経済研究所経済計測研究部門
深尾 京司(フカオ キョウジ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.世界経済史から見た日本の成長と停滞─1868-2018─
岩波書店 2020年
ISBN 9784000099288その他のサイト
2.岩波講座『日本経済の歴史』(現代2)(共編著)
岩波書店 2018年
ISBN 978-4000114066その他のサイト
3.岩波講座『日本経済の歴史』(現代1)(共編著)
岩波書店 2018年
ISBN 9784000114059その他のサイト
4.岩波講座『日本経済の歴史』(近代2)(共編著)
岩波書店 2017年
ISBN 9784000114042その他のサイト
5.岩波講座『日本経済の歴史』(近代1)(共編著)
岩波書店 2017年
ISBN 9784000114035その他のサイト
6.岩波講座『日本経済の歴史』(近世)(共編著)
岩波書店 2017年
ISBN 9784000114028その他のサイト
7.岩波講座『日本経済の歴史』(中世)(共編著)
岩波書店 2017年
ISBN 9784000114011その他のサイト
8.The World Economy, Growth or Stagnation?(共編著)
Cambridge University Press 2016年
ISBN 978-1107143340その他のサイト
9.Regional Inequality and Industrial Structure in Japan: 1874-2008(共著)
Maruzen Publishing Co., Ltd., Tokyo 2015年
ISBN 978-4-621-08913-2その他のサイト
10.「失われた20年」と日本経済:構造的原因と再生の原動力
日本経済新聞出版社 2012年
ISBN 978-4532134112その他のサイト
11.マクロ経済と産業構造、バブル/デフレ期の日本経済と経済政策、第1巻(編著)
慶応義塾大学出版会 2009年
ISBN 978-4-7664-1674-9その他のサイト
12.生産性と日本の経済成長:JIPデータベースによる産業・企業レベルの実証分析(共編著)
東京大学出版会 2008年
ISBN 978-4130402378その他のサイト
13.Foreign Direct Investment in japan: Multinationals' Role in Growth and Globalization(共著)
Cambridge University Press 2008年
ISBN 9781107411289その他のサイト
14.日本企業の東アジア戦略:欧米アジア企業との国際比較(共編著)
日本経済新聞社 2008年
ISBN 978-4-532-13340-5 その他のサイト
15.対日直接投資と日本経済(共著)
日本経済新聞社 1-321頁 2004年
ISBN 978-4532132774その他のサイト
16.合理的予想形成によるインフレ為替分析(共編著)
有斐閣 1988年
ISBN 4-641-06498-9その他のサイト

研究論文

1.Baumol, Engel, and Beyond: Accounting for a century of structural transformation in Japan, 1885-1985 (forthcoming)(共著)
Economic History Review 2020年 学術雑誌
ISSN 1468-0289
2.Abenomics, the Exchange Rate, and Markup Dynamics in Japanese Industries (forthcoming)(共著)
T. Hoshi and P. Lipscy (eds.), The Political Economy of the Abe Government and Abenomics Reforms, Cambridge University Press 2020年 単行本
3.The Long-run dynamics of the labour share in Japan (forthcoming)(共著)
Review of Income and Wealth 2020年 学術雑誌
ISSN 1475-4991doi
4.日本における人的資本と経済成長─1885-2015(共著)
『経済研究』 71巻2号 2020年 学術雑誌
5.Labour Market Institutions, Technology and Rent Sharing(共著)
IZA DP No. 13155, Institute of Labor Economics 2020年 その他
その他のサイト
6.日本経済停滞の原因と必要な政策─JIP2018による分析(共著)
経済産業研究所編『第4次産業革命と日本経済』東京大学出版会 153-175頁 2020年 単行本
ISBN 978-4-13-040290-3
7.The Impact of Information and Communication Technology Investments on Employment in Japan and Korea(共著)
Barbara Fraumeni ed., Measuring Economic Growth and Productivity, Elsevier 283-297頁 2019年 単行本
ISBN 9780128175965
8.Institutions, Deindustrialization, and Functional Income Distribution in Japan(共著)
Fields, Gary and Saumik Paul (eds.) Labor Income Share in Asia, Conceptual Issues and the Drivers, Springer 231-245頁 2019年 単行本
ISBN 978-981-13-7803-4
9.Japan’s participation in global value chains: splitting the IO table into production for export and domestic sale(共著)
Economic Systems Research 2019年 学術雑誌
doi
10.A Microeconomic Analisis of the Declining Labor Share in Japan(共著)
Fields, Gary and Saumik Paul (eds.) Labor Income Share in Asia, Conceptual Issues and the Drivers, Springer 2019年 単行本
ISBN 978-981-13-7803-4
11.観光産業の生産性(共著)
『日本労働研究雑誌』 708巻17-30頁 2019年 学術雑誌
その他のサイト
12.Japan and the great divergence, 730–1874 (Economic History Association Larry Neal Prize 2019, September 2019)(共著)
Explorations in Economic History 72巻1-22頁 2019年 学術雑誌
ISSN 0014-4983doi
13.サービス産業における計測――価格と生産性の正しい計測法(共著)
国友直人, 山本拓(共編)『統計と日本社会』東京大学出版会 2019年 単行本
ISBN 978-4-13-043401-0
14.Secular Stagnation and the Labor Market in Japan
Jérémie Cohen-Setton, Thomas Helbling, Adam Posen, and Changyong Rhee (eds.) Sustaining Economic Growth in Asia, Peterson Institute for International Economics 2018年 単行本
ISBN 9780881327335
15.中小企業における生産性動学:中小企業信用リスク情報データベース(CRD)による実証分析(共著)
『経済研究』 69巻4号363-377頁 2018年 学術雑誌
HERMES-IR
16.日本の地位間経済格差:1874-2010年(共著)
徳井丞次編『日本の地域別生産性と格差:R-JIPデータベースによる産業別分析』東京大学出版会 123-153頁 2018年 単行本
ISBN 978-4-13-040285-9
17.製造業における生産性動学とR&Dスピルオーバー(共著)
徳井丞次編『日本の地域別生産性と格差:R-JIPデータベースによる産業別分析』東京大学出版会 235-257頁 2018年 単行本
ISBN 978-4-13-040285-9
18.人口減少・高齢化と地域経済(共著)
徳井丞次編『日本の地域別生産性と格差:R-JIPデータベースによる産業別分析』東京大学出版会 155-185頁 2018年 単行本
ISBN 978-4-13-040285-9
19.Declining rate of return on capital and the role or intangibles in Japan: an empirical study using Japanese KLEMS (JIP) database(共著)
Deb Kusum Das ed., Productivity Dynamics in Emerging and Industrialized Countries, Routledge 200-229頁 2018年 単行本
ISBN 9781351002547
20.The People’s Republic of China’s Slowdown: Lessons from Japan’s Experience and the Expected Impact on Japan’s Economy(共著)
edited by Justin Yifu Lin, Peter J. Morgan, and Guanghua Wan, Slowdown in the People’s Republic of China, Structural Factors and the Implications for Asia, Asian Development Bank Institute 61-95頁 2018年 単行本
ISBN 978-4-89974-078-0その他のサイト
21.サービス産業における価格と生産性の計測
統計研究会編 ECO-FORUM (創立70周年記念特別号 特集 統計・統計学と日本社会:ビッグデータ時代における課題と戦略)--(公的統計の課題と改革) 32巻3号123-133頁 2017年 学術雑誌
その他のサイト
22.The Economic Impact of Korean Reunification on Major Trade Partners: An Empirical Analysis Based on the World Input-Output Tables(共著)
Emerging Markets Finance and Trade 53巻11号2476-2504頁 2017年 学術雑誌
doi
23.Innovation and Employment Growth in Japan: Analysis Based on Microdata from the Basic Survey of Japanese Business Structure and Activities(共著)
Japanese Economic Review 68巻2号200-216頁 2017年 学術雑誌
ISSN 1468-5876doi
24.サービス産業における成長の計測と分析
The Economic Analysis (The Keizai Bunseki) 194巻1-7頁 2017年 学術雑誌
その他のサイト
25.サービス産業におけるデフレーターと実質付加価値の計測(共著)
The Economic Analysis (The Keizai Bunseki) 194巻9-44頁 2017年 学術雑誌
その他のサイト
26.The Structural Causes of Japan’s Lost Decades(共著)
D. W. Jorgenson, K. Fukao and M. P. Timmer, eds., the World Economy, Growth or Stagnation?, Cambridge University Press 70-110頁 2016年 単行本
ISBN 9781107143340
27.China’s Growth Slowdown: lessons from Japan’s Experience and the Expected Impact on japan, the USA and Germany(共著)
China & World Economy 24巻8号122-146頁 2016年 学術雑誌
doi
28.明治期経済成長の再検討─産業構造、労働生産性と地域間格差─(共著)
『経済研究』 67巻3号193-214頁 2016年 学術雑誌
HERMES-IR
29.Why Was Japan Left Behind in the ICT Revolution?(共著)
Telecommunications Policy 40巻5号432-449頁 2016年 学術雑誌
ISSN 0308-5961doiその他のサイト
30.International Competitiveness: A Comparison of the Manufacturing Sectors in Korea and Japan(共著)
Seoul Journal of Economics 29巻1号43-68頁 2016年 学術雑誌
その他のサイト
31.1874-2008 年における日本の地域間所得格差と産業構造
一般財団法人統計研究会『ECO-FORUM』 30巻3号18-22頁 2015年 学術雑誌
ISSN 0288-2035CiNii
32.Comment on "Innovation and Economic Growth in East Asia: An Overview"
Asian Economic Policy Review 10巻1号38-40頁 2015年 学術雑誌
ISSN 1748-3131doiその他のサイト
33.Biases to Manufacturing Statistics from Offshoring: Evidence from Japan(共著)
Susan Houseman and Michael Mandel eds., Measuring Globalization: Better Trade Statistics for Better Policy, Volume 1, W. E. Upjohn Institute for Employment Research, Michigan 219-250頁 2015年 単行本
ISBN 9780880994897doiその他のサイト
34.アベノミクス第三の矢(成長戦略)と貯蓄投資バランスからみた円レート
一般財団法人統計研究会『ECO-FORUM』 30巻2号32-37頁 2014年 学術雑誌
ISSN 0288-2035CiNii
35.Lessons from Decades Lost: Economic Challenges and Opportunities Facing Japan and the United States(共著)
PIIE Briefings PIIEB14-4, Peterson Institute for International Economics 2014年 単行本
その他のサイト
36.Korean Unification and the Japanese Economy(共著)
prepared for the KIEP Seminar "Costs-Benefits of the Unification of Korean Peninsula to Neighboring Countries: U.S., China, Japan and Russia" Seoul 2014年 研究会,シンポジウム資料等
37.生産性と賃金の企業規模間格差(共著)
労働政策研究・研修機構(JILPT)『日本労働研究雑誌』 649巻14-29頁 2014年 学術雑誌
ISSN 0916-3808CiNii
38.How Important is Geographical Agglomeration to Factory Efficiency in Japan's Manufacturing Sector?(共著)
The Annuals of Regional Science 52巻3号659-696頁 2014年 学術雑誌
ISSN 1432-0592 doiその他のサイト
39.Explaining Japan's Unproductive Two Decades
Asian Economic Policy Review 8巻2号193-213頁 2013年 学術雑誌
ISSN 1832-8105doiその他のサイト
40.生産性、グローバル・バリュー・チェーンと経常収支・為替レート
伊藤元重編・財務省財務総合政策研究所編著『日本の国際競争力』中央経済社 87-105頁 2013年 単行本
ISBN 978-4502080104
41.都道府県別産業生産性(R-JIP)データベースの構築と地域間生産性格差の分析(共著)
『経済研究』 64巻3号218-239頁 2013年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
42.日本の国際収支と生産性、グローバル・バリュー・チェーン
一般社団法人日本貿易会『日本貿易会月報』 716巻31-34頁 2013年 学術雑誌
ISSN 0385-0471CiNii
43.Japan's Alternating Phases of Growth and Future Outlook(共著)
D.S. Prasada Rao and Bart van Ark, eds., World Economic Performance Past, Present and Future, Essays in celebration of the life and work of Angus Maddison, Edward Elgar 2013年 単行本
ISBN 978 1 84844 848 3
44.地域間の人的資本格差とその要因(共著)
『経済研究』 64巻3号256-268頁 2013年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
45.製造業における生産性動学とR&Dスピルオーバー : ミクロデータによる実証分析(共著)
『経済研究』 64巻3号269-285頁 2013年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
46.Global Fixed Capital Investment by Multinational Firms(共著)
Economica 80巻318号274-299頁 2013年 学術雑誌
ISSN 0013-0427doiその他のサイト
47.Productivity and capital accumulation
Hill, Hal, ed., Asia Rising, co-publication of the Asian Development Bank and Edward Elgar 104-136頁 2013年 単行本
ISBN 978 1 78100 797 6
48.CHINA'S ECONOMIC GROWTH, STRUCTURAL CHANGE AND THE LEWISIAN TURNING POINT(共著)
Hitotsubashi Journal of Economics 53巻2号147-176頁 2012年 大学紀要
ISSN 0018-280xHERMES-IR
49.Estimates of total factor productivity, the contribution of ICT, and resource reallocation effect in Japan and Korea(共著)
Mas, Matilde and Robert Stehre, eds., Industrial Productivity in Europe: Growth and Crisis, Edward Elgar 264-304頁 2012年 単行本
ISBN 978 0 85793 210 5
50.どのような企業が雇用を生み出しているか―事業所・企業統計調査ミクロデータによる実証分析―(共著)
『経済研究』 63巻1号70-93頁 2012年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
51.Why Has the Border Effect in the Japanese Machinery Sectors Declined?: The Role of Business Networks in East Asian Machinery Trade(共著)
Journal of Economic Integration 26巻4号651-671頁 2011年 学術雑誌
ISSN 1225-651Xdoiその他のサイト
52.Globalization and Labor Markets in East Asia(共著)
Chin Hee Hahn and Sang-Hyop Lee eds., Reforms for Korea's Sustained Growth, Korea Development Institute 157-197頁 2011年 単行本
ISBN 978-89-8063-561-0
53.Productivity in Japan, the United States, and the Major E.U. Economies: Is Japan Falling Behind?(共著)
Chin Hee Hahn and Sang-Hyop Lee,eds., Reforms for Korea's Sustained Growth, Korea Development Institute 241-260頁 2011年 単行本
ISBN 978-89-8063-561-0
54.An International Comparison of the TFP Levels and the Productivity Convergence of Japanese, Korean, Taiwanese, and Chinese Listed Firms(共著)
Journal of Chinese Economic and Business Studies 9巻2号127-150頁 2011年 学術雑誌
ISSN 1476-5292doiその他のサイト
55.日本の産業レベルでのTFP上昇率 JIPデータベースによる分析
『生産性とイノベーションシステム 第2巻』(藤田昌久・長岡貞男 編)日本評論社 25-46頁 2011年 単行本
ISBN 978-4-535-55653-9
56.Expansion abroad and jobs at home: Evidence from Japanese multinational enterprises(共著)
Japan and the World Economy 22巻2号88-97頁 2011年 学術雑誌
ISSN 0922-1425doiその他のサイト
57.The Japan-US Exchange Rate, Productivity, and the Competitiveness of Japanese Industries(共著)
Hamada, K., Kashyap, A.K., and Weinstein, D.E., eds., Japan's Bubble, Deflation, and Long-term Stagnation, The MIT Press, London 105-128頁 2010年 単行本
ISBN 9780262014892
58.Determinants of the Profitability of Japanese Manufacturing Affiliates in China and Other Regions: Does Localisation of Procurement, Sales, and Management Matter?(共著)
The World Economy 33巻12号1639-1671頁 2010年 学術雑誌
ISSN 0378-5920doiその他のサイト
59.Service Sector Productivity in Japan: The Key to Future Economic Growth
Tcha M.J. ed., The Service Sector Advancement: Issues and Implications for the Korean Economy, 2010 KDI International conference which was held in February 4-5, 2010 92-109頁 2010年 単行本
60.The Effects of Overseas Operations on Home Employment of Japanese Multinational Enterprises(共著)
Gaston, N. and Khalid, A.M., eds., Globalization and Economic Integration, Edward Elgar 254-281頁 2010年 単行本
ISBN 978 1 84844 861 2
61.「失われた20年」の構造的原因(共著)
『経済研究』 61巻3号237-260頁 2010年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
62.Comparative Output and Labour Productivity in Manufacturing for China, Japan, Korea and the United States in Circa 1935 by a Production PPP Approach(共著)
Exploration in Economic History 47巻3号325-346頁 2010年 学術雑誌
ISSN 0014-4983doiその他のサイト
63.Intangible Investment in Japan: Measurement and Contribution to Economic Growth(共著)
The Review of Income and Wealth 55巻3号717-736頁 2009年 学術雑誌
ISSN 0034-6586doiその他のサイト
64.Foreign and Domestic R&D Investment(共著)
Economics of Innovation and New Technology 18巻4号369-380頁 2009年 学術雑誌
ISSN 1476-8364doiその他のサイト
65.Economic Transition and Labour Market Integration in China(共著)
Garnaut, R., Song, L, and Woo W.T., eds., China's New Place in a World in Crisis, Brookings Institution Press 179-207頁 2009年 単行本
ISBN 9781921536977
66.戦前期日本の県内総生産と産業構造(共著)
『経済研究』 60巻2号163-189頁 2009年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
67.Real GDP in Pre-War East Asia: A 1934-36 Benchmark Purchasing Power Parity Comparison with the U.S.(共著)
Review of Income and Wealth 53巻3号503-537頁 2007年 学術雑誌
ISSN 0034-6586doiその他のサイト
68.EU主要国の生産性─日米と比較において─(共著)
『EU スタディーズ2 経済統合』勁草書房 125-145頁 2007年 単行本
ISBN 978-4-326-30170-6
69.日本の製造業における参入・退出パターンと生産性(共著)
『経済研究』 58巻3号231-245頁 2007年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
70.年功賃金は生産性と乖離しているか―工業統計調査・賃金構造基本調査個票データによる実証分析―(共著)
『経済研究』 58巻1号61-90頁 2007年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
71.Why Did Japan's TFP Growth Slow Down in the Lost Decade? An Empirical Analysis Based on Firm-Level Data of Manufacturing Firms(共著)
Japanese Economic Review 57巻2号195-228頁 2006年 学術雑誌
ISSN 1352-4739doiその他のサイト
72.International Comparison in Historical Perspective: Reconstructing the 1934-36 Benchmark Purchasing Power Parity for Japan, Korea and Taiwan(共著)
Explorations in Economic History 43巻2号280-308頁 2006年 学術雑誌
ISSN 0014-4983doiその他のサイト
73.Japanese Banks' Monitoring Activities and the Performance of Borrower Firms: 1981-1996(共著)
International Economics and Economic Policy 2巻4号337-362頁 2005年 学術雑誌
ISSN 1612-4812doiその他のサイト
74.日本の産業間・産業内国際分業と対外直接投資―国内の物的・人的資本深化への影響―(共著)
『経済研究』 56巻4号331-347頁 2005年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
75.Foreign Direct Investment and Trade in Japan: An Empirical Analysis Based on the Establishment and Enterprise Census for 1996(共著)
the Journal of the Japanese and International Economies 19巻3号415-455頁 2005年 学術雑誌
ISSN 0889-1583doiその他のサイト
76.How to Measure Non-tariff Barriers? A Critical Examination of the Price-Differential Approach(共著)
Ahn, C.Y., Cheong, I., Fukagawa, Y., and Ito, T., eds., Korea-Japan FTA: Toward a Model Case for East Asian Economic Integration, Korea Institute for International Economic Policy (KIEP) 2005年 単行本
77.Do Out-In M&As Bring Higher TFP to Japan?:An Empirical Analysis Based on Micro-data on Japanese Manufacturing Firms(共著)
the Journal of the Japanese and International Economies 19巻2号272-301頁 2005年 学術雑誌
ISSN 0889-1583doiその他のサイト
78.The Internationalization and Performance of Korean and Japanese Firms: An Empirical Analysis Based on Micro-data(共著)
Seoul Journal of Economics 17巻4号439-482頁 2005年 学術雑誌
ISSN 1225-0279その他のサイト
79.日本の生産性と経済成長:産業レベル・企業レベルデータによる実証分析(共著)
『経済研究』 55巻3号261-281頁 2004年 学術雑誌
HERMES-IR
80.Strategic Aspects of International Lending and Borrowing : A Two-Country Dynamic Game Model
Hitotsubashi Journal of Economics 45巻1号47-66頁 2004年 大学紀要
ISSN 0018-280XHERMES-IR
81.Sectoral Productivity and Economic Growth in Japan, 1970-98: An Empirical Analysis Based on the JIP Database(共著)
Ito, T. and Rose, A., eds., Growth and Productivity in East Asia, NBER-East Asia on Economics, Volume 13, The University of Chicago Press 2004年 単行本
ISBN 9780226386805
82.Physical and Human Capital Deepening and New Trade Patterns in Japan(共著)
Ito, T. and Rose, A., eds., International Trade, NBER-East Asia on Economics, Vol. 14, the University of Chicago Press, Cambridge, MA 2004年 単行本
83.Vertical Intra-Industry Trade and Foreign Direct Investment in East Asia(共著)
Journal of the Japanese and International Economies 17巻4号468-506頁 2003年 学術雑誌
ISSN 0889-1583doiその他のサイト
84.Coordination Failures under Incomplete Information and Global Games
Hitotsubashi Journal of Economics 44巻1号59-73頁 2003年 大学紀要
ISSN 0018-280XHERMES-IR
85.An Econometric Analysis of Trade Diversion under NAFTA(共著)
North American Journal of Economics and Finance 14巻1号3-24頁 2003年 学術雑誌
ISSN 1062-9408doiその他のサイト
86.1930年代における日本・朝鮮・台湾間の購買力平価―実質消費水準の国際比較―(共著)
『経済研究』 53巻4号322-336頁 2002年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
87.On the Japanese Contribution to the Equalization of World Income(共著)
Hitotsubashi Journal of Economics 43巻1号19-40頁 2002年 大学紀要
ISSN 0018-280XHERMES-IR
88.直接投資と雇用の空洞化
『日本労働研究雑誌』 501巻34-37頁 2002年 学術雑誌
ISSN 09163808CiNii
89.日本の貯蓄超過と「バブル」の発生
『平成バブルの研究 上 形成編』 (村松岐夫・奥野正寛 編) 東洋経済新報社 2002年 単行本
ISBN 978-4492393673
90.Backward Vertical Linkages of Foreign Manufacturing Affiliates: Evidence from Japanese Multinationals(共著)
World Development 29巻1号189-208頁 2001年 学術雑誌
ISSN 0305-750Xdoiその他のサイト
91.銀行の審査活動と借入企業のパフォーマンス(共著)
『経済研究』 52巻2号166-186頁 2001年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
92.How Japanese Subsidiaries in Asia Responded to the Regional Crisis: An Empirical Analysis Based on the MITI Survey
Ito, T. and Krueger, A.O., eds., Regional and Global Capital Flows: Macroeconomic Causes and Consequences: East Asia Seminar on Economics Volume 10, The University of Chicago Press 267-310頁 2001年 単行本
ISBN 0-226-38676-7
93.戦後日本国内における経済収束と生産要素投入-ソロー成長モデルは適用できるか-(共著)
『経済研究』 51巻2号136-151頁 2000年 学術雑誌
HERMES-IR
94.国際産業政策と多国籍企業(共著)
『経済研究』 50巻1号54-67頁 1999年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
95.対外直接投資と製造業の「空洞化」(共著)
『経済研究』 49巻3号259-276頁 1998年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
96.電気メーカーの立地選択(共著)
『三田学会雑誌』 慶應義塾経済学会 90巻2号11-39頁 1997年 学術雑誌
97.直接投資とマクロ経済―中期的分析―
『経済研究』 48巻3号227-243頁 1997年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
98.国内か海外か:わが国製造業の立地選択に関する実証分析
『経済研究』 47巻1号47-63頁 1996年 学術雑誌
HERMES-IR
99.日本企業の海外生産活動と国内労働
『日本労働研究雑誌』 日本労働研究所 37巻7号2-12頁 1995年 学術雑誌
ISSN 09163808CiNii
100.R&D Investment and Overseas Production: An Empirical Analysis of Japan's Electric Machinery Industry Based on Corporate Data(共著)
Monetary and Economic Studies 12巻2号1-60頁 1994年 学術雑誌
その他のサイト
101.対外直接投資の決定要因―わが国電機産業企業のパネルデータによる実証分析―(共著)
『経済研究』 45巻3号261-278頁 1994年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR
102.International Trade and Investment under Different Rates of Time Preference(共著)
Journal of the Japanese and International Economies 8巻1号22-52頁 1994年 学術雑誌
ISSN 0889-1583doiその他のサイト
103.History versus Expectations: A Comment(共著)
The Quarterly Journal of Economics 108巻2号536-542頁 1993年 学術雑誌
ISSN 0033-5533doiその他のサイト
104.Accumulation of Human Capital and the Business Cycle(共著)
Journal of Political Economy 101巻1号73-99頁 1993年 学術雑誌
ISSN 0022-3808doiその他のサイト
105.不完全な公共財としての国際援助(共著)
『経済研究』 44巻1号1-14頁 1993年 学術雑誌
HERMES-IR
106.国際貸借の戦略的側面─2国ダイナミックゲームモデルー
『三田学会雑誌』 慶應義塾経済学会 84巻2号 1991年 学術雑誌
ISSN 00266760CiNii
107.不完全情報と複数のベイジアン均衡
『経済研究』 42巻3号234-245頁 1991年 学術雑誌
HERMES-IR
108.金融の国際化と最適金融政策(共著)
『季刊理論経済学』 理論・計量経済学会 41巻4号336-352頁 1990年 学術雑誌
ISSN 0557109XCiNii
109.日本の貯蓄・投資バランスと経常収支、為替レート
『経済研究』 38巻3号222-239頁 1987年 学術雑誌
HERMES-IR
110.家計の最適資産蓄積行動と交易条件
『経済研究』 37巻2号159-168頁 1986年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR

その他

1.Human Capital and Economic Growth in Japan: 1885-2015(共著)
IER, Hitotsubashi University, Discussion Paper Series, A708 2020年 その他
その他のサイト
2.日本における雇用と生産性のダイナミクス─OECD DynEmp/MultiProd プロジェクトへの貢献と国際比較(共著)
RIETIディスカッションペーパー 19-J-066 2019年 その他
その他のサイト
3.企業貯蓄の源泉と使途に関する実証分析(共著)
RIETI Discussion Paper Series 19-J-064 2019年 その他
その他のサイト
4.政府・歴史・産業・地域統計の世界的拠点を目指して─社会科学統計情報研究センターの取り組みについて─
一般財団法人日本統計協会『統計』─統計専門機関を訪ねて─ 70巻10号52-55頁 2019年 その他
CiNii
5.Baumol versus Engel: Accounting for 100 years (1885-1985) of Structural Transformation in Japan(共著)
IZA Institute of Labor Economics, IZA DP No. 12727 2019年 その他
その他のサイト
6.日本経済における資源の再配分による産業のダイナミクス─事業所・企業統計調査及び経済センサスによる実証研究(共著)
RIETIディスカッションペーパー19-J-040 2019年 その他
その他のサイト
7.Structural Change, Capital Deepening, and TFP Growth in Japan: 1885-1970(共著)
IER Discussion Paper Series A No.693 2019年 その他
その他のサイト
8.取引関係と資本関係が企業の研究開発に与える影響に関する実証分析(共著)
RIETI Discussion Paper Series 19-J-032 2019年 その他
その他のサイト
9.A Microeconomic Analysis of the Declining Labor Share in Japan(共著)
ADBI Working Papers 925, Asian Development Bank Institute 2019年 その他
その他のサイト
10.サービス産業の生産性:決定要因と向上策
『一橋大学HQ』 2018年 その他
その他のサイト
11.中小企業における生産性動学:中小企業信用リスク情報データベース(CRD)による実証分析(共著)
RIETIディスカッション・ペーパー18-J-019 2018年 その他
その他のサイト
12.A Framework to Study the Role of Structural Transformation in Productivity Growth and Regional Convergence(共著)
ADBI Working Paper Series, No.833 2018年 その他
その他のサイト
13.[記事]「日本のサービス品質 特徴と課題を探る SPRINGフォーラム」
『生産性新聞』公益財団法人日本生産性本部 2018年 その他
14.[インタビュー]ビジネス環境高めるには
公明新聞 5面 2017年 その他
15.Japanese Plants' Heterogeneity in Sales, Factor Inputs, and Participation in Global Value Chains(共著)
RIETI DP 17-E-117 2017年 その他
その他のサイト
16.The Role of Structural Trans formation in Regional Convergence in Japan: 1874-2008(共著)
Discussion Paper Series A No.665, IER, Hitotsubashi University 2017年 その他
その他のサイト
17.[対談] 深尾京司, 森川正之「日本の生産性を高めるには」(特集 日本経済と生産性)
『経済セミナー』日本評論社 697巻8-21頁 2017年 その他
18.[引用]深尾京司 特集記事「ワーク&ライフ変わる暮らし─働き方改革」
『日本経済新聞』2017年5月6日朝刊12ページ 2017年 その他
19.特集記事「ワーク&ライフ変わる暮らし─働き方改革」
『日本経済新聞』朝刊12ページ 2017年 その他
20.日中製造業の国際競争力に関する比較研究─生産コスト・アプローチ─(共著)
CEI Working Paper No.2017-1 2017年 その他
その他のサイト
21.経済危機が雇用と生産性のダイナミックスに与える効果分析(共著)
RIETIディスカッション・ペーパー17-J-017 2017年 その他
その他のサイト
22.正確把握へ統計改革急げ
日本経済新聞「経済教室」サービス産業の生産性 上 2017年 その他
23.Without Obama, Shinzo Abe’s Approach to U.S.-Japan Ties may Be Tested
The New York Times, Asia Pacific 2016年 その他
24.「僵尸企業并不是真正的根本問題」対談
Caijing Magazine(財経) 486巻90-92頁 2016年 その他
25.Japan and the World Innovation, Economic Growth, Globalization, and International Security Challenges
Lecture at Stanford university, Shorenstein Asia Pacific Research Center, April 26-May 12, 2016.(全4回) 2016年 その他
26.韓国、移民拡大等 労働人口 増やせば成長
東亜日報 2016年 その他
27.Lessons from Japan’s Secular Stagnation(共著)
RIETI Discussion Paper Series 15-E-124 2015年 その他
その他のサイト
28.Regional Factor Inputs and Convergence in Japan: A macro-level analysis, 1955-2008(共著)
RIETI Discussion Paper Series 15-E-123 2015年 その他
その他のサイト
29.Industry-level Factor Inputs and TFP and Regional Convergence: 1970-2008
RIETI Discussion Papers Series 15-E-089号 2015年 学術雑誌
その他のサイト
30.潜在成長率 高められるか㊥ 2%への引き上げは可能(共著)
日本経済新聞「経済教室」 2015年 その他
31.Japan and the Great Divergence, 725-1874
Discussion Paper Series, No.10569, Economic History, Centre for Economic Policy Research, Institute for Advanced Studies 10569号 2015年 学術雑誌
その他のサイト
32.How did Japan Catch-Up on the West? A Sectoral Analysis of Anglo-Japanese Productivity Differences, 1885-2000
Economic History, Centre for Economic Policy Research, Institute for Advanced Studies, Vienna No.10570号 2015年 学術雑誌
33.Why Was Japan Left Behind in the ICT Revolution?
RIETI Discussion Papers Series 15-E-43 2015年 学術雑誌
その他のサイト
34.取引関係のオープン化が日本の自動車部品産業の生産性に与えた影響の分析
RIETI ディスカッションペーパーシリーズ 15-J-017 2015年 学術雑誌
その他のサイト
35.Buyers, Suppliers, and R&D Spillovers
RIETI Discussion Papers Series 15-E-047 2015年 学術雑誌
その他のサイト
36.Aging, Interregional Income Inequality, and Industrial Structure: An Empirical Analysis Based on the R-JIP Database and the R-LTES Database(共著)
RIETI Discussion Papers Series 15-E-022 2015年 その他
その他のサイト
37.円安、需要不足解消に必要
日本経済新聞「経済教室」(「アベノミクス2年下」) 2014年 その他
38.Biases to Manufacturing Statistics from Offshoring: Evidence from Japan(共著)
RCESR DP Series No.DP14-2, Hitotsubashi University 2014年 その他
HERMES-IR
39.「アジア生産性」研究 生産性 日韓の格差縮小
日本経済新聞 2007年 その他
40.河合正弘『国際金融と開放マクロ経済学―変動為替レート制のミクロ・マクロ分析』
『経済研究』 41巻2号189-190頁 1990年 学術雑誌
ISSN 00229733HERMES-IR

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.第6回NIRA大来政策研究賞2005年10月
2.Economic History AssociationのLarry Neal Prize (Exploration in Economic Historyの年間ベスト論文賞)2019年09月
3.第55回 日経・経済図書文化賞2012年11月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.日本経済停滞の原因と必要な政策(RIETI政策シンポジウム「第4次産業革命と日本経済の展望」)
2020年02月イイノホール&カンファレンスセンター Room A(東京・千代田区)
2.Why Do Real Wages Stahnate in Japan and Korea?(Fifth Asian KLEMS Conference)
2019年10月Tsinghua University, Beijing
3.日本経済発展第6回 人口減少下の日本経済(GRIPS外交アカデミー)
2019年06月政策研究大学院大学
4.Abenomics, the Exchange Rate, and Markup Dynamics in Japanese Industries(the Second Conference on “The Political Economy of Japan under the Abe Government”)
2019年03月
5.China’s Slowdown: Lessons from Japan’s Experience (中国経済の減速:日本の経験からの教訓)(国際シンポジウム「岐路に立つ中国――直面する経済と社会の課題――」)
2019年02月虎ノ門ヒルズフォーラム ホールA
6.日本経済の歴史から長期停滞の構造的原因を探る:機械工業を中心とした日本経済発展史(日本機械工業連合会における報告)
2018年10月
7.Regional convergence in labor productivity during the Japanese manufacturing catch-up, 1909-1940(The Sixth Asian Historical Economics Conference (AHEC 2018))
2018年09月University of Hong Kong
8.Productivity growth in Meiji Japan: the structural and regional dynamics(WEHC 2018)
2018年07月~2018年08月Boston Mariott Cambridge
9.Regional patterns of Japanese industrialisation from ca. 1800 to 1985(WEHC 2018)
2018年07月~2018年08月Boston Mariott Cambridge
10.The economic geography of Japanese industrialization (1800-2010)(WEHC 2018)
2018年07月~2018年08月Boston Mariott Cambridge
11.Structural Change, Capital Deepening, and TFP Growth in Japan: 1885-1970(18th World Economic History Congress in Boston)
2018年07月Boston
12.日本経済の歴史から⻑期停滞の構造的原因を探る(RIETI BBL)
2018年07月RIETI、霞が関:東京
13.Quantifying and Accounting for Differences in Quality in Service Sectors: A Bilateral Price Comparison between United States and Japan(the Fifth World KLEMS Conference)
2018年06月Harvard University
14.Labour share dynamics, heterogeneous capital and labour market regulation(Royal Economic Society Annual Conference 2018)
2018年03月University of Sussex, Briton, UK
15.The economic geography of Japanese industrialization (1800-2010)(Workshop on the Economic geography of Lon-Run Industrialization)
2018年03月the International Institute of Social History, Amsterdam, the Netherlands
16.Abenomics and Competitiveness of Japanese Industry(Stanford Conference on "The Political Economy of Japan under the Abe Government" )
2018年02月Philippines Conference Room, Shorenstein Asia Pacific Research Center, Stanford University
17.Quantifying and Accounting for Differences in Quality in Service Sectors: A Bilateral Price Comparison between United States and Japan(OECD WPIA Meeting)
2017年10月
18.Technology, capital, skills and the long-run dynamics of the labour share in Japan(International Workshop on Productivity, Innovation and Intangible Investments)
2017年09月National Institute of Economic and Social Research, Assisi, Italy
19.Secular Stagnation and the labor Market in Japan(The New Mediocre (Secular Stagnation) and Asia, preliminary conference)
2017年09月Four Seasons Hotel Seoul, Seoul
20.Quality of Consumer Services: US-Japan Comparison Based on a Survey of the Willingness to Pay(The 3rd Hitotsubashi Summer Institute: The Fourth Asia KLEMS Conference)
2017年07月~2017年08月Sano-shoin, Hitotsubashi University
21.Productivity growth in Meiji Japan: the structural and regional dynamics(the 8th World Congress of Cliometrics, Strasbourg Convention Centre)
2017年07月Strasbourg, France
22.Public and Private R&D Spillovers and Productivity at the Plant Level: Technological and Geographic Proximity(IARIW 34th General conference)
2016年08月Dresden, Germany
23.Public and Private R&D Spillovers and Productivity at the Plant Level: Technological and Geographic Proximity(IARIW 34th General conference)
2016年08月Dresden, Germany
24.On Input-Output Tables and Growth Accounting(The 2nd Hitotsubashi Summer Institute "The Third Asia KLEMS Database Management Workshop")
2016年08月Sano Shoin Hall, Hitotsubashi University, Tokyo
25.Measurement of Deflators and Real Value Added in the Service Sector(The 2nd Hitotsubashi Summer Institute "The Economics of Services: Microfoundations, Measurement, and Productivity Policy")
2016年08月Sano Shoin Hall, Hitotsubashi University, Tokyo
26.Why Was Japan Left Behind in the ICT Revolution?(the 4th World KLEMS)
2016年05月Hotel NH Collection Madrid Colon
27.What Can We Learn from Japan(s Secular Stagnation?(the 4th World KLEMS)
2016年05月Hotel NH Collection Madrid Colon
28.Measurement of Deflators and Real Value Added in the Service Sector(the 4th World KLEMS)
2016年05月Hotel NH Collection Madrid Colon
29.The Structural Causes of Japan's Low TFP Grows(the Seminar of Shorenstein Asia Pacific Research Center)
2016年04月Stanford University
30.The Structural Causes of Japan’s Low TFP Growth(Japan Briefing: The Economy, Politics and Innovation Policy)
2016年03月Weston Theatre, Crawford School of Public Policy, the Australian National University
31.The Structural Causes of Japan’s Low TFP Growth(AJRC and HIAS joint conference on Recent Issues in Finance and Macroeconomics)
2016年03月Australian National University
32.日本の長期停滞から何を学ぶか(経済産業研究所『日本経済を新たな成長軌道へ:エビデンスに基づくグランドデザイン』)
2016年02月イイノホール&カンファレンスセンターRoom A(東京・千代田区)
33.The Structural Causes of Japan’s Low TFP Growth(Making Sense of the Productivity Slowdown)
2015年11月Peterson Institute for International Economics, Washington, DC
34.Immigration and the utilization of the domestic labor force in japan(Japan Economic Foundation Roundtable, the Political Economy of Japan and the EU: Challenges and Strategies)
2015年11月Chatham House, London, UK
35.東アジアの分業構造と中国経済の減速が日本経済に及ぼす影響(第29回国際経済政策研究センター・キタン国際学術シンポジウム 名古屋大学、ジェトロ・アジア経済研究所共催国際シンポジウム『中国・日本と激変するアジア経済』)
2015年10月名古屋大学野依記念学術交流館
36.Inequality, Poverty, and Growth in Japan, 1850-1955(XVIIth World Economic History Congress)
2015年08月Kyoto
37.Revisiting Meiji Japan’s Economic Miracle: Evidence from Sectoral Prefecture-Level GDP Estimates (1874, 1890, and 1909)(XVIIth World Economic History Congress)
2015年08月Kyoto
38.Japan and the great Divergence, 725-1874(XVIIth World Economic History Congress)
2015年08月Kyoto
39.Regional Inequality in Prewar Japan, 1844-1940(XVIIth World Economic History Congress)
2015年08月Kyoto
40.対内直接投資の効果と促進のための課題と対策(対内直接投資の効果と促進─経済成長に向けて)
2015年03月イイノホール&カンファレンスセンターRoom A
41.生産性計測の観点からみた政府統計の課題(2014年度第2 回一橋大学政策フォーラム『公的統計のあり方とエビデンス・ベース政策形成~新統計法施行から5年』)
2015年01月一橋講堂
42.日本の潜在成長率と生産性(失われた20年を超えて─日本経済再生への途─)
2014年10月大阪大学
43.The Structural Causes of Japan's Lost Decades(the Third World KLEMS Conference)
2014年05月JPタワーホール&カンファレンス
44.国立大学共同利用・共同研究拠点の現状と課題(科学技術・学術審議会学術分科会研究環境基盤部会)
2014年04月MEXT
45.民間投資を喚起する成長戦略:経済成長率と実質賃金引き上げに何か必要か(アベノミクスを考える─3本の矢はどこまで飛ぶか?)
2014年02月新梅田研修センター
46.産業空洞化と地域経済(グローバル化のもとでの地域経済の発展─「空洞化」を超えて)
2014年02月RIETI
47.JIPデータベースにおける全要素生産性の計測と公的統計の課題(経済統計・政府統計の数理的基礎と応用)
2014年01月東京大学
48.高齢化、知期間所得格差と産業構造:都道府県データによる実証分析(人口減少と日本社会─ライフコース・社会保障・地域経済の行方─)
2013年12月日本学術会議
49.Japan's Two Lost Decades and Abenomics(ヨーロッパ・アジア太平洋の社会科学ネットワーク国際シンポジウム:アジア太平洋地域とヨーロッパにおける経済再生)
2013年10月一橋講堂
50.製造業における生産性動学とR&Dスピルオーバー:ミクロデータによる実証分析(一橋大学政策フォーラム「経済成長と科学技術イノベーション政策」)
2013年09月如水会館
51.Aging, Interregional Income Inequality, and Industrial Structure: An Empirical Analysis Based on Prefectural Data(Comparative Study between Korea and japan on Aging Trend, Economic and Social Impact and Policy Implications)
2013年08月Korea University
52.都道府県別産業生産性(R-JIP)データベースの構築と地域間生産性格差の分析(設研アカデミックセミナー)
2013年07月DBJ
53.日本の生産性長期停滞についてミクロデータから何かわかるか(早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ【政治・経済・法の計量分析】)
2013年05月早稲田大学高等研究所
54.Explaining Japan's Unproductive Two Decades(the Sixteenth Asian Economic Policy Review Conference)
2013年04月日本経済研究センター
55.Intangible Investment in Japan(OECD Workshop on Productivity)
2012年11月OECD
56.日本経済の構造問題:生産性と経済成長(日本経済学会2012年度秋季大会)
2012年10月九州産業大学
57.How Will We Revise the JIP Database? Harmonization with the Japanse SNA and Estimation of Intangible Assets(the 2nd World KLEMS Conference)
2012年08月Harvard University
58.A PPP Comparison of the Pre-war and Post-war Performance of the Chinese and Japanese Economies(XVI the WEHC )
2012年07月Stellenbosch University
59.Offshoring Bias in Japan's Manufacturing Sector(the Final WIDO Conference: Causes and Consequences of Globalization)
2012年04月Groningen University
60.Deindustrialization in Japan and Its Impact on Growth(the Workshop "Is deindustrialization inevitable? The future of manufacturing in japan, Korea, Germany and France")
2012年03月フランス国立社会科学高等研究院日仏財団
61.Japan and the Great Divergence, 800-1913(Quantifying Long Run Economic Development)
2011年03月University of Warwick, Venice Palazzo Pesaro Papafava
62.Productivity and Capital Accumulation in Asian Developing Economies(ADB's Mid-term Review Workshop on "Sustaining Asia's Growth and Investment in a Changing World")
2011年01月ADB, Manila
63.Revisiting Accumulation and Assimilation: New Evidence on the Role of Productivity and Capital Accumulation in Asia in Historial Perspective(Maddison Memorial Conference)
2010年11月International Institute of Social History
64.Comparative Productivity Analysis between japan and Korea-Micro and Micro Perspectives-(International Conference on Productivity in East Asia)
2010年10月Seoul National University
65.Output Quality, Skill Intensity, and Factor Contents of Trade(10th Comparative Analysis of Enterprise Data COST Conference 2010)
2010年09月Imperial College London
66.Decomposition of Income Gaps Between China, Japan and the United States for CIRCA 1935: A Production-side PPP Approach and Reconciliation of Production and Expenditure PPPs(the 31st IAEIW General Conference)
2010年08月St.Gallen
67.Productivity and Capital Accumulation in Asian Developing Economies(ADB's Inception Workshop on "Sustaining Asia's Growth and Investment in Changing World)
2010年06月ADB, Manila
68.Vertical Intra-Industry Trade, Unit Values of Commodities, and Factor Contents: An Empirical Analysis Based on Micro-Data of the Census of Manufactures(WIOD Conference on Industry-Level Analysis of Micro-Data of the Census of Manufactures)
2010年05月Technische Universitaet Wien
69.「生産性競争の時代 -日本は再びキャッチアップできるのか」(独立行政法人経済産業研究所 BBLセミナー)
2007年04月東京、日本
70.“Productivity in Japan, the US, and the EU Core Countries :Is Japan Falling Behind(the Third International Workshop of Joint Research Study Group “EU Economy" of EUIJ Tokyo Consortium)
2007年03月Tokyo, Japan

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.サービス産業の生産性:決定要因と向上策
その他のサイト
基盤研究(S)2016年度~2020年度
2.人口変動・生産性と地域間所得格差
その他のサイト
基盤研究(B)2013年度~2015年度
3.社会科学の高度統計・実証分析拠点構築
グローバルCOEプログラム2008年度~2012年度
4.貿易、直接投資と民営化改革の中国製造業生産性への影響:企業データによる実証
その他のサイト
基盤研究(B)2005年度~2006年度
5.日本の産業構造・生産性と経済成長
その他のサイト
基盤研究(B)2003年度~2004年度
6.アジア諸国の産業・貿易構造と経済成長:アジア長期経済統計に基づく実証研究
その他のサイト
基盤研究(C)2001年度~2002年度
7.対外直接投資と研究開発活動の空洞化
その他のサイト
基盤研究(C)1997年度~1998年度
8.企業の属性と対外直接投資-電気機器産業企業データによる実証分析
その他のサイト
一般研究1994年度~1995年度

共同研究・受託研究の実績

NO研究題目共同研究区分研究期間研究内容
1.日中米3か国における財・サービス品質に関する調査国際共同研究2017年度~プロジェクト概要:日中米の財・品質が購買力平価に与える影響を分析する
規模:コアメンバー8名
参加国等:日本・中国・オーストラリア
2.What Explains Comparative Long-run Growth Performance?国際共同研究2015年度~プロジェクト概要:長期的な経済成長のパフォーマンスを考察するプロジェクト。
規模:約 22人
参加国等:欧州他、日本の15カ国
3.The Cambridge Economic History of the Modern World国際共同研究2015年度~2020年度プロジェクト概要:グローバル・エコノミック・ヒストリーにかんする共同研究、および上級テキストの刊行
規模:40人
参加国等:英国、オランダ、フランス、日本他20ヵ国
前のページへ戻る