中央公民館

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.「書物・出版と社会変容」研究の深化と一般化のために
その他のサイト
基盤研究(A)2011年度~2015年度
2.「書物・出版と社会変容」研究の総合化に向けて
その他のサイト
基盤研究(A)2008年度~2010年度
3.日本における書物・出版と社会変容
その他のサイト
基盤研究(A)2005年度~2008年度
4.「和漢軍書」出版の思想史的研究-日本近世の出版環境と社会変容-
その他のサイト
特定領域研究2003年度~2004年度
5.「東アジア出版文化の研究」調整班(C)出版環境研究
その他のサイト
特定領域研究2003年度~2004年度
6.幕藩領主の思想史的研究-近世前期を中心として-
その他のサイト
基盤研究(C)2000年度~2003年度
7.「和漢軍書」出版の思想史的研究-作者・読者・地域社会-
その他のサイト
特定領域研究2001年度~2002年度
8.近世社会における政道書の歴史的意義と「太平記読み」
その他のサイト
奨励研究(A)1998年度~1999年度
9.幕藩制の成立と民衆の政治意識
その他のサイト
奨励研究(A)1996年度
10.近世思想史における「太平記読み」の位置
その他のサイト
奨励研究(A)1995年度

共同研究希望テーマ

NO共同研究希望テーマ共同研究実施形態産学連携協力可能形態キーワード
1.近世幕藩領主の総合的研究大学等の研究機関との共同研究を希望する
2.日本における書物・出版と社会との相互関係に関する研究大学等の研究機関との共同研究を希望する

共同研究・受託研究の実績

NO研究題目共同研究区分研究期間研究内容
1.日本における書物・出版と社会変容国内共同研究2004年度~2005年度
2.藩世界の意識と権威-西日本地域の場合国内共同研究2000年度~2001年度
3.書物・出版と社会変容国内共同研究2000年度
4.近世における仏教治国論の史料的研究国内共同研究1998年度~1999年度
5.東アジアの伝統社会における指導者像の比較研究国内共同研究1990年度~1992年度
前のページへ戻る