森有礼高等教育国際流動化機構国際教育交流センター
西谷 まり(ニシタニ マリ)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.開かれた日本語教育の扉(共編著)
ディベート活動を通じた口頭表現の指導 スリーエーネットワーク 194-208頁 2005年
HERMES-IR

研究論文

1.Evaluation of a Japanese Language Trial Lesson Using Fishwatchr (共著)
US-China Education Review A, 7巻6号285-292頁 2017年 学術雑誌
ISBNHERMES-IR
2.Learning from failure in an MBA oral presentation course.
US-China Education Review, 6巻1号45-52頁 2016年 学術雑誌
HERMES-IR
3.A Consideration of the Interaction of Languages Anxiety and the Leaning Strategy(共著)
E-Learn 2009--World Conference, 2009年 学術雑誌
4.言語不安の解釈に着目した日本語教育用e-learning教材の開発(共著)
教育システム情報学会 29巻3号 2012年 学術雑誌
5.日本語ビジネスコミュニケーション教材の開発
一橋大学国際教育センター紀要 5号105-112頁 2014年 学術雑誌
ISBN 2185-6745
6.FishWatchrを利用した日本語授業評価-評価観点の多様化に着目して-
一橋大学国際教育センター紀要 8号19-32頁 2018年 学術雑誌
7.日越ビジネスコミュニケーションにおける不安と失敗の捉え方の変容
国際教育センター紀要 8巻133-142頁 2017年 学術雑誌
HERMES-IR
8.ビジネスコミュニケーションにおける不安と失敗―ベトナム日本企業における日本人社員とベトナム人社員の比較―
一橋大学国際教育センター紀要 7号3-14頁 2016年 大学紀要
HERMES-IR
9.日本語ビジネスコミュニケーション教材の開発(共著)
一橋大学国際センター紀要 5号 2014年 大学紀要
HERMES-IR
10.外国人日本語教師不安尺度の開発
一橋大学国際教育センター紀要 4号2-14頁 2013年 大学紀要
11.外国人日本語教師不安尺度の開発
一橋大学国際教育センター紀要 4号3-13頁 2013年 大学紀要
ISBN 2185-6745
12.The Relationship between Language Anxiety, Interpretation of Anxiety, Intrinsic Motivation and the use of Learning Strategies(共著)
US-China Education Review 8巻9号 2011年 学術雑誌
13.留学生のキャリア支援 : 全学共通教育科目「日本事情Ⅰ」における取組
一橋大学国際教育センター紀要 2巻133-140頁 2011年 大学紀要
HERMES-IR
14.動機づけ・外国語不安の捉え方と学習方略 : ベトナムと中国の学習者の比較
一橋大学留学生センター紀要 12巻15-25頁 2009年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
15.控制外语学习者语言焦虑的反馈策略-考察网络教学中使用的教材
外国語言文学論叢 2008年 学術雑誌
16.外国語学習者の言語不安を制御するフィードバック(共著)
一橋大学留学生センター紀要 11巻35-46頁 2008年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
17.ベトナムと中国の学習者の「言語不安」に着目したe-Learning 日本語教育(共著)
一橋大学留学生センター紀要 9巻27-39頁 2006年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
18.The Effect of Feedback in order to Manage Language Anxiety(共著)
E-Learn 2006--World Conference on E-Learnin 2006巻 2006年 学術雑誌
CiNii
19.e-learningを利用した言語不安操作のためのフィードバックとその効(共著)
留学生教育 11巻 2006年 学術雑誌
CiNii
20.日本語学習者の言語不安を制御し日本語能力を向上させるe-Learningの効果
一橋大学留学生センター紀要 8巻29-40頁 2005年 大学紀要
HERMES-IR
21.社会科学分野で使われる日中同形異義語
一橋大学留学生センター紀要 7巻15-28頁 2004年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
22.言語不安を軽減し発話能力を向上させる日本語授業
『21世紀中国における日本語教育研究』吉林人民出版社 2004年 学術雑誌
23.日本語学習者の言語不安軽減策としてのディベート活動
留学生教育 9号7-18頁 2004年 学術雑誌
CiNii
24.国際プログラムの連携と日本語教育への影響
留学交流 16巻3号6-9頁 2004年 学術雑誌
ISSN 0916-1309HERMES-IRCiNii
25.ベトナム人日本語学習者の外国語不安(共著)
一橋大学留学生センター紀要 6巻77-89頁 2003年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
26.Allevian of language anxiety among learners of Japanse through debate activity
Preceeding of the 34thrence of the International Simulation And Gaming Association 171-180頁 2003年 学術雑誌
27.言語不安を軽減するディベート活動
Proceeding of the 34th Annual Conference of the International Simulation And Gaming Association 171-180頁 2003年 学術雑誌
28.海外における日本語教師ネットワーク 勉強会とMailing Listの効果的な活用
一橋大学留学生センター紀要 5巻77-92頁 2002年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
29.海外における予備教育のあり方 : 東北師範大学赴日本国留学生予備学校の事例から
言語文化 38巻3-18頁 2001年 大学紀要
ISSN 0435-2947HERMES-IRCiNii
30.ディベート活動を通じた口頭表現の指導法
一橋大学留学生センター紀要 4巻57-73頁 2001年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
31.内容中心の日本語教育
留学生教育 6-頁 2001年 学術雑誌
CiNii
32.日本語教員養成課程の学生による日本語ボランティア
一橋大学留学生センター紀要 3巻109-116頁 2000年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
33.小学校の社会化教科書の語彙と表現 -日本語能力試験レベル及び外国人児童教育のための日本語教科書との対照-
一橋留学生センター紀要 3-頁 2000年 大学紀要
CiNii
34.インターネットを利用した日本語読解支援システム : 内容中心の学習を目指して
一橋論叢 120巻3号432-452頁 1998年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
35.外国人児童の日本語習得段階と日本人児童との対人関係
一橋大学留学生センター紀要 1巻67-82頁 1998年 大学紀要
HERMES-IRCiNii
36.教育の国際化と短期留学生受け入れプログラム(共著)
留学生教育学会 2-頁 1997年 学術雑誌

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.A Consideration of the Interaction of Languages Anxiety and the Leaning Strategy(E-Learn 2009--World Conference)
2009年10月カナダ
2.The Effect of Feedback in order to Manage Language Anxiety(E-Learn 2006--World Conference,)
2006年10月Hawaii
3.異文化対処能力と失敗観の関係 ―ベトナム日本企業における日本人社員とベトナム人社員の比較(異文化間教育学会第37回大会)
2016年06月桜美林大学
4.Alleviation of language anxiety among learners of Japanese through debate activity.(34th Annual Conference International Simulation And Gaming Association)
2003年08月
5.言語不安を軽減し発話能力を向上させる日本語授業(日本語教育国際シンポジウム「21世紀に中国における日本語教育の課題」)
2004年04月
6.失敗から学ぶワークショップの実践(日本教育工学会)
2014年12月椙山女学院大学
7.非母語話者日本語教師志望者の教授不安(日本語教育国際大会)
2012年08月名古屋大学
8.言語不安とその捉え方に着目して学習方略使用を促すe-learning日本語教材の開発(日本語教育国際大会)
2011年08月天津外国語大学
9.非母語話者の日本語教師教を養成する際の不安と失敗に着目したフィードバック(日本教育工学会)
2014年03月愛知工業大学
10.授業評価における失敗の観点-FishWatchrを活用した日本語模擬授業の評価実験-(日本語教育学会研究会第8回中国地区)
2016年12月山口大学
11.FishWatchrを利用した日本語授業評価(日本教育工学会研究報告会)
2016年11月宮崎市民プラザ
12.異文化対処能力と失敗観の関係-ベトナム日本企業における日本人社員とベトナム人社員の比較-(異文化間教育学会第37回大会)
2016年06月桜美林大学
13.MBAコースにおける口頭表現指導 -失敗から学ぶ-(日本教育工学会研究報告会)
2015年12月新潟大学
14.外国人日本語教師の不安(日本教育工学会)
2012年12月学芸大学
15.非母語話者日本語教師の教授不安(日本教育工学会)
2011年10月島根大学
16.授業での取組みと大学全体の留学生のキャリア支援との連携―全学共通教育「日本事情Ⅰ」における取組-(平成22年度第2回国立大学法人留学生指導研究協議会)
2011年02月
17.言語不安とその捉え方に着目した学習方略使用促進のための指導方略の効果(日本教育工学会)
2010年10月
18.日本語学習において言語不安の捉え方が学習方略使用に与える影響(東北師範大学赴日国留学生予備学校創立30周年記念日本語教育国際シンポジウム)
2009年08月中国吉林省長張る市
19.外国語不安と学習方略(日本教育工学会研究報告会)
2008年12月日本・いわき明星大学
20.外国語学習者の言語不安を制御するフィードバック- e-Learningフィードバックシステム作成に関する一提案 -(日本教育工学会第23回全国大会)
2007年09月
21.日本語学習者の言語不安を制御するe-Learning -ベトナムと中国の学生を対象として-(日本教育工学会研究会・国際交流と教育工学)
2005年01月長崎大学
22.日本語本語学習者の「言語不安」を制御するe-Learningの効果(日本教育工学会 第20回全国大会)
2004年09月
23.日本語学習者の言語不安とディベート活動を通じた不安の軽減(第9回留学生教育学会)
2004年08月
24.E-Learningを利用した留学生のための討論授業の効果と言語不安の変化(日本コミュニケーション学会第34回大会)
2004年06月
25.社会科学分野における日中同形異義語(国際シンポジウム一橋大学国際共同センター第4プロジェクト企画『日中両言語における重なりと異なり』)
2004年03月一橋大学
26.海外における予備教育のあり方—東北師範大学赴日本国留学生予備学校の事例から−(留学生教育学会)
2002年11月学芸大学
27.日本語教官と専門科目教官の協力体制—東北師範大学赴日本国留学生予備学校の事例から-(専門日本語教育研究会)
2001年03月
28.国際化する義務教育の現場で『日本語』を教える(群馬大学教育学部公開シンポジウム)
1999年05月群馬大学
29.Encouraging Learners to Leran Self-directedly(JALT全国大会)
1998年11月大宮ソニックシティ
30.読解支援システムCGI-DLが利用される条件第1報(日本語教育方法研究会第10回)
1998年03月東京農工大学
31.外国人子女の日本語習得と学校適応(異文化間教育学会第18回大会)
1997年06月龍谷大学
32.定住外国人の自律的日本語学習におけるテレビ番組の利用に関する研究(日本語教育学会1993年春季大会)
1993年05月国際基督教大学

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.失敗から学ぶ日越ビジネスコミュニケーション指導法の開
基盤研究(C)2015年度~2017年度
2.非母語話者日本語教師の教授不安に着目した指導モデルの構築
その他のサイト
基盤研究(C)2011年度~2013年度
3.日本語教育の効果を高める言語不安の制御方法とそれをふまえた教授スキル訓練の方法
その他のサイト
基盤研究(C)2008年度~2010年度
4.第二言語不安を操作し日本語能力を高めるe-learning日本語学習環境
HERMES-IRその他のサイト
基盤研究(C)2006年度~2007年度
5.外国語不安を軽減し、口頭表現能力を高める日本語学習環境のモデルの構築
その他のサイト
基盤研究(C)2004年度~2005年度
6.外国人小学生の日本語習得過程
その他のサイト
奨励研究(A)1998年度~1999年度
7.小学校における外国人子女に対する日本語教育の実態に関する研究
その他のサイト
奨励研究(A)1996年度
前のページへ戻る