Graduate School of Social Sciences
INABA Tetsuro

Books and Other Publications

1. Social media, culture and politics in Asia (jointly worked)
Takeshita, T, Saito, S, Inaba, T (Contributor)
Peter Lang 2014.6 (ISBN : 9781433118777)
2. 津金澤聰廣・佐藤卓己(編)『広告・広報・プロパガンダ』所収
稲葉哲郎 (Joint author)
ミネルヴァ書房 2003.4
3. 佐藤卓己(編)『戦後世論のメディア社会学』所収
稲葉哲郎 (Joint author)
柏書房 2003.4
4. 田崎篤郎・児島和人(編)『マスコミュニケーション効果研究の展開[新版]』所収
稲葉哲郎 (Joint author)
北樹出版 2002.4
5. 池田謙一(編)『政治行動の社会心理学』所収
稲葉哲郎 (Joint author)
北大路書房 2001.4

Papers

1. Discussion and Torelance: Experimental evidence from a mini-publics in Japan (jointly worked)
Tomoya Yokoyama, Tetsuro Inaba
LEVAIATHAN Vol.61,pp.94-114 2017.10
2. On instability in survey responses (jointly worked) (Peer-reviewed)
SAITO Shinichi, TAKESHITA Toshio, INABA Tetsuro
Advances in Social Research Vol.17,pp.55-67 2016.9
3. The bridging effect of political talk: Identifying the mechanism of the relationship between political talk and political participation (Peer-reviewed)
Tomoya Yokoyama, Tetsuro Inaba
Research in Social Psychology Vol.32,No.2,pp.92-103 2016
doi
4. Do people feel free to talk about politics? : Exploring the freedom to talk about political topic (jointly worked) (Peer-reviewed)
Tomoya Yokoyama, Tetsuro Inaba
Japanese Journal of Interpersonal and Social Psychology Vol.14,pp.45-52 2014.3
Link
5. The Social Psychology of Rumor
Tetsuro Inaba
一橋論叢 Vol.129,No.4,pp.436-447 2003.4
Link
6. 2000年米大統領選挙と世論調査
稲葉 哲郎
よろん No.87,pp.10-17 2001.4
7. 情報環境としての政治報道
稲葉 哲郎
飽戸弘(編)『ソーシャル・ネットワークと投票行動』木鐸社 2000.4
8. パーソナル・コミュニケーションのコストと心理
稲葉 哲郎
日経消費経済フォーラム会報 No.169 1998.4
9. Distant From a Media Feast in Politics?: A Report of the National Survey on Politics and Press in the Japanese 1996 General Election
稲葉 哲郎
Saitama University Review Vol.34,No.1 1998.4
10. 政治的知識の測定
稲葉 哲郎
『立命館大学産業社会学論集』 Vol.34,No.2 1998.4
11. 世代の視点から見た若者の変化
稲葉 哲郎
『日経消費経済フォーラム会報』 通巻148号 1997.4
12. 変化する景気認識の構造
稲葉 哲郎
『日経消費経済フォーラム会報』 通巻151号 1997.4
13. 景気回復期の新聞報道と消費者の景気認識
稲葉 哲郎
『日経消費経済フォーラム会報』 通巻155号 1997.4
14. 生活程度の指標としての財の所有
稲葉 哲郎
日経消費経済フォーラム会報 1996.4
15. 情報処理アプローチ-スキーマ理論の適用-
稲葉 哲郎
マス・コミュニケーション効果研究の展開 1996.4
16. 階層意識と財の所有の関連-生活程度を象徴する財を探る-
稲葉 哲郎
日経消費経済フォーラム会報 1995.4
17. マスメディアの『不況』報道と消費者の景気認識
稲葉 哲郎
日経消費経済フォーラム会報 1994.4
18. 生活程度の認知とその規定因-バブル前後で豊かさの基準は変化したか-
稲葉 哲郎
マーケティング季報 1994.4
19. シルバーのテレビ視聴
稲葉 哲郎
日経消費経済フォーラム会報 1994.4
20. 政治広告のスタイルと効果
稲葉 哲郎
政治行動の社会心理学 1994.4
21. モノの所有からみた世代差
稲葉 哲郎
日経消費経済フォーラム会報 1994.4

▼display all

Presentations

No. Name of subject/Conference Name Year Site
1. メディアのバイアスの認知(日本社会心理学会第36回大会)
Holding date :
Presentation date : 1995.9.23
成城大学
2. メディア・ポリティクスと受け手の心理:自民党のネガティブ・アドをめぐって(日本選挙学会)
Holding date :
Presentation date : 1999.5
秋田経法大学
3. 2000年米大統領選挙と世論調査(日本世論調査協会第50回記念大会)
Holding date :
Presentation date : 2000.11.25
日本プレスセンター
4. Opinion leadership as a predictor of political information behavior in Japan(The 65th WAPOR annual conference)
Holding date :
Presentation date : 2012.6.14
Hong Kong

Research Projects

No. Research subject Research item(Awarding organization, System name) Year
1. ネット「世論」と世論の関連についての探索的研究
Link
萌芽研究
( System name: 科学研究費助成事業 )
2005.4 - 2007.3
2. ネガティブ・キャンペーンが受け手の政治参加に及ぼす効果
Link
奨励研究(A)
( System name: 科学研究費助成事業 )
1997.4 - 1999.3
3. ソフトな政治的知識の受容過程に関する実証的研究
Link
奨励研究(A)
( System name: 科学研究費助成事業 )
1996.4 - 1997.3
4. 政治的コミュニケーション過程における政治広告の役割についての実証的研究
Link
奨励研究(A)
( System name: 科学研究費助成事業 )
1995.4 - 1996.3
5. 新しい選挙報道のあり方が受け手の政治的情報過程におよぼす効果
Link
奨励研究(A)
( System name: 科学研究費助成事業 )
1994.4 - 1995.3
6. 映像による政治キャンペーンが受け手の投票意図におよぼす効果
Link
奨励研究(A)
( System name: 科学研究費助成事業 )
1993.4 - 1994.3
7. -
1949.5

▼display all