言語社会研究科
小泉 順也(コイズミ マサヤ)

書籍等出版物

1. 〈言語社会〉を想像する:一橋大学言語社会研究科25年の歩み
中井亜佐子, 小岩信治, 小泉順也 (共編者(共編著者))
小鳥遊書房 2022年3月 (ISBN:9784909812797)
2. 『ジェンダーと身体:解放への道のり』
小泉 順也 (共著)
小鳥遊書房 2020年4月 (ISBN:9784909812346)
3. 《悪魔のロベール》とパリ・オペラ座 : 19世紀グランド・オペラ研究
上智大学出版,ぎょうせい (発売) 2019年4月 (ISBN:9784324106051)
4. 『個人的なことと政治的なこと:ジェンダーとアイデンティティの力学』 (共著)
小泉 順也 (共著)
彩流社 2017年3月 (ISBN:9784779123184)
5. ギィ・コジュヴァル 『ヴュイヤール:ゆらめく装飾画』
小泉 順也 (監修)
創元社 2017年1月 (ISBN:9784422212265)
その他のサイト
6. 『現代フランス哲学入門』(項目:ポール・ゴーガン)
小泉 順也 (分担執筆)
ミネルヴァ書房 2020年9月 (ISBN:9784623084982)
7. 『ジェンダーにおける「承認と「再配分」』 (共著)
小泉 順也 (共著)
彩流社 2015年3月 (ISBN:9784779120817)
8. 『西洋近代の都市と芸術2 : パリI 19世紀の首都』
小泉 順也 (共著)
竹林舎 2014年3月 (ISBN:9784902084641)
9. 『「ゴッホの夢」美術館 : ポスト印象派の時代と日本』 (共著)
圀府寺司監修 (分担執筆)
小学館 2013年3月 (ISBN:9784096820650)
10. 『展覧会カタログの愉しみ』 (共著)
今橋映子編著 (分担執筆)
東京大学出版会 2003年6月 (ISBN:9784130830362)
11. 『ジャポニスム入門』
ジャポニスム学会編 (分担執筆)
思文閣出版 2000年11月 (ISBN:9784784210534)

▼全件表示

論文

1. ピエール・ボナールの受容をめぐる一考察 :日本で開催された展覧会の分析から
小泉 順也
人文・自然研究 14号48-66頁 2020年3月
2. 一橋大学商品陳列室・商品標本室の歴史研究:草創期から国立移転まで (共著)
小泉 順也, 手塚 惠美子
言語社会 15号425(18)-408(35)頁 2020年3月
その他のサイト
3. サミュエル・コート―ルドとポール・ゴーガン:フランスとイギリスを中心としたコレクション形成史の視座から
小泉 順也
『コート―ルド美術館展:魅惑の印象派』(展覧会カタログ) 234-240頁 2019年9月
その他のサイト
4. オルセー美術館におけるナビ派のコレクション:作品の収蔵数の変遷と最近の動向
小泉 順也
『人文・自然研究』 13号71-86頁 2019年3月
その他のサイト
5. 一橋大学大学院における学芸員養成:言語社会研究科の取り組みの課題と可能性
小泉 順也
『言語社会』 13号439(20)-423(36)頁 2019年3月
その他のサイト
6. ポール・セリュジエ《タリスマン(護符)》をめぐる逸話の再検証:オルセー美術館の展覧会を通して
小泉順也
言語社会 16号11-23頁 2022年3月
7. 一橋大学と商品学:商品陳列室と商品標本室の歴史と展望
小泉 順也
2019年度 自然科学系アーカイブズ研究会集録 25-33頁 2021年2月
8. 東京高等商業学校と黒田清輝:矢野二郎の肖像画をめぐる一考察
小泉 順也
『言語社会』 11号45-61頁 2017年3月
その他のサイト
9. アルフレッド・シスレーの居場所、作品の行方
小泉 順也
『アルフレッド・シスレー展:印象派、空と水辺の風景画家』(展覧会カタログ) 76-83頁 2015年9月
その他のサイト
10. ルノワールと機関銃 : エミール・ゲオルク・ビューレーの足跡
小泉 順也
『言語社会』 8号77-86頁 2014年3月
その他のサイト
11. ポール・ゴーガンとフランス人コレクター : 作品の創造と蒐集をめぐる政治学、1880-1910年 (査読有り)
小泉 順也
『実践女子大学美學学美術史學』 26号9-37頁 2012年3月
12. La réception de Paul Gauguin et l’évolution de ses portraits posthumes en France (査読有り)
小泉 順也
『國學院大學紀要』 50号65-78頁 2012年2月
13. ブルターニュにおける近代美術と文化的アイデンティティ : ポン=タヴェン美術館の創設とポール・ゴーガン受容の変遷 (査読有り)
小泉 順也
『総合社会科学研究』 3巻3号17-30頁 2011年3月
14. ポール・ゴーガンをめぐるコレクション形成の黎明期 : 20世紀前半のフランスにおける個人コレクターと公立美術館の動向 (査読有り)
小泉 順也
『実践女子大学美學学美術史學』 25号11-30頁 2011年3月
15. フランス近代絵画における仏陀の図像学的変容 : ゴーガン、ルドン、セリュジエをつなぐ追慕の系譜 (査読有り)
小泉 順也
『國學院雑誌』 111巻11号170-184頁 2010年11月
16. コレクターとしてのモーリス・ドニ : ゴーガン・コレクションの形成と展覧会の機能をめぐって
小泉 順也
『鹿島美術財団年報別冊』 27号302-313頁 2010年11月
17. ポール・セリュジエと20世紀初頭におけるゴーガン没後の表象 : 《ティテュルスとメリボエウス(さよならゴーガン)》をめぐって (査読有り)
小泉 順也
『日仏美術学会会報』 29号41-60頁 2010年8月
18. ポン=タヴェンをめぐる記憶の場の創出 : グロアネクの宿とゴーガン没後の評価史 (査読有り)
小泉 順也
『レゾナンス』 6号9-16頁 2009年10月
19. ゴーガン没後の顕彰のゆくえ : ピエール・ジリウー《ゴーガンへのオマージュ》をめぐって (査読有り)
小泉 順也
『美術史』 167号36-50頁 2009年10月
20. シャルル・シャッセの美術批評再考 : ポン=タヴェン派をめぐる言説とブルターニュの地域主義のはざまで (査読有り)
小泉 順也
『比較文學』 51号36-50頁 2009年3月
21. 銅像と写真に刻まれた駒場の記憶 : アルチュール・アリヴェと第一高等学校
小泉 順也
『技術報告集』(駒場キャンパス技術発表会) 4号25-30頁 2008年10月
22. 美術情報のドキュメンテーション : 駒場美術博物館資料室の限界と可能性
小泉 順也
『技術報告集』(駒場キャンパス技術発表会) 3号11-14頁 2007年10月
23. エドモン・ド・ゴンクールと印象派の画家たち : 絵画と美術品をめぐる美意識
小泉 順也
『比較文学・文化論集』 22巻22号14-36頁 2005年3月
その他のサイト

▼全件表示

MISC

1. ナビ派研究の現在:近年の展覧会をめぐる考察
小泉順也
言語社会 16号6-10頁 2022年3月
2. 一橋大学の文化資源:商品資料を通した一橋大学の商業教育史の構築に向けて
小泉 順也
『HQ』ウェブマガジン(一橋大学広報誌) 2020年9月
その他のサイト
3. 一橋大学の文化資源:商品陳列室と商品標本室の歴史と展望 (共著)
小泉 順也
『HQ』ウェブマガジン(一橋大学広報誌) 2019年7月
その他のサイト
4. 一橋大学と学芸員 (共著)
小泉 順也
『HQ』ウェブマガジン(一橋大学広報誌) 2018年11月
その他のサイト
5. (翻訳)イザベル・カーン「ピエール・ボナール、絵画に生命を吹き込む画家」
小泉 順也
『ピエール・ボナール展』(展覧会カタログ) 12-22頁 2018年9月
その他のサイト
6. 文化資源としての一橋大学
小泉 順也
『HQ』(一橋大学広報誌) 52巻52号8-15頁 2016年10月
その他のサイト
7. シンポジウム「ナビ派の現在:近年の展覧会と研究動向の回顧」
小泉 順也
日仏美術学会会報 39号71-72頁 2020年5月
8. 「そこに商品があったから」とまでは言えないけれど
小泉 順也
『商品資料館便り』(山口大学経済学部) 22号2頁 2020年3月
その他のサイト
9. 「フランスと日本の美術館におけるピエール・ボナールの受容」
小泉 順也
日仏美術学会会報 38号62頁 2019年6月
10. 展示監修「SHOWA 50’ FOOD EXPO 一橋大学商品標本室から見る日本人の外食の拡がり」
小泉 順也
一橋大学言語社会研究科「言社研レクチャー 一橋大学の文化資源」 2018年11月
その他のサイト
11. 『ミュージアムへの招待:大学院から始める学芸員資格』 (編著)
小泉順也
(一橋大学公開講座、配布資料) 2018年6月
その他のサイト その他のサイト
12. 小林英樹『先駆者ゴッホ:印象派を超えて現代へ』(書評)
小泉 順也
『図書新聞』 3346号5頁 2018年4月
13. 「初代校長の肖像画を巡る謎:黒田清輝と一橋大学」
小泉 順也
『如水会会報』 1042号26-29頁 2018年2月
14. 正田倫顕『ゴッホと〈聖なるもの〉』(書評)
小泉 順也
『図書新聞』 3331号6頁 2017年12月
15. バルビゾン派 (下)山寺後藤美術館
小泉 順也
朝日新聞(夕刊・首都圏版) 2017年5月
その他のサイト
16. バルビゾン派(上)山梨県立美術館
小泉 順也
朝日新聞(夕刊・首都圏版) 2017年5月
その他のサイト
17. 展示監修「Kコレクションが誘う美本の世界:河村錠一郎先生の歩みとともに」
小泉 順也
一橋大学言語社会研究科「言社研レクチャー 本をめぐる物語2」 2017年2月
その他のサイト
18. 「メアリー・カサット《桟敷席にて》:視線の先にあるもの」
小泉 順也
視る(京都国立近代美術館ニュース) 486号2-4頁 2017年2月
その他のサイト
19. 展示監修「国松孝二が旅した本の世界:国松文庫の整理を終えて」
小泉 順也
一橋大学言語社会研究科「言社研レクチャー、本をめぐる物語1」 2016年12月
その他のサイト
20. 「ゴッホとゴーギャン『アルル時代』の真実」 (共著)
小泉 順也
『日経おとなのOFF』 86-91頁 2016年11月
その他のサイト
21. (翻訳)ウォウター・ファン・デル・フェーン「師という仮面:ポール・ゴーギャン、エミール・ベルナール、フィンセント・ファン・ゴッホが交わした手紙をめぐって」
小泉 順也
『ゴッホとゴーギャン展』(展覧会カタログ) 170-176頁 2016年10月
その他のサイト
22. 一橋大学附属図書館特別展示「解説パンフレット、展示」
小泉 順也
「学者の肖像 学者の風景 : 福田徳三・中山伊知郎展」 2016年5月
その他のサイト
23. 一橋大学附属図書館特別展示「学者の肖像 学者の風景 : 福田徳三・中山伊知郎展」
小泉 順也
一橋大学附属図書館特別展示 2016年5月
その他のサイト
24. 銅像、肖像画、建築など
小泉 順也
『言語社会』 10号17-21頁 2016年3月
その他のサイト
25. 南明日香著『国境を越えた日本美術史:ジャポニスムからジャポノロジーへの交流誌1880-1920』(書評)
小泉 順也
『比較文学』 58巻107-110頁 2016年3月
26. 月例研究発表要旨 第263回 2012年11月28日 ポール・ゴーガンの受容をめぐる諸相 : 没後の芸術家表象の展開を通して
小泉 順也
言語文化 50巻124-126頁 2013年
その他のサイト
27. 文献リストと解題 美術と検閲 (編著)
小泉 順也
『西洋美術研究』 16号201-210頁 2012年6月
その他のサイト
28. ポール・ゴーガン、近代性への突破展 / ポール・ゴーガン、神話の創造者 (展覧会評)
小泉 順也
『西洋美術研究』 16号223-230頁 2012年6月
29. (翻訳)シャンタル・ブション 「パリ装飾美術館の型紙コレクション」
小泉 順也
『Katagami Style』(展覧会カタログ) 285-289頁 2012年4月
その他のサイト
30. (翻訳)ドニ・クターニュ 「セザンヌ : パリとプロヴァンス」
小泉 順也
『セザンヌ : パリとプロヴァンス』(展覧会カタログ) 8-11頁 2012年3月
その他のサイト
31. (翻訳)キンバリー・A・ジョーンズ 「ワシントン・ナショナル・ギャラリーにおけるフランス近代絵画のコレクション形成史」
小泉 順也
『ワシントン・ナショナル・ギャラリー展』(展覧会カタログ) 10-23頁 2011年6月
その他のサイト
32. (翻訳)ジュリエット・ウィルソン=バロー 「マネのパリ生活情景 : アトリエからアトリエへ」
小泉 順也
『エドゥアール・マネ再考 : 都市の中の芸術家』 32-33頁 2011年3月
その他のサイト
33. 陳岡めぐみ『市場のための紙上美術館』 (書評)
小泉 順也
『比較文学研究』 95号159-165頁 2010年8月
34. (翻訳)ステファヌ・ゲガン 「ファン・ゴッホとゴーギャン : ドラクロワの復活の行方」
小泉 順也
『オルセー美術館展2010 : ポスト印象派』(展覧会カタログ) 103-109頁 2010年5月
その他のサイト
35. (翻訳)ステファヌ・ゲガン 「ポン=タヴェン派 : 後継者の伝説をめぐって」
小泉 順也
『オルセー美術館展2010 : ポスト印象派』(展覧会カタログ) 129-131頁 2010年5月
その他のサイト
36. 文献リストと解題 聖俗のあわい (共著)
小泉 順也
『西洋美術研究』 15号227-229頁 2009年12月
その他のサイト
37. シンポジウム 日仏美術交流の150年
小泉順也
『ジャポニスム研究』 29号18-20頁 2009年11月
38. (翻訳)フィリップ・ティエボー 「アール・ヌーヴォー期におけるパリの豪華産業」
小泉 順也
『オルセー美術館展 : パリのアール・ヌーヴォー、19世紀末の華麗な技と工芸』(展覧会カタログ) 10-16, 26-27, 36-37, 60-61, 121-123, 148-149頁 2009年9月
その他のサイト
39. (翻訳)バルテルミー・ジョベール 「ドラクロワをめぐる19世紀前半のフランス絵画とアカデミスム」
小泉 順也
『フランス絵画の19世紀』(展覧会カタログ) 2-12頁 2009年3月
その他のサイト
40. ジャポニスム研究の拡張と再定義のゆくえ、シンポジウム傍聴記
小泉 順也
『ジャポニスム研究』 28号42-43頁 2008年11月
41. (翻訳)ヴァンサン・ポマレードほか 「作品解説」
小泉 順也
『コロー : 光と追憶の変奏曲』(展覧会カタログ) 55-58, 71-73, 123-125, 150頁 2008年5月
その他のサイト
42. (翻訳)小山ブリジット 「ジュディット・ゴーチエ、日本・中国趣味著作集」
小泉 順也
『ジャポニスム研究』 27号100-102頁 2007年11月
43. 島田謹二『ロシアにおける広瀬武夫』 (書評)
小泉 順也
『比較文学・文化論集』 24号2-3頁 2007年3月
44. (翻訳)ベルトラン・ドルレアク 「フランス人としての心得」
小泉 順也
『異邦人たちのパリ 1900-2005』(展覧会カタログ) 10-15頁 2007年2月
その他のサイト
45. Le Rond-Point 陳岡めぐみ氏博士論文公開審査傍聴記
小泉 順也
比較文學研究 88号181-186頁 2006年10月
その他のサイト
46. (翻訳)松浦寿輝 「漢字とかな : 日本近代詩歌の造形的作詩法」(フランス語)
小泉 順也
『国際シンポジウム 詩学の愉しみ』 1-10頁 2005年11月
47. 西村正也著『コクトー、1936年の日本を歩く』(書評)
小泉 順也
『比較文学研究』 86号169-174頁 2005年11月
その他のサイト
48. シチューキン・モロゾフと世界の西洋近代絵画コレクション1870-1950 (共著)
小泉 順也
『プーシキン美術館展』(展覧会カタログ) 184-187頁 2005年10月
その他のサイト
49. シャルル・ブランと画人伝の系譜
小泉 順也
『レゾナンス』 3号133-134頁 2005年3月
50. (翻訳)アラン・ケラ=ヴィレジェ 「ラフカディオ・ハーン(小泉八雲) : ピエール・ロチの翻訳者、称賛者」
小泉 順也
『小泉八雲 没後百周年記念国際シンポジウム「世界中のラフカディオ・ハーン」』 103-115頁 2004年9月
その他のサイト
51. (翻訳)ジャン=リュック・デュフレンヌ 「ミレーをめぐる旅」
小泉 順也
『ミレー、心の旅:ノルマンディからバルビゾンまで』(展覧会カタログ) 7-19頁 2001年7月
その他のサイト
52. ラファエル・コラン展 (展覧会カタログ評)
小泉 順也
『比較文學研究』 77号153-156頁 2001年2月
53. (翻訳)アンドレ・シャステル 「絵画のなかの絵画」 (共訳)
小泉 順也
『西洋美術研究』 3号14-32頁 2000年9月
その他のサイト
54. (翻訳)「作品解説」
小泉 順也
『ボルドー美術館展』(展覧会カタログ) 35-38, 48, 56, 61-62, 65, 84, 86頁 2000年4月
その他のサイト

▼全件表示

講演・口頭発表等

No. 会議名 開催・発表年月日 開催地
1. 日本の美術館におけるフランス美術コレクションとその歴史:アカデミスム絵画からナビ派まで(日仏美術学会創立40周年記念シンポジウム:フランス美術研究の現在と未来)
開催年月日: 2022年3月26日 ~ 2022年3月27日
発表年月日: 2022年03月27日
Zoom Webinar
2. 日本の地方美術館の潜在的可能性-ナビ派の収蔵情報を通した考察(シンポジウム「日本の美術館とナビ派-地方美術館から考える研究の可能性」)
開催年月日:
発表年月日: 2021年12月13日
Zoom Meeting
3. ポール・ゴーガンとブルターニュ -もうひとつの楽園を求めて(Paul Gauguin et la Bretagne: à la recherche d'un autre paradis)(OPEN TECHシンポジウム「ポスト印象派から後世代に継承されたユートピアの表象」)
開催年月日: 2021年11月27日 ~ 2021年11月28日
発表年月日: 2021年11月27日
Zoom Webinar
4. 日本の美術館におけるポール・ゴーガンとナビ派の受容(La réception de Paul Gauguin et des Nabis dans les musées japonais)(Festival de l'histoire de l'art)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2021年06月04日
Zoom Webinar
5. 一橋大学と商品学:商品陳列室と商品標本室の歴史と展望(科学・技術史及び自然史資料の事例調査の現場から: 資料保存のメカニズムと課題)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2019年08月07日
国立科学博物館筑波地区
6. ルーヴル・アブダビにおける「ナビ派」:開館の経緯と展覧会の開催をめぐって(日仏美術学会シンポジウム ナビ派の現在 - 近年の展覧会と研究動向の回顧)
開催年月日:
発表年月日: 2019年06月30日
日仏会館
7. 一橋大学における大学院生を対象にした学芸員資格取得プログラムの実施経験と今後の展望(日本学術会議「博物館・美術館等の組織運営に関する分科会」)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2018年12月25日
日本学術会議
8. La réception de Pierre Bonnard dans les musées français et japonais(日仏美術学会主催セミナー「ピエール・ボナールの多面性」)
開催年月日:
発表年月日: 2018年09月23日
日仏会館
9. La reconnaissance de Paul Gauguin au Japon à travers les collections(La formation et la diffusions des collections d'art français dans les espaces globaux, 1870-1950)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2018年09月21日
東京大学駒場キャンパス
10. ナビ派の受容をめぐる一考察(三菱一号館美術館「オルセーの ナビ派展:美の預言者たち―ささやきとざわめき」記念シンポジウム「ナビ派の再評価と新解釈」)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2017年02月04日
日仏会館
11. 第160回例会「「親密さ」をめぐる諸問題」のコメンテーター(日仏美術学会例会)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2021年07月03日
オンライン開催
12. 漂流する大学博物館と大学コレクション(今を語る、今を聴く:コロナ禍における芸術と社会)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2020年10月31日
オンライン開催
13. 20世紀のポール・セリュジエ:《タリスマン(護符)》をめぐる逸話の再検証(ナビ派の2019年)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2019年12月16日
一橋大学
14. 一橋大学商品陳列室・商品標本室の概要と高等商業学校のネットワーク(言社研シンポジウム「商品学と工芸史のはざま:一橋大学と山口大学の所蔵資料から考える商品教育史」)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2019年11月08日
一橋大学
15. 「フランスにおけるドービニー作品のコレクション形成史」(ドービニー展記念シンポジウム)
開催年月日:
発表年月日: 2018年11月17日
山梨県立美術館
16. モノから始まる想像力:商品学と学芸員資格科目の協働(言社研レクチャー「開かずの扉がひらくとき:一橋大学商品陳列室・商品標本室の歴史と現況」)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2018年11月02日
一橋大学
17. 学芸員養成における混在と対等の地平(一橋大学公開講座)
開催年月日:
発表年月日: 2018年06月23日
一橋大学
18. 初代校長の肖像画を巡る謎 :黒田清輝と一橋大学(一橋大学開放講座)
開催年月日:
発表年月日: 2017年11月07日
如水会館
19. オルセー美術館におけるナビ派コレクション:収蔵の経緯と傾向の分析(シンポジウム「ナビ派の現在」)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2017年05月15日
一橋大学
20. ゴッホとゴーギャン:イメージの反復と転用(「ゴッホとゴーギャン展」記念講演会)
開催年月日:
発表年月日: 2017年01月22日
愛知県美術館
21. ゴッホとゴーギャン:イメージの反復と転用(「ゴッホとゴーギャン展」記念講演会)
その他のサイト
開催年月日:
発表年月日: 2016年11月12日
東京都美術館
22. 樹をめぐる変奏:フランス近代絵画における風景画の多様性(「フランスの風景:樹をめぐる物語展」記念講演会)
開催年月日:
発表年月日: 2016年10月22日
山梨県立美術館
23. 一橋大学と肖像画:修復された偉人のおもかげ(図書館展示トークイベント)
開催年月日:
発表年月日: 2016年05月17日
一橋大学附属図書館
24. 展覧会小史-日本の美術館と西洋美術(展覧会と西洋美術-日本の美術館の現状と可能性)
開催年月日:
発表年月日: 2015年12月04日
一橋大学
25. 文化資源としての一橋大学:140年の歴史と文化財の現況(一橋大学「芸術と社会」研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2015年11月15日
一橋大学
26. アルフレッド・シスレーと作品の行方:コレクター、画廊、美術館(「アルフレッド・シスレー展」特別講演会)
開催年月日:
発表年月日: 2015年10月31日
練馬区立美術館
27. ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち:芸術家と場所の記憶をめぐって(「ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展」開催記念講演会)
開催年月日:
発表年月日: 2015年06月13日
岩手県立美術館
28. 拡張するミュージアムの行方-ルーヴル美術館の展開(グローバル化する美術館-アメリカとフランスの文化戦略)
開催年月日:
発表年月日: 2013年03月21日
一橋大学
29. フランス近代美術とコレクション形成:ポール・ゴーガン作品の収蔵をめぐる交渉と歴史(美術史学会東支部例会)
開催年月日:
発表年月日: 2012年11月17日
國學院大學
30. 展示の方法論と歴史的変遷:西洋近代美術史からの視点(第32回西洋社会科学古典資料講習会)
開催年月日:
発表年月日: 2012年11月07日
一橋大学
31. フランスにおけるポール・ゴーガンの受容と認知:芸術家表象と作品蒐集の視点から(一橋大学「芸術と社会」研究会)
開催年月日:
発表年月日: 2012年06月19日
一橋大学
32. ポール・ゴーガン、没後の肖像画の変奏:芸術家の表象と受容(UTCP中期教育プログラム「イメージ研究の再構築、ファイナル・コロキアム」)
開催年月日:
発表年月日: 2012年02月29日
東京大学駒場キャンパス
33. コレクターで読み解くフランス近代美術:各地の印象派コレクションができるまで(江戸川区立松江図書館講演会)
開催年月日:
発表年月日: 2012年01月29日
江戸川区立松江図書館
34. フランス近代美術のコレクション形成史:名画を求めた情熱のゆくえ(青山学院女子短期大学芸術学科講演会)
開催年月日:
発表年月日: 2011年11月30日
青山学院女子短期大学
35. Les mots dans la peinture de Paul Gauguin: titre, signature et dédicace(Journée d'études Fribourg-Tokyo)
開催年月日:
発表年月日: 2011年10月20日
Université de Fribourg
36. L'histoire de la réception de Paul Gauguin et ses portraits posthumes au début du XXe siècle en France(La IXe école de printemps orgamisée par le Réseau international de formation en histoire de l'art)
開催年月日:
発表年月日: 2011年05月16日
Goethe-Universität, Frankfurt am Main
37. コレクターとしてのモーリス・ドニ:ゴーガン・コレクションの形成と展覧会の機能をめぐって(鹿島美術財団研究発表会)
開催年月日:
発表年月日: 2011年05月13日
鹿島美術財団
38. 再考ドガと印象派(ドガ展文化講演会)
開催年月日:
発表年月日: 2010年10月13日
文京シビックホールなど3カ所
39. Paul Sérusier et Paul Gauguin au début du XXe siècle(UTCPセミナー「ナビ派の再発見:美術史と趣味の変遷」)
開催年月日:
発表年月日: 2010年05月26日
Université de Tokyo
40. ゴーギャン芸術の諸相と受容の歴史(ゴーギャン展文化講演会)
開催年月日:
発表年月日: 2009年07月24日
江戸川区タワーホール船堀ほか計4カ所
41. Les images potentielles chez Paul Gauguin et l'école de Pont-Aven(UTCPセミナー「作品は誰のものか:イメージ研究における解釈者のステータス」)
開催年月日:
発表年月日: 2009年07月14日
Université de Tokyo
42. アルチュール・アリヴェと第一高等学校(東京大学生産技術研究所技術発表会)
開催年月日:
発表年月日: 2008年10月17日
東京大学駒場キャンパス
43. ゴーガン没後の顕彰のゆくえ:ピエール・ジリウーの《ゴーガンへのオマージュ》をめぐって(美術史学会全国大会)
開催年月日:
発表年月日: 2008年05月31日
東京大学本郷キャンパス
44. 駒場美術博物館資料室の限界と可能性(東京大学生産技術研究所発表会)
開催年月日:
発表年月日: 2007年10月26日
東京大学駒場キャンパスII
45. シャルル・シャッセ再考:ポン=タヴェン派の言説とブルターニュの地域主義(日本比較文学会全国大会)
開催年月日:
発表年月日: 2007年06月17日
北海道大学

▼全件表示

受賞

No. 賞名 受賞年月
1. 第18回鹿島美術財団優秀賞 2011年5月
2. 第4回美術に関する研究奨励賞 2010年5月

共同研究・競争的資金等の研究課題

No. 研究題目 研究種目(提供機関・制度) 研究期間
1. 日本の美術館とフランス近代美術コレクション:多様性と同質性をめぐる国際比較
その他のサイト

( 提供機関: 日本学術振興会 科学研究費助成事業 )
2022年4月 ~ 2025年3月
2. 美術制度から見たナビ派の受容と現在
その他のサイト
若手研究(B)
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2018年4月 ~ 2022年3月
3. フランスにおけるポール・ゴーガンの受容とコレクション形成史
その他のサイト
研究活動スタート支援
( 提供機関: 日本学術振興会 制度: 科学研究費助成事業 )
2011年4月 ~ 2013年3月