言語社会研究科
中山 徹(ナカヤマ トオル)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.個人的なことと政治的なことーージェンダーとアイデンティティの力学(共著)
婚姻論の四角形ーーショー、小津、キャプラ、そしてベケット 彩流社 135-155頁 2017年
ISBN 978-4-7791-2081-7
2.ジョイスの迷宮ーー『若き日の芸術家の肖像』に嵌る方法(共著)
象徴の狡知ーー『若き日の芸術家の肖像』あるいはジョイス版「実践理性批判」 言叢社 181-199頁 2016年
ISBN 978-4-86209-062-1
3.『ジェンダーにおける「承認」と「再分配」――格差、文化、イスラーム』(共著)
彩流社 2015年
ISBN
4.『ジョイスの反美学――モダニズム批判としての『ユリシーズ』』
彩流社 2014年
ISBN
5.『ジェンダーと「自由」――理論、リベラリズム、クィア』(共著)
彩流社 2013年
ISBN
6.『文学研究のマニフェスト――ポスト理論・歴史主義の英米文学批評入門』(共著)
研究社出版 2012年
ISBN
7.『転回するモダン――イギリス戦間期の文化と文学』(共著)
研究社出版 2008年
ISBN
8.『愛と戦いのイギリス文化史 1900-1950年』(共著)
慶應義塾大学出版会 2007年
ISBN
9.『運動+(反)成長-身体医文化論Ⅱ』 (共著)
複製技術時代の優生学-「身体文化」における「政治の美学化」と『ユリシーズ』 慶應義塾大学出版会 2003年
ISBN
10.『最新文学批評用語辞典』(共著)
研究社出版 1998年
ISBN
11.『文学の文化研究』 (共著)
文化への抵抗-ジョエル・ファインマンのために 研究社出版 1995年

研究論文

1.モダニズムのアレゴリー
言語社会 13号67-81頁 2019年 大学紀要
2.リアリズム小説の条件――『村上春樹とポストモダン・ジャパン』の余白に
言語社会 9巻180-196頁 2015年 大学紀要
ISBNHERMES-IR
3.追悼 三浦玲一
言語社会 9巻128-129頁 2015年 大学紀要
HERMES-IR
4.理性使用の性的差異――『三ギニー』あるいはヴァージニア・ウルフ版「啓蒙とは何か」
言語社会 7巻138-150頁 2013年 大学紀要
ISBNHERMES-IRCiNii
5.大西洋横断的視差――共感的知性の二律背反
言語社会 5巻47-61頁 2011年 大学紀要
ISBNHERMES-IRCiNii
6.反ユダヤ主義の崇高な対象――ファシズムの精神分析に向けて
言語文化研究 7号15-26頁 2008年 大学紀要
ISBN
7.〈続)複製技術時代の優生学――『若い芸術家の肖像』と『ユリシーズ』におけるピグマリオニズム
言語文化研究 6号1-15頁 2007年 大学紀要
ISBN
8.ヒトラーか、ホイットマンか――ウィンダム・ルイス、D・H・ロレンス、ファシズム
言語文化研究 3号29-39頁 2006年 大学紀要
ISBN
9.政治の美学化とその不満――優生思想時代の芸術作品(Ⅱ)
言語文化研究 2号13-20頁 2004年 大学紀要
ISBN
10.『ユリシーズ』、あるいは気散じの美学――ベンヤミンから「広告の心理学」へ
言語文化研究 2号21-30頁 2003年 学術雑誌
ISBNCiNii
11.ベンヤミンとともにワイルドを――優生思想時代の芸術作品
言語文化研究 1号51-63頁 2002年 学術雑誌
ISBNCiNii
12.芸術の専有――ジョイスと優生学
JOYCEAN JAPAN日本ジェイムズ・ジョイス協会 11号33-47頁 2000年 学術雑誌
ISBN
13.騒音の芸術――Ulysses、未来派、ファシズム
英文学研究 77巻2号131-144頁 2000年 学術雑誌
ISBNHERMES-IRCiNii
14.ジョイス、名前、イデオロギー
筑波イギリス文学 3号76-88頁 1997年 学術雑誌
ISBN
15.Cratylism and Deconstruction: Toward a Theory of Joycean Onomastics
Tsukuba English Literature 2号111-130頁 1996年 学術雑誌
ISBN
16.液化と物語の終わり――『ダーバヴィル家のテス』における結合の規則(II)
Otsuka Review 31号3-14頁 1995年 学術雑誌
ISBN
17.「最後になること」あるいはブルームの「運命」――「ハーデス」における-物語単位の機能と反復
JOYCEAN JAPAN日本ジェイムズ・ジョイス協会 5号31-41頁 1994年 学術雑誌
ISBN
18.水の変容と回復の物語――『ダーバヴィル家のテス』における結合の規則
Otsuka Review 30号41-49頁 1994年 学術雑誌
ISBN

翻訳

1.スラヴォイ・ジジェク『絶望する勇気――グローバル資本主義・原理主義・ポピュリズム』(共訳)
序論、第一章、第二章、第三章、第四章、第六章、フィナーレ、訳者あとがき 青土社 2018年
ISBN 978-4-7917-7086-1
2.『ジジェク、革命を語る――不可能なことを求めよ』
青土社 2014年
ISBN
3.『暴力――6つの斜めからの省察』
青土社 2010年
ISBN
4.『大義を忘れるな――革命・テロ・反資本主義』(共訳)
青土社 2010年
ISBN
5.『操り人形と小人――キリスト教の倒錯的な核』
青土社 2004年
ISBN
6.『〈女〉なんていないと想像してごらん――倫理と昇華』(共訳)
河出書房新社 2004年
ISBN
7.『オペラは二度死ぬ』
青土社 2003年
ISBN
8.『全体主義――観念の(誤)使用について』(共訳)
青土社 2002年
ISBN
9.『脆弱なる絶対――キリスト教の遺産と資本主義の超克』
青土社 2001年
ISBN

その他

1.大谷伴子著『秘密のラティガン——戦後英国演劇のトランス・メディア空間』
英文學研究 93巻125-129頁 2016年 学術雑誌
ISSN 0039-3649
2.座談会 政治的読解の現在――トランスアトランティック・モダニズム共同討議(共著)
言語社会 5巻8-46頁 2011年 大学紀要
ISBNHERMES-IRCiNii
3.『ユリシーズ』は二度死ぬ
英語青年 150巻7号416-418頁 2004年 その他
ISBN

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.ジャン=ミシェル・ラバテ教授と『モーセと一神教』を再読する(ジャン=ミシェル・ラバテ教授と『モーセと一神教』を再読する)
2017年05月
前のページへ戻る