Graduate School of Business Administration,Department of International Corporate Strategy
KUSUNOKI Takeru

Books and Other Publications

1. Dialogues on Deep Reading
Shigeru Kashima, Ken Kusunoki, Hiroaki Deguchi, Genichiro Takahashi (Joint author)
Shodensha 2021.2 (ISBN : 9784396617523)
2. Learning on True Nature of Management from the Past
Ken Kusunoki, Yutaka Sugiura (Joint author)
Nikkei BP 2020.10 (ISBN : 9784296107339)
3. 「仕事ができる」とはどういうことか?
楠木 建, 山口周 (Joint author)
宝島社 2019.11
4. 室内生活:スローで過剰な読書論
楠木 建 (Sole author)
晶文社 2019.10
5. すべては「好き嫌い」から始まる:仕事を自由にする思考法
楠木 建 (Sole author)
文藝春秋 2019.2
6. Readings of Change Management
Ken Kusunoki, Takashi Hirai, Kenichi Takano (Joint author)
Nihon Keizai Shinbunsha 2016.12 (ISBN : 9784532113667)
7. 「好き嫌い」と才能
楠木 建 (Sole author)
東洋経済新報社 2016.5 (ISBN : 9784492533826)
8. 好きなようにしてください:たった一つの「仕事」の原則
楠木 建 (Sole author)
ダイヤモンド社 2016.2 (ISBN : 9784478068878)
9. 『道端の経営学』 (共訳)
楠木 建 (Joint translator)
ヴィレッジブックス 2015.3
10. 『GIVE&TAKE:「与える人」こそ成功する時代』 (共訳)
楠木 建 (Joint translator)
三笠書房 2014.6
11. 『「好き嫌い」と経営』
楠木 建 (Sole author)
東洋経済新報社 2014.4
12. 『経営センスの論理』
楠木 建 (Sole author)
新潮新書 2013.6
13. 『戦略読書日記』
楠木 建 (Sole author)
プレジデント社 2013.4
14. 『イノベーション 5つの原則』 (共訳)
楠木 建 (Joint translator)
ダイヤモンド社 2012.6
15. 『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』
楠木 建 (Sole author)
東洋経済新報社 2010.9
16. Dynamics of Knowledge, Corporate Systems and Innovation (co-authored and co-edited)
楠木 建 (Joint editor)
Springer 2010.4

▼display all

Papers

1. 「クリステンセンが再発見したイノベーションの本質」
楠木 建
『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー』6月号 2015.2
2. 「戦略イノベーション:「間違い」と「違い」は紙一重」
楠木 建
『仕事に役立つ経営学』(日本経済新聞社編)、日経文庫 2015.2
3. 「非連続性の経営:グローバル化の本質」
楠木 建
『Think!』(別冊) 2012.5
4. 「イノベーションとマーケティング:価値次元の可視性と価値創造の論理」
楠木 建
『マーケティングジャーナル』 2011.11
5. 「戦略は「ぬり絵」ではない」
楠木 建
『Think!』 2010.9
6. Redefining Innovation as System Re-definition (jointly worked)
楠木 建
Hiroyuki Itami, Ken Kusunoki, Tsuyoshi Numagami, and Akira Takeishi (eds.) Dynamics of Knowledge, Corporate Systems and Innovation. Springer 2010.5
7. Category Innovation (jointly worked)
楠木 建
Hiroyuki Itami, Ken Kusunoki, Tsuyoshi Numagami, and Akira Takeishi (eds.) Dynamics of Knowledge, Corporate Systems and Innovation. Springer 2010.5
8. 「イノベーションの「見え過ぎ化」:可視性の罠とその克服」
楠木 建
『一橋ビジネスレビュー』 2010.1
9. 「短い話を長くする:ストーリーの戦略論」
楠木 建
『組織科学』 2009.8
10. 「システム再定義としてのイノベーション」 (共著)
楠木 建
『一橋ビジネスレビュー』 2008.2
11. Invisible Dimensions of Differentiation: Japanese Electronics Companies
楠木 建
Hirotaka Takeuchi and Tsutomu Shibata (eds.) Japan Moving toward a More Advanced Knowledge Economy(Vol. 2). World Bank Institute 2006.5
12. 「カテゴリー・イノベーション:脱コモディティ化の論理」 (共著)
楠木 建
『組織科学』 Vol.39,No.3 2006.4
Link
13. 「次元の見えない差別化:脱コモディティ化の戦略を考える」
楠木 建
『一橋ビジネスレビュー』 2006.2
14. Invisible Dimensions of Differentiation: Japanese Electronics Companies
楠木 建
Cornelius Herstatt et al (eds.) Management of Technology and Innovation in Japan. 2006.1
15. 「モジュラー化の罠」 (jointly worked)
楠木 建, ヘンリー, チェスブロウとの共
『リーディングス 日本の企業システム』(第3巻、戦略とイノベーション、伊丹敬之他編)、東洋経済新報社 2006.1
16. Value Differentiation: Organizing Know-What for Product Concept Innovation
楠木 建
Hirotaka Takeuchi and Ikujiro Nonaka eds., Hitotsubashi on Knowledge Management 2004.1
17. Synthesizing Modular and Integral Knowledge
楠木 建
Hirotaka Takeuchi and Ikujiro Nonaka eds., Hitotsubashi on Knowledge Management 2004.1
18. Networking Basic Research in Japan : Impacts on Corporate R&D
Takeru Kusunoki
The Hitotsubashi review Vol.118,No.5,pp.705-728 1997.11
doi Link
19. "Intra-firm Transfers of Engineers in Japan." (jointly worked)
楠木 建(with, T. Numagami
A. Goto (ed.) Innovation in Japan: Empirical Studies on the National and Corporate Activities. Oxford University Press 1997.4
20. "Organizational Capabilities in Product Development of Japanese Firms: A Conceptual Framework and Empirical Analyses." (jointly worked)
楠木 建(with, I. Nonaka, A. Nagata
Forthcoming in Organization Science 1997.4
21. "Interfunctional Transfers of Engineers in Japan: Empirical Findings and Implications on Cross-Functional Integration." (jointly worked)
楠木 建(with, T. Numagami
Forthcoming in IEEE Transactions on Engineering Management 1997.4
Link
22. システム分化の組織論:イノベーションの組織論のイノベーションに向かって」
楠木 建
『ビジネス・レビュー』 Vol. 45 No. 1 1997.4
Link
23. "Incapability of Technological Capability: A Case Study on Product Innovation in the Japanese Facsimile Machine Industry."
楠木 建
Journal of Product Innovation Management Vol.14,No.5,pp.368-382 1997.4
doi
24. 「イノベーションの組織能力」
楠木 建
日本経済新聞 『やさしい経済学』 1996.10
25. 「イノベーションからみた企業の将来」
楠木 建
日本経済新聞 1996.7
26. 「21世紀の日本企業像」研究会報告書 (共著)
楠木 建
日本経済新聞社 1996.5
27. 「日本企業の組織能力と製品開発パフォーマンス:産業タイプによる比較分析」
楠木 建
『ビジネス・レビュー』 Vol.43,No.4,pp.23-46 1996.4
Link
28. Intellectual Training at the University
Takeru Kusunoki
The Hitotsubashi review Vol.113,No.4,pp.399-419 1995.4
doi Link
29. 「製品開発の連続性と競争優位」
楠木 建
『日本型イノベーション・システム:成長の軌跡と変革への挑戦』 (野中郁次郎・永田晃也編)白桃書房 1995.4
30. "Interfunctional Transfers of Engineers in a Japanese Firm: An Empirical Study on Frequency, Timing, and Pattern." (jointly worked)
楠木 建(with, T. Numagami
Best Paper Proceedings of Eighth Annual Meeting, Association of Japanese Business Studies, Ann Arbor, Michigan 1995.4
31. 「日本企業の製品開発における組織能力」 (共著)
楠木 建, 野中郁次郎, 永田晃也との
『組織科学』 Vol.29,No.1,pp.92-108 1995.4
Link
32. "Effects of Diversification of Career Orientations on Management Systems in Japan." (jointly worked)
楠木 建(with, K.Sakakibara
Human Resource Management Vol.32,No.4,pp.525-544 1993.4
33. "Organizational Innovation in the Japanese Basic Research: Challenges and Problems."
楠木 建
Hitotsubashi Journal of Commerce and Management Vol.28,No.1,pp.37-59 1993.4
Link
34. "Dynamic Network and Bureaucracy: A Comparative Analysis of Japanese Basic Research Organizations"
楠木 建
Proceedings of the MIT Japan Science and Technology Conference on "Science and Technology Policy into the Next Century" 1993.4
35. 「製品トラジェクトリーの連続性:製品イノベーション戦略の新しい分析枠組み」
楠木 建
『ビジネス・レビュー』 Vol.39,No.2,pp.63-81 1992.4
Link
36. "The Dilemma of Technological Leadership: A Conceptual Framework"
楠木 建
Hitotsubashi Journal of Commerce and Management Vol.27,No.1,pp.63-79 1992.4
Link
37. 「キャリア志向と管理システムの適合度分析」 (共著)
楠木 建, 榊原清則, 香田温子との
『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス』 Vol.16,No.2,pp.59-68 1992.4
38. 「分解-統合プロセスとしての製品イノベーション:技術開発と製品開発の同期化」
楠木 建
『一橋論叢』 Vol.108,No.5,pp.110-129 1992.4
Link

▼display all

Presentations

No. Name of subject/Conference Name Year Site
1. 「日本企業の組織能力と製品開発パフォーマンス:産業タイプによる比較分析」(第1回経営学六甲コロキアム)
Holding date :
Presentation date : 1995.12.1
兵庫県神戸市
2. Organizational Capabilities in Product Development of Japanese Firms.(The Hitotsubashi-OS Conference on Asian Research in Organizations)
Holding date :
Presentation date : 1995.10.1
Hitotsubashi Univ. Tokyo
3. "Interfunctional Transfers of Engineers in a Japanese Firm: An Empirical Study on(Eighth Annual Meeting, Association of Japanese Business StudiesFrequency)
Holding date :
Presentation date : 1995.6.1
Michigan
4. 「日本企業の製品開発における組織能力」(日経企業行動コンファレンス)
Holding date :
Presentation date : 1995.3.1
静岡県裾野市
5. Interfunctional Transfers of Engineers in Japan: An Empirical Study on a Large-Scale Japanese Firm.(-)
Holding date :
Presentation date : 1995.3.1
6. 「エンジニアの経験にもとづく企業内ネットワーク」(関西労働研究会ワークショップ)
Holding date :
Presentation date : 1994.11.1
大阪大学
7. 「企業内研究者の部門間移動」(日本経営学会第68回全国大会)
Holding date :
Presentation date : 1994.9.1
山梨学院大学
8. "Dynamic Network and Bureaucracy: A Comparative Analysis of Japanese Basic Research Organizations"(Proceedings of the MIT Japan Science and Technology Conference on "Science and Technology Policy into the Next Century)
Holding date :
Presentation date : 1993.11.1
Honolulu, Hawaii
9. 「日本企業の製品開発におけるダイナミック・ケイパビリティー」(研究技術計画学会第8回年次学術大会)
Holding date :
Presentation date : 1993.10.1
一橋大学
10. 「技術リーダーシップのジレンマ:デジタル・ファクシミリのイノベーションのケース分析」(組織学会研究発表大会)
Holding date :
Presentation date : 1993.6.1
学習院大学
11. 「基礎研究組織における研究者の流動性とコミュニケーションと研究成果:ERATOの実験と日本の研究組織の問題」(組織学会研究発表大会)
Holding date :
Presentation date : 1992.6.1
北海道大学
12. 「基礎研究組織における研究者の流動性:スタッフィング・モードの2類型と比較分析」(日経企業行動コンファレンス)
Holding date :
Presentation date : 1991.9.1
静岡県裾野市

▼display all

Research Projects

No. Research subject Research item(Awarding organization, System name) Year
1. 日本の基礎研究におけるダイナミック・ネットワーク型組織の研究
Link
奨励研究(A)
( System name: 科学研究費助成事業 )
1994.4 - 1995.3
2. -
3.