経済学研究科
塩路 悦朗(シオジ エツロウ)

書籍等出版物

1. 原油価格と国内ガソリン価格 -日次データによる検証-
塩路悦朗 (単著)
三菱経済研究所 2021年3月
2. やさしいマクロ経済学 (日経文庫)
塩路 悦朗 (単著)
日本経済新聞社 2019年2月
3. ベーシック経済学 -次につながる基礎固め 新版 (有斐閣アルマBasic) (共著)
古沢 泰治, 塩路 悦朗 (共著)
有斐閣 2018年12月
4. 『ベーシック経済学-次につながる基礎固め』 (共著)
塩路 悦朗, 古沢 泰治 (共著)
有斐閣アルマ 2012年12月 (ISBN:9784641124851)
5. 『景気指標の新しい動向』(経済分析第166号) (共著)
美添 泰人, 大平 純彦, 塩路 悦朗, 勝浦 正樹, 元山 斉, 大西 俊郎, 沢田 章, 木村 順治, 児玉 泰明著 (共著)
内閣府経済社会総合研究所 2003年2月 (ISBN:9784171809662)
6. 『経済動向指標の再検討』(経済分析 政策研究の視点シリーズ19) (共著)
美添泰人, 大平純彦, 塩路悦朗, 勝浦正樹, 元山斉, 高瀬浩二, 大西俊郎, 澤田章, 青木周平, 北岡智哉, 芦沢理恵, 前島秀人著 (共著)
内閣府経済社会総合研究所 2001年3月 (ISBN:9784171811054)
7. 翻訳:J.A.フレンケル・A.ラジン著,『財政政策と世界経済』,河合正弘監訳,千明誠・村瀬英彰・塩路悦朗・今井晋・杵渕美智子訳,(原題Fiscal Policies and the World Economy, MIT Press, 1987 年) (共訳)
河合正弘, 千明誠, 村瀬英彰, 塩路悦朗, 今井晋, 杵渕美智子 (共訳)
HBJ 出版局 1990年4月 (ISBN:9784833750578)

▼全件表示

論文

1. Is there a Trade-off Between COVID-19 Control and Economic Activities? Implications from the Phillips Curve Debate (共著) (査読有り)
Mitsuhiro Fukao, Etsuro Shioji
Asian Economic Policy Review 17巻1号 2022年1月
2. Pass-through of Oil Supply Shocks to Domestic Gasoline Prices: Evidence from Daily Data (査読有り)
Etsuro Shioji
Energy Economics 98巻 2021年6月
3. 金融市場は財政維持可能性をどう見ているか‐国債先物オプション価格の分析-
塩路悦朗
フィナンシャル・レビュー 144巻 2021年3月
4. Response of Lending to the Bank of Japan's Quantitative and Qualitative Easing Policy: Evidence from a Panel Data of Regional Banks (査読有り)
Etsuro Shioji
Seoul Journal of Economics 33巻3号355-394頁 2020年8月
5. Quantitative `flooding' and bank lending: Evidence from 18 years of near-zero interest rate (査読有り)
Etsuro Shioji
Journal of the Japanese and International Economies 2019年6月
6. 銀行行動と貨幣乗数の低下--量的緩和政策は貸出を拡大したか-
塩路 悦朗
福田慎一(編著)『金融システムの制度設計 -- 停滞を乗り越える,歴史的,現代的,国際的視点からの考察』(有斐閣)第7章(図書所収論文) 2017年11月
7. 国際競争がサービス業の賃金を抑えたのか
塩路 悦朗
玄田有史編『人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか』(慶応義塾大学出版会)第10章(図書所収論文) 2017年4月
8. 転機の財政金融政策(中)財政インフレ論にリスクも 民間の信認成功のカギに
塩路 悦朗
日本経済新聞「経済教室」 2017年3月
9. 「付加価値生産性と部門間労働配分」
塩路 悦朗
内閣府経済社会総合研究所『経済分析』第191号(特別編集号) 63-93頁 2016年11月
10. 「日次・週次データを活用した経済分析への期待:ガソリン価格の例から」
塩路 悦朗
NOWCAST社,NOWCASTATSマンスリーレポート 2016年11月
11. 為替レート・輸入品価格の影響力の復権--外的ショックの時系列VAR分析
塩路 悦朗
渡辺努編『慢性デフレ 真因の解明』(日本経済新聞社)第5章(図書所収論文) 2016年9月
12. 「為替レートのパススルー」
塩路 悦朗
『経済セミナー』8・9月号(日本評論社) 39-44頁 2016年8月
13. 石川賞10周年パネル 日本の経済問題と経済学 パネル討論Ⅱ (共著)
玄田有史, 大竹文雄, 岩本康志, 澤田康幸, 大橋弘, 塩路悦朗
照山博司他編『現代経済学の潮流2016』(東洋経済新報社)第7章(図書所 収論文) 2016年6月
14. ゼロ金利下における日本の信用創造 (査読有り)
塩路 悦朗
照山博司他編『現代経済学の潮流2016』(東洋経済新報社)第2章(図書所収論文) 2016年6月
15. ゼロ金利下における日本の信用創造
塩路 悦朗
一橋大学 経済研究所 経済社会リスク研究機構 ディスカッションペーパー 2015年9月
16. ゼロ金利下における日本の信用創造
塩路 悦朗
日本学術振興会・科学研究費補助金・基盤研究(S)「長期デフレの解明」プロジェクト ワーキングペーパー 2015年9月
17. Time varying pass-through: Will the yen depreciation help Japan hit the inflation target? (査読有り)
Etsuro Shioji
JOURNAL OF THE JAPANESE AND INTERNATIONAL ECONOMIES 37巻43-58頁 2015年9月
doi
18. アベノミクス第一の矢:大胆な金融政策――予想は変えられるか?
塩路 悦朗
小川英治編著『世界金融危機と金利・為替 通貨・金融への影響と評価手法 の再構築』(東京大学出版会)第3章(図書所収論文) 2015年3月
19. 「第1の矢:大胆な金融政策-予想は変えられるか?」
塩路 悦朗
『Eco-forum』(特集:「アベノミクスを考える」)30(2) 2014年11月
20. 「異次元の金融政策」
塩路 悦朗
『日経研月報』(シリーズ「検証・アベノミクス」第2回)436 16-25頁 2014年10月
21. "A Pass-through Revival" (査読有り)
塩路 悦朗
Asian Economic Policy Review 9巻1号120-138頁 2014年4月
22. 「生産性要因、需要要因と日本の産業間労働配分」
塩路 悦朗
『日本労働研究雑誌』 55巻12号37-49頁 2013年12月
23. 「検証・アベノミクス」シリーズ(全10回)
塩路 悦朗
『日本経済新聞』ゼミナール10月7 - 21日(共同執筆者は福田慎一,加納隆,川口大司,土居丈朗,山田潤司) 2013年10月
24. 「家計の危険資産保有の決定要因について:逐次クロスセクション・データを用いた分析」塩路悦朗,平形尚久、藤木裕
塩路 悦朗, 平形尚久, 藤木裕
『金融研究』 32巻2号63-104頁 2013年4月
25. 「経済全体を丸ごとつかむ!マクロ経済学への誘い」
塩路 悦朗
『教養としての経済学:高校生・大学生が生き抜く力を培うために』一橋大学経済学部編,有斐閣 109-117頁 2013年2月
26. The Bubble Burst and Stagnation of Japan
Etsuro Shioji
Randall E. Parker and Robert M. Whaples eds., <I>The Routledge Handbook of Major Events in Economic History (Routledge International Handbooks)</I> (2013年1月)第27章 2013年1月
27. Aging and Household Stockholdings: Evidence from Japanese Household Survey Data (共著)
Etsuro Shioji, Hiroshi Fujiki, Naohisa Hirakata
Institute of Monetary and Economic Studies Discussion Paper 2012-E-17 2012年11月
その他のサイト
28. 資本蓄積・資本破壊と公的投資の生産性について:経済成長モデルによる検証 (査読有り)
塩路 悦朗
大垣昌夫,小西秀樹,田渕隆俊,小川一夫編 『現代経済学の潮流2012』東洋経済新報社(2012年7月)第4章 93-116頁 2012年7月
29. 非伝統的金融政策の評価―パネル討論2 (共著)
塩路 悦朗, 雨宮 正佳, 岩本 康志, 植田 和男, 本多 佑三
大垣昌夫,小西秀樹, 田渕隆俊, 小川一夫編 『現代経済学の潮流2012』東洋経済新報社(2012年7月)第7章 193-235頁 2012年7月
30. The Evolution of the Exchange Rate Pass-Through in Japan: A Re-evaluation Based on Time-Varying Parameter VARs
Etsuro Shioji
Public Policy Review 8巻1号67-92頁 2012年6月
31. External Shocks and Japanese Business Cycles: Impact of the "Great Trade Collapse" on the Automobile Industry (共著)
Etsuro Shioji, Taisuke Uchino
Center on Japanese Economy and Business (Columbia University) Working Paper Series 300号 2012年4月
その他のサイト
32. Physical capital accumulation in Asia 12: Past trends and future projections (共著) (査読有り)
Etsuro Shioji, Tuan Khai Vu
Japan and the World Economy 24巻2号138-149頁 2012年3月
doi
33. 新興国企業の台頭と為替パススルー:双方寡占モデルによる考察と時系列データによる検証 (共著)
塩路悦朗, 内野泰助
日本銀行ワーキングペーパーシリーズNo.11-J-6 2011年9月
その他のサイト
34. 「復興への経済戦略」シリーズ(全25回)
塩路 悦朗
『日本経済新聞』ゼミナール2011年7月19日 - 8月23日(まとめ役,伊藤隆敏,福田慎一など共著者多数) 2011年7月
35. Fiscal policy in a New Keynesian Overlapping Generations Model of a Small Open Economy (共著) (査読有り)
Etsuro Shioji, Vu Tuan Khai, Hiroko Takeuchi
経済研究(一橋大学経済研究所) 62巻1号30-43頁 2011年4月
その他のサイト
36. Pass-Through of Oil Prices to Japanese Domestic Prices (共著) (査読有り)
Etsuro Shioji, Taisuke Uchino
Takatoshi Ito and Andrew Rose eds., <I> Commodity Prices and Markets</I>, University of Chicago Press 155-189頁 2011年3月
37. 為替レートパススルー率の推移―時変係数VARによる再検証 (査読有り)
塩路悦朗
フィナンシャル・レビュー 106号69-88頁 2011年3月
その他のサイト
38. 外的ショックと日本の景気変動:自動車産業における"Great Trade Collapse"の実証分析 (共著)
塩路悦朗, 内野泰助
日本銀行ワーキングペーパーシリーズNo.11-J-1 2011年1月
その他のサイト
39. 為替レートパススルー率の推移―時変係数VARによる再検証
塩路悦朗
RIETIディスカッションペーパー 10-J-055 2010年11月
その他のサイト
40. マクロモデル分析の新潮流
塩路悦朗
『日本経済新聞』やさしい経済学,2010年10月15日 - 2010年10月
41. 類別名目実効為替レート指標の構築とパススルーの再検証 (共著) (査読有り)
塩路悦朗, 内野泰助
経済研究(一橋大学経済研究所) 61巻1号47-67頁 2010年4月
その他のサイト
42. 部門間資源配分と「生産性基準」:4つの留意点
塩路悦朗
日本銀行ワーキングペーパーシリーズNo.10-J-4 2010年3月
その他のサイト
43. 為替レートと原油価格変動のパススルーは変化したか (共著)
塩路悦朗, 内野泰助
日本銀行ワーキングペーパーシリーズ No.09-J-8 2009年11月
その他のサイト
44. 生産性変動と1990年代以降の日本経済
塩路悦朗
深尾京司編『バブル/デフレ期の日本経済と経済政策:マクロ経済と産業構造』慶應義塾大学出版会 2009年10月
45. 不確実性の増大と流動性資産需要:動学的一般均衡モデルによる分析
塩路悦朗
日本銀行ワーキングペーパーシリーズ No.09-J-1 2009年1月
その他のサイト
46. 最近のマクロ経済学:接近する古典派とニュー・ケインジアン
塩路悦朗
『エコノミスト』2008年9月9日号 2008年9月
47. 社会資本の生産力効果の非線形性:大都市圏データによる再検証
塩路悦朗
大瀧雅之編『平成不況:政治経済学的アプローチ』東京大学出版会 2008年7月
48. マクロ経済学は「失われた10年」から何を学んだか (共著)
塩路悦朗, チャールズ・ユウジ・ホリオカ, 伊藤隆敏, 岩本康志, 大竹文夫, 林文夫
市村・伊藤・小川・二神編『現代経済学の潮流2007』東洋経済新報社 2007年8月
49. 名目為替パス・スルー率低下のマクロ的含意 (共著)
塩路悦朗, Vu Tuan Khai, 竹内紘子
RIETIディスカッションペーパー 07-J-024 2007年5月
その他のサイト
50. 投資ショックと日本の景気変動 (共著)
塩路悦朗, R. Anton Braun
林文夫編 『経済停滞の原因と制度 (経済制度の実証分析と設計)』 第5章 勁草書房 2007年4月
51. TFPエコノミー―経済底上げの条件 第3回,社会の潜在力発揮―政府は制度の質向上を
塩路悦朗
『日本経済新聞』経済教室,2007年4月4日 2007年4月
52. 東アジア内の戦略的相互依存とバスケット通貨制度:人民元改革と東アジア通貨の将来
塩路悦朗
伊藤隆敏・小川英治『東アジア通貨バスケットの経済分析』東洋経済新報社 2007年4月
53. Invoicing currency and the optimal basket peg for East Asia: Analysis using a new open economy macroeconomic model (査読有り)
Etsuro Shioji
JOURNAL OF THE JAPANESE AND INTERNATIONAL ECONOMIES 20巻4号569-589頁 2006年12月
doi
54. Chinese Exchange Rate Regimes and the Optimal Basket Weights for the Rest of East Asia
Etsuro Shioji
RIETI Discussion Paper 06-E-024 2006年4月
その他のサイト
55. Term Structure of Interest Rates and Monetary Policy in Japan (査読有り)
R. Anton Braun, Etsuro Shioji
Journal of Money, Credit, and Banking 38巻1号141-162頁 2006年4月
56. Monetary policy and economic activity in Japan, Korea and the United States (共著) (査読有り)
Etsuro Shioji, R. Anton Braun
Seoul Journal of Economics 19巻1号 2006年4月
57. インボイス通貨とバスケット・ペッグ制度
塩路悦朗
福田慎一・小川英治編『国際金融システムの制度設計:通貨危機後の東アジアへの教訓』 東京大学出版会 2006年2月
58. Estimating urban agglomeration economies for Japanese metropolitan areas: is Tokyo too large? (共著)
Etsuro Shoji, Yoshitsugu Kanemoto, Toru Kitagawa, Hiroshi Saito
Chapter 16 of <I> GIS-based Studies in the Humanities and Social Sciences</I>, Taylor & Francis Group, LLC (edited by Atsuyuki Okabe) 2006年1月
59. 金融不安・低金利と通貨需要:「家計の金融資産に関する世論調査」を用いた分析 (共著)
塩路悦朗, 藤木裕
金融研究 24巻4号1-50頁 2005年12月
その他のサイト
60. 日本における技術的ショックと総労働時間:新しいVARアプローチによる分析 (共著)
塩路悦朗, R. Anton Braun
経済研究(一橋大学経済研究所) 55巻4号289-298頁 2004年10月
その他のサイト
61. Initial Values and Income Convergence: do "the Poor Stay Poor"? (査読有り)
Etsuro Shioji
Review of Economics and Statistics 86巻1号444-446頁 2004年4月
62. Public Capital and Economic Growth: a Convergence Approach (査読有り)
Etsuro Shioji
Journal of Economic Growth 6号205-227頁 2001年4月
63. Composition Effect of Migration and Regional Growth in Japan (査読有り)
Etsuro Shioji
Journal of the Japanese and International Economies 15巻29-49頁 2001年4月
64. 経済成長の源泉としての社会資本の役割は終わったか
塩路悦朗
社會科學研究(東京大学) 52巻4号53-68頁 2001年4月
65. クロス・カントリー・データによる経済成長の分析:サーベイ
塩路悦朗
フィナンシャル・レビュー 54号42-67頁 2000年4月
66. Identifying Monetary Policy Shocks in Japan (査読有り)
Etsuro Shioji
Journal of the Japanese and International Economies 14巻22-42頁 2000年4月
67. 日本の地域所得の収束と社会資本
塩路悦朗
吉川洋・大瀧雅之編『循環と成長のマクロ経済学』 東京大学出版会 第8章 2000年4月
68. 社会資本の生産性効果に非線形性はあるか?
塩路悦朗
エコノミック・リサーチ 9号35-41頁 2000年3月
69. 日本経済の長期的展望と社会資本
塩路悦朗
ESP 325号23-27頁 1999年5月
70. Convergence in Output per Capita and Public Capital in Japan: Evidence from the Corrected LSDV Method
Etsuro Shioji
エコノミア 49巻3・4号33-48頁 1999年2月
71. Regional Growth and Migration (査読有り)
Etsuro Shioji
Ph.D. thesis, Yale University 1995年5月
72. 戦前日本経済のマクロ分析 (共著)
塩路悦朗, 吉川洋
吉川洋・岡崎哲二編『経済理論への歴史的パースペクティブ』東京大学出版会 第6章 153-180頁 1990年4月

▼全件表示

講演・口頭発表等

No. 会議名 開催・発表年月日 開催地
1. "Time varying effects of public investment and a Stone-Geary production technology"(Association for Public Economic Theory)
開催年月日:
発表年月日: 2013年07月06日
リスボン・カソリック大学(ポルトガル)
2. " A pass-through revival"(Asian Economic Policy Review Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2013年07月15日
日経ビル(東京)
3. External Shocks and Japanese Business Cycles: Impact of the "Great Trade Collapse" on the Japanese Automobile Industry(Midwest International Trade Conference, Spring 2012)
開催年月日:
発表年月日: 2012年05月19日
インディアナ大学
4. Pass‐through in a two country model with bilateral oligopoly(Federal Reserve Bank of Atlanta Seminar)
開催年月日:
発表年月日: 2012年06月08日
アトランタ連邦準備銀行
5. Time varying effects of public investment and a Stone-Geary production technology(Indiana University Seminar)
開催年月日:
発表年月日: 2012年08月30日
インディアナ大学
6. Uncertainty shocks and financial intermediation in a dynamic general equilibrium model: a Markovian Jump Linear Quadratic Approach(European Economic Association Summer Meeting)
開催年月日:
発表年月日: 2009年08月27日
Universitat Pompeu Fabra,バルセロナ
7. Construction of Stock-Market Based Daily Index of Fiscal News for Japan(グローバル金融危機後の新しい金利・為替評価手法の構築)
開催年月日:
発表年月日: 2015年06月05日
一橋大学(東京都国立市)
8. Construction of Stock Market-Based Daily Index of Fiscal News for Japan(PET15 Luxemburg(国際学会))
開催年月日:
発表年月日: 2015年07月04日
ルクセンブルク大学(ルクセンブルク市(ルクセンブルク))
9. ゼロ金利下における日本の信用創造(SWET2015(マクロ金融))
開催年月日:
発表年月日: 2015年08月08日
北海道大学(北海道札幌市)
10. Construction of Stock Market-Based Daily Index of Fiscal News for Japan(EEA 30th Annual Congress(国際学会))
開催年月日:
発表年月日: 2015年08月25日
マンハイム大学(マンハイム市(ドイツ))
11. 質的・量的緩和期の信用創造(設研アカデミックセミナー)
開催年月日:
発表年月日: 2015年10月02日
設備投資研究所(東京都千代田区)
12. 石川賞10周年パネル 日本の経済問題と経済学(日本経済学会2015年度秋季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2015年10月11日
上智大学(東京都千代田区)
13. ゼロ金利下における日本の信用創造(一橋大学商学研究科 第19回金融研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2015年11月19日
一橋大学(東京都国立市)
14. ゼロ金利下における日本の信用創造(慶応義塾大学 マクロ経済学ワークショップ)
開催年月日:
発表年月日: 2015年12月08日
慶応義塾大学(東京都港区)
15. Projection of Investment and Capital Stock for Asia (Vu Tuan Khaiとの共著)(Finalization Workshop: Long-term projections of Asian GDP and Trade, Asian Development Bank and the Chinese University of Hong Kong)
開催年月日:
発表年月日: 2010年07月08日
Chinese University of Hong Kong
16. 「開放経済ニューケインジアンモデルを用いた政策効果の評価―可能性と限界」日本金融学会秋季大会パネルディスカッション「国際金融理論の新潮流―開放型ニューケインジアンモデルの可能性」(日本金融学会秋季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2010年09月26日
神戸大学
17. *災害後における公共投資の生産性効果:成長モデルによる分析(日本経済学会)
開催年月日:
発表年月日: 2011年10月29日
筑波大学
18. External Shocks and Japanese Business Cycles: Impact of the "Great Trade Collapse" on the Japanese Automobile Industry (joint with Taisuke Uchino)(Japan Economic Seminar)
開催年月日:
発表年月日: 2012年02月24日
コロンビア大学
19. Effects of public investment after massive capital destruction in a growth model with a Stone-Geary technology(Triangle Dynamic Macro Workshop)
開催年月日:
発表年月日: 2012年03月16日
デューク大学
20. A New Daily Indicator for Fiscal News in Japan(AJRC and HIAS joint conference on recent issues in finance and macroeconomics(国際学会))
開催年月日:
発表年月日: 2016年03月22日
オーストラリア国立大学(メルボルン市(オーストラリア))
21. Elderly households’ portfolio choice in Japan: evidence from Nikkei RADAR 2004-2006(Center on Japanese Economy and Business, Visiting Faculty Seminar)
開催年月日:
発表年月日: 2012年03月27日
コロンビア大学
22. ゼロ金利下における日本の信用創造(日本金融学会2016年度春季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2016年05月14日
武蔵大学(東京都練馬区)
23. Pass‐through in a two country model with bilateral oligopoly (joint with Taisuke Uchino)(Monetary Economics Colloquium)
開催年月日:
発表年月日: 2012年04月16日
コロンビア大学
24. External Shocks and Japanese Business Cycles: Impact of the "Great Trade Collapse" on the Japanese Automobile Industry (joint with Taisuke Uchino)(2012 Midwest Macroeconomics Meetings)
開催年月日:
発表年月日: 2012年05月13日
ノートルダム大学
25. Quantitative 'Flooding' and Bank Lending: Evidence from 14 Years of Near-Zero Interest Rate(Korea University's Money/Macro seminar (joint with the Inclusive Growth & Economic Stability Research Center in Korea economic team for BK21+))
開催年月日:
発表年月日: 2016年05月18日
高麗大学(ソウル市(韓国))
26. *Effects of External and Fiscal Policy Shocks in Japan: Evidence from an Open Economy DSGE Model with Partial Exchange Rate Pass-through(Yonsei Macroeconomics Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2010年03月18日
延世大学,ソウル
27. Pass-Through of Oil Prices to Japanese Domestic Prices (joint with Taisuke Uchino)(日本経済学会2010年春季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2010年06月06日
千葉大学
28. 「財政政策に関する日次指標の構築」(森田裕史との共著)(関西マクロ研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2014年12月19日
大阪大学中之島センター
29. "Time varying pass-through: will the yen depreciation help Japan hit the inflation target ? "(日本経済学会2013年度秋季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2013年09月15日
神奈川大学
30. パネルディスカッション「マクロ経済学は「失われた10年」から何を学んだか」(座長 チャールズ・ユウジ・ホリオカ,パネリスト伊藤隆敏,岩本康志,大竹文夫,塩路悦朗,林文夫)基調報告(日本経済学会2006年秋季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2006年10月08日
大阪市立大学
31. "Time varying pass-through: will the yen depreciation help Japan hit the inflation target ? "(日本金融学会2013年度秋季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2013年09月22日
名古屋大学
32. "Time varying pass-through: will the yen depreciation help Japan hit the inflation target ? "(TCER Conference on Abenomics)
開催年月日:
発表年月日: 2014年03月07日
東京大学
33. "Time varying pass-through: will the yen depreciation help Japan hit the inflation target ? "(22nd Symposium of the Society for Nonlinear Dynamics and Econometrics)
開催年月日:
発表年月日: 2014年04月18日
University of New York, Baruch College (米国)
34. "Construction of stock-market based daily index of fiscal news for Japan"(森田裕史との共著)(東京大学マクロ経済学ワークショップ)
開催年月日:
発表年月日: 2014年05月08日
東京大学
35. "Time varying pass-through: will the yen depreciation help Japan hit the inflation target ?"(Econometric Society European Meeting)
開催年月日:
発表年月日: 2014年08月27日
トゥールーズ第1大学(フランス)
36. "Construction of stock-market based daily index of fiscal news for Japan" (森田裕史との共著)(日本経済学会2014年度秋季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2014年10月12日
西南学院大学
37. 「財政政策に関する日次指標の構築」(森田裕史氏との共著)(IISS ワークショップ / RIEB 政策研究ワークショップ 「マクロ財政・金融政策効果の実証的評価」)
開催年月日:
発表年月日: 2014年10月25日
神戸大学
38. Fiscal policy in a New Keynesian Overlapping Generations Model of a Small Open Economy (ブー・トゥン・カイ,竹内紘子との共著)(第10回ISRコンファレンス)
開催年月日:
発表年月日: 2007年09月04日
日本
39. Fiscal policy in a New Keynesian Overlapping Generations Model of a Small Open Economy (ブー・トゥン・カイ,竹内紘子との共著)(日本大学セミナー)
開催年月日:
発表年月日: 2007年12月06日
日本大学
40. Fiscal policy in a New Keynesian Overlapping Generations Model of a Small Open Economy (ブー・トゥン・カイ,竹内紘子との共著)(神戸大学経済経営研究所セミナー)
開催年月日:
発表年月日: 2007年12月15日
神戸大学
41. Non-tradable goods, Incomplete Nominal Exchange Rate Pass-through and the Effects of Fiscal policy in a Small Open Economy (ブー・トゥン・カイ,竹内紘子との共著)(マクロ経済学研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2008年03月07日
大阪
42. 不確実性の増大と流動性資産需要:動学的一般均衡モデルによる分析(慶応木曜研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2008年07月24日
慶応大学
43. 不確実性の増大と流動性資産需要:動学的一般均衡モデルによる分析(東北大学現代経済学研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2008年10月16日
東北大学
44. Uncertainty shocks and financial intermediation in a dynamic general equilibrium model: a Markovian Jump Linear Quadratic Approach(Macroeconomics Workshop)
開催年月日:
発表年月日: 2009年04月09日
東京大学
45. "Construction of stock-market based daily index of fiscal news for Japan" (森田裕史との共著)(Japan Economic Seminar)
開催年月日:
発表年月日: 2015年02月20日
コロンビア大学(米国)
46. ゼロ金利下における日本の信用創造(日本経済学会2015年度春季大会(招待講演))
開催年月日:
発表年月日: 2015年05月24日
新潟大学(新潟県新潟市)
47. Shocks and Incomplete Exchange Rate Pass-through in Japan: Evidence from an Open Economy DSGE Model (Vu Tuan Khai, Hiroko Takeuchiとの共著)(2009 Far East and South Asia Meeting of the Econometric Society)
開催年月日:
発表年月日: 2009年08月04日
東京
48. Investment Specific Technological Changes in Japan (R. Anton Braun氏との共著)(Seoul Journal of Economics Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2006年11月24日
ソウル,韓国
49. "Time varying effects of public investment and a Stone-Geary production technology"(Econometric Society European Meeting)
開催年月日:
発表年月日: 2013年08月23日
イエテボリ大学(スウェーデン)
50. " Exchange rate and prices in a dynamic two country model of bilateral oligopoly"(日本経済学会2013年度春季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2013年06月23日
富山大学
51. Extracting fiscal policy expectations from daily stock returns(Time Series Workshop on Macro and Financial Economics (国際学会))
開催年月日:
発表年月日: 2016年05月21日
成均館大学(ソウル市(韓国))
52. Quantitative 'Flooding' and Bank Lending: Evidence from 14 Years of Near-Zero Interest Rate(The 2016 Asian Meeting of the Econometric Society (国際学会))
開催年月日:
発表年月日: 2016年08月11日
同志社大学(京都府京都市)
53. Quantitative 'Flooding' and Bank Lending: Evidence from 14 Years of Near-Zero Interest Rate(31st Annual Congress of the European Economic Association (国際学会))
開催年月日:
発表年月日: 2016年08月22日
Geneva School of Economics and Management、the Graduate Institute of International and Development Studies of Geneva、ジュネーブ市(スイス)
54. Extracting fiscal policy expectations from daily stock returns(10th International Conference on Computational and Financial Econometrics (CFE 2016))
開催年月日:
発表年月日: 2016年12月11日
Higher Technical School of Engineering, University of Seville
55. Extracting fiscal policy expectations from daily stock returns(日本経済学会2017年度春季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2017年06月24日
立命館大学(滋賀県草津市)
56. Export shares, import shares, and exchange rate pass-through(International Trade Colloquium)
開催年月日:
発表年月日: 2012年09月05日
コロンビア大学
57. Export shares, import shares, and exchange rate pass-through(University of Colorado Seminar)
開催年月日:
発表年月日: 2012年09月07日
コロラド大学
58. 新興国企業の台頭と為替パススルー:双方寡占モデルによる考察と時系列データによる検証(内野泰助との共著)(日本経済学会2012年度秋季大会)
開催年月日:
発表年月日: 2012年10月08日
九州産業大学
59. Time varying effects of public investment and a Stone-Geary production technology(Western Economic Association International 10th Biennial Pacific Rim Conference)
開催年月日:
発表年月日: 2013年03月14日
慶應義塾大学

▼全件表示

受賞

No. 賞名 受賞年月
1. 日本経済学会・石川賞 2015年5月
2. Best Paper Award 2002年7月

共同研究・競争的資金等の研究課題

No. 研究題目 研究種目(提供機関・制度) 研究期間
1. 公益財団法人野村財団,金融・証券のフロンティアを拓く研究助成,「資産価格情報による財政政策に関する将来予想指標の構築」

( 提供機関: 公益財団法人野村財団 制度: 共同研究(国内共同研究) )
2016年4月 ~ 2020年3月
2. 量的緩和政策下の銀行行動と実体経済
基盤研究(C)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2015年4月 ~ 現在
3. 長期デフレの解明(研究代表者 渡辺努)
基盤研究(S)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2012年4月 ~ 2017年3月
4. 大災害後における公共投資のマクロ経済効果(研究代表者 塩路悦朗)
基盤研究(C)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2012年4月 ~ 2015年3月
5. 日次マーケティングデータに基づく家計消費・労働供給の分析(研究代表者 阿部修人)
若手研究(S)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2011年4月 ~ 2014年3月
6. 21世紀財団学術奨励金「人口減少と日本の経済成長・経済政策」

( 制度: 共同研究(国内共同研究) )
2010年4月 ~ 2014年3月
7. 金融危機下のマクロ経済政策の計量分析(研究代表者 渡部敏明)
基盤研究(A)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2010年4月 ~ 2013年3月
8. 不確実性の増大、金融仲介とマクロ経済政策(研究代表者 塩路悦朗)
基盤研究(C)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2009年4月 ~ 2012年3月
9. グローバルCOEプログラム「社会科学の高度統計・実証分析拠点構築」

( 制度: 共同研究(学内共同研究) )
2008年4月 ~ 2013年3月
10. 日本の景気変動
2006年4月 ~ 現在
11. 学術創成研究「日本経済の物価変動ダイナミクスの解明:ミクロとマクロの統合アプローチ」

( 制度: 共同研究(国内共同研究) )
2006年4月 ~ 2012年3月
12. 経済制度の実証分析と設計(研究代表者 林文夫)
特定領域研究
( 提供機関: 文部科学省 制度: 科学研究費助成事業 )
2000年4月 ~ 2007年3月

▼全件表示