森有礼高等教育国際流動化センター
松塚 ゆかり(マツヅカ ユカリ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.人材流動化時代の高等教育: 人と知のモビリティーを担う大学(編著)
ミネルヴァ書房 2016年
ISBN 9784623076741
2.ヨーロッパがつくる国際秩序(大芝亮編)(共著)
ヨーロッパの高等教育政策 ミネルヴァ書房 173-196頁 2014年
ISBN 9784623069378
3.国際比較から見た日本の人材育成―グローバル化に対応した高等教育・職業訓練とは(樋口美雄・加藤千鶴編)(共著)
EU人的資本計画の動向―基準共有と高度人材育成・獲得のメカニズム 日本経済評論社 47-68頁 2012年
ISBN 978-4-8188-2237-5
4.留学生教育を支える基盤(共編著)
留学生教育を支える基盤 一橋大学・大学教育研究開発センター 2009年
5.教育訓練制度の国際比較調査、研究 : ドイツ、フランス、アメリカ、イギリス、日本(共編著)
アメリカにおける成人のための職業教育訓練 労働政策研究・研修機構 147-222頁 2003年
6.Changes in the Permanent Employment System in Japan: Between 1982 and 1997
Routledge 2002年
ISBN 978-0415931830

研究論文

1.人材国際流動化時代の大学改革―地域比較・事例研究によるアプローチ
国際流動化時代の高等教育 1-19頁 2016年 単行本
ISBN 9784623076741
2.英国―政策的動向と多様化する高等教育機関の戦略性(共著)
国際流動化時代の高等教育 23-50頁 2016年 単行本
ISBN 9784623076741
3.ポーランド―エラスムス計画の拡大と検証(共著)
国際流動化時代の高等教育 77-102頁 2016年 単行本
ISBN 9784623076741
4.流動性と仮想性 ―「ムークス」がひらく高等教育の変容と機会
国際流動化時代の高等教育 243-262頁 2016年 単行本
ISBN 9784623076741
5.人材国際流動化の中の高等教育財政
国際流動化時代の高等教育 285-305頁 2016年 単行本
ISBN 9784623076741
6.IRの基盤、実践、スキルミクス:一橋大学の事例から
名古屋高等教育研究 13巻193-212頁 2013年 学術雑誌
ISSN 1348-2459
7.Horizontal and Vertical Differentiation in the Global Market for Higher Education: An Economic Perspective
Higher Education Forum 10巻71-81頁 2013年 学術雑誌
ISBN 978-4-902808-79-7
8.国際化における高等教育財政―経済学理論が示唆するパラダイム
高等教育研究 15巻29-47頁 2012年 学術雑誌
ISSN 1344-0063CiNii
9.教育の投資性と消費性
生活経済学学会 32巻 2011年 学術雑誌
10.STUDENT MOBILITY AND ECONOMIC GROWTH IN THE EUROPEAN UNION : APPLICATION OF ROY MODEL TO SKILL MIGRATION
Hitotsubashi journal of social studies 42巻1号1-9頁 2010年 大学紀要
ISSN 0073-280XHERMES-IRCiNii
11.教育の社会資本形成機能 : 理論と実証(共著)
一橋社会科学 2巻20-38頁 2010年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
12.高等教育のナレッジマネージメント : 米国のIRが進める学部横断的「知」の共有
大学論集 41巻455-471頁 2010年 学術雑誌
ISSN 0302-0142HERMES-IRCiNii
13.EU 発・学生流動と教育質保証のインパクト : ロイモデルの応用による教育経済学的考察
大学教育研究開発センター年報 2009巻67-77頁 2010年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
14.『IRからKMへ-教育調査研究から知の共有と活用へ』
平成19-20年度科学研究費基盤研究(c)19601004 2009年 その他
15.なぜ、教育と生活支援の連携強化が求められるのか : 支援ニーズの実証分析から
大学教育研究開発センター年報 2008巻57-72頁 2009年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
16."Sustainability of For-profit Postsecondary Institutions for Non-profit Purposes:The Case of Corporate Universities in the U.S."
Hitotsubashi Journal of Social Studies 40巻2号111-124頁 2008年 学術雑誌
ISSN 0073-280XHERMES-IRCiNii
17."The Role of Federal Government for Technological Education: Implications from a National Study on the NSF Advanced Technological Education"(共著)
Educational Resources Information Center 2008年 学術雑誌
ISBN 978-4385603148
18.「履修パスウエイ、成績、進路 -アウトカム指標で測る教育の成果-」
『一橋大学・大学教育研究開発センター年報』 2008年 大学紀要
19.Differential Access to Flexible Schedules : Implications for Employee Outcomes(共著)
Hitotsubashi journal of social studies 39巻1号43-57頁 2007年 大学紀要
ISSN 0073-280XHERMES-IRCiNii
20."What does the Sustainability of the ATE Mean to community colleges?"
NCWD Brief 2006年 学術雑誌
21."Institutionalization and Sustainability of the National Science Foundation’s Advanced Technological Education Program"(共著)
National Science Foundation 2004年 その他
22."Integration of Vocational and Academic Curricula through the NSF Advanced Technological Education Program"(共著)
Educational Resources Information Center 2004年 学術雑誌
23.コーポレート・ユニバーシティに関する調査研究
労働政策研究・研修機構 33-61頁 2001年 その他

翻訳

1.何処から来て、何処に行くのか:アメリカ合衆国の地理的移動の検証と日本への示唆
国際流動化時代の高等教育 143-170頁 2016年 単行本
ISBN 9784623076741
2.資格枠組みと評価システムの構築 ―「チューニング」の貢献
国際流動化時代の高等教育 197-227頁 2016年 単行本
ISBN 9784623076741

その他

1.なぜ、移動するのか
国際流動化時代の高等教育 307-313頁 2016年 単行本
ISBN 9784623076741
2.ヨーロッパが進める『知』の流動化計画
Commentary 54巻 2015年 その他
3.GPA, IR, チューニング
第63回東北・北海道地区大学高等・共通教育研究会研究収録 99-117頁 2014年 研究会,シンポジウム資料等
4.キーワードで読み解く大学改革の針路 : チューニング: 
Between 2014年 その他
5.広がる大学間「チューニング」
日経新聞 20頁 2013年 その他
6.『単位実質化マキシマムモデルの実践と普及』活動報告(共著)
大学教育研究開発センター年報 2012巻23-24頁 2013年 大学紀要
HERMES-IR
7.IR基盤の拡充と分析の多角化 : 2012年度活動概要(共著)
大学教育研究開発センター年報 2012巻45-50頁 2013年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
8.大学教育研究センター等の運営形態、業務内容、 教職員構成の推移(共著)
大学教育研究開発センター年報 2011巻41-53頁 2012年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
9.単位実質化マキシマムモデルの実践と普及
大学教育研究開発センター年報 2011巻23-24頁 2012年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
10.IR 基盤強化、分析、配信
大学教育研究開発センター年報 2011巻37-39頁 2012年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
11.カリキュラム・ポリシー策定資源としてのIR : 履修パスウエイと進路の定量分析から
大学教育研究開発センター年報 2010巻87-97頁 2011年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
12.IRでつなぐ評価、教育、支援 : 教育と学習の実質化を目指して
大学教育研究開発センター年報 2010巻25-32頁 2011年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
13.「アメリカの主要大学における教養教育の強化」
『講義=演習連結型授業の創出、実践、普及 ―単位実質化の試み』 2010年 その他
14.学生はキャリア教育に何を求めるのか : 学生アンケートの定量分析から(共著)
大学教育研究開発センター年報 2009巻47-65頁 2010年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
15.「留学の目的、満足度、9月入学 ―留学生アンケートの定量分析から」(共著)
『留学生教育を支える基盤』 2009年 大学紀要
16.「GPA制度本格導入を前に -単位取得構造と成績へのインパクト-」
『一橋大学・大学教育研究開発センター年報』 2008年 大学紀要
17.The Institutional Impact of Advanced Technological Program on Two-year Colleges(共著)
Community College Research Center 2001年 その他

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.Tuning and Competence Survey: from Internationally Comparative Perspectives(Comparative and International Education Society 2017 Annual Meeting)
2017年03月アトランタ
2.コンピテンス調査の可能性と課題―歴史学における調査結果と欧州の活用事例から(日本学術会議史学委員会)
2016年06月東京
3.大学教育国際化の課題、工程、意義―「チューニング」に焦点をあてて(群馬大学FD講演会)
2015年12月前橋
4.Changes in Funding Structure for Higher Education in an Age of Global Mobility(International Symposium on China Educational Finance)
2015年10月Beijing
5.Réforme de l'enseignement supérieur, mobilité des compétences, et brain gain : les incidences du processus de Bologne au Japon et en Chine(Internationalisation, attractivité et mobilité étudiante )
2015年09月Nancy
6.国際通用性のある教育課程を考える-チューニング・プロジェクトの取り組み(国立大学教養教育実施組織会議)
2015年05月盛岡
7.Tuning and Global Mobility: Globalization, Knowledge-based Economy and the Emerging Role of Higher education(復旦大学高等教育研究セミナー)
2015年03月上海
8.チューニング:日本の教学環境に則した統合的アプローチに向けて(国立教育政策研究所チューニングワークショップ)
2013年12月東京
9.GPA, IR, チューニングと国際カリキュラム改革(大学改革フォーラム2013:大学改革支援プログラム(GP)の検証と展望 )
2013年08月東京
10.GPAとIRとチューニング(第63回東北・北海道地区大学等・共通教育研究会全体大会)
2013年08月福島
11.GPA, IR. チューニングの相互作用による学修と教育力の向上(電気通信大学FD講演会)
2013年07月~2013年08月東京
12.大学国際化における教育の質向上と成績制度改革(国立大学協会大学マネージメントセミナー)
2012年11月東京
13.Regional Reform for Global Mobility: Response to Bologna Process in EU, Japan and US(Association for the Study of Higher Education 37th Annual Conference)
2012年11月ラスベガス
14.Quality Assurance, Tuning, and Grading in the Age of Internationalization(New Directions in Education in Europe)
2012年09月ジェシェフ
15.大学のナレッジマネージメント―IRからKMへの可能性を探る( 名古屋大学高等教育研究センター第61階客員教授セミナー)
2012年07月名古屋
16.高等教育改革、人材流動、ブレインゲインの相互作用に関する実証研究(日本高等教育学会第15回大会)
2012年06月東京大学
17.一橋大学のチューニング(『チューニング』の実践と普及 国際フォーラム)
2012年02月東京
18.Interactions of Higher Education Reform, Skill Mobility and Brain Gain: Empirical study of EU Bologna Process( Association for the Study of Higher Education 36th Annual Conference)
2011年11月
19.System Integration, Skill Mobility and Functional Differentiation in Postsecondary Education: Interpretation of the EU Bologna Process Appling Economic Theories(China- Japan Higher Education Forum:)
2011年09月
20.高等教育の公私負担配分に関する教育経済学的考察(日本教育社会学学会第62回大会 (2010))
2010年09月大阪
21.なぜ日本の高等教育における公的負担が少ないのか ―教育経済学理論を用いた多角的考察(日本教育社会学会第62会大会(2010年))
2010年09月大阪
22.「大学教育の投資性と消費性 ―教育経済学理論の応用と実証―」(生活経済学会第26回研究大会(2010))
2010年06月仙台
23.ボローニャプロセスが国際的スキル分散に及ぼすインパクト -教育経済学理論による論証の試み(日本高等教育学会第13回大会 (2010))
2010年05月大阪
24.“Academic Performance and Employment: Case of New University Graduates in Japan"(Association for the Study of Higher Education 34th Annual Conference:(2009))
2009年11月Vancouver
25.エラスムス・ムンドゥス計画(青山学院大学エラスムス講演(2009))
2009年09月東京
26.IRからKMへ -教育調査研究から「知」の共有への可能性―(大学教育学会第31回大会(2009))
2009年06月東京
27.包括的学修・生活支援のニーズと対応―学生生活実態調査の定量分析から(高等教育学会(2009))
2009年05月長崎
28.高等教育におけるパスウエイ分析の有効性 -理論と実証-(日本教育社会学学会第60回大会(2008))
2008年09月新潟
29.投資としての大学教育、消費としての大学生活(生活経済学会関東部会(2008))
2008年09月東京
30.大学における教育と学習データの分析法(東京大学・大学経営・政策研究センター 政策ワークショップ(2008))
2008年07月東京
31.アーティキュレーション-高度技術教育における2+2の可能性-(比較教育学会第44回大会(2008))
2008年06月仙台
32.パスウエイとアウトプット指標で測る教育の成果(大学教育学会第30回大会(2008))
2008年06月東京
33.競争的資金下における教育プロジェクトの継続性と制度化について -その検証と分析の手法-全米科学財団・高度技術教育計画の事例から(日本高等教育学会第11回大会(2008))
2008年05月仙台
34.The Role of Federal Funding for Two-year Technological Education Program(American Educational Research Association, Annual Conference(2008))
2008年03月New York
35.Education Statistics for Institutional Research: How to Explain Unexplainable(Seminar Series, Society of Economics of Education(2007))
2007年08月New York
36.How Permanent Is the Japanese Permanent Employment System? Implications of Employment Adjustment between 1987 and 1997(International Industrial Relations Association for 5th Asian Regional Congress(2006))
2006年06月Seoul
37.Statistical Method for Institutional Research: Comprehensive Approach for Event Assessment(Milwaukee Area Committee of Technical Education 2005 Annual Conference)
2005年10月WI
38."Occupational-Academic Inter-departmental Integration through the NSF Advanced Technological Education Program"(Annual Conference of the American Educational Research Association)
2003年04月Chicago
39. "Impact of Advanced Technological Education Program on Two-year Postsecondary Education"(Annual Conference of the Association for the Study of Higher Education)
2002年11月SanDiego
40. "Institutional Impact of the Advanced Technological Education Program on Instruction, Curriculum and Pedagogy"(National Science Foundation Annual Conference)
2002年10月Washington D.C.
41. "Occupational and Academic Curriculum Integration in the Advanced Technological Education Program"(CSCC Annual Meeting)
2002年04月Seattle
42."What does the Sustainability of the ATE Mean to Community Colleges"(82nd Annual Convention of American Association of Community Colleges)
2002年04月Seattle
43. "Diffusion of Innovation: Educational Reform in the New Economy"(National Council for Workforce Development Annual Conference,)
2001年10月Fort La Dale
44. "What Happens When the Grant is Over: Sustainability in Uncertain Times"(National Science Foundation Annual Conference)
2001年10月Washington D.C.

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.高等教育改革、人材流動、ブレインゲインの相互作用に関する実証研究
その他のサイト
基盤研究(B)2011年度~2013年度
2.大学改革のためのナレッジマネージメント:その理論と実践
その他のサイト
基盤研究(C)2007年度~2008年度

共同研究希望テーマ

NO共同研究希望テーマ共同研究実施形態産学連携協力可能形態キーワード
1.高等教育費用負担に関する教育経済学理論と実証大学等の研究機関との共同研究を希望する受託研究教育経済学理論と実証、高等教育財政
2.EU人材移動の経済的インパクト大学等の研究機関との共同研究を希望する受託研究EU、人材(学生)移動, スキル分散
3.高等教育のパスウエイとアウトカム大学等の研究機関との共同研究を希望する共同研究教育のパスウエイ、アウトカム評価、定量分析
4.教育外部資金の効果と継続性に関する研究大学等の研究機関との共同研究を希望する受託研究外部資金、高等教育、教育の公共性(外部性)
5.学び直しの教育経済学的考察大学等の研究機関との共同研究を希望する共同研究生涯学習、人材流動、チューニング

共同研究・受託研究の実績

NO研究題目共同研究区分研究期間研究内容
1.「チューニング」の研究・実践・普及―Tuning Asia による交流拡大と質保証国際共同研究2014年度
2.チューニングの研究、実践、普及学内共同研究2013年度
3.社会科学をチューニングする―学位・単位の国際的通用性確保のためのカリキュラム基盤整備事業その他2012年度
4.単位実質化マキシマムモデルの実践と普及―評価、教育、支援をつなぐカタリストとしてのIR出資金による受託研究2010年度
5.9月入学に関する調査研究出資金による受託研究2009年度
6.講義―演習連結型授業の創出、実践、普及学内共同研究2009年度
7.同窓会と連携する先駆的キャリア教育モデル出資金による受託研究2008年度~2009年度
8.国際水準の社会科学コアカリキュラムの構築学内共同研究2006年度
9.米国高度技術教育計画の制度的効果に関する全国調査、研究出資金による受託研究2001年度
10.高等教育機関におけるERM(組織資源管理)とナレッジマネージメント企業等からの受託研究2001年度
11.スローンファンデーション:ワーキングファミリーに関する研究プロジェクト:先進七カ国におけるワーク・アンド・ファミリー政策の採用、実践とその組織的効果出資金による受託研究2000年度
12.高等教育のパスウエイとその経済的効果に関する研究出資金による受託研究1999年度
13.日本型長期雇用制度の変化とその人的資源開発に及ぼす影響:1987年から1997年の賃金構造基本統計調査報告に基づく定量分析出資金による受託研究1997年度
14.学校から職場への移行に関する調査研究出資金による受託研究1997年度
15.雇用の流動化とそれに伴う人的資源開発・管理の変化に関する研究その他1995年度
前のページへ戻る