経営管理研究科経営管理専攻
加藤 俊彦(カトウ トシヒコ)

書籍等出版物

1. 質の高い研究論文の書き方 (共著)
加藤 俊彦 (単著)
白桃書房 2021年3月
2. グラフィック経営組織論 (共著)
中野勉, 加藤俊彦, 関口倫紀, 山田真茂留, 若林直樹 (共著)
新世社 2021年2月 (ISBN:9784883843220)
3. 一橋MBA戦略分析ケースブック 事業創造編 (共編著)
沼上幹, 加藤俊彦, 一橋MBA戦略ワークショップ (共編者(共編著者))
東洋経済新報社 2020年5月
4. 競争戦略
加藤 俊彦 (単著)
日本経済新聞出版社 2014年9月
5. 競争戦略論(第2版)
青島矢一, 加藤俊彦 (共著)
東洋経済新報社 2012年9月
6. 技術システムの構造と革新-方法論的視座に基づく経営学の探究
加藤俊彦 (単著)
白桃書房 2011年2月
7. 組織の〈重さ〉調査の妥当性と安定性:2回の質問票調査から,『日本企業研究のフロンティア④』一橋大学日本企業研究センター編 (共著)
有斐閣 2008年
8. 松下電器の経営改革 (共著)
伊丹敬之, 田中一弘, 加藤俊彦, 中野誠 (共著)
有斐閣 2007年12月
9. 組織の〈重さ〉:日本的企業組織の再点検 (共著)
沼上幹, 軽部大, 加藤俊彦, 田中一弘, 島本実 (共著)
日本経済新聞出版社 2007年8月
10. 技術システムの構造化理論:技術研究の前提の再検討
『リーディングス日本の企業システム第Ⅱ期第3巻:戦略とイノベーション』伊丹敬之・藤本隆宏・岡崎哲二・伊藤秀史・沼上幹編,有斐閣 2006年
11. シャープ:戦略が資源を蓄積し,利用する
『ケースブック経営戦略の論理』伊丹敬之・西野和美編著,日本経済新聞社 2004年
12. 競争戦略論 (共著)
東洋経済新報社 2003年
13. 経営学における行為主体の自律性と外部環境
(米倉誠一郎編『企業の発展』所収) 2002年

▼全件表示

論文

1. The functionality of hybrid organizational form: An overview of research on business units of Japanese firms (共著)
Toshihiko Kato, Tsuyoshi Numagami, Masatoshi Fujiwara, Masaru Karube
Japanese Management in Evolution, Routledge 47-69頁 2017年7月
2. 日本企業における付加価値の創出:事業組織の状況からの検討
加藤 俊彦
『経営学論集』 83巻32-41頁 2017年4月
3. 組織の〈重さ〉調査の方法と概要
加藤 俊彦
一橋ビジネスレビュー 62巻1号20-37頁 2014年6月
4. Types of Upward Communication and Organizational Characteristics in Japanese Firms (共著)
Toshihiko Kato, Tsuyoshi Numagami, Masaru Karube, Masato Sasaki
Hitotsubashi Journal of Commerce and Management 47巻1号1-16頁 2013年10月
その他のサイト
5. 日本企業における戦略志向性:測定尺度の検討と成果変数との関係
加藤 俊彦
一橋商学論叢 8巻1号2-15頁 2013年5月
その他のサイト
6. Vertical Strategic Information Flow and Market Orientation (共著)
Tsuyoshi Numagami, Masaru Karube, Toshihiko Kato, Masato Sasaki
Hitotsubashi Journal of Commerce and Management 46巻1号17-40頁 2012年11月
その他のサイト
7. Organizational Characteristics of Middle Managers’ Deterioration as Sources of Organizational Decline (共著)
Masaru Karube, Toshihiko Kato, Tsuyoshi Numagami
Managing Dynamic Technology-Oriented Businesses: High Tech Organizations and Workplaces 171-191頁 2012年6月
8. 日本企業における組織の〈重さ〉と事業組織の特性 (共著)
加藤俊彦, 沼上 幹, 軽部 大
一橋大学日本企業研究センター編『日本企業研究のフロンティア8』有斐閣 15-27頁 2012年3月
9. Types of Intra-Organizational Networks and Upward Strategic Communication (共著)
Toshihiko Kato, Tsuyoshi Numagami, Masaru Karube
Hitotsubashi Journal of Commerce and Management 45巻1号21-37頁 2011年10月
その他のサイト
10. Organizational Deadweight: Learning from Japan (共著)
Tsuyoshi Numagami, Masaru Karube, Toshihiko Kato
Academy of Management Perspectives 24巻4号25-37頁 2010年11月
11. 組織の〈重さ〉調査の概況と比較分析-2004・2006・2008年度調査から (共著)
加藤俊彦, 軽部大, 沼上幹
一橋大学日本企業研究センター編『日本企業研究のフロンティア6』有斐閣 133-156頁 2010年3月
12. Organizational Deadweight and the Internal Functioning of Japanese Firms: An Explorative Analysis of Organizational Dysfunction (共著)
Toshihiko Kato, Masaru Karube, Tsuyoshi Numagami
Hiroyuki Itami (eds.) Dynamics of Knolwdge, Corporate Systems and Innovation, Springer-Verlag 125-164頁 2010年2月
13. Blind pursuit of strategic goals : an examination of middle managers' strategic orientations in Japanese firms (共著)
Masaru Karube, Toshihiko Kato
Hitotsubashi Journal of Commerce and Management 43巻1号27-45頁 2009年10月
その他のサイト
14. Exploring Organisational Deterioration: 'Organisational Deadweight' as a Cause of Malfunction of Strategic Initiatives in Japanese Firms (共著) (査読有り)
Masaru Karube, Tsuyoshi Numagami, Toshihiko Kato
Long Range Planning 42巻4号518-544頁 2009年10月
doi
15. 日本企業における事業戦略の現状と課題:質問票調査に基づくデータ分析から
加藤俊彦, 軽部大
組織科学 42巻3号4-15頁 2009年3月

▼全件表示

MISC

1. 組織の〈重さ〉と組織構造:第2回調査の分析から(仮題) (共著)
『一橋ビジネスレビュー』 55巻4号 2008年
2. 社内ネットワークと組織の〈重さ〉:組織の〈重さ〉プロジェクトの知見から (共著)
『研究年報経済学』東北大学経済学会 68巻4号61-74頁 2007年
3. 京セラ:長寿命電子写真プロセスの技術開発と事業への展開 (共著)
『一橋ビジネスレビュー』一橋大学イノベーション研究センター編,東洋経済新報社 54巻3号112-123頁 2006年
4. 組織の〈重さ〉の変数化 (共著)
一橋商学論叢 1巻1号4-22頁 2006年
5. 日本企業の製品・技術戦略:80年代の理論的展開と90年代の変容
『研究 技術 計画』研究・技術計画学会 18巻3-4号96-106頁 2004年

講演・口頭発表等

No. 会議名 開催・発表年月日 開催地
1. -(Toshihiko Kato, Masaru Karube, and Tsuyoshi Numagami, “Organizational Deadweight and the Internal Functioning of Japanese Firms: An Explorative Analysis of Organizational Dysfunction,” the International Conference on Dynamics of Knowledge, Corporate Sy・・・)
開催年月日:
発表年月日: 2007年

受賞

No. 賞名 受賞年月
1. 日本経営学会賞(著書部門) 2012年9月
2. 組織学会高宮賞(著書部門) 2012年6月
3. 企業家研究フォーラム賞 2008年7月
4. 組織学会高宮賞(論文部門) 2000年6月

共同研究・競争的資金等の研究課題

No. 研究題目 研究種目(提供機関・制度) 研究期間
1. 日本企業の組織データベース:組織の〈重さ〉を中心として
その他のサイト
基盤研究(A)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2013年4月 ~ 2018年3月
2. 日本企業の組織と戦略
2003年 ~ 2012年
3. Organizations and Strategies in Japanese Companies
2003年 ~ 2012年
4. 技術戦略
1997年 ~ 2009年
5. Technological Strategy
1997年 ~ 2009年