社会学研究科
小林 多寿子(コバヤシ タズコ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.自己語りの社会学―ライフストーリー・問題経験・当事者研究(共編著)
自己を語ること・人生を書くこと―ともに書く自分史の世界 新曜社 107-133頁 2018年
ISBN 978-4-7885-1586-4
2.系譜から学ぶ社会調査―20世紀の「社会へのまなざし」とリサーチ・ヘリテージ
嵯峨野書院 2018年
ISBN 978-4-7823-0569-0
3.歴史と向きあう社会学―資料・表象・経験(共編著)
オーラルヒストリーと戦争体験の<歴史化>―『沖縄県史』第9巻と宮城聰文書 ミネルヴァ書房 323-348頁 2015年
ISBN 9784623072996
4.語りが拓く地平(共著)
『福翁自伝』における多声性―声の分析の試み― せりか書房 2013年
5.井上俊・伊藤公雄編『日本の社会と文化』(共著)
「成熟のドラマ―D・W・プラース『日本人の生き方』(1980)」 世界思想社 2010年
ISBN 978-4790714866
6.『ライフストーリー・ガイドブック―ひとがひとに会うために―』(編著)(編著)
嵯峨野書院 1-400頁 2010年
ISBN 978-4782305096
7.社会学事典(分担執筆)
オーラルヒストリー 丸善 640-641頁 2010年
8.工藤保則・寺岡伸悟・宮垣元編『質的調査の方法―都市・文化・メディアの感じ方―』(共著)
「ライフストーリー法 ―いかに「具体的な人間」を描くことができるのか―」 法律文化社 2010年
9.『過去を忘れない-語り継ぐ経験の社会学』(共著
)「ミニドカを語り継ぐ-日系アメリカ人のインターンメントと経験とジェネラティヴィティ-」  せりか書房 2008年
ISBN 978-4796702867
10.桜井厚編『戦後世相の経験史』(共著)
「書く実践と自己のリテラシー―『ふだんぎ』という空間の成立」 せりか書房 2006年
ISBN 978-4796702737
11.『ライフストーリー・インタビュー-質的研究入門』(桜井厚との共編著)
せりか書房 1-277頁 2005年
ISBN 978-4796702683
12.亀山佳明・富永茂樹・清水学編『文化社会学への招待―<芸術>から<文学>へ―』(共著)
「物語のなかの他者性」 世界思想社 2002年
ISBN 978-4790709282
13.松田素二・川田牧人編『エスノグラフィー・ガイドブック―現代世界を複眼でみる』(共著)
「オスカー・ルイス『サンチェスの子どもたち―メキシコの一家族の自伝』」 嵯峨野書院 2002年
ISBN 978-4782303474
14.今田高俊編『社会学研究法・リアリティの捉え方』(共著)
「聞き取り調査のしかた」 有斐閣 2000年
ISBN 978-4641121157
15.大村英昭編『臨床社会学を学ぶ人のために』(共著)
「人生の語りとナラティヴ・アプローチ」 世界思想社 2000年
ISBN 978-4790708230
16.好井裕明・桜井厚編『フィールドワークの経験』(共著)
「二人のオーサー―ライフヒストリーの実践と呈示の問題―」 せりか書房 2000年
ISBN 978-4796702256
17.石川実・井上忠司編『生活文化を学ぶ人のために』(共著)
「自己をつづる文化-日記と自分史の誕生-」 世界思想社 1998年
ISBN 978-4790707011
18.間場寿一編『地方文化の社会学』(共著)
「ライフヒストリーのなかの地域-移民送出の地方文化-」 世界思想社 1998年
ISBN 978-4790706755
19.『物語られる「人生」―自分史を書くということ―』
学陽書房 1-248頁 1997年
ISBN 978-43470118
20.井上忠司・祖田修・福井勝義編『文化の地平線-人類学からの挑戦-』(共著)
「「経験の物語」と「複合的自叙伝」-ライフヒストリーの重ね合わせをめぐって-」 世界思想社 1994年
ISBN 978-4790705048
21.宮本・森下・君塚編『組織とネットワークの社会学』(共著)
「合成された「ふるさと」-都市における同郷者集団-」  新曜社 1994年
ISBN 978-4788504899
22.中野卓・桜井厚編『ライフヒストリーの社会学』(共著)
「インタビューからライフヒストリーへ-語られた「人生」と構成された「人生」」 弘文堂 43-70頁 1994年
ISBN 978-4335550614

研究論文

1.日本の自分史実践における「第二の生産者」と自己反省的言説
法學研究―法律・政治・社会 90巻1号476-494頁 2017年 学術雑誌
ISSN 0389-0538
2.川添登と生活学会の誕生―生活学ヘリテージ・インタビューから
生活学論叢 28号45-54頁 2016年 学術雑誌
3.質的調査データの公共性とアーカイヴ化の問題
フォーラム現代社会学 13号114-124頁 2014年 学術雑誌
ISBN 978-4-87974-679-5
4.オーラルヒストリーとピルグリメージ―日系アメリカ人の聖地と<巡礼>-
日本オーラル・ヒストリー研究 8号31-46頁 2012年 学術雑誌
5.「オーラルヒストリーと地域における個人の<歴史化>-沖縄戦体験を語る声と沖縄県米須の場合―」
三田社会学(三田社会学会) 15号3-19頁 2010年 学術雑誌
HERMES-IRCiNiiその他のサイト
6.「声を聴くこととオーラリティの社会学的可能性」
社会学評論 (日本社会学会) 60巻1号73-89頁 2009年 学術雑誌
ISSN 0021-5414HERMES-IRCiNii
7.<特集>オーラリティとはなにか 特集にあたって
日本オーラル・ヒストリー研究 4号1-2頁 2008年 学術雑誌
ISSN 1882-3033CiNii
8.「オーラルストーリーと個人の「歴史化」―ある日系アメリカ人一世の「ライフ」への視点―」
フォーラム現代社会学 ( 関西社会学会 ) 7号49-61頁 2008年 学術雑誌
ISSN 1347-4057
9.「自己を書くことと記憶―アルヴァクスの自伝的記憶―」
心理学評論 (心理学評論刊行会) 51巻1号184-195頁 2008年 大学紀要
ISSN 0386-1058CiNii
10.「現代女性の職業キャリアと日本女子大学卒業生のライフコース―2006年インタビュー調査から―」
日本女子大学総合研究所紀要 ( 日本女子大学総合研究所) 10号95-104頁 2007年 大学紀要
ISSN 1345-062XCiNii
11.「個人的記憶と家族のストーリー―日系人研究への視点―」
ソシオロジ ( 社会学研究会 ) 51巻1号179-181頁 2006年 学術雑誌
ISSN 0584-1380CiNii
12.「ピエール・ブルデュー「伝記的幻想」とライフストーリー論」
日本女子大学 ( 人間社会学部 ) 16号17-26頁 2006年 大学紀要
ISSN 0917-2076CiNii
13.「ミニドカ・ピルグリメージ―オーラルストーリーからみる日系アメリカ人の「記憶の場」―」
『日本オーラル・ヒストリー研究』 ( 日本オーラル・ヒストリー学会 ) 1号34-49頁 2006年 学術雑誌
ISSN 1882-3033CiNii
14.「ライフヒストリー法リバイバルと階層研究からの出発―D・ベルトーの展開」
社会学研究 ( 東北社会学研究会 ) 77号45-642005頁 2005年 大学紀要
ISSN 0559-7099CiNii
15.「語られたタクジ・ヤマシタ―日系アメリカ人一世のライフストーリー再構築」
日本女子大学紀要 ( 人間社会学部 ) 14号1-20頁 2004年 大学紀要
ISSN 0917-2076CiNii
16.「ショッピングセンターの開店と都市の遊歩―プノンペン中心部における新たな遊歩者たちの都市風俗誌―」
現代風俗学研究 ( 現代風俗研究会東京の会 ) 10号62-70頁 2004年 学術雑誌
17.「ストリートで売る/ストリートで食べる―プノンペン新興市街地におけるストリートショップの都市風俗誌―」
現代風俗学研究 ( 現代風俗研究会東京の会 ) 9号77-86頁 2003年 学術雑誌
18.「生活空間としてのバックストリート―プノンペン新興市街地における地方出身者たちの都市風俗誌―」
現代風俗学研究 ( 現代風俗研究会東京の会 ) 8号57-68頁 2002年 学術雑誌
19.「プノンペン―ストリートの時間―」
物語の風俗―現代風俗研究会年報 ( 河出書房新社 ) 23号208-219頁 2001年 学術雑誌
ISBN 978-4309904634
20.「ストリートの変貌からみる都市風俗誌―プノンペンの場合―」
現代風俗学研究 ( 現代風俗研究会東京の会 ) 7号55-65頁 2001年 学術雑誌
21.「パリに生きた最晩年の日々―日記からみる都市生活誌―」
現代風俗学研究 ( 現代風俗研究会東京の会 ) 6号63-76頁 2000年 大学紀要
22.「自己のメディアとしての日記―近代日記の成立―」
現代のエスプリ ( 至文堂 ) 391号73-83頁 2000年 学術雑誌
ISSN 0435-2165CiNii
23.「都市公園における家族イベント―花見の都市風俗誌―」
現代風俗学研究 ( 現代風俗研究会東京の会 ) 5号74-83頁 1999年 学術雑誌
24.「戦争体験と自分史―「記憶の共同体」をもとめて―」
日本女子大学紀要 ( 人間社会学部 ) 8号127-140頁 1998年 大学紀要
ISSN 0917-2076CiNii
25.「書く実践と書く共同体の生成―初期「ふだん記」運動の場合―」
生活学論叢 ( 日本生活学会 ) 3号59-70頁 1998年 学術雑誌
CiNii
26.「要不要の循環―フリーマーケットの都市風俗誌」
現代風俗学研究 ( 現代風俗研究会東京の会 ) 4号58-70頁 1998年 学術雑誌
27.「一万歩の思想―歩く人たちの都市風俗誌―」
現代風俗学研究 ( 現代風俗研究会東京の会 ) 3号91-113頁 1997年 学術雑誌
28.「Narrative and Rashomon-like Technique」
紀要 ( 日本女子大学 ) 7号 1997年 大学紀要
29.ナラティヴと「羅生門」式手法
日本女子大学紀要 ( 人間社会学部 ) 7号23-30頁 1997年 大学紀要
30.「「ストーリーの社会学」の可能性―個人的経験のナラティヴからの出発」
同志社社会学研究 ( 同志社社会学研究学会 ) 1号31-37頁 1997年 大学紀要
31.「都市におけるノスタルジア・ネットワーク」
統計 ( 財団法人日本統計協会 ) 47巻3号20-24頁 1996年 学術雑誌
32.「あやかり」の一日-1993年6月9日-
現代風俗学研究 1号20-38頁 1996年 学術雑誌
33.「賞をめざした自分史―動機の語彙と「人生」の呈示」
日本女子大学紀要 ( 人間社会学部 ) 6号23-38頁 1996年 大学紀要
ISSN 0917-2076CiNii
34.ライフヒストリー研究の視点からみた自分史
現代のエスプリ 338号29-41頁 1995年 学術雑誌
35.自分史と物語産業の誕生-1980年代の動向から-
日本女子大学紀要 ( 人間社会学部 ) 5号89-108頁 1995年 大学紀要
ISSN 0917-2076CiNii
36.<ふるさと>に会える都市-尼崎と同郷者集団-
季刊TOMMOROW 32号55-65頁 1994年 学術雑誌
37.伝記と「人生」の解釈
月刊百科 371号8-12頁 1993年 その他
38.トロントの日系社会形成と日系新聞-1950年代の『大陸時報』分析-
浦和論叢 10号97-130頁 1993年 大学紀要
39.トロントの日系社会と同郷者集団の変遷-1950年~1990年-
浦和論叢 9号23-61頁 1992年 大学紀要
40.自伝のモデルとしての二つの『告白』
浦和論叢 8号29-53頁 1992年 大学紀要
41.<親密さ>と<深さ>-コミュニケーション論からみたライフヒストリー-
社会学評論 42巻4号419-434頁 1992年 学術雑誌
ISSN 0021-5414
42.トロントの日系社会における県人会
浦和論叢 6号125-138頁 1991年 大学紀要
43.トロントにおける日系移民-和歌山県出身者の場合-
浦和論叢 2号95-110頁 1989年 大学紀要
44.<都市化>とノスタルジー-都市における奄美出身者の心性-
『年報人間科学』大阪大学人間科学部 8号23-40頁 1987年 大学紀要
ISSN 0286-5149CiNii
45.都市のなかの「ふるさと」-京阪神芝会の一日-
『年報人間科学』大阪大学人間科学部 7号17-36頁 1986年 大学紀要
ISSN 0286-5149
46.都市の経験-ライフ・ヒストリーのなかの都市-
ソシオロジ 30巻2号47-67頁 1985年 学術雑誌
ISSN 0584-1380CiNii
47.都市の形態論から表象論へ-R・ルドゥリューを中心として-
『年報人間科学』大阪大学人間科学部 4号177-192頁 1983年 大学紀要
ISSN 0286-5149

翻訳

1.『ライフストーリー―エスノ社会学的パースペクティブ』(原著:Daniel Bertaux Les Recits De Vie, NATHAN, Paris, 1997年, フランス語)
ミネルヴァ書房 1-230頁 2003年
ISBN 978-4623037117
2.『セクシュアル・ストーリーの時代―語りのポリティクス―』 (共訳) (原著:Ken Plummer Telling Sexual Stories, Routledge, London, 1995年, 英語)
新曜社 1998年
ISBN 978-4788506442
3.『ライフヒストリー研究入門―伝記への人類学的アプローチ―』(共訳)
(原題 L.L.Langness, Gelya Frank, Lives:an anthropological approach to biopgraphy ) ミネルヴァ書房 1993年
ISBN 978-4623022502

その他

1.「保苅実の世界」への誘い
日本オーラル・ヒストリー研究 13号5-6頁 2017年 学術雑誌
ISBN 978-4-924914-51-3
2.もうひとつの「保苅実の世界」―父母の語る『ラディカル・オーラル・ヒストリー』への道(編著)
日本オーラル・ヒストリー研究 13号35-51頁 2017年 学術雑誌
ISBN 978-4-924914-51-3
3.<人生>を書く、<人生>を語る:ライフストーリー実践の町から
TASC monthly 455号13-18頁 2013年 その他
4.「生活学ヘリテージ・プロジェクト2012 生活学ヘリテージ・プロジェクトのねらい」第40回研究発表大会 ミニシンポジウム報告2013
生活学論叢 23号36-37頁 2013年 学術雑誌
5.キャリアデザインと質的調査法―ライフストーリー研究からの可能性―
法政大学キャリアデザイン学部紀要 生涯学習とキャリアデザイン 10号 2013年 学術雑誌
6.フォーラム記録(2013年12月1日)質的データ・アーカイヴ化研究会「質的調査データの公共性とアーカイヴ化」
一橋大学 平成24年度 社会科学における「資料の収集・保存・活用」教育の展開 活動成果報告書 21-23頁 2013年 その他
7.ヴァレリー・R・ヤウ著、『オーラルヒストリーの理論と実践―人文・社会科学を学ぶすべての人のために』(吉田かよ子監訳・訳、平田光司・安倍尚紀・加藤直子訳、インターブックス、2011年刊)
日本オーラル・ヒストリー研究 8号185-188頁 2012年 学術雑誌
8.『福翁自伝』におけるオーラリティと多声性
慶應義塾福沢研究センター通信 16号3頁 2012年 学術雑誌
9.第4回アーカイブズ訪問調査(2012年3月)「沖縄県公文書館 宮城聰文書からみるアーカイヴ資料利用の可能性」
『平成23年度一橋大学教育プロジェクト「社会科学における資料の収集・保存・活用」教育の実践』活動成果報告書 21-22頁 2012年 その他
10.オーラルヒストリーとアーカイブ化の問題―社会学からの議論
岩本通弥・法橋量・及川祥平編『オーラルヒストリーと<語り>のアーカイブ化に向けて―文化人類学・社会学・歴史学との対話―』 56-68頁 2011年 その他
11.日本社会学会編『社会学事典』「オーラルヒストリー」640-641頁
丸善 2010年 単行本
12.(書評) 西川祐子著『日記をつづるということ-国民教育装置とその逸脱』 (吉川弘文館, 2009.6.10)
『週刊読書人』 2796号 2009年 その他
13.『ライフストーリー論からみる1950年代の生活記録運動とリテラシー変容の経験的研究』
文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C) 研究成果報告書 2008年 その他
14.ライフストーリー論からみる1950年代の生活記録運動とリテラシー変容の経験的研究
 平成17-19年度科学研究費補助金基盤研究(C) 研究成果報告書 2008年 その他
15.『日本女子大学卒業生のライフコースと現代女性の生き方-2006年インタビュー調査報告書-』(共著)
日本女子大学総合研究所2006年度総合研究所研究課題28「女子大学における生涯学習の意義」プロジェクト 2007年 その他
16.(書評) 小倉康嗣著『高齢化社会と日本人の生き方-岐路にたつ現代中年のライフストーリー-』 (慶應義塾大学出版会, 2006.12.25)
『三田社会学』 12号125-128頁 2007年 大学紀要
ISSN 1349-1458
17."Pilgrimage for Represeting Collective Memory: Identity and Biographies of Japanese Americans"
Biography & Society Newsletter 2007, Biography & Society Research Committee 38 of International Sociological Association 2007年 その他
18.「「人、ひとにあう」ということ-米山俊直のまなざし-」
現代風俗学研究 ( 現代風俗研究会東京の会 ) 12号55-59頁 2006年 学術雑誌
19.『「ふだん記」運動の展開過程と戦後のリテラシーの変容に関する実証的研究』
文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C) 研究成果報告書 2005年 その他
20.(書評) 桜井厚著『境界文化のライフストーリー』 (せりか書房, 2005.1.31)
『週刊読書人』 2580号 2005年 学術雑誌
21.「物語ることの風俗」
『物語の風俗:現代風俗研究会年報23号』 河出書房新社 2001年 その他
ISBN 978-4309904634
22.風俗としての「人生」-自分史をフィールドワークする-
現代風俗研究会年報 『物語の風俗』 河出書房新社 23号34-49頁 2001年 学術雑誌
ISBN 978-4309904634
23."Finlande: une <academie> d'autobiographie"
La Faute a Rousseau, Revue de l'association pour l'autobiographie et le patrimoine autobiographique 2000年 その他
24.日本生活学会編『生活学事典』(執筆項目:ライフストーリー、ライフサイクル、日記, 207-208, 209-210, 211-214頁)
TBSブリタニカ 1999年 単行本
ISBN 978-4484992976
25.『福祉社会事典』(執筆項目:ライフヒストリー、自分史、生活綴方運動、ケーススタディ)
弘文堂 1999年 単行本
ISBN 978-4335550775
26."Biographical Studies in Japan"
Biography & Society Newsletter 1999, Biography & Society Research Committee 38 of International Sociological Association 1999年 その他
27.「生活史」
『アエラムック 生活科学がわかる』 朝日新聞社 1998年 単行本
ISBN 978-4022740946
28.「自分史ブームから家族の変容をみる」
『アエラムック 家族学のみかた』 朝日新聞社 1998年 単行本
ISBN 978-4022740892
29.『大学卒業後の生活・意識と大学評価に関する調査報告書(1)-日本女子大学卒業生の調査から-』(共著)
日本女子大学総合研究所「女子大学の将来展望に関する総合的調査研究」プロジェクト報告書 1998年 その他
30.『大学卒業後の生活・意識と大学評価に関する調査報告書(1)-日本女子大学卒業生の調査から-』(共著)
日本女子大学総合研究所「女子大学の将来展望に関する総合的調査研究」プロジェクト報告書 1998年 その他

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.第8回橋本峰雄賞1998年12月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.オーラルヒストリーとアーカイヴ化の可能性―2012年質的データアーカイヴ化研究会調査より(日本オーラル・ヒストリー学会シンポジウム)
2018年03月上智大学
2.質的調査データとアーカイヴ化の問題(第2回NFRJ研究会)
2017年11月早稲田大学
3.日本の自分史運動における媒介者の声と彼らの自己反省的言説(国際社会学会第3回社会学フォーラム)
2016年07月オーストリア・ウィーン大学
4.「歴史と記憶とオーラルヒストリー」コメント(シンポジウム「歴史と記憶とオーラル・ヒストリー」)
2016年03月慶應義塾大学
5.自分史ブーム、いまふたたび?(自分史フェスティバル2015パネルディスカッション「昭和20年と平成27年を結ぶもの」)
2015年08月品川区立総合区民会館
6.生活学ヘリテージ・プロジェクト―生活学会設立の時代と生活学の思想(日本生活学会第41回大会)
2014年05月青山学院大学
7.生活学ヘリテージ・プロジェクト2012(日本生活学会第40回大会ミニシンポジウム)
2013年06月神奈川大学
8.質的調査データの公共性とアーカイヴ化の問題(関西社会学会第64回大会シンポジウム「質的調査のアーカイブ化の問題と可能性」)
2013年05月大谷大学
9.キャリアデザインと質的調査法―ライフストーリー研究からの可能性(法政大学学部10周年記念シンポジウム「新時代のキャリアデザイン―10年の研究と教育から探る」)
2012年10月法政大学市ヶ谷キャンパス
10.『福翁自伝』におけるオーラリティと多声性―ライフストーリーのなかの<声>を読む(シンポジウム「多角的に読む『福翁自伝』」)
2011年11月慶應義塾大学
11.オーラルヒストリーとピルグリメージ―日系アメリカ人の聖地と<巡礼>(日本オーラルヒストリー学会第8回大会シンポジウム「四国遍路―ピルグリメージとオーラルヒストリー」)
2011年09月松山大学
12.オーラルヒストリーとアーカイヴ化の問題―社会学からの議論(日本民俗学会国際シンポジウム「オーラルヒストリーと<語り>のアーカイヴ化に向けて―文化人類学・社会学・歴史学との対話)
2010年09月成城大学
13.「オーラル・ヒストリーと地域における個人の<歴史化>」(三田社会学会2009年度(慶應義塾150周年記念)シンポジウムⅡ「地域研究とオーラルヒストリー」)
2009年07月慶應義塾大学
14."Public Story and Biography: reconstructing life story of a Japanese American"(International Conferance collaborated with ISA RC38:Ethnicity, Belonging,Biography and Ethnograpy)
2007年12月George-August-Universitat Goettingen, Germany
15.「オーラリティとはなにか」(日本オーラル・ヒストリー学会第5回大会シンポジウム)
2007年09月日本女子大学
16.「オーラルストーリーと<個人の歴史性>-ある日系アメリカ人一世の「ライフ」への視点」(関西社会学会第58回大会シンポジウム「オーラル・ヒストリーと歴史」)
2007年05月同志社大学
17."Pilgrimage for Represeting Collective Memory: Identity and Biographies of Japanese Americans"(国際社会学会第16回世界会議 RC38 Biography and Society, Session 4: Biographical Proceses and Collective Identities)
2006年07月Durban, South Africa
18.「ミニドカ・ピルグリメージ-オーラルストーリーからみる日系アメリカ人の「記憶の場」-」(日本オーラル・ヒストリー学会第3回大会)
2005年09月京都大学
19.「ライフストーリー・アーカイヴとしての<ふだん記>運動-書く実践と書く共同体の生成」(東京外国語大学21世紀COEプログラム「史資料ハブ研究拠点」オーラルアーカイヴ班研究会)
2005年05月東京外国語大学
20.「方法としてのライフヒストリー-D・ベルトーからの展開」(東北大学大学院文学研究科21世紀COEプログラム「社会階層と不平等研究教育拠点」特別ワークショップ)
2004年12月東北大学
21.「ある日系アメリカ人一世の「ライフ」‐伝記的方法としてのオーラルストーリー」(日本オーラル・ヒストリー学会第2回大会)
2004年09月立教大学
22."Autobiographical Writing as Social Phenomena in Contemporary Japan"(European Life Story Seminar by Finland academy of autobiography and folk art)
2000年07月Karsamaki, Finland
23.「ライフヒストリーからみる「トロントの経験」―ある日系一世女性の場合―」(日本移民学会第9回大会パネル・ディスカッション「女性移民の人類学」)
1999年09月大阪学院大学
24.「書くことと語ること―「個人的経験のナラティヴ」への視点」(同志社大学社会学研究学会)
1999年07月同志社大学
25.「口述の語りと<学>のことば」(関西社会学会第50回大会 ミニシンポジウム「臨床のことばと<学>のことば」)
1999年06月関西大学
26.「ライフヒストリー研究と「確からしさ」―「個人的経験のナラティヴ」からの視点―」(関東社会学会第47回大会 テーマ部会「質的調査法」)
1999年06月早稲田大学
27."Narrative and Rashomon-like Technique"(The Society for Phenomenology in the Human Sciences)
1996年10月Georgetown University, Washington D.C. USA

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.社会学者の自伝とリサーチドキュメントから再構成する質的調査展開の知識社会学的研究
基盤研究(C)2017年度~2019年度
2.戦後日本の質的社会調査の系譜とリサーチ・ヘリテージとしての継承可能性の経験的研究
その他のサイト
基盤研究(C)2014年度~2016年度
3.質的データとしてのライフストーリーのアーカイヴ化と<調査遺産>継承の経験的研究
その他のサイト
基盤研究(C)2011年度~2013年度
4.ライフストーリー・アーカイヴ現象にみる<個人の歴史化>と世代継承性の経験的研究
その他のサイト
基盤研究(C)2008年度~2010年度
5.ライフストーリー論からみる1950年代の生活記録運動とリテラシー変容の経験的研究
その他のサイト
基盤研究(C)2005年度~2007年度
6.アフガニスタンにおける生活環境とジェンダーに関する総合的実態調査
その他のサイト
基盤研究(A)2004年度~2007年度
7.「ふだん記」運動の展開過程と戦後のリテラシーの変容に関する実証的研究
その他のサイト
基盤研究(C)2003年度~2004年度
8.1980年代「自分史」ブ-ムの社会的背景に関する実証的研究
その他のサイト
奨励研究(A)1993年度
前のページへ戻る