経済学研究科
竹内 幹(タケウチ カン)
  • 研究者基本情報
  • 研究活動
  • 教育・社会活動

in English

担当授業科目

NO年度科目学期区分
1.2020年度実験経済学春学期大学院、その他
2.2020年度Public Economics I春学期大学院、その他
3.2020年度Public Economics II夏学期大学院、その他
4.2020年度経済学基礎論Ⅱ秋冬学期大学院、その他
5.2018年度学部演習通年学部専門科目
6.2018年度ワークショップ/リサーチ・ワークショップ(公共経済)冬学期大学院、その他
7.2011年度基礎ミクロ経済学夏学期学部専門科目

社会活動

NO社会活動活動期間
1.「1から学ぶ経済学」(主催:早稲田大学エクステンションセンター)2016年
2.「実験経済学応用編」(主催:早稲田大学エクステンションセンター)2016年
3.「実験経済学入門」(主催:早稲田大学エクステンションセンター)2015年
4.「最も身近な経済学実験~日常生活に潜む数字の罠」『早稲田文化芸術週間』(主催:早稲田大学文化企画課)2014年
5.「実験する行動経済学~行動経済学と私たち:参加して実感する推論と効用関数~」『「行動経済学」一般公開シンポジウム』(主催:京都大学経済学研究科附属プロジェクトセンター)2013年
6.「人間の感情と経済」(主催:立命館大学経済学会学生委員会)2013年
7.「“日本最悪のシナリオ”に学ぶ「危機管理」と「リーダーシップ」~いかに“最悪”を回避するのか?~」『六本木スクール』(主催:アカデミーヒルズ)2013年
8.財団法人・日本再建イニシアチブ 「危機管理プロジェクト」メンバー2012年
9.「眼球運動と経済行動~選択の決め手は目玉か脳味噌か~」日本学術振興会『ひらめき☆ときめきサイエンス』(一橋大学。代表者:齊藤誠)2012年
10.「父親の育児が日本を救う! ~育休体験をもとに~」連続講座『「働きマン」か「イクメン」か、男のワーク・ライフ・バランスを考える』第2回(主催:国立市公民館)2012年
11.「パパの育児休業を知る・学ぶ・考える」連続講座『今、なぜ大切!?「男性の子育て」(家庭学級)』第2回(主催:Creo,共催:NPO法人ファザーリング・ジャパンおよび杉並区教育委員会2011年

各種委員・助言活動

NO各種委員・助言活動活動期間
1.経済産業省 ナッジユニットプロジェクト会合2019年~
2.日本証券業協会 資産の形成・円滑な世代間移転と税制の関係に関する研究会2017年~2021年
前のページへ戻る