商学研究科
島本 実(シマモト ミノル)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

著書

1.表象の組織論(分担執筆)
ことばとイノベーション―再生可能エネルギーの意味創造 中央経済社 145-160頁 2016年
ISBN 978-4-502-17221-2
2.計画の創発:サンシャイン計画と太陽光発電
有斐閣 2014年
3.エネルギー新時代のベストミックスのあり方:一橋大学からの提言(分担執筆)
エネルギー自給の二つの方法 第一法規 2014年
4.出光興産の自己革新(共著)
有斐閣 2012年
5.Comparative Responses to Globalization: Experiences of British and Japanese Enterprises(分担執筆)
Globalization and Family Business: The Renewal of Idemitsu Kosan Palgrave Macmillan 121-140頁 2012年
6.一橋大学日本企業研究センター編『日本企業研究のフロンティア6』(分担執筆)
出光興産の自己革新と上場への歩み 有斐閣 7-28頁 2010年
7.一橋大学日本企業研究センター編『日本企業研究のフロンティア5』
有斐閣 41-69頁 2009年
8.組織の〈重さ〉:日本的企業組織の再点検(共著)
日本経済新聞社 2007年
ISBN 978-4532133375
9.一橋大学日本企業研究センター編『日本企業研究のフロンティア2』(共著)
組織デザインと組織の〈重さ〉―組織の〈重さ〉プロジェクトの概要と主たる知見 有斐閣 10-31頁 2006年
ISBN 978-4641162617
10.伊丹弘之・藤本隆宏・岡崎哲二他編『リーディングス日本の企業システム第三巻』(共著)
「資源の集中による間隙」 有斐閣 334-356頁 2005年
ISBN 978-4641053939
11.『企業戦略白書IV』伊丹敬之編著(共著)
「総論」 東洋経済新報社 9-32頁 2005年
ISBN 978-4492521557
12.米倉誠一郎編著『ケースブック:日本のスタートアップ企業』(共著)
「京セラ:経営資源の連鎖的動員」 有斐閣 99-120頁 2005年
ISBN 978-4641183155

研究論文

1.流れの経営史 : A・チャンドラーの理論発見的歴史研究
組織科学 49巻2号40-52頁 2015年 学術雑誌
CiNii
2.日本の太陽光発電産業は復活するか
一橋ビジネスレビュー 54巻9号98-114頁 2012年 学術雑誌
3.出光興産の自己革新:出光佐三の理念、天坊昭彦の合理
一橋ビジネスレビュー 58巻4号66-81頁 2011年 学術雑誌
4.太陽光発電における市場拡大と国際競争
日本情報経営学会誌 31巻2号54-65頁 2011年 学術雑誌
5.太陽光発電の半世紀:産官学による技術開発と市場開拓の挑戦
一橋ビジネスレビュー 58巻1号74-87頁 2010年 学術雑誌
6.太陽光発電:大規模プロジェクトによる研究開発
日本の技術革新大系 319-327頁 2010年 単行本
7.同型的多角化のシステム的形成
日本情報経営学会誌 30巻1号99-109頁 2009年 学術雑誌
8.社内ネットワークと組織の〈重さ〉:組織の〈重さ〉プロジェクトの知見から(共著)
研究年報 経済学(東北大学経済学会) 68巻4号61-74頁 2007年 学術雑誌
CiNii
9.組織の〈重さ〉と組織の諸特性:日本企業における組織劣化現象と組織デザイン(共著)
組織科学 39巻4号12-26頁 2006年 学術雑誌
CiNii
10.組織の〈重さ〉変数の操作化(共著)
一橋商学論叢(一橋大学商学会、白桃書房) 1巻1号4-22頁 2006年 学術雑誌
CiNii
11.焦点化と相互参照:ファインセラミックス産業の意図せざる展開
現代経営学講座2:企業の発展 2002年 その他
12.太陽光発電市場をめぐる産官学連携:市場の変質
価値創造の経営学 2002年 その他
13.YS-11プロジェクトの組織デザイン : 揺籃期航空機産業と通産官僚:赤沢璋一
一橋論叢 121巻5号685-701頁 1999年 大学紀要
ISSN 0018-2818HERMES-IRCiNii
14.競争と計画の調整:揺籃期コンピュータ産業と通産官僚(共著)
日本的経営の生成と発展 1998年 その他

その他

1.(書評)三品和広『戦略不全の論理』(東洋経済新報社)
経営史学 41巻1号72-75頁 2006年 学術雑誌

受賞学術賞

NO受賞学術賞名受賞年月
1.第32回 組織学会高宮賞(著書部門)2016年06月
2.第58回「日経・経済図書文化賞」2015年11月
3.第18回 組織学会高宮賞(論文部門)2002年06月

学会等口頭発表

NO学会・会議名開催年月開催国・地名
1.Idemitsu Kosan‘s R&D for OLED Materials(韓国経営史学会)
2016年11月韓国生産性本部、ソウル
2.From Closed to Open Innovation(20th Annual Congress of the European Business History Association 2016)
2016年08月Bergen University
3.計画の創発:サンシャイン計画と太陽光発電(高宮賞受賞者セッション)(組織学会)
2016年06月兵庫県立大学
4.The Sunshine Project and The PV Industry(韓国経営史学会)
2015年05月延世大学、韓国
5.日本のエネルギー政策と 再生可能エネルギーの普及(第5回アジア政策フォーラム2015)
その他のサイト
2015年03月如水会館
6.再生可能エネルギー技術開発の40年. サンシャイン計画と太陽光発電(第17回 AES太陽光発電システム研究発表会)
その他のサイト
2015年03月東京工業大学
7.合意の指標としての表象:事物と事象の論理への対抗(組織学会年次大会)
2014年10月愛知学院大学
8.Diversification toward Pharmaceutical Industry by Japanese Large General Chemical Firms(EBHA, 16th Annual Conference)
2012年08月~2012年09月l'Ecole des hautes etudes en sciences sociales, Paris, France
9.Japanese Industrial Policy for Biotechnology: Why did the Japanese bio-industry lag behind?(IFSAM2012)
2012年06月University of Limerick, Ireland
10.再生可能エネルギー開発の過去と現在(経営史学会第47回全国大会)
2011年10月九州大学
11.Family Business and IPOs: The Case of Idemitsu Kosan(Workshop on British and Japanese Enterprise: Technology, Knowledge, Culture, and the Challenges of Globalisation)
2011年08月Cardiff University
12.R&D Strategy and Knowledge Creation in Japanese Chemical Firms, 1980-2010: Entry and Withdrawal in High-Tech Chemical Markets(BHC2011)
2011年03月St. Louis, USA
13.有機EL開発における新機能探索コラボレーション(経営史学会第46回全国大会)
2010年10月札幌大学
14.Family Business and IPOs(IFSAM2010)
2010年07月Paris, France
15.戦略論・組織論と経営史研究のコラボレーション(組織学会研究発表大会)
2010年06月中央大学
16.Idemitsu Kosan’s Innovation(International Conference on Business History (Fuji Conference))
2010年01月Hitotsubashi University
17.太陽光発電をめぐる産業秩序の形成(第3回横幹連合コンファレンス)
2009年12月東北大学片平さくらホール
18.表象の先行が終わるとき:機能性化学における秩序形成(情報経営学会第57回全国大会)
2008年10月宮崎産業経営大学
19.太陽光発電とイノベーション政策(第3回国際シンポジウム「日本の技術革新:経験蓄積と知識基盤化」)
2007年12月国立科学博物館
20.新エネルギー:流行から普及へ(日本情報経営学会第55回全国大会)
2007年11月愛知学院大学
21.「先端技術の異業種間競争:バイオテクノロジー産業史」(日本経営学会第79回全国大会自由論題報告)
2005年09月九州大学
22.Business Unit-Strategy and Organizational Structure of Japanese Firms(The International Conference of the Hitotsubashi COE Program on "Knowledge, Innovation and the Japanese Corporate System")
2005年03月Gakujutsu Sogo Center (National Center of Sciences)Tokyo, Japan
23.「異業種多角化競争と開発目標の拡散:バイオテクノロジー産業史」(日本経営学会関東部会例会報告)
2004年10月和光大学
24.Diversification Competition among Different Industries: Biotechnology and the Japanese Innovation System (1980-2000) (Mitsubishi Bank Foundation International Conference)
2004年08月Toray Human Resources Development Center, Shizuoka, Japan

科学研究費研究成果

NO研究題目研究種目研究期間
1.日本企業の研究開発活動と技術政策・経営戦略
その他のサイト
基盤研究(C)2014年度~2018年度
2.日本企業のコラボレーションとイノベーション:新製品開発のダイナミクス
基盤研究(A)2011年度~2014年度
3.技術政策と経営戦略:産官学プロジェクトとイノベーション
その他のサイト
基盤研究(C)2010年度~2013年度
前のページへ戻る